「投稿する」ボタンをクリック。その後、ご入力いただきましたメールアドレスに確認のメールが届きます。 先日、息子が彼女にプロポーズして、相手両親に挨拶に行きました。彼女は一人娘で、彼女の父親から、氏名だけでも彼女の姓を名乗ってもらえないかと言われたと息子より相談の連絡がありました。まだしっかりと話はしていないので、息子の考えや彼女の考えもわかりませんが、いずれこのような相談があるだろうと私自身前... 付き合って2ヶ月。彼女から家に呼ばれ泊まりに行きました4日泊まって、光熱費請求されました。やたらめってら使ってないんですが。。払うべきですか?, くら寿司のgotoイートのことで質問なのですが、大人2名、幼児2名で4000円も食べれないので、予約人数を3人にして3000円でも大丈夫なのでしょうか??, https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11225074521, https://www.asrock.com/MB/Intel/Z390%20Phantom%20Gaming%204/index.jp.asp#Memory. 無料のモバイル会員(アプリ利用会員)登録で初期不良交換期間を延長できます。, ※代引きの場合はホームページ上でご注文完了時、それ以外の決済をお選びいただいたお客様は ※一括配送をご希望で複数商品をご購入の場合は、ご注文すべてが揃い次第の出荷となります。 PCパーツ >   マザーボード >   LGA1151 (Intel)[第8世代], 価格:9,025 円(+税) 働く場所や時間に縛られることなく、自由で柔軟なワークスタイルをもっと快適にするアイテムをお届けします。, ASRock X299 Creator. 2. スマホグッズを中心に便利でユニークなデジタル雑貨を販売しています。, ものづくりを応援しています! ※配達時間帯のご指定や配達地域により、予定日の翌日にお届けとなる場合がございます。, すべてのパソコンは安心の国内生産です。熟練スタッフが生産し、組み立て後に徹底した検査や試験を実施、信頼性の高いパソコンを生産しています。, 国内で生産しているドスパラなら最短当日出荷、構成によってはカスタマイズしても最短翌日出荷が可能。ほしいスペックのパソコンが、欲しいときにすぐ手に入ります。. ちなみに、下記のような挿し方になると思います。

‚é, ISRT(Intel Smart Response Technology)‚ªÝ’è‚Å‚«‚Ü‚¹‚ñ, y‰Ž©ìzRyzen 7 3700X‚ÆRX 5700 XT‚É‚æ‚鎩ì, ƒTƒ‰ƒ_‚ª‚²‚¿‚»‚¤‚ɁI uŒƒƒEƒ}v‚Ƙb‘è‚̃hƒŒƒbƒVƒ“ƒO‚ðH‚̃vƒ‚ª”äŠr, PS5‚Ì”š‘¬ƒ[ƒh•”ü—íƒOƒ‰ƒtƒBƒbƒN‚ðŒ©‚æI PS4 Pro‚Æ”äŠrƒeƒXƒg, y“®‰æz‚ǂꂾ‚¯¬‚³‚¢H‚ǂꂾ‚¯‘å‚«‚¢H uiPhone 12 minivuiPhone 12 Pro Maxv. CREATOR (詳細) TRX40 Creator. 私はそれを聞いて最初は嬉しかったけど、だんだん不安になってきました。 20-10-30

※配達時間帯のご指定や配達地域により、予定日の翌日にお届けとなる場合がございます。, ドスパラでご購入頂きました商品については、様々な保証やサービスを受けることが出来ます。事前加入が必要なサービスもございますので、あらかじめご確認下さいませ。, 個人のお客様専用 ご注文窓口 質問内容は、回答がつくと掲載されます。, 1. 3. スペック:●ソケット形状:LGA1200●チップセット:Intel B460●対応メモリ:DDR4×4●メモリ最大:128GB●対応出力:D-Sub×1 / H…, 価格:7,467 円(+税) メール内にある「質問の投稿を申請する」ボタンをクリック。以上で質問完了です。 Z390 Phantom Gaming 4, オンボードのLANポートのほかに、M.2(Key-E)スロットで802.11acワイヤレス接続を選択することもできます。, Intel製LANによってパフォーマンスが向上。CPU使用率は低下し、安定性が向上します。