(4). 修正前, (3). [Options]タブを開く3. VMXファイルをエディタで開き、SCSIデバイスをPVSCSIに変更します。, (8). [Bood Options]を選択し、[Force BIOS Setup]にチェックをいれればOKどうやらForce BIOS Setupのチェックは初回起動時のみ有効になり、2回目以降の起動は自動的にオフになる。

コマンドプロンプトを開いて以下を実行してください。, (1).

▲クリックで拡大「仮想マシン設定の編集」をクリックする, 「ネットワークアダプタ」を選択する。そして「ネットワーク接続」の項目をチェックする 一方で、PVSCSIやNVMeから SATAに変更したときはこの現象は発生しません。そのため最初にSATAに変更する方法にしています。, ruruuckyさんは、はてなブログを使っています。あなたもはてなブログをはじめてみませんか?, Powered by Hatena Blog ▲クリックで拡大iptables が起動していれば、ブリッジ接続したゲストOS上の ifconfig で、ipv4 のアドレスも確認できるようになっている。, そして、TeraTerm や WinSCP でSSH接続が可能になった。 VMware には、仮想マシン環境を監視するためのツールや、現在および将来の問題の原因を解明するためのツールがいくつか備えられています。このレッスンでは、vSphere Web Client のパフォーマンス チャートおよびグラフの使用方法を詳細に説明します。 ▲クリックで拡大TeraTerm でユーザー名とパスフレーズ入力画面まで到達。もちろん、ログインも無事行うことが出来た。, これで、ようやく VMware 上の CentOS に SSH 接続が行えるようになった。, 念のため、バックアップしていたゲストOSで同じ手順を試してみた。 やはり 「VMware をブリッジ接続に変更」 「iptables を一度、手動で起動する」この両方が必要だった。※ ここには書いていないけど、途中で色々な箇所を弄っていた。それらは関係なかった感じ。. vmxファイルをエディタで開き、システムドライブに使用しているデバイスをコメントアウトして、SATAにシステムドライブを接続します。 仮想マシンを起動します

VMXファイルをエディタで開き、システムドライブをPVSCSIに変更します。, この修正でシステムドライブが SATAからPVSCSIに変更され、ダミーのSCSIドライブは未接続状態になります。, ここで「INACCESSIBLE BOOT DEVICE」というエラーでブルースクリーンで落ちることがあります。, 再起動後も同じ画面が出て3回目の起動で以下の画面になります。

Hyper-V上のゲストマシンをセーフモードで起動するときのメモです。通常はブート時にF8を押して、起動するモードを選びますよね。ただ、Hyper-Vのゲスト… (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 関連ページ ブログを報告する, VMware Workstation Player のHDDコントローラには多くの種類が…, 仮想化PCソフトの代表格であるVMware。 VMware Workstation Pla…, VMware Workstation Player がメジャーアップデートされ、バー…, Windows10 ProにてHyper-Vをインストール後に、Hyper-Vマネージ…, 「INACCESSIBLE BOOT DEVICE」のブルースクリーン現象について, VMware HDDコントローラ比較 (PVSCSI vs NVMe)。最速コントローラはどちら, エンジニアが伝授!大切な写真と動画を安全にバックアップする。第2回【HDD初期化編】, VMware Workstation Player 16 の新機能と仮想マシンのアップグレード, Hyper-V インストール後にHyper-Vマネージャが認識しない(メモリ不足), VMware VirtualBox Hyper-V HDDパフォーマンス比較 (ベンチマークテスト).

