『このタイヤはツライチ!?ハミタイ!?』 カスタムが好きな方ならボディーとタイヤのツラ具合を気にする方も多いのではないでしょうか。 そんな方にも今までの当たり前を大きく揺るがす大きな規制改正がありました。 ※独立行政法人 自動車技術総合機構からのお知らせ 平成29年6月22日より抜粋 要するに・・・ 1. 今回はタイヤがフェンダーからはみ出してはいけない理由を解説します。, モタガレは、ネット上で探すことが難しかったカーグッズやパーツそしてカスタムカーなどの情報を集約。ただの通販サイトではなく情報・販売・取付までサポートする日本最大級の自動車用品通販サイトです。, 自動車が直進姿勢をとった場合において、車軸中心を含む鉛直面と車 軸中心を通りそれぞれ前方30°及び後方50°に交わる2平面によりは さまれる走行装置の回転部分(タイヤ、ホイール・ステップ、ホイー ル・キャップ等)は当該部分の直上の車体(フェンダ等)より車両の外 側方向に突出していないこと。, この場合において、専ら乗用の用に供する自動車(乗車定員10人以上 の自動車、二輪自動車、側車付二輪自動車、三輪自動車、カタピラ及び そりを有する軽自動車並びに被牽引自動車を除く。)であって、車軸中 心を含む鉛直面と車軸中心を通りそれぞれ前方30°及び後方50°に交 わる2平面によりはさまれる範囲の最外側がタイヤとなる部分について は、外側方向への突出量が10mm未満の場合には「外側方向に突出して いないもの」とみなす。. ・10mm(1cm)未満ならタイヤ部分は、はみ出しても「ハミタイ」OK 2. この法改正はなぜ?タイヤがフェンダーから10mmまで出てもOKになった本当の理由とは. 平成29年6月22日から10mmだけ規制が緩和されましたが、依然としてハミタイやツライチは厳密に検査されます。, 車のフェンダーからタイヤがはみ出している状態は、歩行者・自転車・他の車などの安全を脅かす恐れがあり、以前から厳格な車検基準が適用されてきました。, 平成29年6月に10mm未満までのはみ出しは問題ないとする保安基準の改正がなされましたが、しかし、実際に許容されるのはタイヤのラベリング部分とリムガード部分の突起だけです。, このラベリングとリムガードがフェンダーからはみ出していたとしても、それが10mm未満であれば保安基準をクリアーする、というのが改正の内容です。, したがって、タイヤ・アルミホイール・ナット・ホイールカバー・その他装飾品がフェンダーより少しでもはみ出していたら、従来どおり車検は通りません。, 車検でタイヤがはみ出しているか否かに関しては、道路運送車両法の保安基準第18条(車体及び車枠)の規定で判断します。, 具体的には、タイヤの中心からまっすぐ垂直方向に線を引き、最上部から進行方向に30度、後ろ側に50度の部分がフェンダー面から外に出ているかどうか、これを検査することになります。, 純正のタイヤやホイールのままであれば、検査員はさっと目視して、はい合格、ということになります。, しかし、「おや??」という車両の場合は、糸の先に重りをつけたもの、あるいはアクリル板に30度・50度の角度が記載された分度器のようなものを持ってきて、厳密にフェンダーからのはみ出し量を計測します。, フェンダーのすぐ下の辺りのタイヤやホイールのはみ出しが問題であり、タイヤ中心から下の部分は計測しません。, だから、いわゆるキャンバー角の付いた「鬼キャン」などでも、上部が車検基準をクリアーしていればOKです。, (※)鬼キャンが車検を通るにはフェンダー付近ではタイヤが「ツラウチ」になっていなければ通らないことになります。フェンダー付近が「ツライチ」だとちょっと下の部分がはみ出してしまい基準をクリアーしないからです。, ドレスアップのために、あるいは走行性能向上のために、タイヤやホイールを交換する場合には、それが車検基準をクリアするか否かを事前にショップや整備工場で確認するのがベストです。. 国土交通省及び経済産業省は乗用車等の燃費について、新たな義務づけを行った。それが燃費の国際統一試験法の導入で、燃費表示が国際基準のWLTCモードに切り替わり、それに伴い今までは表示されていなかった走行環境ごとの燃費表示の義務付けが行われ... via FUJITSUBO 道路運送車両の保安基準の細目を定める告示(平成14年国土交通省告示第619号)等の一部改正で、新車時の規制が廃止され、使用過程の車は新車時の測定値から悪化していないことを確認する手法を採用するそうだ。, 「動き出した、核心的変換エンジン。」