『おおむね良い』 steelseries Rival 650 Wireless gatvさんのレビュー評価・評判。価格.comに集まるこだわり派ユーザーが、デザイン・動作精度・解像度など気になる項目別に徹底評価!実際のユーザーが書き込む生の声は何にも代えがたい情報源です。 SteelSeries Rival 650 Wireless ゲーミング マウス 62456のレビューと評価・評判. Rival 600、Rival 650はラバーグリップ部が非常にもろいんですが、そのグリップ部を交換する公式のスペアパーツを買ってみました。パチッと付け替えるだけです。 SteelSeries

新規登録すると、次回購入時に10%オフになります。, 当社は、プライバシーポリシーに従って、クッキーを使用して分析、広告表示、および体験のカスタマイズを行っています。続行することで、クッキーの使用に同意されたことになります。, まったく新しい最先端のラグフリーシステムは、1,000Hz、1msレイテンシー、24時間のバッテリー寿命、トーナメントレベルの周波数最適化を実現し、過酷なゲームセッションでも、類のないパフォーマンスを発揮します。, SteelSeries Engineソフトウェアは、Engineアプリのすばらしい機能を引き出して、簡単かつ直観的なRGB照明のカスタム化を実現します。DiscordアプリとGameSense Engineアプリを使用すると、ゲーム内イベントなどに関するチャット通知を受け取ることができます。, 強力な32ビットARMプロセッサーにより、CPI設定、ボタン配置、照明効果をオンボード保存できるため、LANイベントやトーナメントでソフトウェアがなくても使用することができます。, オリジナルのRival 600の機能をすべて残したまま、Rival 650に高速充電機能を搭載したQuantum Wireless™システムを追加しました。Rival 650 Wirelessを開発するにあたり、同じレベルのパフォーマンスをどのようにして維持したのかについての詳細, マウスの両側にある8個のスロットに、付属の4gのウェイトを取り付けることができます。これにより、お好みの重さで、グリップに合ったバランスの重心を見つけて、それを維持することができます。, 理想的な重さと設定をお好みに合わせて自由に決めることができます。一般的に、低感度を使用するユーザーは軽いマウスを好み、高感度を使用するユーザーは重いマウスを好みますが、それは正しいとか間違っているとかではありません。あなたに最適な設定を見つけてください。, TrueMove3は、真の1対1トラッキング機能を備え、レイテンシーを最大限に抑えた、12,000 CPI、350+ IPS、50Gのセンサーです。TrueMove3+では、TrueMove3に、リフトオフディスタンスを最適化する専用のリフトオフセンサーを組み合わせています。TrueMove3のあらゆるメリットがTrueMove3+に組み込まれていますが、現在ではリフトオフディスタンスがさらに抑えられています。, 当社ニュースレターにご登録いただきありがとうございます!送信されたEメールを確認して、登録を確定してください。. 【高速・高安定】でFPSに最適な”2つの光回線”をこの記事で紹介・解説しています。, 今回レビューしていくのは、2019年1月15日に発売された「SteelSeries」の”Rival 650”というワイヤレスゲーミングマウスになります。, 【 国内正規品 】ゲーミング マウス SteelSeries Rival 650 Wireless デュアルセンサー 重量・重心カスタマイズ機能 32ビットARM プロセッサー搭載 62456
The Rival 650 Wireless features Quantum Wireless™ 1ms lossless performance, lightning fast charging capabilities, and the most precise gaming sensor ever made. 【 国内正規品 】ゲーミング マウス SteelSeries Rival 650 Wireless デュアルセンサー 重量・重心カスタマイズ機能 32ビットARM プロセッサー搭載 62456がパソコン・周辺機器ストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。 steelseries Rival 650 Wirelessを、価格.comに集まるこだわり派ユーザーが、デザイン・動作精度・解像度など気になる項目別に徹底評価!実際のユーザーが書き込む生の声は何にも代えがた … 国外より大分遅れて1/31日にSteelseriesの最新ゲーミングマウスのRival 650が発売されます。