近年、仕事の過酷さに退職してしまう方が増加していますが、「辛い、しんどい…」という気持ちを隠して働いている方も数多くいます。心の限界を迎えるといずれ身体にも支障が出てしまうので、心が限界を示すサインと対処方法を知り、備えましょう。 仕事が辛いという気持ちが限界に近いのであれば、 転職して一回気持ちをリセットするのも一つの方法. です。 今の会社で頑張り続けるのも一つの選択肢ですが、世の中には優良企業がたくさんあります。 転職経験者が最短で内定ゲットするための転職活動の方法を解説 ⇒ 新型コロナ対策で、各社オンライン面接/面談に対応しています。, 仕事をしていても、同じようなミスで1日に何度も上司や先輩社員から叱られていませんか?何をやってもミスばかりで、どうして自分はこんなに仕事がうまくこなせないのだろう…もしかしたら何かの病気なのでは…と考える人もいるでしょう。 この記事では、毎日ミスばかり繰り返すのは果たして病気のせいなのか、発達障害だとしたら対処法はあるのかについて紹介します。, 叱られる内容がいつもたいてい同じで、直そうと思っても直せない場合、もしかしたら発達障害の可能性があります。, ADHD(注意欠如・多動性障害)は、発達障害の1つであり、以下のような行動の特徴から3つのタイプにわけられています。, 1.多動・衝動性優勢型:じっとしていられない、人の話の途中でも自分の話を始める、しゃべりすぎる、質問が終わる前に答えてしまう。, 2.不注意優勢型:いつもぼーっとしている、人の話を聞いていない、活動を順序立てるのが難しい、必要なものをしばしば紛失する、外からの刺激(音・光など)で簡単に注意がそれる。, 発達障害は、上述したADHD、LD(学習障害)、自閉症スペクトラムの3つの障害から成っていますが、それぞれを区別した診断を行える医師が少なく、医師以外の一般人が発達障害の中でどの障害であるのかを区別することは容易ではありません。, また、発達障害は合併しているケースも多く、ADHDとLD、ADHDと自閉症スペクトラム、3つすべての発達障害など、複数の症状を同時に抱えている人もいます。, また、上記のLD、自閉症スペクトラム障害の他にも、ADHDの症状に類似した症状を示す精神疾患があります。, ・知的障害(軽度):知的水準が同年齢に比べて低い ・双極性障害(躁うつ病):躁状態とうつ状態を一定のリズムで繰り返す ・愛着障害:幼少期に養育者から虐待される、愛されなかったなどの過去を持つ ・不安障害:漠然とした不安が長期的に継続し、日常生活が脅かされる, 上記のいずれも、万が一診断が出た場合は、仕事どころか生活自体が困難になる可能性のあるものばかりです。 仕事でミスをしてばかりで…というレベルではなく、もしかしたら働き方や、働く場所を変えたり、休職して様子を見たほうがよい場合もあります。, 発達障害かもしれない…と思ったら、産業医に相談してみることをおすすめします。 発達障害の専門医ではなくとも、辛さをわかってもらえるという体験が、あなたを大きく救うはずです。, また、近年の産業医は「大人の発達障害」についても学会などで研修を積んでいるため、職場での対処法についてもアドバイスをもらえるかもしれません。, 医療機関でADHDだという診断を受けた場合、あるいは障害名を限定せずに多動・衝動性が強いという診断をされた場合でも、薬物療法で一時的に症状を抑えることができます。 ADHDの約8割に効果が確認されており、集中力が向上し、落ち着いて行動できるようになります。, アメリカでは既に一般的に処方されているコンサータ(一般名メチルフェニデート)やストラテラ(一般名アトモキセチン)という薬物ですが、日本でも処方する医療機関が増えています。, これらの薬物は、衝動・多動の原因となるドーパミンの再取り込みを抑制して、神経伝達をスムーズにします。 薬効は一時的なもののため、ADHDの症状が抑えられるだけで、まったくなくなるものではないことに注意しましょう。, 日本や世界で活躍した偉人の中には、ADHDだったと言われている人も数多くいます。 かの有名な発明家トーマス・エジソンも、第35代アメリカ合衆国大統領のJ.F.