googletag.cmd = googletag.cmd || [];

googletag.defineSlot('/21812778492/blog_300x250_common_sidetop01_adsense', [[300, 250], [336, 280]], 'div-gpt-ad-1565330658303-0').addService(googletag.pubads()); // fixed01のWORKSが不定期なため共通処理とする

googletag.pubads().enableSingleRequest(); pbjs.setConfig({bidderTimeout:2000});

googletag.defineSlot('/21812778492/blog_300x600_common_sidemiddle01_adsense', [300, 600], 'div-gpt-ad-1571293897778-0').addService(googletag.pubads()); ), HDリマスターで新・女神転生3が出来る!かなりやりつくしたゲームだけどまたやりたいなぁ・・・・, ゲーム開発エンジンUnityを使った3Dゲームの制作に参考になる情報を公開しています。これからゲーム作りを始めたい人にはいいかも?, Unityのパーティクルの粒子1つ1つの衝突をスクリプトで検知する事が出来るようにします。, Unityで3Dキャラクターモデルを配置し、キャラクターをCharacterControllerの機能を使って移動させるようなプログラミングをしてみます。, Unityのアニメーションの切り替えシステムであるAnimatorControllerの設定とスクリプトからアニメーションを制御していきます。, Unityのアニメーションイベントを使い、歩くアニメーションで地面に足を着いた時に足音を鳴らしたり剣を振っている途中で剣を振った時の音を鳴らしたりしたいと思います。, Unityを使った3Dゲームの作り方(かめくめ)で、はじめてUnityの学習をする時の当ブログの記事を読む順番を書きました。機能を積み上げていく形になるので便利かも?, Unityを使った3Dゲームの作り方(かめくめ)の機能積み上げ形式の記事のスクリプトの説明と寄せられた記事の機能についての質問への回答を掲載しています。, Unityインターハイとは、ユニティー・テクノロジーズ・ジャパン主催の高校生・高等専門学校生のゲーム開発全国大会です。, UnityのML-Agentsを使って敵キャラを強化学習して主人公を追いかけるようにする, UnityのVisual Effect GraphのOutput Particle Forward Decalで銃の弾痕エフェクトを作成し使用する. パーティクルシステムのCollisionモジュールの設定は以下です。 クラスとは「似たような処理のメソッドや変数を集めたもの」です。 googletag.defineSlot('/21812778492/blog_300x250_common_ctc02_adsence', [300, 250], 'div-gpt-ad-1566564559478-0').addService(googletag.pubads()); 全然プロフィールになってないな・・・・(-.-), の記事に記載の順番で見て頂くとUnityの基本的な使い方がわかり、簡単なTPSゲームの作成までが出来ます。, わたくしに出来る事は既に記事にしてあるので、ブログ右上の検索窓を活用してください。(._. 例えば「Enemyという名前のオブジェクトがぶつかった相手だったらダメージを受ける」などしょうか。, 衝突させたくない場合はColliderの「IsTrigger」のチェックボックスにチェックを入れておきましょう。, 今回でしたらボールである、Sphereオブジェクトの「SphereCollider」の「IsTrigger」チェックボックスですね。, これは物理演算の衝突のようなことはさせずに、スクリプトの呼び出しのみ行ってくれるという仕組みです。, それもそのはず、IsTrrigerにチェックを入れている場合は「OnCollisionEnter関数」ではなく「OnTriggerEnter関数」が呼ばれることになるからです。, 先ほど使用した「OnCollisionEnter関数」「OnTriggerEnter関数」は、触れた時に呼ばれていましたね。. はじめにこの記事を読めば「自分のゲームがダウンロードされるにはどうすればいいのか」が分かります。これを書くために、100冊以上のビジネス本や有名なゲームクリエイターのノウハウ本を読み、それをゲーム開発に使えるように落とし込みました。もちろん、時代... はじめにHTML5ゲーム(H5ゲーム)はスマホでも遊べるブラウザゲームです。現在、H5ゲームが最も流行っているのは中国ですが、その流れは日本にも来つつあります。私が作ったゲームをまとめましたので、よかったら遊んでみてください。 このページを実質アプリ化... はじめに結論からいいますと、プログラミングは独学でも習得可能です。なので、一度、ドットインストールやUmedyを利用して独学してみてください。この記事は、独学する中で「人に聞ける環境が欲しいな」「自分に合うサイトが見つからないな」と思った方に向けになり... Unityのエディタを使った、オブジェクトの移動、回転、拡大縮小について解説します。.