, リアI/O上に搭載されたタイプAおよびタイプCのUSB 3.1ポートにより、次世代USBデバイスをサポートします。. 5 スペック:●ソケット形状:LGA 1150●チップセット:Intel B85●対応メモリ:DDR3×4●メモリ最大:32GB●フォームファクタ:MicroATX, 「24時間以内に出荷」と記載の商品は、16時までのご注文で当日出荷! メモリB1 メーカーA パーツ、周辺機器、上海問屋商品全て送料無料!, ※一部商品は陸路または船便となります。お届けまで1週間程度お時間を頂く場合がございます。 Z390 Phantom Gaming 4 (Z390 1151 ATX), ★★★★★ 評価者数:(8人) Copyright © CFD Sales INC. Allrights Reserved. 受付時間:平日 10:00~19:00

お使いのブラウザはJavaScriptの設定が無効になっているため、機能が限定されたり一部のサービスをご利用いただけない場合がございます。恐れ入りますが、ブラウザの設定からJavaScriptを有効にしてからご利用くださるよう、お願いいたします。, 最大32Gb/sの転送速度を実現する世界最速のPCIe Gen3 x4 Ultra M.2スロットを2基搭載、SATA3 6Gb/s M.2モジュールもサポートしています。, POOL(Planes On Outer Layers)テクノロジーにより、4層基板はマイクロストリップ・ルーティングの代わりにストリップライン・ルーティングを利用できるため、マザーボードの電気的特性と性能が向上します。, Type 22110 M.2 NVMe SSDは、より高い容量と速度に対応し、パフォーマンスのニーズを満たします。, サポート窓口案内メーカーやカテゴリごとの製品の保障・修理・交換、お問い合わせ窓口のご案内はこちら, 法人のお客様向け製品貸出や、サービス案内・ソリューション・導入事例のご紹介はこちら, Intel Z490搭載、コストパフォーマンスと耐久性を両立させた「Steel Legend」シリーズ, Intel Quad-Core プロセッサー J5040搭載 Mini-ITXマザーボード, Intel Quad-Core プロセッサー J4125搭載 Mini-ITXマザーボード, ASRock LGA 1200 Intel Z490 水冷ブロック搭載 EATX マザーボード, ASRock Intel J5040搭載 Mini-ITX マザーボードの取扱開始, ASRock Intel J4125搭載 Mini-ITX マザーボードの取扱開始, GIGABYTE NVIDIA GEFORCE RTX 3070 搭載 グラフィックボードの取扱開始, DJI 折りたたみ式 ドローン DJI MINI 2 FLY MORE COMBOの取扱開始, - 第9世代および第8世代のインテル®Core™プロセッサー(ソケット1151)をサポート, *インテル®UHDグラフィックスビルトインビジュアルとVGA出力は、GPUが統合されたプロセッサでのみサポートされます。, - コンテンツ保護付き7.1チャンネルHDオーディオ(Realtek ALC892オーディオコーデック), - 2 x PCI Express 3.0 x16スロット(シングル:x16(PCIE2)、デュアル:x16(PCIE2)/x4(PCIE4))*, - 6 x SATA3 6.0 Gb/sコネクタ、RAID(RAID 0、RAID 1、RAID 5、RAID 10、Intel Rapid Storage Technology 16)、NCQ、AHCIおよびホットプラグ対応*. 当日出荷について>>詳しくはこちら 『コスパはいいと思います。』 ASRock Z390 Phantom Gaming 4 野獣先生さんのレビュー評価・評判。価格.comに集まるこだわり派ユーザーが、安定性・互換性・拡張性など気になる項目別に徹底評価!実際のユーザーが書き込む生の声は何にも代えがたい情報源です。 またMikuMikuDance_v932x64と言うやつを入れてますがバージョンが対応してないのでしょうか。, CPUがCore i7-10700kとGPUが RTX 3070だと相性悪いのでしょうか. 満足度5.

