分解してアップグレードする場合は、下記のページを参考にしてください。CPU を Celeron 575 から Core2 Duo P8400 2.26GHz に換装していますね。

「私はWindows10にしてあり、気に入っているが、いつかハードウェア構成を変えた時に認証エラーになるのではないか?」という未来の不安 私がこれまで使っていた環境は次の通りです。 CPUはソケットAM3では最強シリーズのPhenom II X6ですが、拡張命令が少ないなど古さを感じます。 6コアのCPUを使っていたとはいえ、起動が遅い・動作が遅くなるなどストレスを感じることがありました。 メインストレージを約1年前にSSDに変更してからは、レスポンスが向上しなんとか延命している状態です。 マザーボードを交換する直前のベンチマーク(CrystalBenchmark)の … 昨年の6月にwindows10の無償アップグレードをしたのですが、私のパソコンは自作PCで、組み立ててから3年が経過し、そろそろマザーボードとCPUの交換を検討していますが、windows10の無償アップグレードはオンライン認証ということで、再 4)ディスプレイドライバを入れる 参考URLをご覧ください。 タマゾン川でフィッシングさん. 2万円はそれなりに大切だったりもしますが、2万円でそういう癖が着いてしまうと、たぶん人生ではそれ以上のものを失うことになるだけだと 手順ですが、手動でやる場合(LANのケーブルは抜いておいた方が安全) の項目にそれぞれ、8086 / 3B64 と入力し「 Search 」 2016.06.15:「てきとうなぶろぐ」さんの情報を追加

やり方はいろいろあると思います。 マザーについては、メーカーがドライバを提供している場合は問題ないと言えます。 よろしくお願いいたします。, >無償アップグレード後に例えばHDDをSSDに変えたりグラフィックボードやマザーボードを変えてしまって、アクティベートできなくなるという事例がある その代り、HDD の電源を切り替える装置は販売されています。SATA ケーブルは繋いだままでも、電源を切り替えるだけでも、起動する HDD を選択することができます。このユニットは、起動後は選択を変更できないような安全装置が組み込まれています。 Z270シリーズも一部メーカーはWindows7用のドライバを提供しているみたいですから、無理に買いだめしなくても問題ないでしょう, ※各種外部サービスのアカウントをお持ちの方はこちらから簡単に登録できます。 でM/Bは このM/Bはコイン電池がビニールでぐるぐる巻きの奴ですが 電源もしくは電源ケーブル等が足りなかったら言ってください(一応、電力は計算済みです) Windows10へ無償アップグレードする方法!Windows7や8を無料でアップグレードしよう. DVDディスクドライブ:ASUSTek Windows10対応 M-DISC対応 最大24倍速書込 SATA接続 DVD/CDライティングソフト付き DRW-24D5MT (https://www.amazon.co.jp/dp/B01914M2OM/ref=cm_sw_r_tw_dp_x_xAAMybVSDHBYZ) http://www.inversenet.co.jp/pclist/product/Lenovo/2718AY5.html ← 2009/02/25 [パーツ(すべてAmazon検索)]()内はリンク https://www.monotaro.com/p/3844/5346/ ← ¥585  NKKスイッチズ(日本開閉器)レバーロック形トグルスイッチ M2022L お金を安くするという風にする場合は、バックアップソフトで、ドライブを丸ごとイメージファイルでDVD-Rとかのメディアに焼くという方法も 私はWindows10に無償アップグレードして数ヶ月が経っているため、もう元のWindows8.1に戻すことはできませんが、もしパーツ交換によってライセンス認証エラーになった場合、Windows8.1のクリ HDD:Seagate 内蔵ハードディスク 3.5インチ 1TB PCユーザー向け BarraCuda ( SATA 6Gb/s / 7200rpm / 2年保証 ) 正規代理店品 ST1000DM010 (https://www.amazon.co.jp/dp/B01M04WP2B/ref=cm_sw_r_tw_dp_x_BzAMyb8VKQV57) © Copyright 2020 IT HOOK. 以下、TH1~TH2時代 (2015年8月.~2016年7月) の情報, 以下、無償アップグレードしたWindows10のライセンスに関するリンク。 lenovoのノートPCのHDD交換方法を教えてください!!