ケネディもADHDだったと言われているのは有名な話です。 (参考図書:水野智美 『ADHDのある子どもの保育』) 彼らは、落ち着きがなく、不注意の傾向があったものの、それ以上にとてつもない発想力や、独創性という強みがありました。, たとえあなたがADHDだったとしても、ADHDはひとつの特徴に過ぎず、あなたの中に眠っている、あるいは見つけられずにいる魅力・強みがあるはずです。, たとえば自閉症スペクトラム障害の場合、こだわりの強さから、「違いに気が付く」という強みがあります。これは検品などの作業に有効でしょう。 また、自閉症スペクトラム障害の中にも、クリエイト系の作業が得意な人もいるため、他の人には思いつかないような独創的な作品・アイディアを生み出すことができるでしょう。, また、知的障害でも軽度であれば、一連の作業を覚えて繰り返すことができるため、事務職として働いている人もいます。 今は産業医や社会の理解もあるため、適材適所を与えてくれる企業も多いのです。, 毎日仕事でミスをしてしまう理由が、障害などではなく、「不器用」というその人自身の特徴のひとつに過ぎないということもあります。 不器用な人の特徴として、以下のようなことが挙げられます。, ・1つの作業にかかる時間が長い ・感情表現が苦手で人に頼みごとができない ・決断するまでに時間がかかる ・頼まれたら断れない ・1つの物事を深く考えすぎる, 以上のような特徴から、不器用な人自身が最も仕事のし難さを感じているのに、周囲からも仕事ができないことで責められて、精神的な負担はかなり高いといえます。, 自分は不器用だ…という自覚のある場合は、ただ落ち込むのではなく、仕事のやり方を変えた方が建設的です。 毎日失敗している人の中には、失敗のことを一刻も早く忘れたいという理由からあまり振返らない人もいますが、同じ失敗を繰り返さないためにはあえて失敗を振り返りましょう。 失敗リストを作成してみると、自分がどこでどのような失敗をしてきたのかを客観視できるため、共通項を見つけることができます。, たとえば細かい確認が苦手、納期の期限が短いとクオリティが下がる、報告ができていない…など、失敗の共通項を見つけて特に注意して働くことで、ミスを減らせるかもしれません。, ある程度の規模の会社であれば、作業マニュアルがあるところも多いでしょう。また、入社してから一定期間はOJTを通して作業内容を勉強できる機会もあったのではないでしょうか。 しかし、毎日同じようなミスをしている場合、最初に教わったことがきちんとできていない可能性があります。 また、不器用な人の中にはインプットが苦手な人もいるため、最初の教育期間にインプットしきれず、同じようなミスを繰り返しているのかもしれません。, このような場合、もう一度マニュアルを見直し、自分が失敗する箇所にはマーカーをひいたり付箋をつけるなどして、自分だけのマニュアルをつくることも有効です。 他の人はミスしてなくても、なぜか自分だけがミスをする作業手順がカバーできたり、インプットができなくても困った時にその都度マニュアルを読めば、同じようなミスを未然に防ぐことができるでしょう。, 転職サイトは求人を紹介するだけでなく、診断テストなども数多く用意されています。性格診断や適職診断などを活用することで、自分に合った仕事は何なのか、自分の理想の働き方ができるのはどんな職種なのかを診断してもらうことができます。, 複数の選択肢から自分に当てはまる回答を選ぶだけなので簡単ですし、気軽に行うことができます。自分に合った職業が分からなくて悩んでいる人は、まずは診断テストから行ってみると、自分では気がつかなかった適職を知れるかもしれません。, 「親密性」、「冷静沈着」、「受容力」など、18種類の中から自分の強みを5つ診断してくれます。客観的に判断した結果ですので、自分では何とも思っていなかった部分が実は長所だったりと、新しい発見もあります。適職を探すためだけでなく、自己PRなどにも役に立ち、リクナビNEXTでは応募時に診断結果を添付することで自分の強みをアピールできます。