PCパーツ >   マザーボード >   LGA1151 (Intel)[第9世代] 商品コード:455790-155123, 製品の評価を書いてみませんか?今なら抽選でドスパラポイント2,000ptプレゼント!, Core i5 9400Fと使用。とても安定しています。メモリー(G.Skill F4-3600C19D)もDDR-4 3600で問題ないです。PCIe x16に金属シールドが無いので、重たいグラボを積む場合は気をつけた方がいいかなと思います。, 特に問題なく、安定して稼働しています。10年ぶりのM/B交換でしたが、ケース・電源との親和性もよく、難なくアップグレードできました。, 可も不可も無く、普通に良い製品だと思います。m.2 SSD、メモリ、グラフィックボード等も特に問題無く認識しています。, 実際に購入したユーザーに質問ができます。 他に考えられる問題点はありますか?, アカウントを確認してくださいお使いのアカウントでXbox Game Bar は現在利用できません。エラーコード: Ox803F8001 土日祝 10:00~18:00

ads.yahoo.comからget-user-id.jsを開くかまたは保存しますか?このメッセージの意味が分かりません。 !)わけですから、電力周りに強化が入ったのは至って自然な対応です。, だからi9 9700Kや9900Kといった8コアCPUを、オーバークロックしてぶん回すつもりなら…。電力周りが刷新されているZ390マザーボードを選ぶ価値は大きい。, 定格運用の場合、おそらくAVXで負荷を掛けても消費電力は200W前後※に落ち着く。よって、従来のマザーボードでもフェーズが多めに用意されているなら、特に問題なく運用できるはずです。, ※インテルの言う「TDP」は全くアテにならない、今日このごろ。ゲーミング時なら割とあってるが、高負荷時は…もうアテになりませんね。, 各マザーボードベンダーから発表されている、Z390搭載マザーボードを分かりやすくまとめます。横断して確認するのが面倒な「スペック」を中心にまとめたので、Z390マザボ選びに役立つはずです。, Z390にて、ついにASRockのグラフィックボードブランド「Phantom Gaming」に合わせたマザーボードブランドが登場。廉価なGaming 4(= Pro4にあたる)から、ハイエンドのGaming 9まで。すべての層をカバーしたラインナップです。, 白と赤色を基調としたデザインが非常にかっこいい…。特徴は2.5 Gbpsの転送速度に対応したRealtek製の新型NICを搭載することでしょう。「1.0 Gbps以上は必要なのか?」と言われると微妙ですが、NASを使っている人には恩恵が大きい。, Z77チップセットから続く長寿ブランド「Extreme4」です。いつも通り、ブルーカラーを基調にしたデザインがクールで洗練されているが、Z370モデルと比較するとIOガードのデザインが簡素化してしまったのは個人的に微妙(その代わりにVRMヒートシンクは巨大化した様子)。, 8 + 4 pin電源に加え、CPU用に6フェーズの電圧レギュレーションが用意されている(ダブラーによって12フェーズ化し、メモリ用の2フェーズを足して合計14フェーズ)ので、i9 9900Kを問題なく使いこなせます。, LANは2.5 Gbps対応のNICではなく、1 Gbps対応のIntel製NICにすることでコストを抑えた。NASを使わないゲーマーなら、十分なスペックです。, ASRockの定番ミドルクラス向けマザーボード「Pro4」シリーズ。ATX / MicroATXともに130ドルと、いつも通りの安さを実現している。目新しいところは特にないので、i5 9600やi7 9700を定格で安く使いたい人向け…ですね。, 小型PC向けに用意されたZ390ボードです。Phantom Gaming ITX/acと比較すると、こちらはゲーマー向けではないモデルになる。CPU向けフェーズは4本しか無く、オーディオチップもALC887という廉価なモノに置き換わっている。, 一方で、内蔵グラフィックス用の映像出力が強化されていて、2つのHDMIと1つのDisplay Portを備えます。よってIntel UHDから最大3画面を表示可能。, ASRockの最上位ブランド「Taichi」(太極拳)。価格は240~300ドルと、ASRockのZ390ボードでは最も高価なモノです。その分、搭載されているコンポーネントは流石に贅沢ぞろい。, 電力周りはATX12Vに8 + 4 pinで最大432Wの給電能力を確保。VRMフェーズはCPUに6フェーズ(=12)、メモリーに2フェーズ(=2)の合計14フェーズ。それらをヒートパイプで接続された巨大なヒートシンクが覆い隠す。