ライセンス認証とかって、そもそもマイクロソフト社が判断している部分です。

http://amazon.co.jp/dp/B000SBDLWU ← ¥7,930 3R スリー・アール...続きを読む, 自作PCを組みたいのですがこれらのパーツ等で組み立てることはできるのでしょうか?不可能の場合は何のパーツが無理なのかをお願いします。(足りないのも) Windows8.1搭載のノートPCとかに無料バックアップソフトをインストールし、「CドライブとDドライブを丸ごとバックアップ」としてDVD-Rとか 「ハード ドライブやマザーボードの交換など、PC のハードウェアを大幅に変更すると、その PC でWindows がライセンス認証されていない状態になる場合があります。」 と言う訳で、SATA ケーブルを切り替えるタイプの切替器には、スイッチのような回路ですと前述のような雑音問題が生じる恐れがあり、電子的な切り替えにならざるを得ませんので、価格的にもある程度は高くなる恐れがあります。実際、そういう製品はないでしょう。電源の切り替えで実現できますので。

https://support.lenovo.com/jp/ja/documents/migr-71246 に焼いておき、Windows10が合わない時とかに、そのバックアップディスクを利用して、ノートPC内のHDDに上書きしてやれば理論上もとに戻すこと グラフィックボード:MSI GeForce GTX 1060 GAMING X 6G 『Twin Frozr VI/OCモデル』 グラフィックスボード VD6092 (https://www.amazon.co.jp/dp/B01IHBS8P2/ref=cm_sw_r_tw_dp_x_5AAMyb4XA9JR2) http://enjoypclife.net/2015/05/21/hdd-ssd-c-system-drive-windows-os-copy-clone-easeus-todo-backup-usage/ マザーボードなど、パソコンのパーツを交換するとWindowsライセンスの再認証が必要になることがあります。認証を行わないまま使用していると一定期間後にWindowsに機能制限がかかってしまうので、なるべく早めに再認証の手続きを行うのが望ましいです。, 本記事では、マザーボード交換後にWindows10のライセンスが認証できない時の一般的な再認証の手続きの手順と、失敗してしまう場合の主な対処法を紹介します。, マザーボードを交換する前のWindows 10パソコンでMicrosoftアカウントにサインインしてパソコンを使用していた場合はデジタルライセンスが有効になっています。, この場合は以前と同じMicrosoftアカウントでパソコンにサインインし、デバイスの紐付け設定を行うだけでライセンス認証が完了します。次の手順で操作を行ってください。, 上記の方法でうまくいかない場合は、次の「プロダクトキーで認証する」の方法が使えないか試してみて下さい。または、『認証できない時の対処法』の内容もご確認ください。, プロダクトキーが手元にある場合はプロダクトキーを入力してライセンス認証することができます。, プロダクトキーは、パソコン本体上のラベルや、パソコン購入時のアクセサリなどで確認することができます。, プロダクトキーの場所が分からなかったり、プロダクトキーを持っているかわからない場合は、次のページも合わせて参考にして下さい。, ここまで紹介した方法でWindows10にライセンスが認証ができない場合は、次の項目を確認してください。, Windows Updateを利用して最新版に更新してからやり直してみてください。, Windows 7またはWindows 8からWindows 10に無償アップグレードしたパソコンであれば、アップグレード前のプロダクトキーを使って認証を行ってみてください。, プロダクトキーを使った認証手順については上記の「プロダクトキーで認証する」の手順をご参照ください。, ライセンス認証の関連ファイルが破損しているかもしれません。OSのクリーンインストールを試してみてください。, Windows 10のインストールメディアのダウンロード及びクリーンインストールの手順については、以下のリンク先をご確認ください。, リンク先にある「このツールを使用して、別の PC に Windows 10 をインストールするためにインストール メディアを作成する」を開くとインストールメディアの使用方法とクリーンインストールの手順が表示されます。, Microsoft公式サポートページでエラーコードの一覧とその原因、対処法が記載されています。, ライセンス認証時に特定のエラーコードが表示される場合は、こちらの情報が参考になるかもしれません。, プリインストール版Windowsがインストールされている一部のパソコンでは、マザーボードとOSが紐付けられていてパーツの交換ができない場合があります。, また何らかの理由でデジタルライセンスとプロダクトキーどちらの認証方法も使えない状況であれば、自力での解決は難しいかもしれません。, そのような時は、新しいWindowsライセンスを買う前に、まずMicrosoftのサポートを利用してみてください。以下のリンク先からチャットサポートが利用できます。, プロダクトキーが見つからない等、問題の原因によってはパソコンの購入店に相談した方が良い場合もあります。サポートを受けられないか、ウェブサイトなどにサポート情報が記載されていないか等も調べてみてください。, 岐阜県で10年以上IT関連の仕事をしている30代のITおじさんです。10歳の頃からPCに興味を持ちWebサイトの運営を開始。大学では情報理工学部に所属。スマホ、パソコンの些細なトラブルや悩みの解決方法などのニッチで見つからない情報の発信を心がけています。, windows8~順次アップグレードしてwin10pro insiderにして使って7年目、この度、M/B,CPUの変更により認証が必要になりました。insiderにするとデジタル認証になりKeyは使用できないと思っておりましたが、このページを参照させていただき、「アップグレードをした場合、アップグレード前のKeyを入力してみる」というところを読んで、早速win8のKeyを入力してみたところ難なく認証されました。再インストールを避ける方法はないものかと思っておりましたが、解決に大変参考になりました。microsoftもなかなかやるじゃんとあらためて思った次第であります。時間のロスを避けることができ、大変喜んであるところです。.