はじめに 0, 回答

侍エンジニア塾は上記3つの成功ポイントを満たすようなサービス設計に磨きをかけております。, 「自分のスタイルや目的に合わせて学習を進めたいな」とお考えの方は、ぜひチェックしてみてください。. }); 当たり判定があるからこそ、主人公が敵にぶつかったらダメージを受けますし、ボタンを押したら反応するのです。, まず当たり判定とは、一言でいうと「物と物がぶつかったことを知る判定」のことを言います。, オブジェクトAの座標とオブジェクトBの座標が、重なっているか判定するようなイメージです。.

名前で当たった時の「名前」で判定して処理を分岐できますし、タグなどを使用しても便利に分岐できそうですね!

googletag.defineSlot('/21812778492/blog_300x250_common_fixed02_adsense', [[300, 250], [336, 280]], 'div-gpt-ad-1565198391774-0').addService(googletag.pubads()); teratailを一緒に作りたいエンジニア.

Colliderとは、オブジェクトに 「当たり判定を付与する」 コンポーネントのことです。. Unity入門のゲーム作成チュートリアル第4弾「城防衛シューティングゲーム」の第3回は大砲の弾と敵の当たり判定の方法とエフェクトの付け方をご紹介します。「OnCollisionEnter」を用いた当たり判定について詳しく解説していきます。ま しかしUnityでは、コンポーネントという形で当たり判定を実行してくれる道具が用意されているんです! googletag.defineSlot('/21812778492/blog_468x60_common_eyecatch02_adsence', [728, 90], 'div-gpt-ad-1567575393317-0').addService(googletag.pubads()); googletag.pubads().setTargeting('blog_type', 'Tech'); var pbjs=pbjs||{};

これらの設定で、パーティクルの当たり判定が取得できないのは何故ですか? Typeを「World」にしないとオブジェクトとの判定ができないみたいなので、それが原因かもしれません。, それは Particle の粒に当たり判定をつけているのであって、爆発で飛ばしたいのにそういうやり方はしません。Particle の量が多い時に一つ一つの粒に対して当たり判定をするのは処理の負荷がかかり過ぎますからね。

この記事ではUnityでクラスの使い方を紹介します。

googletag.defineSlot('/21812778492/blog_300x250_common_fixed01', [[300, 250], [336, 280]], 'div-gpt-ad-1559710191960-0').addService(googletag.pubads());

爆発の当たり判定を取得するのは、パーティクルシステムのobjにTriggerのColliderをつけてそれで当たり判定を取得した方が簡単そうだったので、そちらを試しました。 googletag.defineSlot('/21812778492/blog_300x250_common_fixed01_adsense', [[300, 250], [336, 280]], 'div-gpt-ad-1565194485392-0').addService(googletag.pubads()); ― YouTubeなら1分19秒で学べます ― また OnParticleCollision は "Particle System がアタッチされているオブジェクトにアタッチしたスクリプト" の方に書かなければ機能しないはずです。, 普通にやるとしたら、Particle System と同じオブジェクトにスクリプトをアタッチして、Physics.OverlapSphere に入った範囲の弾き飛ばしたい Rigidbody に AddForce することになります。, あとは Detonator Explosion Framework を参考にするとよいでしょう。, 2020/07/05 13:17 編集, 回答 クラス(Class)を... 【忙しい人のためのUnity入門講座】グローバル変数とローカル変数の違いと「Serializefield」を使ったインスペクターへの表示, 【Unity, Collision, Trigger】衝突したオブジェクトを破壊する「OnCollisionEnter」「OnTriggerEnter」, VSCodeでMarkdownとMermaidを使うとプレビューで表示が乱れる問題の解消法, 【Android Studio】GenyMotionのアイコンが表示されない場合の解決法, 【Unity】オブジェクトを移動させる方法まとめ「Translate, Rigidbody, Vector3」, 【Unity】Tagを使用した高速なオブジェクトの参照方法「FindWithTag」, 【Unity】Buttonをinteractableで無効化したり、動的にイベントを追加する方法, 【忙しい人のためのUnity入門講座】 引数や返り値を含む関数(メソッド)の作り方, 【Unity】重複ありのBGMの鳴らし方「Play()」「PlayOneShot()」, 【Unity】オブジェクトにマウスで色を塗る方法「RealTime Painting」, 【Unity BOLT】逆に難しい?チュートリアルをやって感じたメリット・デメリット.