, 退職代行サービスのJ-NEXTは、早く、安価に、簡単に退職をしたい方を応援するサービスです。 最安値クラスの税込み20,000円のみで、今の仕事から開放されます。, 【退職スターターキット 無料進呈】 記名してポストに入れるだけ(切手不要)の印刷済み退職届や白封筒などが郵送で届きます。, 仕事で毎回同じようなミスをしてしまう…これって病気なのでは…と思う人もいますが、実際にADHDなどの発達障害の診断がつくこともあれば、診断がつかずにただ「不器用な人」である可能性もあります。, もしもADHDかもしれないと思ったら、産業医に相談してみましょう。心理検査などを通して診断がつくこともありますし、そうなれば薬物治療で多動・衝動性を一時的に抑えることもできます。 また、診断がつかなかった場合でも、誰にでも強みがあることから、適材適所に配置してもらえるかもしれません。, 不器用な人の場合、ミスをそのままにせずに分析したり、自分だけの作業マニュアルを作って、ミスと向き合って対処することをおすすめします。, コロナ禍のミドル・シニア世代の転職にはエージェント利用がおすすめ?40代50代最新転職事情, 転職活動を始めて3週間で内定を獲得&年収アップ転職に成功。30代で2回の転職を経験した著者が、転職活動で学んだノウハウをお伝えします。, 退職率が4%は、キャリア・アドバイザーが希望の転職を親身になってサポートしている証。メインで活用したいエージェントです。. 仕事でミスばかりしてしまうのはなぜでしょうか。 ミスしやすい人の共通点やミスをしてしまう理由を解説していきます。 仕事でミスしやすい人の共通点 この記事を読めば、仕事のミスを減らす方法がわかり、今持っている悩みを解消できますよ!, 記事を読み進める前に…仕事を辞めたい…と感じたら、限界がくる前に転職のプロに「話を聞いてもらう」のがおすすめです。特に今後は不景気の影響で求人数が減少してしまう可能性があります。少しでも転職を考えているなら、今のうちに、まず一度相談だけでもしてみましょう。転職エージェントは3分の登録で、完全無料で相談できるので、ぜひ利用してみてくださいね。過去30日間の登録者数588人!マイナビで無料相談してみる※現在は電話やWebで転職相談が可能です。, 仕事を辞めたい…と感じたら、限界がくる前に転職のプロに「話を聞いてもらう」のがおすすめです。, 特に今後は不景気の影響で求人数が減少してしまう可能性があります。少しでも転職を考えているなら、今のうちに、まず一度相談だけでもしてみましょう。, 転職エージェントは3分の登録で、完全無料で相談できるので、ぜひ利用してみてくださいね。, 元転職エージェントや人事経験者など、採用や転職事情に詳しいメンバーが監修。匿名だから話せる裏情報を多数掲載。 今年に入り、仕事がうまくいかなくなってしまい失敗の連続で落ち込み、さらに失敗をしてと悪循環に陥ってしまいました。去年は、仕事の失敗をしてもあまり後を引かなかったのですが、今年はいつから憂鬱なのかも思い出せないぐらい憂鬱な 転職nendo編集チームメンバーページ, 自分自身の能力だけでなく、職場の人間関係や私生活でのストレスなど、様々なことが関係している場合もありますが、, 仕事でのミスに悩んでいるのであれば、一度医療機関に相談してみることをおすすめします。, 今の会社で頑張り続けるのも一つの選択肢ですが、世の中には優良企業がたくさんあります。, 特に入社して間もない新人の頃は、なかなか仕事に慣れなくて苦労することもあるでしょう。, 最近多いのは、LINEやSNSなどスマホが気になって、仕事に集中できずミスをしてしまう人です。, 息抜きにスマホを見るのは良いですが、常に仕事中触れる場所に置いておくと、ついつい通知が気になるものです。, スマホのせいで集中力が途切れ、注意力が散漫になると、細かいミスをしてしまうでしょう。, 実際、自分に向いていない、楽しくないと感じてしまうと、仕事の覚えも悪く、ミスも多くなります…。, 楽しくない仕事であれば、集中力も続きませんし、モチベーションも上がらないでしょう。