国見と野田と英雄だけは最初から木根をちゃんと評価してるのすこ 51 : 2020/05/05(火) 00:52:08.29 ID:WF6TRINeM あーH2読みたくなってきた 今漫喫行くの怖いしなあ 60 : 2020/05/05(火) 00:54:34.17 ID:kGW7+Zvrd >>51 ウェブリで読めば? 52 : 2020/05/05(火) 00:52:31.96 ID:zUq1Zfzy0 『H2』(エイチツー)は、あだち充による日本の少年漫画作品。週刊少年漫画雑誌『週刊少年サンデー』(小学館)に、1992年32号から1999年50号まで連載された。, 高校野球をテーマとした長編野球漫画。2人の野球少年であるヒーローと2人のヒロインの、野球にかける青春と恋を描く。, 単行本は小学館:少年サンデーコミックスより全34巻、同ワイド版より全17巻、小学館文庫より全20巻。2018年時点で、シリーズ累計発行部数は5500万部を超える[1]。同年には「サンデーうぇぶり」にて電子版が連載を開始[1]。, 映像では、1995年にアニメ版が[2]、2005年1月から3月まで実写ドラマ版が放送された。, タイトル『H2』とは、「ヒーローふたり、ヒロインふたり」を意味する(詳細は登場人物の項を参照)。, 本作はあだち充の長編漫画では最もほろ苦い最終回を迎えるとされる。あだちは野球を真面目に描くつもりで、比呂と春華とひかりと英雄の四角関係の組み合わせを決めずに連載を開始。最後の最後まで比呂とひかりがどちらにいくかはわからない展開が繰り広げられる。主人公である比呂の初恋が敗れるという結末については、他にも収拾の仕方はあったのだろうが流れに任せていたらこうなったとコメントする[3][4]。そのほろ苦さについて問いかけられた際、「普通だったら、幼なじみの比呂と雨宮ひかりがくっつくところを、読者的には古賀春華の人気が出ちゃったので、まぁ、許してくれるかなと(笑)」[3]と答えた。少年の思春期の出遅れとそれによる同級生の少女とのすれ違いは当初からあだちが本作のテーマとしていた要素であり、比呂とひかりの関係のターニングポイントとなる第213話「夢じゃないみたいだな」の会話において象徴的に表現されている[5][6]。, 結末は担当編集者とも相談して決定。通常版コミックの20巻近くまで連載が進んだ時点、比呂がまだ春華とひかりのどちらを選ぶか明確でないタイミングで配属された担当は、いち読者としては比呂がひかりへの純愛を貫くことを希望していた。しかし打ち合わせで、読者人気のある春華でなくひかりとくっつくと比呂が悪者に映ってしまうので、ひかりと英雄の幸せのために比呂が一歩退く方向で行けばまとまるのではないかという意見がどちらともなく出る。担当はその打ち合わせ以後『H2』のセリフが切れ味を増していくのを感じ、あだちが物語の結末をイメージできたのだろうと考えた。それが顕著となる第213話「夢じゃないみたいだな」の原稿を読み、担当は完成度の高さに震えたという[7]。, 春華のスチュワーデスの夢など、多くの要素を長期にわたって結実させたラストである[3]。甲子園の準決勝までは描いたが決勝は描かなかった点も、高校野球漫画としては特徴的である。比呂・英雄の直接対決と4人の恋の決着を描くことを重視していたため、決勝について描くつもりはなかったとのこと[8]。, あだちは読者を信用し、自作では言葉で全ては与えずに少しずつ匂わせて深読みしてもらう手法を取る。思いをあからさまに言葉にして野暮になることを避け、ちゃんと読者が受け取ってくれて伝わったと感じる時を喜びとする。その感覚は落語に教わったとし、“考えオチ”で考えてやっと意味がわかるのはすごく快感だと語る[9]。, 親友でありそしてライバルでもあるエース国見比呂とスラッガー橘英雄、比呂の幼なじみであり英雄のガールフレンドでもある雨宮ひかり、比呂が進学先の千川高校で出逢った古賀春華。