, Rival 600をOW元日本代表のXQQ氏がRival 300と比べ物にならないほど良いと評し、今でも使用しています。(スポンサーの関係もあるかもしれませんが, リフトオフディスタンスの良さを凄く推してるので、何度もマウスを持ち上げる人にはいいかも知れません。, 昨年辺りから各メーカーワイヤレスのゲーミングマウスを発売している中、名実ともにトップなのがロジクールのG Pro Wirelessです。, G Pro Wirelessがここまで売れた理由は主にその重量。その辺の有線よりも軽い80gでした。, Logicool ロジクール PRO LIGHTSPEED ワイヤレス ゲーミング マウス G-PPD-002WL, Rival 600と同じように増設用のウェイトが付属していて8か所に増設可能です。, 理想にウェイトバランスを実現できますが、すでに結構な重量なのでここから追加というのは中々にチャレンジャブル。, G502もそうでしたが、そこそこ押しにくいそうですが瞬時に押す必要のないキーを割り振ると便利そうです。(エモートやスプレーなど), Rival 600にて、サイドの滑り止めのラバーが外れるというレビューを見受けました。, 公式ページのRival 600にあったシリコン製サイドグリップの表記がRival 650のページにはないので、もしかして改良されたのでしょうか?, その点でもG-Pro Wirelessは全部プラスチック樹脂なのがお気に入りです。, ここから値下がりする可能性はありますが、実売15,000円を下回ってきたG Pro Wirelessの存在を考えると中々のお値段だと思います。, とりあえず現行最高のワイヤレスが欲しいならG Pro Wirelessが安定だと思います。, 関連:ロジクールG-PRO WIRELESS:G-PPD-002WLを実際に2週間使った結果、オススメどころか神ゲーミングマウスという事がわかった – 浅く広くPCゲーミング, 【 国内正規品 】ゲーミング マウス SteelSeries Rival 650 Wireless デュアルセンサー 重量・重心カスタマイズ機能 32ビットARM プロセッサー搭載 62456, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, FPS好きが興じて自作PCとゲーミングデバイスのブログを作ったおじさん。

Quantum Wireless™ Fast charging. 海外で発売されているSteelSeriesのマウス「Rival 650」。「Rival 600」をベースに最先端の無線技術を採用したワイヤレスゲーミングマウス。内容的にRival 600をそっくりそのままワイヤレスにしたようなモデルですが、内部や実重量の詳細が公開されていたのでちょっと見てみます。 楽天市場 巷で噂の「カブトムシ」形状が特徴の外観です。笑 これは好みが別れるんですが、僕個人は「どストライク」 この”近未来感”を醸し出す外観に心を奪われました。 この「Rival 650」は持った時のホールド感がとても良い感触です。 是非皆さん、可能であれば店頭で実際に触れてみて下さい。 気付いたら購入していますからw

昨年辺りから各メーカーワイヤレスのゲーミングマウスを発売している中、名実ともにトップなのがロジクールのG Pro Wirelessです。 G Pro Wirelessがここまで売れた理由は主にその重量。その辺の有線よりも軽い80gでした。 そしてRival 650の重量はというと、121g。 Play. 詳しくはないので自分のわかる範囲でやっていきます。, LEDライティングで光る自作PCを始めよう 制御方法による違いや接続方法のまとめ|浅広ゲー, Ryzen5 3600が付属のリテールクーラーで全然冷えなかったので虎徹Mark2に交換した話, Core i5 10400Fを3600と比較レビュー 9400Fの後継はやはりコスパ神, ロジクールG-PRO WIRELESS:G-PPD-002WLを実際に2週間使った結果、オススメどころか神ゲーミングマウスという事がわかった – 浅く広くPCゲーミング, 1.1万円で買えるCPU i3 10100FをRyzen3 3100と比較レビュー, CoolerMaster NR200Pをレビュー ハイエンドも可能な完成度の高いITXケース, ASRock DeskMini X300をレビュー A300との違いや4350gを使用しての使用感等, PCIE3.0とPCIE4.0でグラボ性能に差が出るのか RTX3080を使って検証.

マウスの各種カスタマイズを正確にできる方におすすめ 『SteelSeries Rival 650 Wireless ゲーミング マウス 62456』は、SteelSeriesが販売しているゲーミングマウスの中でも高い人気を誇ります。 1ms latency.