は何が変わったの? ATOK2017 for MacOSが“解禁” 早速ATOK passportもアップデート開始, Apple、6Gネットワーク 次世代 iPhoneの開発に着手か / 6Gはいつから始まるのか, M1チップ搭載MacBook Airのキーボード、見えてるのに「気付かない部分もアップデート」, Apple、macOS BigSur 11.0.1を正式リリース「なんだかiPhoneぽくて使いやすい」 / Big Sur対応のMac 一覧, M1チップ搭載Mac、格上の「Intel i9搭載MacBook Pro 16よりも爆速」 / ベンチマーク結果、i9-10910を引き離す性能, Apple Pro Display XDR、M1搭載Macはエントリーモデルも対応 / 近未来、誰しもが6Kを手にすることを示唆か. iCloudメールを作成中に“メールを有効にする際に問題が発生しました。” というエラーが出るときの対処法, iPhone 12 Proの「グラファイトはこういう色」 / 12 Proのグラファイトと12のブルー動画が公開される, 次期iPad Pro、2021年春発売か / 「爆速A14X搭載、初 mini LEDディスプレイ採用」の可能性, Myドコモで iPhone 12予約「シェアパック契約はどうなる?」 / 店舗の在庫 割り振り状況予測, 私が iPhone 12 Proのカラーでシルバーを選んだ理由 / 本当はグラファイトかパシフィックブルーがほしかった. 新品のタイヤを購入するとわかるが、横(サイドウォール)の部分に細長いゴムのヒゲが付いている。少し走行しているとちぎれてなくなるのだが、この新品タイヤ特有のヒゲの正体は一体何なのだろうか? 意味はあるのだろうか? タイヤの製造工程から明らかにする。 自動車のタイヤは、フェンダーを10mm以上はみ出すと、違法改造車となって車検が通らなくなります。 昔はタイヤがまる見えだった! いまのクルマの「ホイール」と「フェンダー」の隙間が減ったワケ. Via 出張車検.com 自動車が直進姿勢を取った場合において、車軸中心を含む鉛直面と車軸中心を通りそれぞれ前方30度及び後方50度に交わる2平面により挟まれる走行装置の回転部分(タイヤ、ホイール・ステップ、ホイールキャップ等)は当該部分の直上の車体(フェンダー等)より車両の外側方向に突出していないこと。 この場合において、専ら乗用の用に供する自動車(乗車定員10人以上の自動車、二輪自動車、三輪自動車、 … 6月22日に保安基準が改正されて、タイヤのはみ出しルールが変わった件についてお話しようと思います。 アドバイザー:スパイス 佐藤研究員 あー、そういえば、「10ミリまでならハミタイOKになった」ってネット上で話題になってますよね。 なぜ前が凸で後ろが凹? バスやトラックのホイール形状がタイヤによって異なる謎 車検ではフェンダーからのタイヤのはみ出しは検査項目に入っています。平成29年6月22日から10mmだけ規制が緩和されましたが、依然としてハミタイやツライチは厳密に検査されます。 なぜタイヤがはみ出してはいけないのか. なぜタイヤが10mmはみ出しても良くなったのか. なぜタイヤがフェンダーからはみ出てはいけないのでしょうか。 それには国内の車やバイク、歩行者の安全を守るために定められた、「保安基準」が関係しています。 今回はタイヤがフェンダーからはみ出してはいけない理由を解説します。 Twitterで話題となっている画像がある。それが、「自動車技術総合機構からのお知らせ」と書かれた掲示物。, その内容というのが、回転部分の突出禁止規制 および排気管の開口方向規定の改定について。今まではみ出しては行けなかったもの(ハミタイ)がOKになり、排気ガスを出すマフラーがどこから出ていようともOKになるというものだ。ただし、しっかりと保安基準の細目は設けられている。, 【記事内容一部訂正】記載の図面に誤りがあり、正しい物と差し替えました。ご迷惑をおかけしました。2017年6月23日13:30までにSNSなどで拡散してくださいました方々には大変お手数をおかけしますが、再度周りの方へお声掛けいただければ幸いです。(修正内容は最下部に記載), このたび、道路運送車両の保安基準の細目を定める告示(平成14年国土交通省告示第619号)の一部が改正され、, が行われました。これらについては、平成29年6月22日以降、自動車の制作された日を問わず適用されますのでお知らせします。, 自動車が直進姿勢を取った場合において、車軸中心を含む鉛直面と車軸中心を通りそれぞれ前方30度及び後方50度に交わる2平面により挟まれる走行装置の回転部分(タイヤ、ホイール・ステップ、ホイールキャップ等)は当該部分の直上の車体(フェンダー等)より車両の外側方向に突出していないこと。