名前の頭文字に「H」を持つ「2」人の野球少年であるヒーローと「2」人のヒロインを軸に話が展開する。, 比呂と英雄はチームメイトで捕手の野田敦と共に中学野球で地区大会二連覇を果たすが、その後医師から比呂は肘、野田は腰にそれぞれ爆弾を持っていると診断されてしまい、野球を断念。英雄がひかりとともに野球の名門・明和第一高校へ進学したのに対し、比呂と野田は野球部の無い千川高校に進み、それぞれサッカー、水泳に取り組むことにした。, 千川高校に野球部はなかったが、実は「野球愛好会」が細々と活動していた。比呂は、ひょんなことから行われることになったサッカー部と野球愛好会との野球の試合に参加するも、試合中のサッカー部員たちの野球を馬鹿にした態度を嫌い、その場でサッカー部を退部し野球愛好会へ入会する。また、たまたまこの試合を観ていた野田も一緒に入会。2人は1試合だけの参加のつもりだったが、故障の診断を行った医師が実は無免許だったのが発覚して逮捕されたことを知り、別の病院にて何の異常もないことを知ると正式に愛好会へ入会した。, そして、千川高校にて甲子園出場を果たすことを決意。「野球部」への昇格を目指すことになるが、校長が高校野球嫌いのために断られ続けていることを知る。比呂と野田は校長の息子にして名二塁手でもある柳守道の協力を得ながら、明和一との試合に勝つという校長の提示した無理難題に挑む。英雄に対抗意識を燃やす野球経験者の木根竜太郎も加わり、惜しくも試合には敗れるものの、この試合が校長の心を開くきっかけとなり野球部創設が認められる。, こうして出来上がった千川高校野球部は、マネージャー・古賀春華の兄の古賀富士夫を監督に迎えて本格稼働する。千川高校と明和第一高校はそれぞれ北東京、南東京に属しており[10]、比呂と英雄の直接対決は、両校が甲子園出場を果たさない限り実現しない。千川高校野球部は比呂と野田のバッテリーを中心にまずは甲子園出場を目標に奮闘。, 比呂たちは2年生に進級し、英雄の幼なじみである佐川周二ら新入生を加えた千川高校野球部は地区大会を勝ち進む。準決勝の相手の栄京学園高校は黒い噂が囁かれるだけでなく、監督の城山義明は古賀監督と、2年生エースの広田勝利は佐川と、それぞれ因縁を持つ相手でもあった。試合の直前に、1年生部員の島オサムと大竹文雄が、家庭の事情から広田のスパイとして潜入させられていたと発覚。だが部での交流を深めていた島と大竹は広田への反抗の覚悟を固めており、比呂も2人を受け入る。広田の肘の故障もあって千川は栄京を撃破。千川は決勝でも勝利し、比呂と英雄はともに甲子園出場を果たす。だが千川は明和一と対決する3回戦を前に、エース月形耕平と4番志水仁を擁する伊羽商業高校との2回戦において、比呂が足を負傷して敗退してしまう。海辺で落ち込む比呂は慰めるひかりに対し、隠していたが初恋はひかりであり、初恋では戦えなかったためせめて野球では英雄と戦いたかったと告白する。ひかりは比呂を抱き留めながらその気持ちに対して謝るが、2人の様子は比呂に想いを寄せる春華に目撃されていた。全国大会では明和一が優勝。この夏で英雄はもちろん比呂も注目選手となる。, 秋季東京都野球大会、準決勝にて千川は指導者を交代し体制を一新した栄京と対戦する。一塁手に転向しラフプレーを改めた広田と熱戦を繰り広げ、比呂は勝利を掴む。明和一はこれからの全国大会に向け、新エースである1年生石元豊をあえて起用し続けて敗退しており、千川は秋季大会で優勝。春の選抜高校野球大会出場を確実なものとする。練習を積み重ねる中で比呂と春華が急接近する一方、英雄とひかりは気持ちのすれ違いが続いていた。春の選抜で千川は優勝し、甲子園にて前年の夏の優勝チームとその年の春の優勝チームで最後の夏を戦うという英雄の希望がいよいよ現実味を帯びる。その後ほどなくしてひかりの母が急死。ひかりと息子同然に可愛がられていた比呂は激しく落ち込み、同じ痛みを共有できる絆を再確認する。