Watch product film Press space to pause Play again Redo. created by Rinker Yahooショッピング, もともと人気だった有線接続式の「Rival 600」と言うモデルがありましたが、このマウスと外観は同じで、今回ワイヤレスゲーミングマウスとして「Rival 650」が満を持して発売です。, デメリットも数点ありますが、比較的完成度の高いゲーミングマウスとなっているので、気になる方は要チェックです。, ・SteelSeriesの完全新作となる「Quantum Wireless」を採用してきたこの「Rival 650」。ワイヤレス性能は”信頼・満足”できるマウス性能, ・「5分間の充電で3時間、15分間の充電で10時間以上のバッテリー駆動が可能」と言う驚愕のバッテリー性能, ・「重心・ウエイト調整機能搭載」自分に最適なカスタマイズを実現できる唯一無二のゲーミングマウス, ・無線のみならず、有線接続も可能。「バッテリーが無い!FPS出来ない!」の心配が要らない, ・リフトオフディスタンスが最短0.5mm!ローセンシプレイヤーへの恩恵は絶大(0.5~2.0mm範囲で設定可能), 最近のロジクール製マウス(G703・G903)の”最新オムロンスイッチ”と比べると、どうしても見劣りする印象。, この「Rival 650」が極端に悪い性能と言う訳ではなく、完全にロジクール製クリックスイッチが優秀過ぎるだけなので、比較しても可哀そうですが。。。, しかしながら、この「Rival 650」でも、クリック音やクリックの反応速度は、FPSをプレイしていても「特別やりにくい」と言うことはありませんでした。, スクロールもスムーズに行えて、ホイールクリックも「固すぎず・柔らかすぎず」の反発でGOOD。, 手が大きい人が多い海外製のマウスでありがちな「外人仕様」の位置にはなっておらず、僕の様な日本人平均の指の長さでも、握り直し不要で、瞬時にアクセスすることが可能です。, 最近のゲーミングマウスの主流は2つ式なので、1つサイドボタンが増えるだけでFPSのプレイの自由度が増えるのはとても好印象の設計です。, 一番奥のサイドボタンへアクセスするためには、だいたいの人が「マウスの握り直し」を必要とされます。, この設計位置は単純に「握った時の誤操作を防ぐ」ために、この様な位置になったと容易に予想が出来ますが、あまりにも遠すぎる。, 一番奥のサイドボタンをもっと手前に配置し、クリックテンション(反発力)を高めにして、誤操作を防ぐやり方もあったと思う。, この点の心配となるデメリット要素は、長期間(年単位)で使用した時、ラバー材の表面が溶けて「ベタベタしないか」です。, この「Rival 650」は、購入してまだ日が浅いのでそこら辺の検証が出来ないのが残念ですが、気になったことが出てきたら追記します。, 今や当然の様に「ワイヤレス=遅延なし」という風潮は、何を隠そう「ロジクール」が生み出したと言っても過言ではありません。, その高性能を日常あたりまえに体験してきた上で、この「Rival 650」ですが、、、全く遜色ない。, SteelSeriesの完全新作となる「Quantum Wireless」を採用してきたこの「Rival 650」は、ワイヤレス接続時【遅延=1ms】【レポートレート=1000Hz】と言う高性能を実現しています。, 購入前は新作技術と言うこともあり、少々不安視していたのですが、その不安を見事吹き飛ばしてくれました。, FPSの激しいマウス操作もスムーズに「エイムが完全追従」します。ポインタが飛ぶことは全くありません。, 「ワイヤレスマウスの最大の欠点=”充電待ち”」の時間がほとんど要らないのは使っていてとても快適です。, もちろん有線接続での使用も出来るので、ゲーム中でも「バッテリーが少ない!!」という不安は無くなっています。, ちなみに、バッテリー残量が少なくなってくるとホイールのLEDが「赤く点滅」して教えてくれます。, このスリープモードへの時間は、専用ソフトウェアで「1分~20分」までの間で設定が可能。, 気になる「バッテリーの最大駆動時間」は未公開となっていますが、僕の使用環境では「平気で3日以上」持っています。, もっと長く使いたい人は「LEDをOFF」にすればもっと長い期間連続して使用することが可能です。, まあ、ここら辺は個々人で「一日どれだけマウスを使っているか」で変わってくるんで、あくまで参考程度にして下さい。, でも、前述した通りバッテリーがなくなったって「5分充電すれば3時間以上使える」って言う安心感は心強いですよね。, この「Rival 650」の一番のデメリットが”121g”と超重量級なので正直使う人はいないんじゃないかと勝手に思っています。, その中に、付属している「ウエイト=4g×8個(計32g)」を埋め込んで、”重心の位置”と”マウス重量”をカスタマイズが可能になっています。, SteelSeriesさんには大変失礼ですが、こんな製造コストがかかる機能付けるくらいだったら、「マウス自体をもっと軽くして下さい!」と声を大にして言いたいです。, 現状、一般的にゲーミングマウスは「100g」を超えたら”重め”と判断されるご時世に、「121g」なんて超重量級です。, 軽量化が無理ならば、このウエイト調整機能を廃止してもっと”安価な価格設定”にして欲しかったと切に思います。, まあこれに関しては完全に個々人の好みの問題なので、「それ位のソール」だったら好き!という方もいらっしゃるでしょうから、デメリットとしては上げません。, このソフトウェアは、某メーカーとは天と地の差ほど「大変分かりやすい」ソフトウェアなので、とても快適に使うことが出来ます。, ここでの注意点は、FPSでの使用の際は必ず「マウスの加速減速・アングルスナップ」は無効にしておくこと。