, SATAポートは8個ですが、6個がチップセットから、残りの2個はASMedia 1061コントローラで処理しているのも特徴。なお、普通のTaichiとUltimate版の違いは、10 Gbps NICの有無とWiFiの規格だけです。, Nuro 10G回線を引いている方や、10Gbps対応NASを使っているコアユーザーならUltimateを選ぶ価値があるが、そうでないなら普通のTaichiで特に困らないでしょう。, ASUS ROG Maximus XIはまだ情報が少ないですが、現状わかっている範囲でまとめた。OLEDパネルを活用したデザインがとにかく特徴的で、FORMULAのようにVRMヒートシンクにEKWB製のウォーターブロックを搭載するなど、水冷特化型があるのもASUSならでは。, 個人的には「GENE」が興味深い。MicroATX規格でありながら、10 + 2フェーズを備え、合計16pinのATX12Vを装備しているとは一体…?ATX規格ではないZ390マザーボードの中で、最もぶっ飛んでるボードなのは間違いない。, 日本で大人気のマザーボードブランド「ROG STRIX」。アジア圏のフォントを多用したIOガードのデザインが非常に独特。従来の英語だけのフォントが良かった…という意見もあるが、これはこれでアリだと思います。, STRIXシリーズとPRIMEシリーズの中間に位置するのが「TUF」シリーズ。従来品から、オーディオチップが「ALC887」から「Realtek S1200A」へ置き換えられるなど改善が図られている。なお、電力周りは現状不明です。, SLIが使えるのは上位のPro Gamingのみで、他のPlus GamingなどはPCIeレーンの分割を見る限りSLIに対応していません。, エントリーモデルです。VRMフェーズ周辺のチョークの数や小柄なヒートシンクから、Core i9 9900K / i7 9700K向けのマザーボードでは無い。Z390を安価に入手する選択肢ではあるが、チップセット自体はそれほど魅力ではないので…。, ワークステーション向けシリーズ「WS」。最大の特徴は4-way SLIを構築できること。CPUとチップセットのPCIeレーンから「8 / 8 / 8 / 8」と引くことで、4-way SLIを実現する仕組みになっている。, ただ、3~4枚とハイエンドなグラボを束ねるのであれば、CPU直結レーンが多いHEDT向けCPU(例:Skylake-Xは44本)を使った方が良いので…Z390 WSは何とも言えないところですね。, NICはIntel製が2個搭載されているが、どちらも1 Gbps仕様になっていて「WS」という名前を冠する割には…微妙な出来栄え。電力周りは合計16pinになっているなど、強化されています。, Gigabyte AORUSは分かりやすさを重視して、名称に変更が入った。従来のGaming 7がMasterで、Gaming 3はEliteに相当する具合に変更されています(と…いうことは、Gaming 9に相当する何かが後から登場する可能性がある)。, さて、AORUSは割とハイエンド向けモデルなので、最下位のProから最上位のMasterまで。すべてのAORUSシリーズで電力周りの強化が行われた。どのモデルも最低12pinのATX12Vを備え、12 + 1フェーズを装備している。, i9 9900K / i7 9700Kを運用する上で不足はない仕上がりです。ただし、M.2スロットは現時点の情報ではSATAをサポートしていないのが地味に痛いところ。, 後日、公式サイトにてスペックシートを確認したところ、M.2スロットはSATA / NVMe両方をサポートしていました。問題なく使い勝手が良さそうなマザボです。, 黒と赤を基調にしたデザインが特徴の「Gigabyte Gaming」シリーズ。AORUSよりやや安価なモデルで、オーディオチップやUSBポート数、M.2スロットの数やヒートシンクの有無にコストカットの影響が出ています。, ただ、電力周りは10 + 2フェーズ用意されており、ATX12Vは合計12pinです。i9 9900K / i7 9700Kを運用するに足るマザーボードに仕上がっています。, Ultra Durableは廉価シリーズですが、強化された電力周り(合計12pinのATX12V / 10 + 2フェーズ)を維持したままなのが特徴。代償として、LANチップやオーディオチップ。そしてUSB 3.1 Gen2ポートをすべて排除されています。, Mini-ITX規格の小型AORUSです。基本的な機能はだいたい網羅している他、HDMI 2.0に対応しているのが強み。ただし、価格を抑えるためVRMヒートシンクはほぼ省かれてしまっている。