2人は幼なじみと現在同じ学校で隣りにいる相手との関係を問い直すために悩み、ひかりをうまく慰められずにもどかしく思う英雄は、比呂への嫉妬とそれを感じてしまう自分に苦しむ。春華は3人の中学生からの因縁を傍から見ることしかできず悲しむが、比呂から今自分が高校で野球を頑張れているのは春華のおかげだと伝えられる。, そして最後の夏、千川は北東京大会で、明和一は南東京大会でそれぞれ優勝。甲子園でも準々決勝に進出し、突破すれば準決勝で明和一との対決となる組み合わせが決まる。準々決勝は比呂の温存のため木根が先発で登板。チーム一丸でのバックアップも手伝い完投を果たして勝利する。準決勝前夜となるその夜、比呂は英雄とひかりの重大な秘密を野田の失言から不意に知ってしまう。この対戦を最後まで見届けて、自分か比呂かをもう一度選ぶように英雄がひかりに持ちかけていたのだ。試合開始時に比呂は英雄へ自分はひかりが大好きだと宣戦布告。両者ともに絶対に負けられない勝負が始まる。9回裏二死、2対0での英雄との対峙において、比呂は葛藤の末に二度と投げられないようなストレートを投げ、三振を奪う。千川が勝利に沸き立つ中、比呂は勝利の嬉しさからではない涙をこぼす。ひかりが英雄の融通の利かないバカ正直さに惚れたことを、比呂は痛いほどに知っていた。英雄は1人海辺で悄然とするが、ひかりに見つけられ、比呂の真っ向勝負を疑ってしまい比呂にも自分にも負けたと吐露する。ひかりはそんな英雄のカギを閉めたような融通の利かなさを確認し、そのドアを開けた中にひかりの居場所があることを比呂の奪三振から教わったと英雄に伝える。比呂があえて試合前に挑発して悪役に回った理由と、終了時に涙した本当の意味を英雄は悟る。野球の勝敗にひかりとの恋愛関係を託し、負ければ身を引くつもりで自分か比呂かをもう一度選ばせようとした英雄は何もわかっていなかったのだ。ひかりは自分こそ選ぶ権利など最初からないのをわかっていなかったと語る。英雄は自分も比呂からだれよりもひかりのことが必要なのは自分だと教わったと応え、ひかりと抱き合う。一方、比呂は宿舎で仲間たちと準決勝の勝利を祝いながらも、内心の悲しみは野田に察されていた。翌日の決勝戦当日の朝、早くに起きてきた比呂は紙飛行機を作り、同じく起きていた春華と、大リーグへ向かう比呂とスチュワーデスとなる夢を叶えた春華がともに搭乗するという冗談を交わし合い、受け入れる。決意も新たに、千川高校野球部の仲間たちを全員乗せたバスは甲子園に向かう。抜けるような青空の中をあの紙飛行機が風を受けて真っ直ぐに飛んでいき、登場人物たちの未来を示唆する形で物語は幕を閉じる。, タイトル『H2』とは、「ヒーローふたり、ヒロインふたり」[5]を意味する。そのうちのヒーローふたり(比呂→ヒロ→HERO、英雄→「えいゆう」→HERO)に関しては、作中でも英雄が語っている。コミックス完全版表紙には「The Highschool Days of 2 Heroes and 2 Heroines,Hiro Kunimi, Hideo Tachibana, Hikari Amamiya, Haruka Koga.」と副題が付けられている。, 朝日放送(ABC)制作、テレビ朝日系列にて1995年6月1日から1996年3月21日まで毎週木曜19:00〜19:30に放映(以前に木曜7時枠向けに制作されたアニメ作品には『ハーイあっこです』と『クッキングパパ』があった)。, この番組終了を機に、1972年4月1日スタートの『海のトリトン』以来24年間続き[11]、土曜夜7時枠(途中ネットチェンジがあり、TBS系列からテレビ朝日系の同時間帯に移行)→木曜夜7時30分枠(2代)→水曜夕方6時50分枠→木曜夜7時枠と渡り歩き、アニメ作品を中心に構成してきた当時間帯の朝日放送制作枠は消滅、テレビ朝日に制作枠を返上しバラエティ枠となった。現在、『日本人の3割しか知らないこと くりぃむしちゅーのハナタカ!優越館』を放送中。