The guide assumes you have already added Spring Session using the built in Redis configuration support to your application. Spring SecurityによるURL Rewriting機能の無効化, 6.5.2.1.2. Spring Securityのセッション管理機能の処理を使用する場合は、以下のようなbean定義を行う。, Spring Securityは、セッション固定攻撃対策として、ログイン成功時にセッションIDを変更するためのオプションを4つ用意している。, Spring Securityは、リクエストを跨いで認証情報などのオブジェクトを共有するための手段としてHTTPセッションを使用しており、Spring Securityの処理の中でセッションのライフサイクル(セッションの作成と破棄)を制御している。, Spring Securityが用意しているデフォルト実装ではHTTPセッションを使用するが、HTTPセッション以外(データベースやキーバリューストアなど)にオブジェクトを格納することも可能なアーキテクチャになっている。, Spring Securityの処理の中でどのような方針でセッションを作成して利用するかは、以下のオプションから選択することができる。, セッションにオブジェクトを格納する場合、適切なセッションタイムアウト値を指定して、一定時間操作がないユーザーとのセッションを自動で破棄するようにするのが一般的である。, セッションタイムアウトは、サーブレットコンテナに対して指定する。 デフォルトではこの機能は無効になっているが、以下のようなbean定義を行うことで有効化することができる。, 無効なセッションを使ったリクエストを検知する機能を有効にすると、Spring Securityのサーブレットフィルタを通過するすべてのリクエストに対してチェックが行われる。 Bean Validationでは、検証グループを表すクラス、またはインタフェースを設けることで、検証するルールをグループ化することができる。

サーブレットコンテナによるURL Rewriting機能の無効化, HTTPセッション以外(データベースやキーバリューストアなど)にオブジェクトを格納する。. これでは面倒なので判定を入れておきましょう。 検証環境 種別 プロダクト JVM … spring-security-rsaは現在、Springの公式リポジトリ _として管理されていない。今後、Springの公式リポジトリ配下に移動した際は、本ガイドラインで利用方法を説明する予定である。, org.springframework.security.crypto.encrypt.RsaRawEncryptor, org.springframework.security.crypto.encrypt.RsaSecretEncryptor, Oracleなど、一部のJava製品ではAESの鍵長256ビットを扱うためには、強度が無制限のJCE管轄ポリシーファイルを適用する必要がある。, 輸入規制の関係上、一部のJava製品ではデフォルトの暗号化アルゴリズム強度が制限されている。より強力なアルゴリズムを利用する場合は、強度が無制限のJCE管轄ポリシーファイルを入手し、JDK/JREにインストールする必要がある。詳細については、Java Cryptography Architecture Oracle Providers Documentationを参照されたい。, encryptメソッドの返り値 (暗号化の結果) は実行毎に異なる値を返すが、
If you need to learn how to add Spring Session to your project, please refer to the listing of samples and guides. そして、その秘密鍵を利用してOpenSSLで復号処理を行う方法を説明する。, Javaアプリケーションから読み込むために、秘密鍵をPKCS #8形式に変換する。, 続いて、OpenSSLで作成したキーペアを利用してOpenSSLで暗号化、JCAで復号する方法を説明する。, 公開鍵暗号化方式と同様、Spring Securityではハイブリッド暗号化方式に関する機能は提供されていないため、サンプルコードを用いて説明する。, 暗号化した共通鍵の長さをバイト配列の暗号文に格納する。格納された共通鍵の長さは復号時に使用される。, 平文を暗号化してバイト配列の暗号文に格納する。この暗号化処理は共通鍵暗号化方式となる。, © Copyright 2013-2016, NTT DATA. Our sample application assumes that the Redis support is already setup, so we are ready to go. 本バージョンの内容は既に古くなっています。最新のガイドラインはこちらからご参照ください。, Picture - Establishment of logical session, JavaEEのSerlvetの仕様では、セッションIDを連携するためのパラメータ名のデフォルトは、「JSESSIONID」となっている。, 以降の説明で登場する "セッション" は、Servlet APIより提供されている javax.servlet.http.HttpSession オブジェクトの事である。 This guide describes how to use Spring Session to find sessions by username. このため、多重ログインの制御機能を使用する際は、Spring Securityから提供されているHttpSessionEventPublisherクラスをサーブレットコンテナに登録する必要がある。, 同じユーザー名(ログインID)を使って既にログインしているユーザーがいる場合に、認証エラーを発生させて多重ログインを防ぐ場合は、以下のようなbean定義を行う。, 同じユーザー名(ログインID)を使って既にログインしているユーザーがいる場合に、 Exploring the security Sample Application. また、不要なオブジェクトがセッションに格納されていると、セッションのスワットアウトが発生した際の処理が重くなり、アプリケーション全体の性能に影響を与える可能性がある。, 画面操作の途中でブラウザやタブを閉じた場合、セッションに格納されているフォームオブジェクトに入力途中の情報が残るため、初期表示時に削除しないと、入力途中の情報が画面に表示されてしまう。

