2019-10-15T11:17:27+09:00 ダイハツ「ロッキー」の走行イメージ 走行安定性については、全高が1,600mmを超えるSUVとしては良好だ。 ボディが軽いことから、カーブを曲がったり車線を変更する際に、ボディがフラリと唐突に傾くような違和感がない。 2代目は5ドアのクロスオーバーsuvとなり、2019年(令和元年)7月にモデルチェンジされた4代目タントに次ぐ「dnga(ダイハツ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)」採用車種で、且つ、コンパクトカー用プラットフォームである「dnga-aプラットフォーム」採用第1号の車種となる。

0000144923 00000 n AHaaoiLVpV5LsaEA1FKvjHpXz/YvCE01fzZ5x1O0l03UrXVzpz29us6SaPqE8MpaFJSvNL4NUM55 0000038856 00000 n V2KuxV2KuxV2KuxV2KuxV2KuxV2KuxV2KuxV2KuxV2KuxV2KuxV2KuxV2KuxV2KuxV2KuxV2KuxV 0000082571 00000 n Hx8fHx8fHx8fHx8fHx8fHx8fHx8fHx8fHx8fHx8fHx8fHx8fHx8fHx8fHx8f/8AAEQgAuAEAAwER Xi/lu71q11qxubi+v1vH0ZSyX8Ql9OSW7lW4XiSojkdreJn614/LAyTy1utQuvzJ0O4a7nkKwTxX f� �\��LL�AN�� t&V uuid:906bb2d6-b0e5-4341-af7e-87490804759a ダイハツのコンパクトSUV「ロッキー」は、スタイリッシュなエクステリアデザインや優れた走行性能などが人気の的になっています。, 勿論4WD車も設定されていますが、ここではその燃費や雪道での走行性能について徹底評価しますので、新車購入時の参考にどうぞ。, 当サイト独自の調査によるロッキー・4WD車の売れ筋グレードは、最上級グレードの「1.0 プレミアム」です。, ロッキー 1.0 プレミアム 2WD 2,200,000円 ロッキー 1.0 プレミアム 4WD 2,422,200円, 2WD車との価格差は大きめですが、比較的高度な4WDシステムを採用していることや、寒冷地仕様が標準装備されることを考えれば仕方ないところでしょう。, 動力性能に体感上の大きな違いはありませんが、操縦安定性の面ではフィーリングに違いがあります。, 4WD車には、2WD車ではオプションとなる寒冷地仕様 (鏡面の曇りや凍結を防ぐヒーテッドドアミラー、フロントウィンドゥの凍結を溶かすウインドゥシールドデアイサー、暖房効率を高めるPTCヒーター等) が標準装備されます。, クロスビーの最上級グレード、1.0 ハイブリッド MZは2,185,700円で、ロッキーの1.0 プレミアムより236,500円安い価格設定になっています。, ロッキーはエンジンのスペックがクロスビーより劣る上、純ガソリン車なのでモーターのアシストもありません。, 安全運転支援システムは両車に標準装備されていますが、全車速追従機能付ACCやブラインドスポットモニター、リヤクロストラフィックアラートなどはロッキーだけに付きます。, また内装面でも、デジタルメーターやソフトレザー調コンビシートが付くロッキーの方がワンランク上です。, ロッキー・4WD車のカタログ燃費は、JC08モード値とWLTCモード値が公表されていますが、より実燃費に近いWLTCモードで17.4km/Lです。, 実燃費に関しては現状では実証データがほとんどないため、WLTCモード燃費×0.8で計算すると、, ロッキー・2WD車のWLTCモード燃費は18.6km/hで、4WD車より1.2km/L低燃費です。, 当サイトの調査によるとクロスビー・4WD車の実燃費は15.1km/Lで、ロッキーの推測実燃費を1km/Lほど上回ります。, ロッキーの4WDシステムは電子制御アクティブオンデマンド型で、ダイハツでは「ダイナミックトルクコントロール4WD」と呼んでいます。, 各種センサー及びVSC (車両安定化制御システム) からの信号を4WDコンピューターに取り込んで演算し、電子制御カップリングに伝えるトルクを制御します。, 通常走行時は前輪駆動をメインに走行して低燃費を実現、発進時や滑りやすい路面では後輪にも適切なトルクを配分して駆動力を高める方式です。, 前後輪のトルク配分は、アクティブマルチインフォメーションメーターの表示で確認できます。, 簡易的なビスカスカップリング式4WDの場合、発進時に前輪がスリップしてから後輪にトルク配分されるので、僅かにタイムロスが発生します。, しかしロッキーのダイナミックトルクコントロール4WDは、前輪駆動から4輪駆動に移行するタイムラグがほとんどないので、素早い発進が可能です。, 発進後の加速も4輪に適切なトルク配分が行われるため、スムーズで姿勢も安定しています。, 下り坂でも4輪全てにエンジンブレーキが利くので、2WD車やビスカスカップリング式4WD車よりも減速が容易です。, 路面のμが変化した時やカーブを曲がる時なども、4輪にきめ細かいトルク配分が行われるので、安定した走行ができます。, 燃費も大型SUVと比べれば良好なので、ガソリン代をあまり気にせず気楽に乗り回せるでしょう。, もし下取り車があるなら下取り車を高く売ることで、トータルで新車を安く買うことが出来ます。, 何故かと言うと、再販するにしろオークションに流すにしろ、人件費や車両保管、整備等の経費がディーラーの場合非常に多く掛かってしまいます。, 反対に買取専門店なら、買取った中古車を在庫させずに、すぐにオークションに出す事が出来るので経費がディーラーより掛かりません。買取専門のため余計な経費は掛けないので、その分査定金額は高くなります。, この買取店の金額とディーラーの査定額を比較すると、平気で20万円以上安く見積もられる事があります。, ただ、自分の車の相場が分かっていないと、ディーラーの査定額が高いか安いかの判断が出来ません。, そこで、管理人が毎回利用するのが一括査定の「ナビクル車査定」です。わずかな入力時間ですぐに自分の車の買取金額が表示されます。, この時は、ディーラーで76万円で査定されたフィットシャトルが、上記のように最高96万円の買取金額が付きました。, そこでディーラーに「買取店で96万円の金額がついている」と伝えた所、95万円までディーラーの査定金額がアップしました。, ナビクル車査定の買取金額をディーラーに伝えただけで、なんと19万円もアップしたのです。とても簡単なので、ディーラーの下取り金額をアップさせるにはオススメの方法ですね。, ちなみに実際に買取店に査定してもらった所、最高で108万円の金額を付けた買取店があったので、そこに売却しました。, ガリバーの中古車ご提案サービスなら希望する車種や条件、予算などを伝えれば、 ぴったりの中古車を無料で探してくれます。, また、本当に程度の良いお買い得な中古車は、非公開車両として中古車販売店に並ぶ前に売れてしまいます。, そう言った市場に出回る前の非公開車両も優先的に紹介してくれるので、よりお得な中古車を提案してくれるでしょう。, 「燃費のいい車を探して」「予算50万以内で荷物を積める車を探して」と言ったリクエストも可能です。中古車探しで気になる事は、なんでも相談してみるといいでしょうね。, 当サイトのロッキー値引き交渉マニュアルです。これを見て多くの人がロッキーを限界値引きで購入する事に成功しています。.