ここではタイルマップに当たり判定を追加する方法について説明します。※この記事で使用しているUnityのバージョン:Unity2019.1当たり判定の追加方法タイルマップに当たり判定を追加するには、タイルマップのゲームオブジェクトに「2D タ googletag.defineSlot('/21812778492/blog_300x250_common_sidemiddle01_adsense', [[300, 250], [336, 280]], 'div-gpt-ad-1565198726712-0').addService(googletag.pubads()); kamekumechan@gmail.com, いずれはSIRENやバイオハザードみたいなアクションゲームを作りたいと思っています。, ゲームシナリオが書けないので面白いゲームはなかなか作れません・・・・。(^_^;), 名前の由来はカメが好きだからです。 0 / クリップ

googletag.defineSlot('/21812778492/blog_728x90_common_overlay_adsence', [728, 90], 'div-gpt-ad-1583302554779-0').addService(googletag.pubads()); 1, 回答 はじめに ・Unity (C#).

2 / クリップ

お問い合わせはこちらから 毎フレーム呼び出されるUpdate関数や、生成時に呼び出されるStart関数と同じですね! Unityのパーティクルシステムで作れる爆発エフェクトにプレイヤーが当たった時に、爆発によりプレイヤーのオブジェクトが吹き飛ぶようにしたいです。 googletag.cmd.push(function() { ・Egret Engine (TypeScript) 今回はゲーム制作の要となる「当たり判定」について見ていきましょう。 当たり判定があるからこそ、主人公が敵にぶつかったらダメージを受けますし、ボタンを押したら反応するのです。 判定なんて聞くと難しそうな印象を受けますが大丈夫です。 そのためにまずはオブジェクトを作りRigidbodyとColliderをつける必要があります。, 次の記事を参考にRigidbody・Colliderを付けたオブジェクトを作成しましょう。, 今回はボールに「MyScript」と言う名前のスクリプトをもたせて、地面に衝突した時に「Hit!」とログを表示するようにしましょうか。, まずは次の画面のように、Sphereオブジェクトを選択中に、「InspectorウィンドウのAddComponentボタン」→「NewScript」→名前をMyScriptにして「Create and Add」しましょう。, 実行できたところで先ほど使用した「OnCollisionEnter関数」を改めて見てみましょう。, この関数はRigidbodyとCollider関係(BoxCollider・SphereColliderなど)のコンポーネントを、持っているオブジェクトが衝突した場合、自動的に呼び出されます。. 【Unity入門】Updateメソッドとは?FixedUpdateとの違いも徹底解説. pbjs.que=pbjs.que||[];

googletag.defineSlot('/21812778492/blog_728x90_common_eyecatch01_adsence', [728, 90], 'div-gpt-ad-1566564252373-0').addService(googletag.pubads());

