endobj <<0CD3A3C4537CF12A48FB20FFE31E2409>]/Info 23 0 R/Prev 543991/Root 25 0 R/Size 59>> 25 0 obj

中国・四国エリア ... 町おこしを成功させるには?実際の成功事例 ... 2020.08.10. 『もう、移住しちゃえば?』行き当たりばったり宮崎に移住した夫婦が運営するWEBメディア。自給/半農半X/田舎暮らし/多拠点居住/古くて新しいライフスタイルを発信中!, 2016.01.19 %���� 0000000015 00000 n 0000001106 00000 n 0000001629 00000 n 0000001737 00000 n 0000007090 00000 n 0000007199 00000 n 0000007351 00000 n 0000012285 00000 n 0000012539 00000 n 0000071445 00000 n 0000073570 00000 n 0000073714 00000 n 0000077336 00000 n 0000077581 00000 n 0000130943 00000 n 0000132622 00000 n 0000132752 00000 n 0000135792 00000 n 0000136027 00000 n 0000211248 00000 n 0000212992 00000 n 0000213127 00000 n 0000213748 00000 n 0000213988 00000 n 0000231435 00000 n 0000231957 00000 n 0000232105 00000 n 0000233361 00000 n 0000233611 00000 n 0000247940 00000 n 0000248721 00000 n 0000248878 00000 n 0000249113 00000 n 0000256635 00000 n 0000001382 00000 n trailer a8adscript('body').showAd({"req": {"mat":"2ZL9B0+7B5P8Y+14CS+BWGDT","alt":"商品リンク","id":"3bfJSP0-g7-qY7DMNt"},"goods": {"ejp":"h"+"ttps://www.jalan.net/uw/uwp2011/uww2011init.do?keyword=%94n%98H&distCd=06&rootCd=7701&screenId=FWPCTOP&image1.x=0&image1.y=0","imu":"h"+"ttp://machioko.net/wp-content/uploads/2018/07/宿泊.gif"}});a8adscript('body').showAd({"req": {"mat":"2ZL9B0+7TM502+3ZO8+BWGDT","alt":"商品リンク","id":"3bfJSPv-g7-qY7z50S"},"goods": {"ejp":"h"+"ttps://www.sakuratravel.jp/?utm_source=A8&utm_medium=affiliate","imu":"h"+"ttp://machioko.net/wp-content/uploads/2018/07/交通.gif"}}); Copyright © まちおこ〜町おこしの情報サイト〜.

「#移住日記」書いてます。 24 0 obj <>/PageLayout/OneColumn/PageMode/UseNone/Pages 22 0 R/Type/Catalog/ViewerPreferences<>>>

stream 宮崎県小林市で地域おこし協力隊やってます。, 岩手県出身の86世代。2015年10月、東京から小林市へ地域おこし協力隊として移住。情報発信からの現地滞在、新たな人の流れを作るべく。メディアを育てつつ、ブックカフェ兼ゲストハウスというリアルな箱を準備中。. 地方では過疎・高齢化が大きな問題となって久しいです。どうにか地方を活性化し、昔のような活気ある故郷へと再生できないものか? そのことを考えていると、町おこしに成功した地方の町があることを … 24 35
<> 2016.09.30 地域の特性に合ったゆずの栽培で、昭和30年代後半からの歴史があります。これも実は他の市町村との競合で供給過剰気味になっていたため、他の自治体にはない一工夫を加えたことが、町おこしの成功の鍵となっています。 %%EOF google_ad_client: "ca-pub-4650165915026190", }); enable_page_level_ads: true

本記事では田舎力(金丸弘美著)で紹介されている地方創生の成功事例地10カ所を一覧でまとめています。地方創生の現場にいる方は参考資料として活用ください。高知県馬路村農協-「伊賀の里モクモク手づくりファーム」-長崎県五島列島の小値賀島etc.. xref x�c```f``Mc`e`fab@ !�+�&���i�;���8���AJ��,D8;�t�@�2$����!�Ah���Ӂi�. endobj