sessionスコープのBeanの使用方法については、Spring FrameworkのsessionスコープのBeanの使用を参照されたい。 Note 上記の項番4, 5, 6については、セッションの使用有無はControllerの実装によって指定するが、セッションの生成タイミングは、フレームワークによって制御される。 http://docs.spring.io/spring-session/docs/current/reference/html5/guides/custom-cookie.html, Spring Session - Custom Cookie(2018/3/20 リンク修正), セッション情報はSpringSessionに任せてるんだからCookieの設定もSpringSessionへ・・・ そのため、JPAで扱うことができるEntityオブジェクトへの変換処理が、必要になってしまう。, 上記例では、CartというJPAのEntityクラスを、SessionCartというラッパークラスに包んで、sessionスコープのBeanとしている。

The guide also assumes you have already applied Spring Security to your application. 既にログインしているユーザーを無効化することで多重ログインを防ぐ場合は、 IP Address, the browser, location, etc) to the session. よく訓練されたアップル信者、都元です。2年越しの復活、Spring Frameworkの話題です。ベルセ◯クかっつーの。正直2年も経ってると思っていませんでした。感覚的には半年くらい…そんなわけないか。…まぁ、なんつーか適当にやってますんで、適当にお付き合いください(汗, さて前回は「次回はトランザクションです」なんていう終わり方をしたので、約束は果たすぞ。2年経ってても次回は次回だ。, さて今回はトランザクションの話。あまり深いことを論じ始めると分厚い本が書けてしまう分野でもありますので、まず概略をお話し、そしてその中の一部に絞って話を進めます。, まず「トランザクション」という言葉については、WikipediaのトランザクションやACIDの項目をさらっと読んでおいてください。要するに、よくある例えが銀行振込処理で、「振込元の残高を減らす処理」と「振込先の残高を増やす処理」をする時、その結果が「両方とも成功する」か「両方とも失敗する」か、どちらかになり、間違っても「どちらか一方だけが成功」した状態で処理が終わらないこと(原子性=アトミック=分割できない)を保証するような話です。, 上記の銀行振込の例では、イメージとしては1つのDBの中の世界で完結した話でした。しかしトランザクションというのは1つのDBの中でだけ起こるものではありません。例えば物理的に独立分離している2つのDBの間でトランザクション処理を行いたい場合もあります。, また、「DBへの書き込み」の話だけではなく、例えば「キューへのメッセージ送信」や「メールの送信」等、外部に対する影響を与えるような処理は(実際にどのように実現できるのかは置いといて)いずれもトランザクション処理の一要素になり得ます。, 例えば、「DBからレコードを消す」ことと「キューへメッセージを送信する」ことをアトミックに処理したい、なんていうケースはそこそこ容易に想像がつくと思います。, このように、「DB」や「キュー」など、複数のリソースにまたがったトランザクション処理を「グローバルトランザクション」と呼ぶ一方、1つのリソース内で完結するようなトランザクション処理を「ローカルトランザクション」と呼びます。, グローバルトランザクションの話はかなりややこしいので、本稿ではこれ以上グローバルには触れません。話の中心はローカルトランザクションであり、しかもRDB上のローカルトランザクションに的を絞ります。, こんなの見たことありませんか? connectionに対して、commitやrollbackメソッドを呼ぶことにより、2つのUPDATE文をアトミックに束ねています。これはJDBCという仕様による、RDBのトランザクションを扱うためのAPIであって、他のトランザクションリソース(例えばキュー)に対するトランザクション処理には利用できません。, また、RDBを扱うAPIはJDBC以外にも様々(JDOやHibernate等)ありますが、それぞれやはりAPIは異なるため、JDBC以外におけるトランザクション処理には利用できません。, 前述の通り、トランザクションは「DB」だけに対するものではなく、「キュー」等もトランザクション制御のためのAPI(メソッド等)を持っている場合があります。しかし、各種リソースがそれぞれ独自のAPIを定義しているため、一般的に統一的な操作方法がありませんでした。, SpringはこれらをPlatformTransactionManagerというインターフェイスに抽象化して統一し、同じ操作でトランザクションを制御できるようになりました。, こんな感じです。RDB(DataSource)に対するトランザクション処理を担うPlatformTransactionManagerの実装クラスはDataSourceTransactionManagerです。今のところRDB以外のトランザクションリソースに触れる予定もなく、グローバルトランザクションにも触れないので、その他の実装クラスを利用することは当面ないと思ってください。, 上に挙げた例は、抽象化がなされているものの、JDBCのトランザクション制御と同じようなものでした。生JDBC記述に対してJdbcTemplateという便利クラスがあったのと同様に、生トランザクション記述に対してTransactionTemplateという便利クラスがあります。, このように、コールバックメソッド内に書いた処理がすべてアトミックに処理されるようになります。executeメソッド呼び出し部分の記述は、Java 8のLambda記法を使えばもっとさらっと書けますね。, さて、今まで見てきたトランザクション制御のコードは、非常に手続き的でした。「(ここからここまでをトランザクション処理とするために)コレを実行して、次にコレを実行して」というコードの記述方法です。, 一方、宣言的なトランザクションとは「ここからここまでがトランザクション処理 である 」という記述です。具体的なアレしてコレして、という手続きを隠蔽したコードの記述方法であり、Springはこれをサポートしています。, ものすごいシンプルですね。@Transactionalアノテーションを付与したメソッドの入り口と出口までがトランザクション処理で、このメソッドが末尾まできちんと実行され、正常終了した場合はcommit、そうではなく例外によって終了した場合はrollbackします。このアノテーションの裏側の、隠蔽されて見えないところで、txManager.commit等が呼ばれるのです。, 例えばこのように、DBへの書き込み動作の後に例外でexecuteを抜けるようなコードを書いてみて、これを実行してみます。, この結果、新しいユーザがusersテーブルに追加されない(ロールバックされている)ことを確認してみましょう。, このコードを、GitHubに上げておきました。ご興味のある方は、下記のように実行してみてください。, 例外終了しているので FAILED となっていますが、想定通りです。さて、DBの確認。, 色々なトランザクション処理記述方法をご紹介しましたが、「宣言的トランザクション」が本命です。ただ、宣言的な記述は所謂黒魔術であり、慣れないうちは処理が追いかけづらい、というトレードオフがあります。, しかし、トランザクションの管理コードはプロジェクト内のあちこちに登場して、コードの見通しを悪くしてしまうため、この黒魔術を受け入れつつ、宣言的なトランザクションとしてプログラミングをするケースが多いと思います。. Version Repository Usages Date; 1.3.x. 1. In our instance, we find all sessions for the currently logged in user. 6.5.2.1.1.

