様々な言語や環境、プロジェクトに関わってきましたので、より実践的な記事をみなさんにお届きるよう情報発信していきます! case式は、sqlで条件分岐をする上でとても便利な式。case式はあくまで式なので、case式は実行された時には評価されて、1つの値に定まる。よって、case式はselect文、where句、group by句、having句、order by句、check制約中、等々様々な場面で記述することができる。 endとelseの書き忘れには注意す … googletag.pubads().collapseEmptyDivs(); googletag.defineSlot('/21812778492/blog_728x90_common_eyecatch01_adsence', [728, 90], 'div-gpt-ad-1566564252373-0').addService(googletag.pubads()); SELECT CASE WHEN 点数 >= 60 THEN ‘合格’ ELSE ‘不合格’ END FROM テスト結果TBL; SELECT googletag.pubads().enableSingleRequest(); googletag.defineSlot('/21812778492/blog_728x90_common_overlay', [728, 90], 'div-gpt-ad-1584694002281-0').addService(googletag.pubads()); 例えば、売上データから今年度以降の売上だけを抽出したい場合 …. 【SQL Server】SQL文の中で条件分岐させる2つの方法 . 現在はCMSを利用したホームページの作成にも力を入れています。, 年度毎に売上累計をSQLで求める方法です。 事前に文字列の改行コードとして何が入っているのか …, SQL ServerにてWHERE句で年度を条件指定する方法です。 googletag.cmd = googletag.cmd || []; WHEN 点数 >= 30 THEN ‘赤点’ pbjs.que=pbjs.que||[]; Copyright © 2012-2020 ソフトウェア開発日記 All Rights Reserved. var googletag = googletag || {}; 当プログラミングスクール「侍エンジニア塾」では、これまで6000人以上のエンジニアを輩出してきました。 WHEN 点数 >= 60 THEN ‘合格’ まずはテーブルとその検索用データを以下のsqlで作成します。 <<テーブル>> 方法はwhere句の条件にcase whenを使用して、条件分岐を行います。 1.テーブルとデータの準備. みなさんこんにちは!フリーランスプログラマーのsatoです。 SQL文の中で、条件分岐ができたらいいなぁ… SQLを触り始めた人は、みんなそんなことを考えると思います。自分もそうでした。 でも実は「CASE」を使用することで簡単に実現できるんです!今回はそんな「CASE」について学びま … テーブルから列を削除する「ALTER TABLE テーブル名 DROP COLUMN 削除する列名」, SQLServer(T-SQL)で1行のINSERT文で複数のデータを挿入する方法. BIツール(QlikSense/QlikView)の開発です。 googletag.defineSlot('/21812778492/blog_300x250_common_sidemiddle02_adsense', [[300, 250], [336, 280]], 'div-gpt-ad-1565198822157-0').addService(googletag.pubads()); sqlのinsert-selectの書き方やサンプルをお探しではありませんか? 本記事では、ある表からselectした結果を別の表へinsertする、insert-selectの書き方を公開しております。ぜひ参考にしてください。 CASE WHENを使ってSQLでIF文を使わずに条件を分岐する 271 views. var pbjs=pbjs||{}; CASE googletag.defineSlot('/21812778492/blog_728x90_common_overlay_adsence', [728, 90], 'div-gpt-ad-1583302554779-0').addService(googletag.pubads()); googletag.defineSlot('/21812778492/blog_300x250_common_fixed02_adsense', [[300, 250], [336, 280]], 'div-gpt-ad-1565198391774-0').addService(googletag.pubads()); case 句を使うことでカラムの値に対して条件分岐を行い異なる値を返すことができます。ここでは case 句を使った条件分岐の記述方法について解説します。 ELSE ‘青点’ 侍エンジニア塾は上記3つの成功ポイントを満たすようなサービス設計に磨きをかけております。