中国・四国地方②―63 中国・四国地方は,人口分布に大きな かたよりのみられる地方の一つです。日 本海側や太平洋側の地域は,内陸部や山 間部を中心に人口密度が低くなっている 一方,瀬 せ 戸 と 内 うち 地域は,平野部に広島市を %PDF-1.4
地方都市が企業誘致を行うメリットとは?取 ... 2020.08.26. All Rights Reserved. <> 地域の特産品を前面に押し出して町おこしをする方法にはさまざまなバリエーションが存在しています。なかでも成功事例として挙げられるものに、高知県馬路村のゆずを使った町おこしが挙げられます。, 馬路村は徳島県との県境に接する安芸郡の山間地帯にあり、高知県内の35市町村のなかでも、人口は下から数えて2番目という位置にあります。西山渓谷や魚梁瀬湖などの自然環境には恵まれているものの、産業面では立ち遅れが目立つ地域でした。かつては林業が盛んだったことから、決して貧しい村ではありませんでしたが、時代の流れとともに若者が故郷を後にして都会に出てしまうようになり、衰退傾向が続いていました。, そこで切り札として導入されたのが、地域の特性に合ったゆずの栽培で、昭和30年代後半からの歴史があります。これも実は他の市町村との競合で供給過剰気味になっていたため、他の自治体にはない一工夫を加えたことが、町おこしの成功の鍵となっています。, 馬路村のゆず関連の商品のなかでもメインとなるのは、さまざまな料理のアクセントになるポン酢しょうゆ、子どもも大好きなはちみつ入り天然水ジュースのゆずドリンクです。そのほかにもゆずこしょうなどの調味料、美容液・石鹸・ボディーローションなどのゆず化粧品、甘みを加えたシャーベット・ゆず茶・ジャムなどの茶菓類があります。, これらはいずれも加工品で、アイテム数も70品目以上と豊富にあり、単品でもアグレッシブに商品開発を続けることで、さまざまな需要を喚起していることがわかります。また素材も地元産の有機栽培ものを使っているため、安心感やブランドイメージからリピーターを獲得できているところも注目すべきポイントです。, これらの特産品は地元の農協店舗やファーマーズマーケットだけではなく、インターネットを通じて広く全国に販売されています。ホームページで閲覧しながらカートに商品を入れて注文や決済ができるほか、コールセンターも設置して電話でも受付ができるようにしているなど、情報発信力や利便性の高さも重要です。. 0

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({ 地方創生における雇用創出の重要性とは? ... 2020.09.02. startxref 全国の会社から面接オファーが届くMIIDAS(ミーダス), 東京から宮崎に移住しました! 58 0 obj 中国地方の人口推移 ※出典:国土のグランドデザイン2050(国土交通省) ※出典:国勢調査(総務省) 国土のグランドデザイン2050(国土交通省) 人口推移 将来推計 圏域別 中国5県別 指数 順位 指数 順位 東北圏60.8 10 64.0 10 四国圏61.7 9 64.9 9 北海道63.9 8 66.0 8 在宅でノマドワーカー目指すならランサーズ 地域おこし協力隊Shinta Hosokawa, 地域ビジネスに関わるようになった方は、地方創生とは何か?という定義を確認すると同時に、ゴールとしてどこを目指せばいいのか?地方創生の成功事例を知りたくなるでしょう。, そこで今回、本記事では田舎力で紹介されている地方創生/地域おこしの成功事例を一挙に備忘録としてまとめます。地方創生の現場にいる方は参考資料として活用ください!, (※何度か本ブログでも紹介している田舎力。地方創生の成功と失敗の違いはどこにあるのか?非常に参考になる一冊です。), 人口3800名の山村に農産物や加工品の直売所、レストランを運営して、年間16万人を集め、農業事業だけでも56億円となった。木の花ガルデンは農家レストランのはしり。, 人口1200名、森林96%の山間地でありながら、ゆずの加工品で売り上げ33億円、年間6万人の観光客を集めるようになった。, 官民一体で環境保全型農業の推進に取り組み、コウノトリの放鳥に成功し、エコツーリズムに48万人が訪れ、農産物をブランド化した。, 農産加工品、レストラン、体験教室、直売所の複合型のファーム運営を行い、人口8000名の山間地に50万人を集めて、43億円の売り上げとなった, 人口約3000名の特に有名産業もない半農半漁の島だったが、島の民家に宿泊してもらい島暮らしを体験してもらう体験型観光により、2007年度のアイランドツーリズムの総収入は6000万円、集客数6000人泊を達成。2008年は総収入約1億円、8000人泊を達成。海外学生の評価も高い。, 旅館が中心となって、町の景観づくり、もてなし料理の開発などが行われ、いまでは、全国でも有名な観光地となった。, 1996年ごろから農村と町が一体となって先駆地。現在は大分県も支援を行い、中国や韓国などからの修学旅行生も誘致している。, 農村の景観を生かし、体験と農家の宿泊を組み合わせてのツーリズムは大分県全体に広がり、協議会も設けられて、それぞれの地域がお互いに学び合い、それぞれの個性を発揮する形で発展している。, 300年の歴史(カルチャー)を持つ湯治にイタリア型のB&B(ベッドアンドブレックファスト)を掛け合わせた独自のB&B&Cというコンセプトのもと長期滞在型旅行が定着。, 「ここを拠点に湯布院、久住高原、高千穂、阿蘇まで足を延ばされる方が多いですね。お客さまの半分近くが1週間滞在なさいます。」, モクモクに毎年のように通ってノウハウを吸収し、新しい地域づくりに成功。町の果樹、野菜、稲作、畜産、花卉農家全体で連携できる仕組みを作り、年間48万人を呼び寄せるようになった。2009年グリーンツーリズム大賞受賞。, 移住×働き方コーナー ©Copyright2020 繋ぎ屋-命を繋ぐ物語-.All Rights Reserved. 中国・四国地方 指導計画例 (5時間) 時数 主な学習内容 学習活動 教材・資料 1 中国・四国地方をながめて 中国・四国地方の自然 太平洋 瀬戸内海 日本海 山地 平野 川 離島 湖 塩田 都市、港、空港、鉄道 高速道 橋 (①自然環境を中核とした 考察)