ESXi 6.5 のライセンスを持っている場合は、6.7 までサポートされるので、システムの安定稼働や CentOS 8 への対応も含めアップデートしておくことをおすすめします。    VIBs Skipped: VMW_bootbank_ata-libata-92_3.00.9.2-16vmw.650.0.0.4564106, VMW_bootbank_ata-pata-amd_0.3.10-3vmw.650.0.0.4564106, VMW_bootbank_ata-pata-atiixp_0.4.6-4vmw.650.0.0.4564106, VMW_bootbank_ata-pata-cmd64x_0.2.5-3vmw.650.0.0.4564106, VMW_bootbank_ata-pata-hpt3x2n_0.3.4-3vmw.650.0.0.4564106, VMW_bootbank_ata-pata-pdc2027x_1.0-3vmw.650.0.0.4564106, VMW_bootbank_ata-pata-serverworks_0.4.3-3vmw.650.0.0.4564106, VMW_bootbank_ata-pata-sil680_0.4.8-3vmw.650.0.0.4564106, VMW_bootbank_ata-pata-via_0.3.3-2vmw.650.0.0.4564106, VMW_bootbank_block-cciss_3.6.14-10vmw.650.0.0.4564106, VMW_bootbank_char-random_1.0-3vmw.650.0.0.4564106, VMW_bootbank_ehci-ehci-hcd_1.0-4vmw.650.0.14.5146846, VMW_bootbank_elxnet_11.1.91.0-1vmw.650.0.0.4564106, VMW_bootbank_hid-hid_1.0-3vmw.650.0.0.4564106, VMW_bootbank_i40en_1.1.0-1vmw.650.0.0.4564106, VMW_bootbank_igbn_0.1.0.0-12vmw.650.0.0.4564106, VMW_bootbank_ima-qla4xxx_2.02.18-1vmw.650.0.0.4564106, VMW_bootbank_ipmi-ipmi-devintf_39.1-4vmw.650.0.0.4564106, VMW_bootbank_ipmi-ipmi-msghandler_39.1-4vmw.650.0.0.4564106, VMW_bootbank_ipmi-ipmi-si-drv_39.1-4vmw.650.0.0.4564106, VMW_bootbank_ixgben_1.0.0.0-9vmw.650.0.14.5146846, VMW_bootbank_lpfc_11.1.0.6-1vmw.650.0.0.4564106, VMW_bootbank_lsi-mr3_6.910.18.00-1vmw.650.0.0.4564106, VMW_bootbank_lsi-msgpt2_20.00.01.00-3vmw.650.0.0.4564106, VMW_bootbank_lsi-msgpt3_12.00.02.00-11vmw.650.0.0.4564106, VMW_bootbank_misc-cnic-register_1.78.75.v60.7-1vmw.650.0.0.4564106, VMW_bootbank_misc-drivers_6.5.0-0.14.5146846, VMW_bootbank_mtip32xx-native_3.9.5-1vmw.650.0.0.4564106, VMW_bootbank_ne1000_0.8.0-11vmw.650.0.14.5146846, VMW_bootbank_nenic_1.0.0.2-1vmw.650.0.0.4564106, VMW_bootbank_net-bnx2_2.2.4f.v60.10-2vmw.650.0.0.4564106, VMW_bootbank_net-bnx2x_1.78.80.v60.12-1vmw.650.0.0.4564106, VMW_bootbank_net-cdc-ether_1.0-3vmw.650.0.0.4564106, VMW_bootbank_net-cnic_1.78.76.v60.13-2vmw.650.0.0.4564106, VMW_bootbank_net-e1000_8.0.3.1-5vmw.650.0.0.4564106, VMW_bootbank_net-e1000e_3.2.2.1-2vmw.650.0.0.4564106, VMW_bootbank_net-enic_2.1.2.38-2vmw.650.0.0.4564106, VMW_bootbank_net-fcoe_1.0.29.9.3-7vmw.650.0.0.4564106, VMW_bootbank_net-forcedeth_0.61-2vmw.650.0.0.4564106, VMW_bootbank_net-igb_5