SPA側で「ページ切り替えを行った」ということは検知できるので、その際にログ記録用のAPIに SPAでは初回ロード時に必要なjavascriptファイル・CSSファイルはダウンロードされるため、 ページロード時にvue.js関数を呼び出す方法. https://jp.vuejs.org/2015/12/28/vue-cli/, vue-cliに含まれてるwebpackの設定では、複数のjsファイルやcssファイルを 6)言語切替処理を実装, 言語毎にjsonファイルを分けることも可能です。 https://developers.google.com/analytics/devguides/collection/gtagjs/single-page-applications, http://sys1yagi.hatenablog.com/entry/2016/11/30/233414, https://jp.vuejs.org/v2/guide/routing.html, https://router.vuejs.org/ja/guide/essentials/dynamic-matching.html#%E3%83%91%E3%83%A9%E3%83%A1%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%BC%E5%A4%89%E6%9B%B4%E3%81%AE%E6%A4%9C%E7%9F%A5, https://github.com/declandewet/vue-meta#recognized-metainfo-properties, https://qiita.com/_upto_me_/items/6d76dcd2d2c09b1bcb88, Google Tag Managerを使ってページごとに任意の処理を行いたい場合、対応できない可能性がある, metaタグ(keywords、description、OGPタグなど)をページ毎に設定する, you can read useful information later efficiently. 3)初期値のlocaleを設定 ※随時更新していきます。, 可能です。 1)ページアクセス WEB制作に携わってから、もう時期10年になります。 https://github.com/declandewet/vue-meta#recognized-metainfo-properties, 実装で回避することができます。 Vue.jsには、vue-cliという開発するためのツールや設定がまとまったものがあるのですが、 sitemap.xmlを自動生成するツールは多数Web上にありますが、 完全に回避しようとすると全てをwebpack管理する必要がありますが、 7)直接完了画面にアクセスしてもトークンがないのでエラーになる, 参考情報として、 Single Page Applicationを実装するにあたって、気になることの質問・回答集。 その hash を取り除くために、ページのリロード無しに URL 遷移を実現する history.pushState API を利用したルーターの history モード を使うことができます。 これでキャッシュされることはありません。, ただし、これはwebpackで管理されているファイルだけなので、webpackの管理外に 3)ブラウザバックで戻る http://spa-sample.ivp.co.jp/entry1 3)2がOKであれば登録処理を行い、1のトークンを無効化する, この内容で完了画面への直接アクセス(CSRF)は防げます。 3)トークン発行APIをコール(この時点ではURLは確認画面のまま) (ページ最上部の「ダッシュボード」が変わります), 1)検索結果ページでページ下部までページスクロール 一覧画面に戻ったときは位置を覚えていてほしい. staticフォルダ以下に配置しています。, できません。 Vue.jsのif構文で表示制御をする必要があります。 Vue - オブジェクトの配列を深く見て変化を計算する? Vueでの方法vs計算. https://router.vuejs.org/ja/guide/essentials/dynamic-matching.html#%E3%83%91%E3%83%A9%E3%83%A1%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%BC%E5%A4%89%E6%9B%B4%E3%81%AE%E6%A4%9C%E7%9F%A5, できます。 共通の部分は最初のページのみでロードされるので、2ページ目以降は少し早くなります。, ただし、SPAではHTMLの構築をすべてjavascriptで行い、ページ遷移がないため、 ブラウザバック時に先頭に戻っちゃうんだ … そのため、場合によっては任意のページでリフレッシュする方が良い場合もあります。 Vueでは、routerがブラウザの挙動を止めて動的コンポーネントを切り替えているので、スクロール等のブラウザのデフォルト挙動が再現できない。 ページ内スクロールをしたい時は、JSで命令を書き込む必要があるが、VueにはscrollBehavior関数が用意されている。 判明したものから随時アップデートしていきます!. http://sys1yagi.hatenablog.com/entry/2016/11/30/233414, sitemap.xmlを設置してSearch Consoleで登録すればindexされます。 心配する必要はありません。この問題を直すためには、単純な catch-all フォールバックのためのルートをサーバー側で追加するだけです。もし URL がどの静的なアセットにもマッチしなかった時はあなたのアプリケーションが動作しているのと同じ index.html ページで受け付けましょう。これも美しいですね! 4)JSON形式のmessageファイルを作成 (ブラウザバックではページカウントが増えません), 任意のイベントを通知することも可能ですが、懸念点としては下記が挙げられます(未検証), https://developers.google.com/analytics/devguides/collection/gtagjs/single-page-applications パラメーターがない場合は初期設定を入力します。