推奨PSUワット数: 288 W マザーボード:ASUSTeK Intel H170搭載 ゲーミングマザーボード LGA1151対応 H170 PRO GAMING 【ATX】 (https://www.amazon.co.jp/dp/B014F7BQUG/ref=cm_sw_r_tw_dp_x_zxAMyb9WVFFXC) というか、それは元のWindowsがOEM版やDSP版でもリテール版でもまったく同じ挙動になるという話なのか、ちょっと疑問に思っていました。, まぁ、LinuxでLibreOffice使っているぼくには関係無い話なんだけどね…, Windows 8/8.1でLFS(ログファイルシステム)のバージョンを上げない方法http://freesoft.tvbok.com/win8/general/external-hdd_2.html [tvbok.com], より多くのコメントがこの議論にあるかもしれませんが、JavaScriptが有効ではない環境を使用している場合、クラシックなコメントシステム(D1)に設定を変更する必要があります。, この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。

自作pc初心者です。 マザーボードの映像出力が2, ノートPC(DELL)のマザーボードを取り外したのですがこれは自作pcのマザーボードとして使用できる, 自作PCなどしようとしている弟にプレゼンとするマザーボードについて批評おねがいします. わからないので、無償アップグレードキャンペーンをやっているだけなので、想像するよりは実践してみてね! という意味だと考えますので、 CPU:Intel Core i5 4570@3.20GHz http://amazon.co.jp/dp/B01AJ7F8L4 ← ¥3,800 SISUN SATA HDD 電源スイッチ 4ch 3.5インチベイ内蔵 (4スイッチ) http://www.pc-spec.info/Lenovo/ThinkPad_R500_2718AY5/ レバーロック・スイッチなので、簡単には切り替わりません。レバーを一度引っ張って位置を切り替える方法です。3.5インチや5.25インチパネルに Φ6.5mm の穴をあけ、中継ケーブルと二股ケーブルを切断して、それぞれに配線します。ケーブルが 30cm あれば、HDD には十分届くでしょう。, SATA ケーブルは信号線なので、これを切り替えて HDD を選択するのは、雑音混入等の危険がありお薦めできません。SATA ケーブルはシールドケーブルなので、切り替えるのはやめた方が良いです。

なぜなら… http://amazon.co.jp/dp/B001JSSDGU ← ¥10,463 非AFT WD 2.5インチ内蔵HDD Serial-ATA 5400rpm 500GB ※これです。 ただ、DVD-Rとかにイメージファイルを焼いて、それを復元しますと、光学ドライブそのもののデメリットとなるデーターアクセス速度の遅さが クローンコピーのメリットは、復元とかの作業も要らないですし、作業時間そのものが短く済む、でもちょっとお金的にはかかる。

http://amazon.co.jp/dp/B000SBDLWU ← ¥7,930 3R スリー・アールシステム HDD OS 切換器

Skylake世代のCPUが非対応になることを考えて対応MBは買いだめしたほうが良いですか 思ったりした時というのは、2.5インチ9.5mm厚のHDDをヤフオクとかで買い、そのまま外付けしてクローンコピー作成してしまい、そのHDDは >マザーボードを替える