.0.5.1.1-5vmw.650.0.0.4564106, VMW_bootbank_net-ixgbe_3.7.13.7.14iov-20vmw.650.0.0.4564106, VMW_bootbank_net-libfcoe-92_1.0.24.9.4-8vmw.650.0.0.4564106, VMW_bootbank_net-mlx4-core_1.9.7.0-1vmw.650.0.0.4564106, VMW_bootbank_net-mlx4-en_1.9.7.0-1vmw.650.0.0.4564106, VMW_bootbank_net-nx-nic_5.0.621-5vmw.650.0.0.4564106, VMW_bootbank_net-tg3_3.131d.v60.4-2vmw.650.0.0.4564106, VMW_bootbank_net-usbnet_1.0-3vmw.650.0.0.4564106, VMW_bootbank_net-vmxnet3_1.1.3.0-3vmw.650.0.0.4564106, VMW_bootbank_nhpsa_2.0.6-3vmw.650.0.0.4564106, VMW_bootbank_nmlx4-core_3.16.0.0-1vmw.650.0.0.4564106, VMW_bootbank_nmlx4-en_3.16.0.0-1vmw.650.0.0.4564106, VMW_bootbank_nmlx4-rdma_3.16.0.0-1vmw.650.0.0.4564106, VMW_bootbank_nmlx5-core_4.16.0.0-1vmw.650.0.0.4564106, VMW_bootbank_ntg3_4.1.0.0-1vmw.650.0.0.4564106, VMW_bootbank_nvme_1.2.0.32-2vmw.650.0.0.4564106, VMW_bootbank_nvmxnet3_2.0.0.22-1vmw.650.0.0.4564106, VMW_bootbank_ohci-usb-ohci_1.0-3vmw.650.0.0.4564106, VMW_bootbank_pvscsi_0.1-1vmw.650.0.0.4564106, VMW_bootbank_qedentv_2.0.3.29-1vmw.650.0.0.4564106, VMW_bootbank_qfle3_1.0.2.7-1vmw.650.0.0.4564106, VMW_bootbank_qflge_1.1.0.3-1vmw.650.0.0.4564106, VMW_bootbank_qlnativefc_2.1.30.0-11vmw.650.0.0.4564106, VMW_bootbank_sata-ahci_3.0-22vmw.650.0.0.4564106, VMW_bootbank_sata-ata-piix_2.12-10vmw.650.0.0.4564106, VMW_bootbank_sata-sata-nv_3.5-4vmw.650.0.0.4564106, VMW_bootbank_sata-sata-promise_2.12-3vmw.650.0.0.4564106, VMW_bootbank_sata-sata-sil24_1.1-1vmw.650.0.0.4564106, VMW_bootbank_sata-sata-sil_2.3-4vmw.650.0.0.4564106, VMW_bootbank_sata-sata-svw_2.3-3vmw.650.0.0.4564106, VMW_bootbank_scsi-aacraid_1.1.5.1-9vmw.650.0.0.4564106, VMW_bootbank_scsi-adp94xx_1.0.8.12-6vmw.650.0.0.4564106, VMW_bootbank_scsi-aic79xx_3.1-5vmw.650.0.0.4564106, VMW_bootbank_scsi-bnx2fc_1.78.78.v60.8-1vmw.650.0.0.4564106, VMW_bootbank_scsi-bnx2i_2.78.76.v60.8-1vmw.650.0.0.4564106, VMW_bootbank_scsi-fnic_1.5.0.45-3vmw.650.0.0.4564106, VMW_bootbank_scsi-hpsa_6.0.0.84-1vmw.650.0.0.4564106, VMW_bootbank_scsi-ips_7.12.05-4vmw.650.0.0.4564106, VMW_bootbank_scsi-iscsi-linux-92_1.0.0.2-3vmw.650.0.0.4564106, VMW_bootbank_scsi-libfc-92_1.0.40.9.3-5vmw.650.0.0.4564106, VMW_bootbank_scsi-megaraid-mbox_2.20.5.1-6vmw.650.0.0.4564106, VMW_bootbank_scsi-megaraid-sas_6.603.55.00-2vmw.650.0.0.4564106, VMW_bootbank_scsi-megaraid2_2.00.4-9vmw.650.0.0.4564106, VMW_bootbank_scsi-mpt2sas_19.00.00.00-1vmw.650.0.0.4564106, VMW_bootbank_scsi-mptsas_4.23.01.00-10vmw.650.0.0.4564106, VMW_bootbank_scsi-mptspi_4.23.01.00-10vmw.650.0.0.4564106, VMW_bootbank_scsi-qla4xxx_5.01.03.2-7vmw.650.0.0.4564106, VMW_bootbank_shim-iscsi-linux-9-2-1-0_6.5.0-0.0.4564106, VMW_bootbank_shim-iscsi-linux-9-2-2-0_6.5.0-0.0.4564106, VMW_bootbank_shim-libata-9-2-1-0_6.5.0-0.0.4564106, VMW_bootbank_shim-libata-9-2-2-0_6.5.0-0.0.4564106, VMW_bootbank_shim-libfc-9-2-1-0_6.5.0-0.0.4564106, VMW_bootbank_shim-libfc-9-2-2-0_6.5.0-0.0.4564106, VMW_bootbank_shim-libfcoe-9-2-1-0_6.5.0-0.0.4564106, VMW_bootbank_shim-libfcoe-9-2-2-0_6.5.0-0.0.4564106, VMW_bootbank_shim-vmklinux-9-2-1-0_6.5.0-0.0.4564106, VMW_bootbank_shim-vmklinux-9-2-2-0_6.5.0-0.0.4564106, VMW_bootbank_shim-vmklinux-9-2-3-0_6.5.0-0.0.4564106, VMW_bootbank_uhci-usb-uhci_1.0-3vmw.650.0.0.4564106, VMW_bootbank_usb-storage-usb-storage_1.0-3vmw.650.0.0.4564106, VMW_bootbank_usbcore-usb_1.0-3vmw.650.0.0.4564106, VMW_bootbank_vmkata_0.1-1vmw.650.0.0.4564106, VMW_bootbank_vmkplexer-vmkplexer_6.5.0-0.0.4564106, VMW_bootbank_vmkusb_0.1-1vmw.650.0.14.5146846, VMW_bootbank_vmw-ahci_1.0.0-34vmw.650.0.14.5146846, VMW_bootbank_xhci-xhci_1.0-3vmw.650.0.0.4564106, VMware_bootbank_cpu-microcode_6.5.0-0.0.4564106, VMware_bootbank_emulex-esx-elxnetcli_11.1.28.0-0.0.4564106, VMware_bootbank_esx-dvfilter-generic-fastpath_6.5.0-0.0.4564106, VMware_bootbank_esx-tboot_6.5.0-0.0.4564106, VMware_bootbank_esx-xserver_6.5.0-0.0.4564106, VMware_bootbank_lsu-hp-hpsa-plugin_2.0.0-3vmw.650.0.0.4564106, VMware_bootbank_lsu-lsi-lsi-mr3-plugin_1.0.0-7vmw.650.0.0.4564106, VMware_bootbank_lsu-lsi-lsi-msgpt3-plugin_1.0.0-6vmw.650.0.0.4564106, VMware_bootbank_lsu-lsi-megaraid-sas-plugin_1.0.0-7vmw.650.0.0.4564106, VMware_bootbank_lsu-lsi-mpt2sas-plugin_2.0.0-5vmw.650.0.0.4564106, VMware_bootbank_native-misc-drivers_6.5.0-0.0.4564106, VMware_bootbank_rste_2.0.2.0088-4vmw.650.0.0.4564106, VMware_bootbank_vmware-esx-esxcli-nvme-plugin_1.2.0.10-0.0.4564106, VMware_locker_tools-light_6.5.0-0.0.4564106, パッチ適用作業が完了したので「メンテナンスモード」を終了して「通常」の状態に戻します。, 以上、パッチ適用手順でしたが、今回は「MyVMware」のサイトからパッチをダウンロードして、データストアにアップロードをする手順を実施しました。, [7.仮想マシンの「移動」もしくは「停止」]は、パワーオフにて操作してしまうと、強制停止と同義になってしまいますので、ゲストOSからのOSシャットダウンまたはOSにログインしての停止手順を実行する手順に修正したほうが良いかと。, また、ESXiのPatchは、該当バージョンにてリリースされているものを、全て適用しなくてはならない訳ではありません。