コントロールパネルを開き、「ネットワーク接続」を開く。それぞれの接続先で、プロパティを確認する。, 次に VMware を起動、目的のゲストOSを選択する。 ある日いきなり、VMware 上のゲスト OS (CentOS) に、TeraTerm や WinSCP でアクセスできなくなってしまった。 解決に随分と時間がかかってしまったが、はじめに結論を書いてしまうと「VMware をNAT からブリッジ接続に変更」と「iptables を一度、手動で起動する」、この2つが必要だった。 **"への接続がタイムアウトしました」というエラーが発生してしまう。, yum update などは普通に実行できるので、ネット接続はできている模様。ホスト側との接続のみ、上手く行かなっカンジ。, 2年前まで、VMware も Windows も、ネットワークは初期設定のままで ゲストOSにSSH接続できていた, その他の接続先(VMware Virtual Ethernet Adapter for VMnet など)では、「VMware Bridge Protocol」の, 私の場合、複数の ゲストOS CentOS を所有しているが、ブリッジに変更のみ、, また、「VMware Bridge Protocol」のチェックを外し、NAT 接続で SSH を試みてみたが、これは上手く行かなかった。以前はどのようにしてSSH 接続していたか (初期設定のままで普通に接続できていたこともあり) 全く思い出せない。. ここで「F8」を押します, これでWindowsが起動できるので再起動してください。今度は、通常通り起動できます。, (3).

デバイスマネージャで「VMware PVSCSI Controller」の下に SCSI-HDDが登録されていることを確認します。, (4). ディスクの管理で SCSI HDDを初期化してアクセスできることを確認します。

仮想マシンの設定から SCSI HDDを新規追加してください。容量は最小の1Gでよいです。この時HDDのイメージファイルの名称を入力するので dummy_scsi.vmdk など分かりやすい名前にしてください。

VMware上の仮想マシンで ・UEFIブートしたい ・CD/DVDブートしたい ・BIOS画面に入りたい といった場合の操作手順です。 ※注意: VMwareはそのままではUSBブートはできません。 一手間二手間余分な手順が必要です(現在外部リンクの紹介のみ) ▲クリックで拡大 (2). ダミーで追加した dummy_scsi.vmdk は使用しませんてので削除します。, 今までこの現象は見たことがなく、VMware Workstation Player 16 とWindows10 20H2 の組み合わせで始めて確認しました。当初は復帰方法が分からなかったのですが、セーフモードで起動することで直りホッとしています。

▲クリックで拡大なにやら状況は悪化しているようにも見える。, この辺からドツボにハマってしまい、何が原因なのか、気が付くのに相当の時間がかかってしまったが、結論は以下であった。, VMware をブリッジ接続に変更してゲストOSを起動すると、どうやら iptables でエラーが発生してしまうようで、自動起動しなくなってた。, エラーは軽微なものであったらしく、「systemctl restart iptables」のみで  iptables は無事に起動した。念のためゲストOSを再起動してみたが、iptables は無事 自動起動する事が確認できた。一度起動してしまえば大丈夫らしい。

仮想マシンを起動して、デバイスマネージャでHDDがSATAで接続されている事を確認します。, (1). ▲クリックで拡大「ネットワーク接続」が「NAT」になっていたら「ブリッジ接続」に変更する。「物理ネットワーク接続の状態を複製」にチェックを入れ、「アダプタの設定」ボタンを押す。, 先の Windows 側の設定で、「VMware Bridge Protocol」にチェックを入れた接続先のみにチェックを入れ、OKを押す。, さらに、ifconfig を打ってみると、NAT 接続の時には表示されていた ipv4 アドレスすら表示されなくなってしまっている。

デバイスマネージャで「VMware PVSCSI Controller」の下に SCSI-HDDが登録されていることを確認します。, (1). | VMware Workstation Player 16 では、仮想マシンがWindows10の場合、ハードディスクのデフォルトデバイスにNVMeが指定されますが、検証した結果、PVSCSIの方がスループットの高さ、CPU占有率の低さで優れている事が分かりました。PVSCSIに移行する手順を紹介します。 pmp-sty…