この場合において、専ら乗用の用に供する自動車(乗車定員10人以上の自動車、二輪自動車、三輪自動車、カタピラ及びそりを有する軽自動車並びに被牽引自動車を除く。)であって、車軸中心を含む鉛直面と車軸中心を通りそれぞれ前方30度及び後方50度に交わる2平面により挟まれる範囲の最外側がタイヤとなる部分については、外側方向への突出量が10mm未満の場合には「外側方向に突出していないもの」とみなす。, 今までの規定では、タイヤフェンダーにタイヤ上部の前方30度、後方50度は収まっていないと車検には通らず整備不良となっていたが、一般常識的に考えられる乗用車に、ホイール適正サイズのタイヤを履かせたら、10mm未満のはみ出しは「はみ出していないことと認識する」ということになる。, タイヤよりホイールが突出している引っ張りタイヤはNG。ホイールよりも肉厚で外にタイヤが飛び出している「むっちりタイヤ(扁平も含む)」なら10mmは許してやろうということだ。, 上手い解釈をすると、ホイールよりタイヤが厚みがあり、上部からホイールが見れなければ、ホイールもろとも10mm外に突出していても構わない。ということになるのかもしれない。, 10mmというのは、最上部ではなく、前30度、後ろ50度の範囲から10mmということになるので、マルチリンクやダブルウィッシュボーンなどのサスペンション構造を持つ自動車は、自ずとハの字になる傾向があるため、はみ出しOKだとしても角度の問題に注意が必要である。, では、今頃になって何のためにこのような改正がされたのかをよく考えてみると、これは日本車を意識したものではなく、主にアメリカからの輸入車に関する措置ではないかと思う。, GMやシボレーといったアメリカ車の中には、大排気量エンジンを搭載したピックアップトラックが存在し、それらのタイヤは少なからず飛び出している車両も存在する。その車両を日本で販売するのにネックとなる「日本仕様」への改造負担を軽減する目的で導入されたのではないだろうか。, 現にマフラーはどこから出ていてもOKですよ。という内容に関しては、外国車は右側走行のためトラックなら左側へ向けてマフラーの排気が流れるようになっている。日本では左側通行のため、排気管の開口方向は後方もしくは右と定められていた。それを考えるとピックアップトラックを売りたくて売りたくて仕方がないアメリカに後ろから手を回されたとしか思えないのである。「平成29年6月22日以降」に“製造された日を問わず” 適用されるというのも 新車として日本に登録された日が6月22日以降なら…ということから つまりそういうことだろう。, 誤解を招いてしまうので追記をするが、製造された日を問わないと言うことは、現在所有の乗用車や これから購入する未使用車と中古車にもこの改正が適応されると解釈できる。, 日本車も世界戦略車と言われる車両に配慮したことになる。例えば最近よく見かけるマツダ CX3の後輪フェンダー部分を見たことがあるだろうか。, 無意味に思われるイボが突起している。これはデザイン上、車体からタイヤがはみ出る可能性を考え、日本での運行に際し、保安基準を護るために設けられた物(だと思っている)なので、アメリカ車だけの優遇というわけでもなさそうだ。, しかしツライチ(フェンダーとタイヤが上から見ると面を揃えていること。自分の考えるツライチは、もうタイヤ外に出てるハミタイ。)にしても車検に通る可能性が出てくる車両あると思うと、デザイン面に柔軟性が出てくるので 今後のカスタム業界にも新しい案が生まれることが期待できて楽しみだ。, https://www.naltec.go.jp/topics/fkoifn0000004i2j-att/fkoifn0000004i3n.pdf, 実写ホイールの写る画像を図面の物に差し替えをいたしました。誤った内容を記載し、大変ご迷惑をおかけいたしました。 via表示は省かせていただきます。ご理解くださいますようお願い申し上げます。, コメントは承認後に公開されます。良識のあるコメントをお願いいたします。※承認後も管理者側の判断で削除される場合があります。, [タカブログ] takao.iの思想ブログ始めました。とかいうタイトルはおかしいと思う。, 平成29年6月22日より、道路運送車両の保安基準の細目が改定され、フロントガラスにドライブレコーダーが取り付け可能となった。. コンプリートカーや輸入車、またはドレスアップされた車によく見られるフェンダーアーチモール。半円状のフェンダーアーチに沿って貼り付けられる厚さ数ミリのモールドテープは、単なる飾りのように見えますが、車のタイヤ周りの保安基準を満たすために必要な装備なのです。