, 人間は好きなことほど、覚えが早いので、自分の性格とマッチする仕事を探してみるのもおすすめです!, 仕事を教えてくれる上司や先輩の経験や、仕事に対する理解度によっても差が出てきます。, 丁寧に教えてくれる人もいれば、説明が短く抽象的で主観を混ぜて教えてくれる人もいます。, 良い上司であれば、こちらがミスをしなくても、ミスをしやすい点をしっかりと教えてくれるでしょう。, しかしマニュアルが無ければ、復習することが難しいので、業務に対して不安があると自信を持てないでしょう。, 上司や先輩に話を聞いて、メモを取ることもできますが、一度に全てをメモすることは難しいです。, また、人に聞いていくと一人ひとり言っていることが違い、誰の言葉を信じて良いのは分からなくなることもあります…。, マニュアルがあれば、答えをすぐに確認できるので、自信を持って仕事に取り組めるでしょう。, 一緒に仕事をしている周りの人が、みんなできる人ばかりだと、プレッシャーを感じてしまいます。, 極度のプレッシャーを感じると、普段しないようなミスをしてしまう可能性もあります…。, そして、一度失敗したことで不安やプレッシャーがさらに大きくなり、ミスを連発してしまう人もいるでしょう。, 決してあなた自身だけの問題ではないものの、多くの人がミスを連発して自信を失っています…。, 次の章では、ミスが多くて悩んでいる人でも、すぐに実践できる対策についてお伝えします!, ただ仕事の説明を聞くよりも、メモを取ることで記憶が定着しやすくなると言われています。, 同じ仕事をしているのに、明らかに仕事が終わるのが早い同僚に話を聞けば、何かヒントが得られるかもしれませんよ。, 上司や先輩に話を聞いて、自分の業務で活かせそうなことはどんどん実践してみましょう!, 最初はスマホが気になるかもしれませんが、電源を切ることが当たり前になれば、気にならなくなります。, 特に多い症状としては、朝会社に行く時に吐き気がして、仕事をやりだすと治るというパターンです。, 吐き気だけでなく、頭がボーッとしたり、胸の奥がズキズキしたり、朝起きるのが辛かったり…, 何となく体調が悪かったり、普段ないような症状があれば、精神的な病にかかっている可能性があります。, 何気ないことでも放置し続けると、大きな病気に発展する可能性もあるので、早めに医療機関に行き、退職も考えましょう。, 実際、職種や業界のせいというよりも、周りの環境のせいで仕事が合わないと感じている人がたくさんいます。, 周りの人が優しく仕事を教えてくれるなら、今の仕事を辞めない方が良いかもしれません!, ミスが多ければ申し訳ない気持ちも大きくなりますが、優しく教えてくれる人がいるなら、その人のもとを離れない方が良いでしょう。, 反対に、ミスをして怒鳴られたり、嫌味を言われたりで、きちんと仕事を教えてくれない人が多いなら、すぐに辞めるべきです。, とにかく体調面で問題があるなら、自分を守るためにはなるべく早く仕事を辞めるべきですよ!, 辞めるべきかどうか悩んだ時は、転職のプロである『転職エージェント』に相談するのもありです!, ミスに悩んだり、仕事が合わないと感じているなら、いっそのこと転職するのも良い選択です。, 自分のスキルや知識を踏まえて、条件の合う転職先を探せば、ミスを減らして楽しく仕事ができるでしょう。, 辞めたいと悩みながら仕事を続けても、ミスは減りませんし、自分を苦しめてしまうだけです…。, 次の章では、転職を考えている人に向けて、おすすめのサービスについて詳しくお伝えします!, 転職エージェントは、担当のキャリアアドバイザーがあなたの転職を完全無料でサポートしてくれるサービスです。, あなたがミスで悩むことがなくなるように、最適な求人紹介や転職のサポートをしてくれますよ!, 迷ったら、最低でも「マイナビエージェント」と「リクルートエージェント」の2社に登録しましょう!, 優秀な人に囲まれていると、プレッシャーを感じてどんどん自分が追い詰められることもあります。, 仕事や職場が自分に合っていないなら、なるべく早く辞めて、次の仕事を探すことをおすすめします!, 優しく仕事を教えてくれる人が近くにいるなら、あなたはその職場に合っているかもしれませんよ!.