※ ESXi に SCP で直接アップロードしてもよいです。お好きな方で。, アップデート対象の ESXi で稼働するすべての仮想マシンを停止します。 ※メンテナンスモードにしていると仮想マシンが起動しません。, 今回は ESXi 6.7 へのアップデートと最新パッチの適用とを分けて実施しましたが、手順が同じなので最新パッチのみで 6.7 へのアップデートと最新化が同時にできたりするのでは?と思った部分もありました。    VIBs Removed: VMware_bootbank_esx-base_6.5.0-0.15.5224529, VMware_bootbank_esx-ui_1.15.0-5069532, VMware_bootbank_vsan_6.5.0-0.15.5224529, VMware_bootbank_vsanhealth_6.5.0-0.15.5224529 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); ここから VMware vSphere 6.5 ESXi へパッチを適用していきます。, ビルド番号とは、VMwareの一般発売やパッチの更新により変わるバージョンの「管理番号」です。, ビルド番号を確認することで、どの時点までのパッチが適用されているかを知ることができます。, MyVMwareのURL:https://my.vmware.com/jp/web/vmware, 「製品を選択」をクリックして「ESXi (Embedded and Installable)」を選択します。, 下図はすべてのパッチを適用したいので「すべての重要度」(つまりすべてのパッチ)を条件としています。, 適用するパッチをすべてダウンロードしたら、この後パッチを ESXi の「データストア」にアップロードします。, 管理画面より「ストレージ」-「データストア」-「データストアブラウザ」をクリックします。, 「データストアブラウザ」が表示されたらパッチをアップロードしたいデータストアを選択して「ディレクトリの作成」をクリックします。, 「新しいディレクトリ」画面が表示されたら「ディレクトリ名(下図では update)」を入力して「ディレクトリの作成」をクリックします。, これよりパッチを適用しますが、その前にホストを「メンテナンスモード」に切り替えるため、ホスト上で稼働している「仮想マシンを他のホストへ移動」もしくは「仮想マシンの停止」をします。, ※DRS(vSphere Distributed Resource Scheduler)が機能している環境の場合は、この事前準備は不要です。, 管理画面より仮想マシンを選択して右クリックをして「電源」-「パワーオフ」をクリックします。, 今回の環境ではホストに「仮想アプライアンス」を載せているので、「仮想アプライアンス」も停止します。, ESXi の管理画面より、ホストを選択して「アクション」-「メンテナンスモードへの切り替え」をクリックします。, 「メンテナンスモードの変更を確認します」画面が表示されたら「はい」をクリックします。, ログインしたら「cdコマンド」で、パッチを保存しているデータストアに移動してパッチが存在するか確認します。, の場合は「/vmfs/volumes/vmware-datastore/update」になります。, [root@test-esxi:] ls ← /vmfs/volumes/vmware-datastore/updateに移動してlsコマンドで確認します。, [root@test-esxi:] esxcli software vib update -d /vmfs/volumes/vmware-datastore/update/ESXi650-201703001.zip ← esxcli コマンドでアップデートします。 © Copyright 2020 MSeeeeN. 軽く調べた感じだとそのような情報は見当たりませんでしたので、もし何か知ってるよーって方がいらっしゃいましたらコメント残していただけると幸いです。    Message: The update completed successfully, but the system needs to be rebooted for the changes to be effective. Copyright 100%レンタルサーバーを使いこなすサイト All rights reserved.    Message: The update completed successfully, but the system needs to be rebooted for the changes to be effective. など、ESXiのメジャー or マイナーバージョンアップはいろんな所で見かけるけど、細かいパッチをあてる手順が埋もれていて見つかりづらかったのでメモ.