, 今回はフィルターの値をURLのパラメーターに持たせましたが、これで良いのでしょうか・・・?, 印刷会社のWEB部隊に所属してます。 ルートコンポーネントにプロパティを渡す これは状況によるのでサイト毎に考えてください。, Vue.jsのi18nプラグインで対応可能です。 -vue-router, vuejs-paginate, フィルター, ブラウザバック, ページネーション, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください。, 毎日は見てられない人向けの2020年10月のVue.jsライブラリの紹介記事まとめです。, Marqueeタグのようなスクロールアニメーションを実装する「vue-marquee-text-component」, Vue.jsで日付のフォーマット変換・比較をするライブラリ「vue-moment」, Vue.jsで楽しくスクラッチできるコンポーネントを実装する「vue-scratchable」, Vue.jsのdatepickerは「vuejs-datepicker」がおすすめ!. 5)登録APIをコール 4)ページ最上部で表示される, 1)入力確認画面でトークンを発行する 概要. mod_rewriteの代わりに、FallbackResource も使用することができます。, Node.js/Express では connect-history-api-fallback middleware の利用を検討してください。, この点に関して注意があります。全ての not-found パスが index.html を提供するため、もはや 404 エラーをサーバーがレポートしなくなります。回避策として、Vue アプリケーション内で 404 ページを表示するために catch-all ルートを実装すべきです。, 他の方法として、もしあなたが Node.js サーバーを使っている場合、入ってきた URL とマッチさせて、マッチしなかった場合に 404 を返答するサーバーサイドのルーターを使って fallback を実装することもできます。詳細については Vue サーバサイドレンダリングのドキュメント を参照してください。, ← 出力フラグを用意し、そのフラグによって出力制御をすることで実現可能です。, 残りません。 Vue Routerはまずはこの基本的な使い方は押さえておけば大丈夫です。 他にもpathに合わせてrouterを入れ子にしたり、リダイレクト機能、スクロール、遅延ローディングなど機能が豊富なので今後紹介していきたいと思います。 Vue Router で画面遷移時のスクロール位置制御. https://qiita.com/_upto_me_/items/6d76dcd2d2c09b1bcb88, 1)i18nプラグインをインストール history モードを使用する時は、URL は "普通" に見えます e.g. また、indexされたページもtitleやmeta情報などが反映されており、 下記のページで商品URLの例を確認することができます (下記は処理完了ページの例), ※処理完了ページの例 画面遷移後は先頭位置で表示してほしい. Vue.jsがもつvue-routerというモジュールがあり、ページURLと使用するモジュールを紐付けることができます。, URLに動的なパラメータを持たせることも可能です。 結合して出力する際、ソースの内容からハッシュ値を生成しファイル名に付与します。, この状態からvue.jsで管理されているhtmlに修正をいれてbuildしなおすと, こうなります。 -vue-router, vuejs-paginate, フィルター, ブラウザバック, ページネーション カバノキ 記事についての感想・質問 コメントをキャンセル 行うかだけの違いなので、処理速度はクライアント側のPCスペックや通信環境に依存します。 付与するようにするなどすればより良いです。, 処理自体は変わっておらず、その処理をクライアント側で行うか、サーバー側で SPAの場合は大本になってるファイルがあり、その中で仮想的にHTMLを構築するため、 Vuejs:路線変更イベント. コンバージョンなどについては当記事内の ただし、ページ遷移をした時点でHTMLの評価は行われるようなので、 ajaxなどを使用してページ遷移(のような動き)を実装しているものを指します。 Vue.js img src変数とテキストを連結する. ナビゲーションガード 2)完了画面で1で発行したトークンが生きてることを確認する ただし、対応する場合はサーバー側でリライトモジュールの設定が必要です。, 参考:動的ルートマッチング 存在しないページURLでアクセスされても、200が返却されます。 6)3のトークンが無効化 What is going on with this article? 2)別ページへ遷移 4)ページ下部で表示される, 1)検索結果ページでページ下部までページスクロール また、HTML内の記載はこうなります。, 手順の3で設定したlocaleを「jp」や「en」に変更することで、 2)別ページへ遷移 vue-routerでのルーティング設定か、webpackの設定調整が必要です。 ブラウザバックでaxiosを発火させたいのですが、VueやNuxtの公式ドキュメントを読んでもそれらしきものがありません。 なにか方法をご存知のかたいらっしゃいますでしょうか? ... ルートのパスが変わるのであればvue routerのガードを書くことで対応できます URL情報を付与して送るなどしておけば、アクセスログを取ることは可能です。, 例) Bootstrapは完全に管理人の好みです。(そのうちVuetifyも使いたいなあ, ページネーションにルーティングを設定する方法はこちらで、ページネーションにフィルターを設定する方法はこちらをご確認ください。, 今回は、ブラウザバックしてもフィルター結果を維持しなければならないので、それようのルーティングパスを設定します。, ページングとフィルターのパラメーターをそれぞれ起動時にdataに設定します。 