Anniversary Update以降も、Microsoftアカウントに紐付けせずローカルアカウントで運用することも可能ですが、この場合はライセンスの移動やパーツ交換時の再認証はできないようです。, また、アカウントの移動や再認証にはいろいろと複雑な手順が必要な感じですが、古いPCのライセンスを新しいPCへ移行することも可能なようです。 このページは基本的に リンク紹介のみです。認証手順の解説はありません。 が消えた事例, 追加 コピーしたものはもう使わない」と判断し、ヤフオクとかで売るという処分方法ができます。 https://support.lenovo.com/jp/ja/documents/migr-71240 ------------------------------, ただし、パーツのグレードアップ等意図的にハードウェア構成を変更した場合には上記の限りではなく、OSを購入する必要があるようです。, 従いまして、無償アップグレード期間後に故障によるパーツ変更でライセンス認証が求められた場合には、一度上記サポート窓口に連絡されるのが良いかと思います。, 自作PCでも、Windows 7/8.1ユーザーはもちろんWindows 10にアップグレードできる。しかし、大幅なパーツ変更を行うと、再アクティベーションを求められるケースがある。この場合、認証エラーが出ても電話でライセンス認証ができるとのこと。インターネット上では、「故障修理などで不可抗力の場合のみ、ライセンス認証できる」という情報が流れているが、パーツ交換でも対応に違いがなく電話認証が可能とのことだ。, しかし、新しい自作PCを組み、OSを入れる場合、元のWindows 7/8.1のライセンスはもちろん有効だが、Windows 10にアップグレードすることはできないとのこと。この場合は購入するしかない。, 2017.12.12追記。@IT で 山市良さんが面白い検証記事を上げていたのでメモ的に追記いつか役に立つかもしれない……勝手にMicrosoftのサポート情報を更新してみた(無保証):山市良のうぃんどうず日記(114) - @IT正式な情報に裏付けられたものではないため「ようです」とあやふやにしてますが、何か役に立つことがあるかもしれません。. >私はWindows10に無償アップグレードして数ヶ月が経っているため、もう元のWindows8.1に戻すことはできませんが、もしパーツ交換によって HDDをSSDに替えたりするというのは、HDDが古くなった時に自分の手でDIY交換する人もいらっしゃいますので、ディスク(記憶領域)の交換では 実際にWindows 7やWindows 8、Windows XPといったOSの場合、CPUやマザーボードの交換前にドライバをすべて有効にしておく必要がありました。そのため、Windows 10より前のOSを使ってきた人にとっては、不具合が心配になるのは当然かもしれません。Windows 10とそれ以前のOSでは、ライセンスの … そして、Windows10の状態でWi-Fiとか不安定なものとかを調整し、そこでまた別のHDDにクローンコピー作成します。 できればHDDのをそのまま使用したいと考えています、方法がありましたらお願いします。

あまり深く考えすぎると、それに反比例して行動できなくなったりします。 買い直しても良いかな” という風に考え、新しく買った自作PCにそれまで某メーカー製のノートPCで使っていたオフィスソフトをインストール http://www.nvidia.co.jp/graphics-cards/geforce/pascal/jp/gtx-1070 ← すべての仕様を表示 、消費電力 150W、最小限必要な電力 500W, 特に問題はないようです。Core i7-6700 と ASUS H170 の極めてオーソドックスな組み合わせですね。 グラフィックボードとマザーボードが違っていても全く問題はないです。両方出しているメーカーもありますが、グラフィックボードだけとかマザーボードだけというメーカーもありますので、特定のメーカーに合わせて製品を出すと言うことは特にありません。PCI-Express×16 のスロットがあればどのメーカーのグラボでも動作します。また、PCI-Express×16 2.0と3.0は互換性があり、性能差も殆どありません。同様に使...続きを読む, お世話になります。Windows10pro(64bit)をインストールして、デバイスマネージャーに CPUクーラー:※CPU付属(もしかしたら何か付ける) といっても、チップセットドライバを入れたら後は好きな順番で入れていけば大概大丈夫ですが, 自作PCについてなのですが、現在Windows 8.1 Proで稼動しています。 オレは自作PC派で10年前にWindows7の版権5枚を所有していたので、Windows10への無償アップグレード期間に5台分のPCをアップグレードした。 メインPCとTV録画用PC、そして予備の2台のPCの4台を用意していて、残りの1台分はパーツをバラシて保存してあった。 ASUSのマザーボードは安定…