What is going on with this article? 以下のようなbean定義を行う。, 通信の盗聴、規則性からの類推、クロスサイトスクリプティングなどを駆使してセッションIDを盗みとり、盗みとったセッションIDをつかっているユーザーになりすましてシステムを利用する攻撃。, 攻撃者が事前に払い出したセッションIDを他人に使わせてシステムにログインさせ、攻撃者がログインしたユーザーになりすましてシステムを利用する攻撃。, 連番など推測できる値をセッションIDに使用せず、推測が困難な(セキュアな)ランダム値を使用する。, 基本的にはアプリケーションサーバが提供するセッションIDの生成機構を利用すればよい。, 通信の盗聴はフリーのソフトなどを使って簡単に行うことができため、盗聴されても解読されないように暗号化しておくことが重要である。, クライアントとサーバーとの間でセッションIDを連携する際は、Cookieを使って連携するように設定し、URL Rewriting機能を無効化する。, URL Rewriting機能を無効化すると、攻撃者が事前に払い出したセッションIDが使われず、新たにセッションが開始される。, ログイン後にセッションIDを変更することで、攻撃者が事前に払い出したセッションIDが使用できなくなる。, このオプションを使用すると、ログイン前にセッションに格納されていたオブジェクトは新しいセッションに引き継がれる。, このオプションを指定すると、Spring Securityの処理でセッションを使わないケースでもセッションが作成される。, セッションが存在しない場合は、セッションにオブジェクトを格納するタイミングで新たなセッションを作成して利用する。(デフォルトの動作), タイムアウト値を指定しない場合は、サーブレットコンテナが用意しているデフォルト値が適用される。, また、0以下の値を指定するとサーブレットコンテナのセッションタイム機能が無効化される。, 指定可能なパスパターンはAnt形式のパス表記と正規表現の2つの形式であり、デフォルトではAnt形式のパスとして扱われる。, © Copyright 2013-2016, NTT DATA. 1.3.5.RELEASE: Central: 12: Jan, 2019: 1.3.4.RELEASE: Central This means we will not have to perform any steps to ensure the user name is indexed. ブランクプロジェクトから提供している include.jsp では、 false となっている。, include.jsp は、 src/main/webapp/WEB-INF/views/common ディレクトリに格納されている。, 以下のようなBeanPostProcessorを作成し、Bean定義することで実現できる。, ウィザード形式の画面遷移を行う処理を例に、@SessionAttributesアノテーションを使った実装の説明を行う。, 画面遷移時の入力チェックでは、該当ページのフィールドのみチェックする必要がある。

For example: We obtain the information we want and then set the SessionDetails as an attribute in the Session.