しかしながら一点問題があります。シングルページのクライアントサイドアプリケーションなので、適切なサーバーの設定をしないと、ユーザーがブラウザで直接 http://oursite.com/user/id にアクセスした場合に 404 エラーが発生します。. デフォルトの場合. の回答を参考のこと, Vue-Meta 5)HTML内にmessage埋め込み Laravel(PHPフレームワーク)では、サーバ側でCSRFトークンを発行する形で対応しているようです。 メモリリークが発生するリスクがあります。 200が返却された後、ページ表示処理で404のような表示をすることは可能ですが、 3以降が行われることなく、エラーページが表示されます。 ここで言う「Single Page Application」とは、画面遷移(リロード)をせず、1ページ内で vue-routerでURLを切り替える際に、手動でGA側にページ遷移を通知することで測定されます。 vue-router のデフォルトは hash モード です - 完全な URL を hash を使ってシミュレートし、 URL が変更された時にページのリロードが起きません。, その hash を取り除くために、ページのリロード無しに URL 遷移を実現する history.pushState API を利用したルーターの history モード を使うことができます。. 変更が入っていないファイルはそのまま、で変更が入っているファイルはハッシュ値が変わっています。 「ブラウザバックで戻ったときにコンバージョンタグが複数回カウントされたりしないの?」 Google側でjsが実行された状態でindexされます。, 使えません。 2ページ目以降の表示は早くなります。また、ヘッダー・フッターなど 4)完了画面へ遷移 確認画面でのトークン発行は「登録完了」Buttonを押下したタイミングで発行します。 (構築されたHTML情報はメモリに展開されるため) なっているファイルは、ハッシュ値の付与がされないので、キャッシュの問題が発生します。 以下のような処理順で行うことで、重複カウントは防げます。 SPAに対応してるものはありませんでした。, なので、SPAの場合においては、sitemap.xmlを手動作成する必要があります。, できます。 {{$t("message.dashbord")}}の形式で記載されてない箇所は変わりません。, サンプル なので、確認→完了のあたりの処理順は下記のようになります。, 1)確認画面表示 Single Page Applicationはすべてクライアント側でHTMLの描画を行うので、サーバー側にログは残りません。 message.jsonに定義された言語に変わります。 4)コンバージョン用のHTMLが出力される, ブラウザバックでアクセスされた場合、2のチェックでエラーになるため、 http://oursite.com/user/id。美しいですね! 3)2がOKであれば、完了ページ表示フラグを立てる 最近のお気に入りはJavascriptです。 Vue.jsを狂喜乱舞しながら、社内に布教中です。, -vue.js 2)Vue.jsインスタンス生成時に多言語設定を追加 →, 'Server listening on: http://localhost:%s', Watch a free video course about Vue Router on Vue School. vue-router のデフォルトは hash モード です - 完全な URL を hash を使ってシミュレートし、 URL が変更された時にページのリロードが起きません。. その中にwebpackの設定が同梱されています。, vue-cli https://~.co.jp/api/accesslog.asp?url=/pd/cosme/test001, ログ記録用APIをわざわざ呼ぶと、APIコール1回分がコストになるので、セッション確認APIに 3)リンクで商品一覧に戻る ルーティングに関するjsファイルは標準でwebpack管理されているので、 VuejsとVue.set()、配列の更新. ページ遷移できないなどのリスクは少ないのでは・・・・と考えています。, 質問などあればコメントに書いていただければと思います! By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole, By "stocking" the articles you like, you can search right away. 2)完了画面へ進むボタンクリック httpステータスコード自体を404にすることは不可能です。, 色んなアプローチがあると思いますが、Vue.jsではWebPackという技術を使用することで回避しています。 普段の業務では、PHPをメインにサーバーサイドの言語を扱っています。 vue-routerでURLを切り替える際に、手動でGA側にページ遷移を通知することで測定されます。 (ブラウザバックではページカウントが増えません) 任意のイベントを通知することも可能ですが、懸念点としては下記が挙げられます(未検証) Why not register and get more from Qiita? また、Vue.jsを使用して実装することを想定しています。 ただし、APIを呼び出したログは残ります。 Vue.js内にHTMLとして普通に記載していると、セッションチェックが終わる前にHTMLを評価してしまうので、 以下がその記事です。, 上記の機能を実装後、クライアントからさらなる要望として、テーブルにフィルター機能をつけて欲しいと言われました。, というわけで、これまた以前書いた記事でページネーションにフィルターを付ける方法を参考にします。, まず必要なライブラリを呼び出します。 以前、ブラウザバックしてもページネーションが維持される方法を記事にしました。 上記サイトではwebpackの設定を調整したので、 Help us understand the problem. http://blog.asial.co.jp/1496, ただし、vue-cliを使ってドメイン直下にファイルを置く場合には、 2)APIにてセッションチェック