Unity入門のゲーム作成チュートリアル第4弾の「城防衛シューティングゲーム」です!, 襲来してくる敵を大砲で迎撃し、城を守りきることができれば勝利というゲームを作成していきます。, 第2回までをまだ完成させていない!という方は「《第1回》大砲で弾を撃つ」「《第2回》敵を自動生成する」を参考にして処理を完成させてください。, の順番で進めます。今回もできる限りわかりやすく解説していきますのでぜひご参考ください。, 方法はシンプルで、生成された敵のスクリプトに大砲の弾との当たり判定を記述するのみです。, 当たり判定スクリプトを作成する前に、Bulletプレハブのタグを「Bullet」に変更します。, Bulletプレハブを選択してインスペクターウィンドウの上部のTagから「Bullet」タグに変更してください。, Scriptsフォルダに「HitController」スクリプトを作成し、以下のように変更してください。, 「OnCollisionEnter(Collision collision)」はスクリプトをアタッチしているオブジェクトに物理的に衝突したオブジェクトの情報を引数Collision型のcollisionとして渡します。, このif文は衝突したオブジェクトのタグをCompareTagを用いて「Bullet」であるかどうかを判定しています。, if文の中では詳しい処理は記述せずにコンソールに衝突したことがわかるようにしています。, ※プレハブへのスクリプトアタッチ方法は以下GIF参照(※GIFのスクリプトはここまで作成してきたものと異なります), 先ほど作成したHitControllerスクリプトを以下のように書き換えてください。(変更部分をハイライトしています), 「Destroy(Object)」は引数として渡したオブジェクトを削除します。これによって敵と弾を削除することができます。, 当たり判定に続けてとても簡単に削除を実装できることがおわかりいただけましたでしょうか。, Unityにはこのような便利なメソッドがたくさんあります。難しく考えていたことがたったの一文で実装できてしまうことが多々ありますので、悩んだときはUnity公式レファレンスを探してみることをおすすめします。, ここでは既存のエフェクトを利用します。「Unity Particle Pack 5.x」をダウンロード&インポートしてください。, これらのエフェクトはほとんどが「パーティクル」を用いて作成されています。オリジナルのエフェクトを作成してみたい!という方は以下記事をご参考ください。, まずはスクリプトを書き換えます。先ほど作成したHitControllerスクリプトを以下のように変更してください。, 8行目では今回発生させるエフェクトを格納するための変数を定義しています。publicにしているのはオブジェクトをUnityエディタでアタッチできるようにするためです。, 22行目ではエフェクトを生成するメソッド「GenerateEffect()」を呼び出しています。, このメソッドはアタッチしたプレハブ(発生させたいエフェクト)をインスタンス化(生成)して発生場所を決定させるメソッドです。, インスタンス化等のゲームオブジェクトに関する情報について詳しく知りたい方は以下記事をご参考ください。, 次に使用するエフェクトを少しだけ編集します。今回はEffectExamples→Fire&Explosion Effects→Prefabs→「EnergyExplosion」を使用します。, このプレハブをそのまま編集してしまうと再びこのプレハブを使用するときに不便なので、一旦コピーして別のプレハブとして編集します。, プレハブ化したらシーンにあるEnemyExplosionは邪魔ですので削除しておきましょう。, 次にこのプレハブが生成されてから一定時間がすぎると自動的に生成したプレハブを削除するスクリプトを作成します。, 生成したプレハブを削除する理由をここでは深く言及しませんが、シーン(メモリ)に使わなくなったオブジェクトを残しておくことはUnityに限らず、アプリケーション・システムにとって良いことではありません。使わなくなったオブジェクトはこまめに削除することをおすすめします。, それではScriptsフォルダに「EffectBreaker」スクリプトを作成して、以下のように変更してください。, まずはこのスクリプトをアタッチしているオブジェクトが生成されたときに呼び出されるStartメソッドの中で「Invoke(メソッド名,時間)」を利用して一定時間後に指定したメソッドを呼び出します。, 「Invoke」は第一引数にString型でメソッド名を指定します。第二引数には指定したメソッドを呼び出したい時間を指定します。, ここでは自分自身を削除するメソッド「BreakEffect」を「2秒後」に呼び出すという仕組みにしています。, このスクリプトを先ほど作成したEnemyExplosionプレハブにアタッチすれば完了です。(以下GIF参照), これでオブジェクトが生成された2秒後にそのオブジェクトを削除する仕組みを作成することができました。, 最後に完成したEnemyExplosionプレハブを敵プレハブのHitControllerスクリプトにアタッチして完成です。(以下GIF参照), 敵オブジェクトが破壊されるタイミングでエフェクトが発生し、ヒエラルキーウィンドウでは生成されたエフェクト(EnemyExplosion)が一定時間後に削除されていることが確認できました。, このように当たり判定を用いてオブジェクトを削除したり、エフェクトをつけたりすることができます。, 当たり判定というと難しそうに見えますが、ここまで進めてきた方にとってはもう難しいものと感じることはなくなったのではないでしょうか。, また、エフェクトについても当たり判定のメソッドと組み合わせることで非常に簡単に実装することができます。オリジナルのエフェクトを作成したりしてオリジナリティを出すと、より楽しく開発を進めることができるのでぜひチャレンジしてみてください!, この記事はいかがでしたか?もし「参考になった」「面白かった」という場合は、応援シェアお願いします!, PSVR / Oculus Rift / Oculus Go / Oculus Quest / HTC Vive / Gear VR / Windows MR/ VRゴーグルまとめ / スマホ VR  / スタンドアロン型 / SteamVR, キズナアイ / VRゲーム  / VR ZONE SHINJUKU / Steamゲーム / PSVRゲーム / Vtuberまとめ, produced by x garden 「Hello World」を表示する方法 これらを利用すれば「地面に立っている時」や「地面から離れた瞬間」なんて判定も簡単にとれますね! 爆発に当たっても、Debug.Logが呼び出されません。 Copyright © 2016-2020 かめくめちゃん All Rights Reserved. ※「XR-Hub」商標出願中, // Start is called before the first frame update, EnemyExplosionを自前のPrefabsフォルダにドラッグ&ドロップしてプレハブ化. この記事ではUnityの「Collider」を使った衝突判定を紹介します。 「Collider」について. この記事ではUnityで「Hello World」を表示させる方法を紹介します。 クラスの作成方法 googletag.defineSlot('/21812778492/blog_300x250_common_ctc01_adsence', [300, 250], 'div-gpt-ad-1566564396953-0').addService(googletag.pubads()); googletag.defineSlot('/21812778492/blog_728x90_common_overlay', [728, 90], 'div-gpt-ad-1584694002281-0').addService(googletag.pubads()); 0, 【募集】 そのために、プレイヤーにアタッチされているスクリプトに以下のコードを書きました。, これで爆発に当たったら吹き飛ぶようになると思ったのですが、上手くいきませんでした。