, これらの機能は、マウスで絵を描く時などに役立つ機能ですが、FPSでは邪魔になってしまう項目ですので「必ず無効」にして下さい。, 現状のゲーミングデバイス界は、保証期間は2年間が主流ですが、このSteelSeriesは「1年のみ」, この「Rival 650」に限らず、SteelSeries商品全体がこの仕様になっています。, 個々人で「1年あれば十分」「1年は短すぎる」と意見が分かれるでしょうから、各個人で判断されてください。, 今回は大人気のワイヤレスゲーミングマウス「Rival 650」のレビューになりました。, 今回の記事は、デメリットはハッキリと言うというスタンスなのでかなり尖ったレビューになってしまいました。, しかしながら、「ワイヤレス性能・バッテリー性能・ワイヤレスのレスポンス・使用感」を総合的に見るととても良いデバイスであることは間違いないです。, RYOBLOGではゲーミングデバイスの「レビュー記事」を90記事ほど投稿しています。こちらも忘れずに要チェックです!. 真のパフォーマンスワイヤレスゲーミングマウスが初めて登場しました。Rival 650 Wirelessは、Quantum Wireless™の1msロスレスパフォーマンスと超高速充電機能に加え、史上最も高精度なゲーミングセンサーを備えています。, Rival 650 Wirelessの充電速度は他を寄せ付けません。15分の充電で10時間以上のプレイが可能です。ゲームの途中で充電し直す必要はありません。, 世界最先端のセンサーシステムであるTrueMove3+は、真の1対1トラッキング機能と画期的な最新リフトオフディスタンス検出機能を兼ね備えています。史上初めて、リフトオフでも完全にコントロール可能です。, 世界最高の精度と最小0.5mmのリフトオフ検出を実現する真の深度センサー。さらに高まった精度、優れたコントロール、より速い動きでスキルアップを実現します。, TrueMove3は過去および将来おけるゲーミングセンサーの新しい標準となります。すべての動きで、驚くほど正確なクロスヘアの動きをご体験ください。加速も、トラッキングエラーも、遅延も全くありません。, TrueMove3は、業界リーダーPixArtと独占的に製作した12,000 CPI、350 IPSの光学センサーです。TrueMove3は、CPIのみに注目するのではなく、真の1対1トラッキングを念頭に設計されました。マウスパッド上で一定の距離を移動すると、画面上もまったく同じ距離を移動し、レイテンシ―や介入が発生したり、ジッター低減に影響を与えたりすることはありません。, 多くのゲーミングマウスはリフトオフディスタンスを1つの主要センサーから処理しますが、Rival 650は、最新の専用深度センサーを導入することで、世界最小かつ最高精度のリフトオフディスタンスを実現します。マウスを上げ下げする際に無駄な動きをすることは、二度とありません。, この全く新しい重心調整システムは、動かしやすい重さと重さのカスタム化に対応し、どのようなゲーミングマウスの調整にも幅広く対応します。, 重心ウェイトを組み合わせることで、どのようなグリップやプレイスタイルでも完璧なバランスを実現します。, 両サイドを取り外せるため、付属の重さ4gのウェイト8個を簡単にしっかりと固定できます。, Rival 650 Wirelessのデザインはプレイヤーがこだわる快適さに全面的に応えます。持ち方がクローグリップでもパームグリップでも、その形状は、緊張感が長時間続くゲーミングセッション中も完璧な快適さを実現します。, ケーブルなしで121g/4.2オンス。最大153g/5.4オンスまでカスタマイズ可能, 62mm(前部)、62mm(中央)、69mm(後部)2.4インチ(前部)、2.4インチ(中央)、2.7インチ(後部), SteelSeries Engine 3.12.13、Windows(7以降)およびMac OSX(10.8以降)の場合, 最新のプロモーションやセール、製品に関する最新情報をいち早く入手しましょう!

Amazon 1000Hz polling. Rival 650 Wirelessゲーミングマウスは、Quantum Wireless™ラグフリーパフォーマンスと世界最先端のデュアルセンサーシステムであるTrueMove3+を備えています。 これまでに37種類のゲーミングマウスを購入・使用してきたゲーミングデバイス専門レビュアーが、FPS向けのおすすめゲーミングマウスTOP10を厳選して紹介します。... \レビュー/Razer「DeathAdder V2 Pro」ついにワイヤレスが登場。累計1000万台を突破したシリーズ最新作, \レビュー/Razer「DeathAdder V2 Mini」62gと小型・軽量化された6000円代のエントリーモデル, \レビュー/Logicool G「G203」4000円で買えるコスパ抜群のエントリーゲーミングマウス, \レビュー/Glorious「Model D」 “67g”の軽量と神形状!これは絶対使わな損する万能マウス, \レビュー/ROCCAT「Kone Pure Ultra」66gの超軽量&小型マウス。価格も約7000円で豊富な3色展開も大きな魅力, \レビュー/HyperX「Pulsefire Raid」これ多ボタン式マウスの覇権を取るわ。比較表で理由を解説, \レビュー/SteelSeries「Rival 650」重量・重心調整機能を搭載のワイヤレスゲーミングマウス, 【 国内正規品 】ゲーミング マウス SteelSeries Rival 650 Wireless デュアルセンサー 重量・重心カスタマイズ機能 32ビットARM プロセッサー搭載 62456.