VMware上のゲストOSに TeraTerm や WinSCP でSSH接続できないVMwareで仮想プリンタが使えなくなった場合の対処方法-その3フリーソフトでDVDをISOにイメージ化。ImgTool Classicの使い方VMwareにWindows10をGPTインストールする時のおまじないVMwareをUEFIブートさせる、BIOS画面を出す、CDブート、USBブートする方法小さいけど十分便利。ISOなどを仮想ドライブにマウントできるツール WinCDEmuVMwareで仮想プリンタが使えなくなった場合の対処方法-その2, ※ ここには書いていないけど、途中で色々な箇所を弄っていた。それらは関係なかった感じ。, 免責事項&お願い: 当サイトで紹介する情報で何らかの損害・損益・問題が発生しても、ソフトの製作者及び当サイトは如何なる責任も負いません。ご利用はご自分の判断・責任の元お願い致します。また、当サイトの情報を著作権を侵害する目的でご使用になるのはおやめください。大切なデータのバックアップ, パソコン技術の向上を目的にご活用下さい。, 「No boot device is available.」などでWindows が起動しなくなった場合のチェックポイント, Windowsでネット動画が見れない、Flash が再生できない・作動しない場合の対処方法, mp4 to mp3 converter・・・・m4aやmp4を簡単にmp3に変換, VMware上のゲストOSに TeraTerm や WinSCP でSSH接続できない, VMwareをUEFIブートさせる、BIOS画面を出す、CDブート、USBブートする方法, 小さいけど十分便利。ISOなどを仮想ドライブにマウントできるツール WinCDEmu, WinSCP では、「ネットワークエラー: "192.168.**. 最初にHDDのインターフェースをSATAに変更します。最終的にPVSCSIにするのですが、NVMeからダイレクトにPVSCSIに変更すると失敗することがあり、SATAからPVSCSIに移行させた方がスムースに行きました。経験則です。失敗してもHDDイメージが壊れることはないので安心してください。, 仮想マシンの編集画面を開いて、HDDのインターフェースを調べてください。すでにSATAの方は、Step3 へ進んでください。, (2). このエラーは、システムドライブのデバイスドライバーが存在せずにOSが起動できない時に発生するエラーです。このエラーを回避するために、ダミーのPVSCSIドライブを登録してOSにPVSCSIを認識させていたので、エラーになるのは不思議です。セーフモードで直るところを見て、高速起動モードのせいかと思ったのですが、仮想マシンにはなぜかその設定項目が表示されませんでした。

仮想マシンを選択し、[Edit Settings]2.

ある日いきなり、VMware 上のゲスト OS (CentOS) に、TeraTerm や WinSCP でアクセスできなくなってしまった。, 解決に随分と時間がかかってしまったが、はじめに結論を書いてしまうと「VMware をNAT からブリッジ接続に変更」と「iptables を一度、手動で起動する」、この2つが必要だった。, 実は「ある日いきなり」と言うとチョット語弊があって、実はこのゲストOSは、2年もの間利用していなかったのだ。2年ぶりに起動したら、SSH接続できなくなっていたのだ。, ゲストOSそのものには何も手を加えていないが、何かしらの設定が現状の環境にそぐわなくなっているものと思われる。とりあえず、ホストOS側から ping すら通らないので、ネットワーク設定の何かしらがおかしくなっているものとして、調査を開始する。, このような情報を非常に多く目にした。手元の VMware は NAT 接続になっている。, よくわからないが、いつの間にか VMware か Windows どちらか (もしくは両方) の初期設定が変更になっている、ということなのだろうか?, まずは、ホストOS (Windows 10) のネットワーク設定を確認する。 NVMe から SATAに変更する例は以下になります。ファイル名は置き換えてくださいね。 (3). デバイスマネージャで「LSI SAS 1068」の下に SCSI-HDDが登録されていることを確認します。, (6).

VMware Workstation Player 16 では、仮想マシンがWindows10の場合、ハードディスクのデフォルトデバイスにNVMeが指定されますが、検証した結果、PVSCSIの方がスループットの高さ、CPU占有率の低さで優れている事が分かりました。PVSCSIに移行する手順を紹介します。, 2020/11/2 Windows10の推奨HDDデバイスをNVMeからPVSCSIに変更しました。以前にこの記事をみてNVMe化した方がいましたら申し訳ございません。, 慣れない方は必ず仮想マシンを丸ごとコピーしてバックアップしてから作業をしてください。再起不能になっても責任が取れません。, vmxファイルはテキスト形式で行ごとに独立した設定を持ちます。行に前後関係はありませんが、同じデバイスは同じ個所に集めておきます。