この枠のメインスポンサーだった日本ガス協会は、引き続きテレビ朝日制作バラエティ枠(『必撮ビデオ! - みゆき - タッチ - スローステップ - ラフ - 虹色とうがらし - じんべえ - H2 - 冒険少年 - いつも美空 - KATSU! 最近、小学館のアプリ「サンデーうぇぶり」の広告がよく表示される。 いくつかのマンガの広告が出るが、「h2」の頻度が私のスマホでは最も高い。 残念ながらすでに私はh2を全巻持っているので、この広告が出てもアプリをダウンロードしようという気は起きない(笑)。 『h2』(エイチツー)は、あだち充による日本の少年漫画作品。 週刊少年漫画雑誌『 週刊少年サンデー 』( 小学館 )に、 1992年 32号から 1999年 50号まで連載された。 『週刊少年サンデー』で長期連載された、あだち充の人気野球漫画をアニメ化。中学野球のエースピッチャーだった国見比呂は、右ヒジの故障を宣告され、あえて野球部のない千川高校に入学する。だが、故障が実は誤診だったことがわかると、親友であり最大のライバルである橘英雄と決着をつけるため、甲子園を目指すことに。2人の“ヒーロー”の対決に、ヒロイン2人の想いが交錯する、『タッチ』のあだち充らしい青春スポーツ・ラブストーリー。, ピッチャーを断念した国見比呂、バッターとして期待される橘英雄の高校生活が始まった。, 投げ続けると三ヶ月で肘が壊れると宣告されていた比呂。一日限りのつもりで入会したが・・・, 春華は比呂に野球愛好会のコーチを頼んだが、比呂はわがままな自分より敦の方を推薦する。, 野球愛好会を野球部へ昇格させようと努力する比呂。野球嫌いの校長が出してきた条件は・・・, 英雄の明和第一と対決することになった野球愛好会。勝てば野球部に昇格、負ければ解散。, 明和第一との試合に向け、真夏の練習に励む野球愛好会。プールに誘うひかりだったが・・・, 比呂と敦は、明和第一野球部の練習に潜入し敵情を探った。戦力に木根を加えなければ・・・, 野球部へ昇格か、解散か。運命の試合当日がやってきた。しかし、現れたのは二軍だった。, 最後のバッターは敦。しかし誤審によりアウト。試合終了・・・、だが校長はわかっていた。, 怪我を心配する春華は、比呂を病院へ強引に連れて行く。帰り道、二人は海に立ち寄った。, 比呂とひかりは、思わぬアクシデントの連続で、終電に乗り遅れ、二人で一泊することに・・・, 夏休みが終わり、部活動本格化。野球部監督として就任したのは春華の兄・富士夫だった。, 英雄の幼友達という怪しげな男が出現。比呂とひかりが一泊したことが英雄に知れて・・・, 比呂は、ひかりと周二のデートを見張ろうとしていた。しかし二人を見失ってしまい・・・, 千川高校文化祭で野球部は栄京高校と試合することに。試合は栄京が申し入れたものだった。, 腕の傷も癒えかけた英雄だったが、恋人ひかりとの仲はぎこちない感じ。比呂は心配して・・・. - おいら放課後若大将 - 陽あたり良好! - クロスゲーム - アイドルA - QあんどA - -浅丘高校野球部日誌- オーバーフェンス - MIX, 初の電子化! シリーズ累計5,500万部超のあだち充の野球漫画「H2」の連載が「サンデーうぇぶり」限定でスタート!, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=H2_(漫画)&oldid=79721178. あだち充の人気漫画「h2」のラストは多義的であるため、様々な解釈がなされている。本記事では私なりの解釈を述べたいと思う。①前提-主要4人の関係、特に比呂-ひかりの関係この4人は四角関係にある。作中、比呂-春華、英雄-ひかりが恋人関係にあると読み取れる。 あだち充のラブコメこそが至高。それこそ小学生の頃から大好きな作家なのだけども、歳を重ねるごとにその想いが強まっている。まさにキングオブラブコメディである。あだち充への考察と言いますと、『epoch tv』というシットコムにおける設楽統の台詞に尽きます。 