メーカーによってはフェンダーモール、フェンダーエクステンションなどと呼ばれます。モールの厚さの分だけ全幅を広げてやることで、わずかにはみ出たタイヤをフェンダー内に収め、保安基準に適合できるようにする便利なアイテムがフェンダーアーチモールです。, 車検時のはみ出しタイヤは、フェンダー面から垂らした糸や専用の計測器を使って厳密に検査されます。フェンダーアーチモールを装着していれば、計測基準はフェンダーアーチモールからとなるため、通常であればはみ出ていたタイヤでもフェンダー内にあるとされ、車検に合格することができます。しかし、その取り付け方法には注意が必要です。ドレスアップ目的であれば両面テープで貼り付けるだけでよいのですが、はみ出したタイヤをフェンダー内に収める目的の場合はビスやリベットで固定しなければいけません。合否の判断は検査官によるところが大きいので、目的ごとの取り付け方法を守るようにしましょう。, 平成29年6月22日に改訂された道路運送車両保安基準では、タイヤの10mmまでのはみ出しが認められるようになりました。この法改正は、タイヤのリムガードや、サイドウォールに記載されたタイヤサイズなどのラベリングのはみ出しに対しての措置です。また、日本の保安基準に基づいて生産されない一部の輸入車への対応であり、決して「タイヤがはみ出してよい」という意味ではありません。 露骨なはみ出しタイヤは今までと同様に取り締まりの対象になるでしょう。, なぜ保安基準というものがあるかといえば、車を安全に運用するためのルールが必要だからです。もしも事故によって、回転するタイヤ同士が接触すれば、車を吹き飛ばすほどの力が発生します。些細な接触事故が大惨事へと発展してしまうでしょう。 また、車が歩行者との接触した際には、車体からはみ出したタイヤが歩行者をタイヤに巻き込んでしまう恐れがあります。それらの危険を防ぐための法律が道路運送車両保安基準です。フェンダーアーチモールやオーバーフェンダーなどの装備は、車検を通すためではなく、あくまで安全に車を運用するためにあるということを心得てください。, 道路運送車両保安基準では全幅±20mmまでの変更は構造変更手続きは必要ないとされています。フェンダーアーチモールの多くの製品は片側7~9mmの厚さで設定されていますので、それ以内のタイヤのはみ出し具合であればフェンダーアーチモールの装着で問題なく車検を通すことができる点がメリットです。, 多くの部品で構成されている自動車は、数ミリの誤差はつきものです。しっかりとホイールオフセット量を計算したとしても、ほんの数ミリだけはみ出るために、お気に入りのホイールを泣く泣くあきらめる羽目になるのはよくあることです。そんなときに活躍するのがフェンダーアーチモールです。10mm弱という、わずかな数値ですが、決して馬鹿にはできない数値です。, 特にデメリットらしいデメリットがないフェンダーアーチモールですが、取り付けの際に適当な場所がない場合はボディにビスやリベット固定用の穴を開けなければいけません。開けた穴は錆が発生しやすくなるので、しっかりと防錆処理をしましょう。, メーカーオプションで設定された車や、新車時からフェンダーアーチモールが付けられる特別車両などは、車両登録時に寸法を計測しなおすことになります。車検証に記載される寸法はフェンダーアーチモールが付いた状態となるので、ノーマルボディのよりも全幅が広がることになります。それにより、車種によっては重量税や取得税が高くなってしまうことがあるので注意が必要です。, フェンダーアーチモールは数多くのメーカーから販売されています。汎用品として販売される製品は、1本の長いテープ状になっているので、適切な長さにカットして使用します。ドレスアップ目的であれば両面テープのみでの貼り付けで車検は通ります。はみ出したタイヤをフェンダー内に収める目的の場合は両面テープとビスやリベットを併用して固定する必要があります。しっかりと取り付けられる手順をご紹介します, 車種専用設計の製品ならば、既存の穴やボルトを使って止めるように設計されていますが、汎用品の場合は使えそうな穴を探す必要があります。もしも使えそうな穴がなければ、インナーフェンダーやボディに取り付け穴を開けなければいけません。電動工具の使用の際はケガなどに注意してください。, 保安基準の一部改正によって10mmまでのはみ出しタイヤが法的に認められるようになりました。それによってフェンダーアーチモールが不要になるかというとそうではありません。10mmまでのはみ出しが認められるのは、リムガードなどのタイヤの構造上のやむを得ない場合であって、はみ出しタイヤが合法的に認められる訳ではありません。