なんでもいいけど「client_secret.json」って名前で保存しておきましょう。, 先で取得した秘密鍵を元に、APIを使うためのトークンと、トークンを再発行するためのリフレッシュトークンを取得する認証作業を行う。, 1. やっとコーディング Why not register and get more from Qiita? For details, see the Google Developers Site Policies. Gmail API Client Library for Java ; https://developers.google.com/api-client-library/java/apis/gmail/v1, MAVENとGRADLEを使っている人はリンク先の指示にしたがってライブラリをインストールできる。 1. By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole, By "stocking" the articles you like, you can search right away.

「プロジェクトを作成」をクリック, 以下のURLからGoogleのAPIライブラリにアクセスしてGmail APIを有効化する。 4.1 クライアントアプリの実行; 4.2 リソースオーナへの認証リクエスト; 4.3 アクセストークンによるリソースへのア … 実行すると以下のように、フォルダ内になんかファイルができているはずです。, messagesのlistとかいうAPIつかいます。messagesはメールを取得、送信、操作したりする系のAPIで、listは文字通り受信したメールの一覧を取得します。ただの一覧なので、メッセージIDとスレッドIDしか取得できず、本文とかは見れません。本文とか詳細なデータを取得するためにはmessagesのgetを使いましょう。 // ヘッダーの中でNameがSubject(件名)でValueが「テストメール」のメッセージのメッセージIDを取得, "by 10.179.15.206 with HTTP; Mon, 14 May 2018 03:33:51 -0700 (PDT)", "", "PGRpdiBkaXI9Imx0ciI-5pys5paH44G744Gr44KD44KJ44KJPGJyPjwvZGl2Pg0K", "ANGjdJ_kQ0lQ3VjL86PDW2-qlN7bEQf-PLcRtzgFKvkg49Mi7KGwxlS8G2sn0LcOqdjM3D9CkVyVhmu1xbdDrxJC-GaaU7cBTUr4KUbwtENCONY9p0WW0stx8QuCEF5fnC2ZkKBFjOTxLqH3QJn88RGz-1IaE8l2wdexLgCP7MhYRNVx5Q0UCuvykLJO2WU3_uyJZWyZoVz5SxJz7_kXtLLv7X58p24HE3UU3Bxi3WIp5wpznsg1Z5GOmkYNTe29f7ag52B7L0p5SS_hIeGd73WqkgkH_Hma7Qmn0fPgd6wu_HUT8sqITt96CTfrl0M", // ファイル名がnullまたは""でない場合は添付ファイルなのでダウンロードを行う, com.google.api.client.auth.oauth2.Credential, com.google.api.client.extensions.java6.auth.oauth2.AuthorizationCodeInstalledApp, com.google.api.client.extensions.jetty.auth.oauth2.LocalServerReceiver, com.google.api.client.googleapis.auth.oauth2.GoogleAuthorizationCodeFlow, com.google.api.client.googleapis.auth.oauth2.GoogleClientSecrets, com.google.api.client.googleapis.javanet.GoogleNetHttpTransport, com.google.api.client.http.javanet.NetHttpTransport, com.google.api.client.json.jackson2.JacksonFactory, com.google.api.client.repackaged.org.apache.commons.codec.binary.Base64, com.google.api.client.util.store.FileDataStoreFactory, com.google.api.services.gmail.GmailScopes, com.google.api.services.gmail.model.ListMessagesResponse, com.google.api.services.gmail.model.Message, com.google.api.services.gmail.model.MessagePart, com.google.api.services.gmail.model.MessagePartBody, com.google.api.services.gmail.model.MessagePartHeader, // ヘッダーの中でNameがSubject(件名)でValueが「テストメール」のメッセージのメールIDを取得, Arm IPのほとんどを自由にダウンロードして試せる!?Arm Flexible Accessとは, Gmail API Client Library for Java ; https://developers.google.com/api-client-library/java/apis/gmail/v1, リソースの管理 ; https://console.developers.google.com/cloud-resource-manager, API ライブラリ ; https://console.developers.google.com/apis/library, 認証情報 ; https://console.developers.google.com/apis/credentials, Users.messages : get; https://developers.google.com/gmail/api/v1/reference/users/messages/get, Gmail APIは認証でOAuth 2.0をつかうので、Googleアカウント上でOAuth 2.0 クライアントを用意する。, new GoogleAuthorizationCodeFlow.Builderの引数, you can read useful information later efficiently. リソースの管理 ; https://console.developers.google.com/cloud-resource-manager