なお、MBS等テレビ朝日系列外での再放送時では、スタッフロールや制作局表記時に「ABC」の表記を削除した素材が使われている。, 次回予告では、最後にひかりが「いい汗、流してますか?」と視聴者に問いかけるのが定番だった。, レインボーマン - リトル・ボーイ - おらあガン太だ - ヒラヒラくん青春仁義 - 牙戦(きばせん) - ヒラヒラくん青春音頭 - 甲子園魂 - がむしゃら - 初恋甲子園 - 泣き虫甲子園 - ヒラヒラくん青春太鼓 - おひけェなすって!野球仁義 - ナイン - 夕陽よ昇れ!! 木根はサッカー部どうなったんやろうな 14 : 2020/03/17(火) 20:52:26.27 ID:DElOEEUZ0 広田といい野田といい簡単にプロ諦めすぎやろ あだち充の人気漫画「H2」のラストは多義的であるため、様々な解釈がなされている。本記事では私なりの解釈を述べたいと思う。 ①前提-主要4人の関係、特に比呂-ひかりの関係 この4人は四角関係にある。作中、比呂-春華、英雄-ひかりが恋人関係にあると読み取れる。では比呂-ひかりの関係はどうか。比呂はひかりに対して強い好意を抱いていることが作中で判明するが、ひかりは比呂をどう思っているのか明確に描かれていない。 この点、最終的にひかりは比呂を「単なる幼馴染」「家族」のように思っていたとする見解がある。しかし、作中のひかりの比呂に対する感情は「単なる幼馴染」「家族」のような感情だけでは不自然である。 思うに、ひかりは比呂に好意を抱いていると考えるのが自然である。彼女が比呂に対して好意を抱いていると推知できる出来事は作中にたくさんあるからだ。例えば甲子園初出場を決めた夜にひかりの部屋で寝ている比呂をひかりが抱きしめるシーンや春華と比呂のキスを目撃し、一度借りてつまらなかったレンタルビデオを再び借りるという混乱した行動をひかりが見せたのは彼女が比呂に好意を抱いていることが原因と考えた方が自然である。 つまり、H2でひかりは比呂と英雄の両方に愛情を持っている。だから、心が二人の間で揺れるのである。比呂-ひかりは交際してないが、互いに相手に対して恋心を抱いていると考える。 そして、ひかりが本当に好きなのは融通の利かない真直ぐな人柄の英雄の方であり、彼女自身比呂-英雄の最終対決が終わるまでその事に気がついていない。この気持ちは最終回までひかりの潜在意識なのだ。 比呂の方もひかり、春華と両者に好意を抱いているが、ラストまでの話を見る限り、比呂が本当に好きなのはひかりの方だ。 ②最終対決でのど真ん中ストレートの意味 最後の打席で、「100%ストレートしかない」と勝手に信じ切る英雄に対して、比呂はスライダーを投げる意思でど真ん中のストレートを投げ英雄を三振にとる。 最終戦は形式的には野球の勝負だが、実質的には比呂と英雄の間でひかりを争う恋愛対決になっている。野球勝負の勝利者がひかりを手に入れると考えているのだ。だから、比呂は野球を楽しんでいない。また、比呂がどうしても勝ちたがっているのは、真に大切なのがひかりだからだ。だから、英雄からひかりを奪おうとする比呂が悪役に見えるのである。 私は最後のど真ん中ストレートの意味を理解する上で重要なことは、比呂が述べた 「勝手に信じ切った目だな……100%ストレートしかないってか。―それだよ英雄。忘れるな。その融通の利かねえバカ正直さに雨宮ひかりはホレたんだ。」 というセリフであると思う。比呂は100%ストレートしかないと英雄が予測しているのを知っているにも関わらず、ど真ん中のストレートを投げている。ど真ん中のストレートだけでも十分バカ正直だが、相手がストレートを投げると予測しているのにあえてど真ん中に投げるのは非常にバカ正直である。 彼はスライダーを投げるつもりだったが、なぜど真ん中のストレートを投げたのだろう。「野球勝負に勝つこと=ひかりを手にする」なら、スライダーを投げた方がよいだろう。勝負は実質的に恋愛対決であり、相手がストレートを予測しているなら、違った球種を投げるのが勝利の選択だからだ。