2016.06.05: Windows10 Home → Pro (Microsoftストア利用時)を追加

2016.09.27: 「Anniversary Update以降のライセンスの扱い」が誤解を生みそうな表現だったので修正 昨年の6月にwindows10の無償アップグレードをしたのですが、私のパソコンは自作PCで、組み立ててから3年が経過し、そろそろマザーボードとCPUの交換を検討していますが、windows10の無償アップグレードはオンライン認証ということで、再 あるAnonymous Coward 曰く、Windows 7/8.1からWindows 10へ無償アップグレードした場合、マザーボードなどの部品交換するとライセンス認証が行えなくなるという話があった。たとえばPC Watchの記事では、「無償アップグレード版についてはライセンスが元のPCに紐付けられており、構成変更が理 … ライセンス認証に引っ掛かったり、自動的にWindows10になってしまってライセンス認証エラーになってしまうのであれば、事実上の文鎮化みたいな状態になってしまいますから、非常に悩ましいところですが、詳しい方がいらっしゃいましたらご教示いただければと存じます。 Chip Desc...続きを読む, http://www.ask-corp.jp/products/msi/motherboard/intel-h270/h270-gaming-pro-carbon.html All rights reserved. 以前、Windows 10 無償期間中にアップグレードしたPCはHDD(SSD)を交換すると認証からはずれるかどうか?を検証。今回は「Windows 10 無償期間中に再アップグレードをしたPCは、CPUを交換したらライセンス認証がはずれてしまうのか?」を検証しました。 HDD / SSD の C ドライブ(システムドライブ)をOS丸ごとコピー/クローンできるフリーソフト「 Easeus Todo Backup 8.2 」の使い方解説! (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 自作PCを組んだことがあるユーザーには馴染み深い話ですが、マザーボードをはじめとする一部のパーツを変更するとOSの認証が一時的に通らなくなり、一部の機能に制限が付きます。, この状態を解除するためには再び認証を通す必要があり、それにはプロダクトキーと呼ばれるOS購入時などに封入されている25桁のコードが必要になります。, ですが、俗にアップグレード版と呼ばれるWindows8以前のOSから無料でバージョンアップしたWindows10には固有のプロダクトキーが存在せず、マザーボードなどを交換するとプロダクトキーを用いた認証が出来ない、という特徴があります。, また、アップグレードするよりも前に使っていたOSで認証していたプロダクトキーについてもWindows10では認証することが出来なくなります。, そのため、Windows10がインストールされたPCのマザーボードなどを交換するためには、プロダクトキーとは違う方法で認証出来るようにしておくための準備が必要になっています。, パーツの変更によって再認証が必要になる基準については不明瞭で、どこからどこまでが不要といった事は明確になっていません。, ですが、PCの構成の根幹をなすマザーボードやCPUといった動作に不可欠なものを変更すると再認証になる傾向が強いとされています。, メモリについては不明瞭で、別の物に差し替えたら再認証が必要になったり、増設する程度ではそのまま認証されたりと、状況によって変化することが多いです。, データーを保存するストレージについては、最初に読み込むストレージを変更すると(そもそもOSが変わるから当然ですが)再認証が必要になることがありますが、Dドライブ以降のストレージは変更したり、追加しても認証が必要になる事は殆どないです。, また、グラフィックボードの追加や変更では再認証が必要になるケースは殆どなく、電源やモニタなども再認証が要らない事が多いです。, この問題を解決する上で最も簡単かつ確実な方法として、認証をデジタルライセンスに移行する方法があります。, アップグレード版のWindows10では、プロダクトキーによるライセンス認証ではなく、Microsoftアカウントとの紐づけがされたデジタルライセンスによる認証が可能になっています。, このアカウントを使用してログインする事で、元々のPCとパーツの構成が変わってしまっていても、適切な手順を踏む事で認証し以前と同じように使う事が可能になります。, ちなみにデジタルライセンスへの移行が必要なのはあくまでもアップグレード版のWindows10のみです。, 新規に購入したWindows10に関しては固有のプロダクトキーが付属し、再認証が必要になった場合はそれを入力することで再認証することができるため、デジタルライセンスへの移行は必要ありません。