SharePoint Online のチームサイトとコミュニケーションサイトの違いはなんですか? 2019年4月24日. Copyright © PERSOL PROCESS & TECHNOLOGY CO., LTD. All Rights Reserved. |

SharePointで作成できるサイトの種類は、チームサイトとコミュニケーションサイトの2種類がある。 前回紹介したように、チームサイトはチーム内の特定のユーザーに対して情報やドキュメントを共有し、共同で作業するのに適している。 SharePoint Online のチームサイトとコミュニケーションサイトの違いはなんですか?, Windows Virtual Desktop 導入支援(テレワーク・リモートワーク環境導入支援), Microsoft 365 で実現する安全なリモートワーク導入支援(リモートワーク対策), Microsoft 365 Security 導入支援 / EMS 導入支援(セキュリティ対策), https://support.office.com/ja-jp/article/ef10c1e7-15f3-42a3-98aa-b5972711777d, https://support.office.com/ja-jp/article/7fb44b20-a72f-4d2c-9173-fc8f59ba50eb, Azure MarketplaceからデプロイしたRHELでyumコマンドでパッケージをインストール出来ないことがある。. 「チーム サイト」は、作成時に Office 365 グループが同時に作成され Office 365 グループと連携した状態で SharePoint Online のサイトが作成されます。​ Office 365 グループと連携される特性から、グループ内のメンバーと共同編集する際に適しています。​ 個別に権限を設定せずに Office 365 グループ メンバーがすぐにアクセスが可能なため初期設定が比較的簡易です。​, [SharePoint でチーム サイトを作成する] https://support.office.com/ja-jp/article/ef10c1e7-15f3-42a3-98aa-b5972711777d, 一方、「コミュニケーション サイト」は、Office 365 グループは作成されず SharePoint Online のサイトのみが作成されます。​ アクセス権限の付与を詳細に設定する場合などに適しており、サイトのインターフェースも “視覚的にユーザーに見せたいコンテンツを強調できる” という特徴があります。​, [SharePoint Online でコミュニケーション サイトを作成する] https://support.office.com/ja-jp/article/7fb44b20-a72f-4d2c-9173-fc8f59ba50eb, なお、「チーム サイト」および「コミュニケーション サイト」のどちらの場合でも、作成される SharePoint Online のサイトに大きな違いはありません。​, ※技術情報につきましては投稿日時点の情報となります。投稿日以降に仕様等が変更されていることがありますのでご了承ください。, ※公式な技術情報の紹介の他、当社による検証結果および経験に基づく独自の見解が含まれている場合がございます。, ※これらの技術情報によって被ったいかなる損害についても、当社は一切責任を負わないものといたします。十分な確認・検証の上、ご活用お願いたします。, ※当サイトはマイクロソフト社によるサポートページではございません。パーソルプロセス&テクノロジー株式会社が運営しているサイトのため、マイクロソフト社によるサポートを希望される方は適切な問い合わせ先にご確認ください。 【重要】マイクロソフト社のサポートをお求めの方は、問い合わせ窓口をご確認ください. サイトについてですが、 チーム?コミュニケーション?2種類あるやんけ!と思った方もいますよね。 安心してください、ちゃんと解説していきます。 チームサイト、コミュニケーションサイトの違いは以下の通りです。 ・チームサイト 先程も記述した通り、Sharepointのサイトには2種類あり、それが「チームサイト」と「SharePoint コミュニケーションサイト」になります。2つのサイトの大まかな違いは、用途とMicrosoft 365グループとの連携があるかの2点で … SharePointのモダンサイトテンプレートには、「チームサイト」と「コミュニケーションサイト」があります。更に「チームサイト」はOffice 365グループにはじめから接続しているものとそうでないものの2つがあります。それぞれの違いをまとめました。 メンバーで作ったコンテンツをサイト上にアップロードし、大勢のユーザーがコンテンツを閲覧することができます。. ブログを報告する, 私がSharePoint Server 2013を主戦場にしていた頃は、よくShare…, SharePointのチームサイトとコミュニケーションサイトでは何が違うのかまとめてみた, SharePoint Designer 2013はシリーズ最後の製品。後継製品や代替機能はどうなるの…, REST APIでコミュニケーションサイトのテンプレートを使ってSharePointのサイトコレクシ…, Power Automateを実行した時に「Only Site Collection Admins are allowed to use this trigger」のエラーが発生する件, Common Data ServiceのWeb APIを SharePoint Framework (SPFx) から実行するサンプル, Excel on the WebでExcel操作を自動化できる「Office Scripts」の概要, Office 365グループに接続されていないチーム サイト(「その他のオプション」の中にあるもの). SharePoint コミュニケーションサイトとチームサイトの違いについて . Copyright © SharePoint(シェアポイント) Microsoft 365導入支援 All Rights Reserved. Microsoft 365; SharePoint Online; by cloudsteady. 