はじめに. googletag.pubads().collapseEmptyDivs(); Unityのパーティクルの勉強がてら、つくったスクリプトを解説します。 今回つくったスクリプトは、ゲームオブジェクトの衝突時に設定したパーティクルを再生することができます。 アクションゲーム等で利用できるかと思います。 ― YouTube なら2分46秒で学べます ―

例えば、キャラ同士がぶつかったときや、爆発に巻き込まれたときに処理を実行できます。 様々な言語や環境、プロジェクトに関わってきましたので、より実践的な記事をみなさんにお届きるよう情報発信していきます! Colliderとは、オブジェクトに「当たり判定を付与する」コンポーネントのことです。, 例えば、キャラ同士がぶつかったときや、爆発に巻き込まれたときに処理を実行できます。, GameObject > 3D Object > Cube でCubeを作成し、コンポーネントのMesh Rendererのチェックを外すと、緑色のフレームが確認できます。これがColliderです。, https://alchem.itch.io/unity-collider2d-optimization, https://docs.unity3d.com/ja/current/Manual/class-WheelCollider.html, こちらもMesh Collider と同様、細かい部分まで表現できるので処理に負担がかかります。, Spatial Mapping Collider では、複合現実(MR)などで物体の表面にColliderを付与できます。, https://docs.unity3d.com/560/Documentation/Manual/windowsholographic-sm-component.html, コライダーの形状は自由に変形できるので、Mesh Colliderのように高い精度でフィットできます。, また、他のコライダーとは違い、オブジェクトを完全に囲む必要はなく、直線やL字などでも利用可能です。, Composite Collider 2Dでは衝突したコライダー同士を合体させることができます。, 【メインスキル】 var googletag = googletag || {}; Unityのパーティクルシステムで作れる爆発エフェクトにプレイヤーが当たった時に、爆発によりプレイヤーのオブジェクトが吹き飛ぶようにしたいです。 ... パーティクルに当たり判定を実装する ... 更新 2017/11… googletag.defineSlot('/21812778492/blog_300x250_common_sidemiddle02_adsense', [[300, 250], [336, 280]], 'div-gpt-ad-1565198822157-0').addService(googletag.pubads()); 1 / クリップ

分かる方教えてください。, teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。, 評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。, 上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。, みなさんありがとうございます。

結果、この質問は無事解決できました。, 調べて出てきた情報での回答にはなってしまいますが、

・PHP 学生時代を含めると、かれこれ10年以上プログラマーとして過ごしています。 ゲームオブジェクトとコンポーネントの関係性は、Unityを使う上でとても重要なポイントです! その経験を通してプログラミング学習に成功する人は、「目的目標が明確でそれに合わせた学習プランがあること」「常に相談できる人がそばにいること」「自己解決能力が身につくこと」この3つが根付いている傾向を発見しました。

Is Triggerのチェックが入っている場合は侵入を検知するOnTriggerEnter, Is Triggerのチェックが入っていない場合は衝突を検知するOnCollisionEnter.