車体からはみ出したタイヤは危険です。適切な方法で取り付けたフェンダーアーチモールで保安基準に適合させましょう。はみ出すギリギリのツライチタイヤの格好良さは魅力ですが、周りや歩行者に対して安全な車が、一番格好良い車なのではないでしょうか。, 【新型ノート フルモデルチェンジ最新情報】2020年11月下旬に予約受注開始か!読者からのリーク情報, 【次期新型トヨタ ランドクルーザープラド 最新情報】フルモデルチェンジは2021年2~4月か!, 【次期新型トヨタ ノア/ヴォクシー/エスクァイア】フルモデルチェンジは2021年6月?2022年に延期?, 【トヨタ】新型車デビュー・モデルチェンジ予想&スクープ|2020年11月6日最新情報, 【新型トヨタ アルファード】フルモデルチェンジは2022年!?ヴェルファイアは廃止へ?, 復活新型ホンダ インテグラの大予想デザインCGを入手!懐かしのカッコインテグラを振り返り, 【南明奈#おため試乗】トヨタ新型ライズを欲しい人は必見!いいとこ取りコンパクトSUV, MOBYは毎日クルマを”使う”人、持っていない人に車を好きになってもらうため、新型車、最新の技術やサービスからドライブ情報まで、車の楽しさや魅力を発信します。, 帯状のモールを車に仮当てして必要な長さ形状に加工します。 多くの製品がウレタンやゴムなど柔らかい材質でできているので、一般的なはさみやカッターで加工できます。, 取り付け面の汚れを落とし、シリコンオフなどで脱脂します。汚れや油分がついていると、両面テープの剥がれの原因になります。, フェンダーアーチモールとフェンダー端から貼り付けていきます。気温の低い日に取り付ける場合は、ドライヤーなどで貼り付け部分を温めながら作業すると、しっかりと貼り付けられます。, 確実な貼り付けを望むのであれば、取り付け後24時間ほどは車を動かさないほうがよいでしょう。. 新品タイヤ表面に無数に生えているゴムのヒゲ。あのヒゲには「スピュー」という名称があるのだが、通常「タイヤのヒゲ」でハナシは通っている。, じつはあのヒゲの正体はタイヤの製造過程のクライマックス、“加硫”のときのエア抜きのあとなのだ。, タイヤ作りの現場ではカーカス・ベルト・ビート・トレッド・サイドウォールといった、各パーツを巻いて切って重ねて組み合わせた「生タイヤ」というものを作る。この「生タイヤ」を雌型だけの金型=モールドに入れて、内側から60kPaぐらいの空気の圧力で押し付け、高温(140度~185度)による熱化学反応、いわゆる加硫によってゴムに弾力性を持たせ、トレッドパターンなどの成形を行う。, このモールドの内側から生タイヤを膨らませ型に押し付けていくとき、生タイヤとモールドの間に入っている空気をどこかで抜かなければならない。そのエア抜きのための穴がじつはモールドには無数にあり、そのエア抜きの穴に入ったゴムが固まったのが、ヒゲ=スピューになる。, モールドから取りだされたばかりのタイヤは長くて立派なヒゲが生えているのだが、出荷前に専用のカッターで短く刈りそろえられている(元の長さは30ミリぐらい)。, 夏用タイヤよりサイプ(細かい溝)が入っているスタッドレスタイヤの方がヒゲの数も多い傾向があるが、上記のようにタイヤメーカーの工場で性能に影響がない長さまでカットされて出荷されている。またナラシ走行(タイヤの皮むき)の間にこのヒゲはきれいになくなるので、とくに気にする必要はない。, ちなみにスーパーGTに参戦する日産系のトップレーシングドライバー・本山 哲は、レーシングカート時代「新品タイヤのこのヒゲがどうしても(走行中に)気になって我慢できない」と言い、メカニックに一本一本ニッパーでカットさせたという逸話がある。それだけ鋭敏なセンサーの持ち主だった……。細やかな神経を持ち合わせていても、遅いドライバーであれば、ヒゲを切るといったオーダーに応えてもらえないのもレース界の掟。速さはなにより重要といえる。, カーポートマルゼンがオススメするスタッドレスタイヤを紹介! 専門店ならではのこだわりも満載, 人気車種はとくに要注意! スタッドレスタイヤを買うなら雪が降る前の「10〜11月」にすべき理由4つ, トーヨーの新作スタッドレスを「アイス路」や「圧雪路」で徹底チェック! 実感できた進化とは, クルマ好き男子はイチコロ! 女子が選んだバレンタインに渡したいメーカーグッズ10選, 超マイナーモデルがミニカー化! 日産スカイラインGTS25t Type M specIIが発売. ©Copyright2020 車のお手伝い.All Rights Reserved. それには国内の車やバイク、歩行者の安全を守るために定められた、「保安基準」が関係しています。