比呂は野球勝負に勝ち恋愛に勝利するためにスライダー投球を選択したのだ。 しかし、あえてど真ん中のストレートを無意識に投げたのは、ひかりが英雄の融通の利かないバカ正直さに好意を抱いているからである。比呂は野球勝負などでは恋愛に決着がつかないことを潜在意識として持っていたのだろう。 比呂が最後に投げた非常にバカ正直など真ん中ストレートは彼のひかりに対する強い愛情の表現であり、ひかりの英雄に対する強い愛情への最後の抵抗であると思う。最後の投球で比呂は英雄と同じバカ正直きな事をしたのだ。比呂にど真ん中のストレートを投げさせたのは彼のひかりに対する愛情である。 また、比呂は勝負の結果に関わらずひかりは最初から英雄を選んでいるということも意識していた。バカ正直な投球は「英雄のバカ正直さにひかりが好意を抱いており、最初からひかりは英雄を選んでいる」ことを英雄とひかりに悟らせる意味もあったと思う。 比呂は恋に敗れるのを潜在的に意識しながら、自らの恋のため戦い抵抗し続けたのだ。比呂にとって非常に辛い戦いである。 ③比呂の涙とひかりの涙の意味 試合終了後、比呂とひかりは涙を流す。両者の涙の意味を理解する上で重要なのは比呂が述べた 「その涙が決して勝利の涙ではないことをおれは知っていた。―そして たぶん、もう一人……」 という言葉だと思う。比呂が涙を流したのはひかりへの恋が終りを迎えたことを哀しんだからだ。上記の言葉は文脈から考えて良い意味でないのは明らかだし、比呂が自分の恋の終りを哀しむこと以外に適格な解釈が見当たらない。 問題はひかりの涙の方だが、「そして、たぶん、もう一人・・・」という文言から考えると、ひかりの涙も比呂の涙と同質のものだと考えられる。「そしてもう一人・・・」という文言を用いる場合、通常は前の文章と同じ内容・性質で後の文章が続くからだ。(例えば、「彼は部屋に隠れていた。"そしてもう一人"隠れていた奴がいる。」のように用いることが多い。) つまり、ひかりの涙も比呂同様一種の失恋の涙なのである。ひかりが涙を流したのは彼女にとって大切な比呂への想いが終りを迎えたことを哀しんだからである。ひかりは最後の対決を見て初めて、本当に好きなのは英雄であり、それは彼の真直ぐな人柄故だということに気づかされるのである。それは同時に比呂への愛情が終りを迎えたことも意味する。彼女は二人の男性に愛情を抱いているが、一方への強い愛情をはっきり認識することは他方への愛情を終わらせることでもある。ひかりは英雄への気持ちが強まる一方で比呂への大切な想いと訣別しているのである。 本当に好きなのは英雄と自覚することで、比呂への気持ちが「単なる幼馴染」「家族」にすぎないと自覚したとする見解もあるが、それは不自然である。ひかりの比呂に対する気持ちはもっと大切なものと考えるのが自然であり、その想いとの訣別を哀しんでいると考えた方が適切だ。 また、作中には「(比呂、英雄のうち)どちらが勝っても辛いだけ。どうしても負けた方の気持ちを先に考えてしまう。」というひかりの母の言葉がある。比呂-英雄の対決で辛い思いをしているのは失恋した比呂の方であり、英雄への気持ちがより強くなったということより、比呂に対する哀しい気持ちを感じずにはいられなかったのだろう。 極言すれば、比呂とひかりは別れた直後の恋人どうしなのだ。お互いの恋が終り、大切な想いと訣別したことを哀しんでいるため、二人は涙を流したと思う。 ④英雄、ひかりの最後の会話の解釈 英雄「あの瞬間、スライダーが頭をよぎった。完璧に負けた、比呂にもオレ自身にも。」(1) ひかり「いつも鍵閉めてるものね。ヒデちゃんのその部分に私の居場所があるんだって。だからなるべくドアは開けておくように。」(1)' (1)(1)'の解釈 「100%ストレートしかない」と思っていた英雄の頭にスライダーがよぎったのは、ひかりを比呂に奪われたくないという気持ちがあるからだろう。英雄にとっては、最後まで「野球勝負に勝つ=ひかりをうばわれない」ということだったのだろう。