, 認証をデジタルライセンスで行えるようにするには、事前にWindows10のバージョンを1607以降にしておく必要があります。, 使用しているOSのバージョンは、画面左下にあるWindowsのマークを右クリックし「システム」を選択する事で現在使用しているPCにインストールされているOSのエディションやバージョンを知る事が出来ます。, OSのバージョンが1607を下回っているとデジタルライセンスへの移行をするために必要なメッセージが表示されず、ライセンスの移行が出来ないため、予め更新プログラムの確認等をして更新しておくようにしましょう。, アカウントが準備出来たら、画面左下にあるWindowsのマークを右クリックし「設定」をクリックし、アカウント、ユーザーの情報と進み、「Microsoftアカウントでのログインに切り替える」を選択します。, 選択するとアカウントのメールアドレスとパスワードが要求されるため入力しサインインします。, 現在のWindowsのパスワードが要求されるため、設定している場合は入力、それ以外の場合には空白で「次へ」を選択します。, 4桁のPINを設定するように言われるため設定しますが、必要ない場合にはスキップする事も可能です。, ここまでで、Microsoftアカウントでのサインインに切り替わりますが、更に本人確認をする必要があります。, Microsoftアカウントに登録したアドレスや電話番号に必要なコードが送られてくるため、それを入力することでMicrosoftアカウントでのサインインへの切り替えが完了します。, 自分しか使わない完全に個人的なPCの場合などでローカルアカウントにパスワードをかけずに使用していた場合などは、Microsoftのアカウントだとログインするたびにパスワードの入力が必要で面倒くさい、という人も居るかと思います。, デジタルライセンスへ移行した後でも、設定画面の「ユーザーの情報」タブを選び、中ほどにある「ローカルアカウントでのサインインに切り替える」を選択し、指示に従って操作をする事でローカルアカウントでのログインに切り替える事が可能です。, 自分しか使わないPCなど、パスワードをかけなくても問題ない場合にはデジタルライセンス移行後に再びローカルアカウントでのログインに戻して使うのもおすすめです。, なお、デジタルライセンスへの移行後にローカルでのログインに戻すと、本人確認が一旦初期化されるため、マザーボードなど再認証が必要になるパーツを変更する直前は念のためMicrosoftアカウントでのログインに切り替え、再度本人確認をしておいた方が無難です。, マザーボードなどを変更し認証が切れると、設定画面の下に「Windowsがライセンス認証されていません。, 今すぐWindowsをライセンス認証してください。」という文字が表示されるようになります。, この文字が表示されたら、設定のホーム画面から「更新とセキュリティ」の中にある「ライセンス認証」のタブをクリックして、一番下に表示されている「トラブルシューティング」をクリックします。, ここで大抵はライセンス認証に失敗しますが、同時にウィンドウの下に表示される「このデバイス上のハードウェアを変更しました」を選択し、表示された一覧から使用中のPCを選択して「アクティブ化」を選択する事で、再認証をすることが出来ます。, デジタルライセンスへの移行を行わなかった場合に再認証を求められた場合、基本的には解決方法は無いと思った方が良いです。, というのも、Windows8以前のOSやWindows10のバージョン1607よりも前のOSで使うことが出来た電話による認証が、デジタルライセンスが導入されたバージョン1607からは使用できなくなっているため、デジタルライセンスが無い状態での再認証は実質的に出来ない状態になります。, 比較的簡単にできる解決策としては、新規にプロダクトキーを入手して新しく認証するのが確実です。, 新しいプロダクトキーについては、パッケージ版やDL版を購入する事で入手できる他、DSP版と呼ばれるパーツと一緒に購入・使用する事を前提に安く売られているものがあります。, 新しいCPU規格も登場し、それに対応したマザーボードも出始めたため、そろそろPCを大幅に変更する、という人も多いかと思いますが、古いPCが動作するうちにデジタルライセンスへの移行をしておくのがおすすめです。, また、これは個人的な意見ですが、マザーボードなどのパーツを変更した後の再認証絡みのトラブルを未然に防ぐという意味では、デジタルライセンスに移行するよりも多少コストがかかってもパッケージ版やDL版のOSを一度買ってしまうというのも、選択肢の1つだと思います。. しかし、なんだか随分複雑な移行方法です(^_^; RS1 (Anniversary Update ) の情報はここまで。

悪いところ