今回はMicrosoft SharePointでコミュニケーションサイトを作成するメリット・デメリットについて調べてみました。「SharePointを使ったことがない」という人でも、わかりやすいように一から解説していきたいと思います。社内でコミュニケーションサイトを新しく作成しようと考えている人はぜひ参考にしてみてください。, Microsoft SharePointは、Microsoft 365で提供されるサービスの一つです。Microsoft 365 の中では、WordやExcel、Power Pointを普段から使っているという人は多いでしょう。, SharePointは使い方によって、様々な機能を利用することができます。ここからは具体的な使用方法を見ていきます。まず、基本的な使用方法として、ファイルのアップロード・共有があります。あるファイルをSharePointにアップロードすると、アクセス権のある複数名のユーザーが、同時にそのファイルを操作することができます。ファイル共有機能に関しては、Drop BoxやGoogle Driveと似ていますね。, SharePointでも、複数名で会議の議事録を記録したり、提案書を同時に操作することができます。SharePointにはたくさんの機能があります。, サイトを作成することができるツールがSharePointには二種類あるということがわかりました。次に、それぞれの違いを見ていきましょう。最大の違いは、公開対象です。どちらも、SharePoint上のサイトを活用することで、その場にいなくても内容を共有することができ、時間や手間などの、コミュニケーションコストを減らすことができます。コミュニケーションサイトでは、少数メンバーがコンテンツを作成・投稿します。, 一方でコミュニケーションサイトの内容は大勢のユーザーが閲覧することができます。チームサイトでは、特定のプロジェクトに関するコンテンツを、チームのメンバーとSharePoint上のサイトで閲覧できます。チームサイトは、作成と閲覧を行うのが、チームメンバーのみである場合に適しています。, では、ここからはSharePointを使ったコミュニケーションサイトの作成についてに細かく注目していきます。, SharePointの最大の魅力は連携性の高さだと言えます。Microsoft 365ツールとの相性がよく、Microsoft 365を導入した企業のほとんどが社内のポータルサイトをSharePointで作成しています。しかし、その特徴ゆえに、コミュニケーション機能ではofficeユーザーがログインして使用するため、誰がコメントをしたのかということがわかってしまいます。この点は、匿名性を重視している企業ではデメリットともなってしまいます。, 一方、最大のデメリットがデザイン性に乏しいところです。Web社内報では、情報を素早く効率的に閲覧することが重要です。そのためには誰にでも見易く、感覚的に操作できる画面設計が好まれますが、標準のインターフェースではデザイン性が低いので、ユーザーフレンドリーな設計とは言えません。使いやすいものにするためにはカスタマイズが必要でしょう。インターフェースの自由度の低さが気になるという人には、あまり向かないかもしれません。, とは言え、アプリ以外の方法で簡単に社内ポータルコンテンツを作成したいという場合に最も適した方法であると結論づけることができます。 officeツールはほとんどのビジネスパーソンが持っているソフトです。組織内でのやりとりを円滑に進めるための手段として、SharePointはこれからも注目されていくでしょう。, SharePointでコミュニケーションサイトを使用する場合のメリット、デメリットは確認できましたか?先ほどご紹介したものは、組織の形態によっては一概にデメリットとは言い切れないものでもあります。まずは自分がSharePointのコミュニケーションサイトを導入したい組織で「どのようなコンテンツが求められているのか?」という課題意識をはっきりさせることが大切です。ぜひ、参考にしつつSharepointを有効活用してみてください。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。. だいぶん違うように見えますが、実際のところ使える機能に大差はありません。以下に両者の差異をまとめていきます。, これは分かりやすいですね。チームサイトはOffice 365グループの有無に関わらずホームページが賑やかですが、コミュニケーションサイトだけホームページが空白になっています。, とはいえコミュニケーションサイトにもチームサイトと同じWebパーツを貼ってしまえばホームページの機能は一緒になりますね。, Office 365グループに接続されたチームサイトだけ、なんだか紫っぽいですね。でもこれは初期状態で適用されている「外観」が他と違うだけです。「外観の変更」機能で後から変更できます。, 各サイトで「アプリの追加」をしようとすると、コミュニケーションサイトだけ選択肢が少ないことに気づきました。しかしこれは初期状態で有効になっている「サイトの機能」の違いに起因するもので、サイトを作成した後に変更できます。, Office 365グループに接続されていないチームサイトでも、後からOffice 365グループに接続することができます。, チームサイトでは左に、コミュケーションサイトでは上にあります。これは後から変更できません。, チームサイトでは「テーマ」と「ヘッダー」のみ設定可能ですが、コミュニケーションサイトではこれに加えて「ナビゲーション」と「フッター」を設定可能です。, Office 365グループに接続されていないチームサイトだけは、サイトそのものが「クラシック」なままになっています。よってサイトの設定画面にマスターページギャラリーが残っていたり、サイトを「テンプレートとして保存」する機能が残っていたりします。, 管理者・開発者としては大事なところですが、ユーザーとしては今のところこの違いを意識する場面は少ないと思います。, micknabewataさんは、はてなブログを使っています。あなたもはてなブログをはじめてみませんか?, Powered by Hatena Blog