「野球勝負に勝つ=ひかりを手に入れる」という構図では、比呂がスライダーを投げることは英雄が野球勝負に負け、ひかりも奪われることを意味する。英雄のひかりに対する愛情がスライダーを頭によぎらせたのだろう。その愛情こそ、英雄の心の中の「ひかりの居場所」である。その愛情は弱さを持っており、彼は普段その部分を人に見せようとしない。そして唯一その部分を支えられるひかりに、できる限りその部分を助けてほしいと英雄が思っているということ。英雄にとってひかりが欠くことのできない存在であることを意味する。 ひかり「比呂はヒデちゃんを三振にとっただけよ。」(2) 英雄「おれは何もわかっていなかったのか。」(3) ひかり「わかっていなかったのは私の方。最初から選ぶ権利なんてなかったのよ。」(4) (2)の意味 野球勝負の結果と恋愛の結論は無関係であるため、比呂が英雄を三振にとったことはひかりが英雄を好きであることに何ら影響しないということ。 (3)の意味 真実は比呂に教えられた「ひかりは英雄のバカ正直な人柄に好意を持っており、野球勝負の結果に関係なく最初からひかりは英雄を選んでいる」ということなのに、それに気がついていなかったということ。 ※そのため英雄はひかりに改めて恋人選択の権利を与えたり野球勝負に勝たないとひかりを奪われると思い込むなど不合理な行為をとってしまっていた。 (4)の意味 比呂がバカ正直な投球を通じて伝えた「本当に好きなのは融通の利かない真直ぐな人柄の英雄である」という気持ちに今まで気がつかず、最後の対決が終わって初めてその潜在意識に気がついたということ。そして、潜在的に最初から英雄を恋人として選択していたため、英雄が改めて与えた恋人選択の権利を行使する余地がなかったということ。 英雄「おれも比呂との勝負で教えてもらったことがある。誰よりも雨宮ひかりが必要なのはこのおれだ。」(5) (抱き合う英雄とひかり) (5)の意味 比呂との勝負を通して、ひかりのことが大好きであり、自分にとってひかりが欠くことのできない存在であるという気持ちを強く感じたということ。 ⑤ラスト全体の主題 潜在的な心の核心の発見・認識による比呂とひかりの失恋や英雄の恋愛感情を通して、恋愛感情の奥深さや大切な気持ちを失うせつなさや哀しさを表現するとともに、恋愛や失恋を通した青少年の人間的成長を描いたのだと思う。この描かれた内容が主題であると考える。 以上が私の解釈である。最初に述べたがラストは多義的なので色々な解釈があるのが自然だろう。正解が唯一ということではない。おそらく作者も多義的な解釈を狙って作品を作っていると思う。 この作品に限らず、多義的でいくつも解釈ができる作品は多い。解釈論争や作者の意思教示を通して確立した解釈ができるのかもしれないが、それと異なった解釈を読者がしたからといって不正解というわけではない。 ドラマでは主人公比呂の相手役が古賀春華なためか、最重要のヒロインが春華になっているが、クライマックスの展開やそれに至るまでの内容を読む限り雨宮ひかりの方が最重要のヒロインだと思う。クライマックスである最終対決では、春華はあまり重要でないし、作品全体を通しても、比呂-ひかりの恋愛を描いた分量は比呂-春華の恋愛を描いた分量と同じかそれ以上である。 私はラストや主要4人の恋愛の結末に興味が集中していたが、この作品は面白く感動する内容だと思う。, 白楽ロックビルお茶の水女子大学名誉教授による研究不正事件一覧。最も充実したデータベース。, 歴代のNHK全国音楽コンクールの課題曲が視聴できます。演奏は当時の全国大会優勝校等です。, http://blog.goo.ne.jp/takkujaibu/e/1fbbeae08ee179dc711507414acbc1de. h2 (アニメ)の動画を無料で見るならabemaビデオ!今期アニメ(最新作)の見逃し配信から懐かしの名作まで充実なラインナップ!ここでしか見られないオリジナル声優番組も今すぐ楽しめる!