, 「自分のスタイルや目的に合わせて学習を進めたいな」とお考えの方は、ぜひチェックしてみてください。. END; まずは基礎から・・・という方はProgate、Udemy、どっとインストールなどがおすすめ!, プログラマーと社内SEとしての経験を活かして、 その経験を通してプログラミング学習に成功する人は、「目的目標が明確でそれに合わせた学習プランがあること」「常に相談できる人がそばにいること」「自己解決能力が身につくこと」この3つが根付いている傾向を発見しました。 }); でも実は「CASE」を使用することで簡単に実現できるんです!今回はそんな「CASE」について学びましょう。, 前半で基本的な使い方をマスターし、後半では、応用的な使い方も見ていきましょう。特にUPDATEと組み合わせた使い方は是非とも覚えていただきたいですね!それではよろしくお願いいたします。, まずCASEとは、一言で言えば「条件分岐を行うための命令」と言えるでしょう。非常に簡単に書けますし、SELECTだけでなくUPDATEでも使用することもできるため、汎用性にも長けます。, 今回はこんなテーブルを用意しました。これを使用して、条件文の扱い方を見ていきましょう。, CASEを使うには「CASE」と「END」で囲んだ中に、条件を記載しましょう。そして条件を指定しているのは以下の箇所です。, またこの条件は複数書くことで、複数指定することも可能です。最後に、どれにも当てはまらなかった場合の処理をELSEを使って書きましょう。, では実際に実例を通して見ていきましょう。以下の命令は、90点以上・80点以上・それ以外の人で分岐し、それぞれ文字を表示した時の例です。, CASEの真後ろに、要素名を指定することで、式を書かずに分岐させることも可能です。その場合、WHENの後ろに指定した情報が、先ほどの要素名と「=」ならば条件を満たしたことになります。, LIKEを使用すると、曖昧判定が行えます。これを使用すると条件分岐で、様々なことができますよ!以下の例は、名前に「山」がつく人と、つかない人で条件分岐させた例です。, なかなか便利そうではないでしょうか。LIKEについては以下のリンクでまとめてありますので、是非学んでみましょう。, CASEの中にCASEを記述することも可能です。例えば、加藤君だけを対象として、再度合格判定をしたとしましょう。それを実現するなら以下のような書き方となります。, 最初のCASEで、加藤君かどうかを判別し、その内部で点数を判定していますね!このように入れ子にすることも可能です。, ただし深くしすぎると、わかりづらい式となってしまいますのでほどほどにするようにも気をつけましょう。, UPDATEの内部に記述することも可能です!以下の例は、たとえば80点未満の人は0点に、それ以上の人は点数を倍にするという場合の例です。, 「point = CASE [条件式など]」といった形式で記述するわけですね!これも有用な技なので覚えておきましょう。. pbjs.setConfig({bidderTimeout:2000});
SQLでIFを書けばWHERE句の内容を変えて検索できますが、条件ごとに同じようなSQLを複数回書くのは面倒なので、1行で分岐できないかと言う事でSQLを作って見ました。, 今回は「社員番号」を指定せずに全件取得する場合と「社員番号」を指定して1件のみに絞り込んだものを1行のSQLで実行します。, でCASE WHEを使用することで「条件が指定されてない(@検索社員番号がNULL)」の場合はテーブルの値をそのまま使用し、「条件が指定された(@検索社員番号がNULL以外)の場合はその指定された値で検索します。, IT業界の片隅で30年近くひっそりと暮らしています。 条件を記述する命令としていずれの言語でもIF文がありますが、SQL Serverでは以前はIF文が使えませんでした。, 当時は条件分岐させるにはCASE文を使うしかなかったのですが今現在はCASE文を使う方法とIF文を使う方法を選択することができます。, 他の言語の場合、分岐条件が多ければCASE文、少なければIF文という使い分けが一般的です。, SQL ServerではSQLServer2012からIF文(構文としてはIIF)が使えるようになったわけですが、他のSQL言語ではIIF文は使えません。, このため、他のDBと合わせる必要がある場合(載せ替える予定がある場合など)は迷わずCASE文を選択しましょう。, SELECT IIF(点数>=60, ‘合格’, ‘不合格’) FROM テスト結果TBL, SELECT IIF(点数>=60, ‘合格’, IIF(点数>=30,’赤点’, ‘青点’)) FROM テスト結果TBL, このサンプルでは60点以上が【合格】、30点以上60点未満が【赤点】、30点未満は【青点】を返します。, CASE WHEN 【条件】 THEN 【Trueの戻り値】 ELSE 【Falseの戻り値】 END, IIF文と同じく点数が60点以上を合格、60点未満を不合格と返す命令をサンプルとして紹介します。. 得意な分野はAccessによる短納期開発、 そろそろ世に出てもいいころかもしれません。 googletag.defineSlot('/21812778492/blog_300x250_common_fixed01_adsense', [[300, 250], [336, 280]], 'div-gpt-ad-1565194485392-0').addService(googletag.pubads()); 実装方法 スポンサーリンク. googletag.cmd.push(function() { googletag.defineSlot('/21812778492/blog_468x60_common_eyecatch02_adsence', [728, 90], 'div-gpt-ad-1567575393317-0').addService(googletag.pubads()); googletag.defineSlot('/21812778492/blog_300x250_common_ctc02_adsence', [300, 250], 'div-gpt-ad-1566564559478-0').addService(googletag.pubads());

情報システム部門のご相談を承ります。 googletag.defineSlot('/21812778492/blog_300x600_common_sidemiddle01_adsense', [300, 600], 'div-gpt-ad-1571293897778-0').addService(googletag.pubads()); 学生時代を含めると、かれこれ10年以上プログラマーとして過ごしています。 【MySQL入門】PythonからMySQLを使ってみよう!mysqlclient利用編. sqlでifを使わずに条件分岐する. googletag.defineSlot('/21812778492/blog_300x250_common_fixed01', [[300, 250], [336, 280]], 'div-gpt-ad-1559710191960-0').addService(googletag.pubads()); 2013.05.11 2019.12.09. QlikSenseやExcelなど表計算ソフトで積み上げグラフを作るのは簡単なのですがSQLで取得するにはどうしたらいいでしょうか …, 長文が格納されている文字列から、最初の改行までの一文を取得するSQLが必要になりました。 googletag.defineSlot('/21812778492/blog_300x250_common_ctc01_adsence', [300, 250], 'div-gpt-ad-1566564396953-0').addService(googletag.pubads());
googletag.defineSlot('/21812778492/blog_300x250_common_sidemiddle01_adsense', [[300, 250], [336, 280]], 'div-gpt-ad-1565198726712-0').addService(googletag.pubads()); アズビーパートナーズ 2019年8月9日. // fixed01のWORKSが不定期なため共通処理とする 今回は「CASE」について学びました。CASEはSQL上で、条件分岐させることができる、すごい命令です。是非マスターしておくことで、とっさに複雑な命令を打てるようにしておけると良いですね!役立つこと間違いなしです! 最近Python多め。, SQLServerでインデックスを再構築すると断片化したインデックスが解消され、処理スピードが速くなることがあります。断片化したインデックスを再構築しインデックスるの断片化を解消する方法です。, SQLServer 2008には、テーブル構造の定義を表す「ユーザー定義テーブル型」というものがあります。これを利用すると独自のテーブル型を作成できます。, SQLServerでの複数のストアドプロシージャ (stored procedure) でローカルテンポラリテーブルを共有する, SQLServerでテーブルに設定されているインデックスを検索するにはsys.indexesから情報をSelectします。, SQLServerでSELECTした結果をランダムに並び変えるにはORDER BYにNewID()関数の値を使います。, SQLserverには指定された年月日の月末日付を取得する関数がないようなので、SQLで指定された年月日の月末日付を取得してみます。, SQL(ストアドプロシージャ (stored procedure))で指定月のカレンダーを作成する, SQLServerには「Boolean」という型はありません。Boolean型のような「true」、「false」をあつかうには「bit型」を利用します。, SELECTでUNIONは複数個、連続して使えるようです。複数のSELECT結果を1つとして扱うのに便利です。, SQLServerのCASE WHENを使って年月ごとのデータを取得するには該当年月を100で割った余りでデータを振り分けます。, SQLで指定された月の日数を計算する処理です。「9999/12」以外はきちんと計算できます。, SQLServerでテーブルのカラムの属性変更でデフォルト値を変更しようとすると列は既にデフォルトにバインドされています。というエラーになりました。, SQLServerでは複数のテーブルを結合した状態を1つのテーブルのように扱えるVIEWという機能があり、VIEWを使うと複雑なSELECT文を一度書くだけでそのSELECT結果自体をテーブルのように扱えます。INSERTやUPDATEもそのデータが影響を与えるテーブルが1つの場合は通常のテーブルと同じようにINSERTやUPDATEが行えます。. googletag.enableServices();