, MSIは「Meg X399 Creation」を発表して以降、MSI製マザーボードのブランド階層を「MEG」「MPG」「MAG」の3段階に分けた。MEGがエンスージアスト向け、MPGはコアゲーマー向け、MPGが一般~ゲーマー向けとのこと。, というわけで、エンスージアスト向けのZ390 MEGシリーズなわけですが…流石に強烈な仕様ですね。特にGODLIKEはえげつない。スペック的には、Z390搭載マザーボードの中で最高峰に位置づけられると思う。, 価格をそこそこ抑えつつ、WiFi対応や電力周りを強化したラインナップになっている。i9 9900Kを使うなら、12pin ATX12Vで8 + 2フェーズを備えるPro CarbonとEdgeあたりがオススメ。, 廉価モデルですが、デザインはなかなかメカニカルでかっこいい…なTomahawkシリーズ。, ぼくが初の自作Ryzenにて使ったマザーボードも、このTomahawkだったので妙に思い出深い(※今思えば、なぜ選んだのかよく分からないけれど…)。さて、Z390版の特徴は、値段の割には無駄にデュアルLANということ。, 160ドル前後でデュアルLANを実装しているのは「ASRock Z390M ITX」(150ドル)だけで、ATXボードだと現状Tomahawkだけですね。安価にNASと2 Gbps通信をしたいなら、アリかもしれない。, MSI MAGより更に下に位置づけられる、MSIの真の最下位モデル。ものすごく無難な構成でフツー…。その割に140ドルはちょっとコスパが悪い印象。予想ですが、OEM版がG-Tuneで多用されそうな気がします。, 価格的にはASRock Phantom Gaming 4と競合する。IOポート類でZ390A-PROは強みがあるが、Gaming 4はCPU向けフェーズが10本とZ390A-PROより4本も多いのが強い。USBポートは増設できることを考えると、やはりGaming 4の軍配が上がりますね。, デザインで有名なPCハードウェアブランド「NZXT」が、デザインに拘ったマザーボードを出している。もちろん、NZXTが作ったわけではなく、台湾のNo.4マザーボードベンダー「ECS」(Elitegroup Computer Systems)が製造したモノです。, 不明な点は多いですが、Z370版の作りが意外としっかりしていて、電力周りに力が入っていた。そこから推測すると、Z390版はおそらく「最低10 + 2フェーズ / 8 + 4pin ATX12V」になると思われます。, なお、このNZXT Z7は自社のハードウェアと対応させるためにファンヘッダ(4pin)を8個も実装していて、結果としてATXボードでありながらSATAポートが4個しか無いという有様。NZXTの大ファンなら手に取る価値は多少ある、とは思う。, SuperMicroといえばサーバー向けマザーボードを製造している有名メーカー。サーバーグレードの品質を持つゲーミング向けブランド「SuperO」を割と最近になって展開し始めている。, 現状は4モデル出ていて、その中でも最上位の「PGW」はPLXチップを搭載することでPCIeスイッチングを行える珍しいマザーボード。この機能のおかげで、4本あるPCIe x16スロットを…, 以上の2通りに分割できてしまう。SuperMicroの公式サイトにはマルチGPUの対応が明記されていないが、レーンの分割を見る限りでは(理屈上)4-way SLIに対応できる。, なお、画像を見ての通りSuperMicroのマザーボードは電力周りが非常にスッキリし過ぎているように見えるが、SuperMicroの技術力の高さゆえのこと。MOSFETをてんこ盛りにしなくても、安定供給を実現するらしい。, というわけで、ここまででZ390搭載マザーボードを「56品」もまとめました。予想以上に多くて正直驚きました。, Z390と第9世代に合わせて、ASRockが「Phantom Gaming」を投入したり、GigabyteがAORUSのリブランドを行ったり、いつも遅れて出てくるSuperMicroが今回は最初から出てきたり…と。驚くほど盛り上がってて本当に意外だった。, Twitterで教えてもらいました。盛り上がっている理由は、Z370が終息するからとのこと。だからZ370で存在したほぼすべてのシリーズを一新したわけですね。, おかげでまとめる筆者も大変でしたが…、次の自作でどのマザーボードを使うかはだいたい目星を付けることができたので良かった。ちなみに「ASRock Extreme4」や「ASRock Phantom Gaming 6」あたりを検討中。, 以上「チップセット「Z390」の詳細とZ390搭載マザーボードまとめ」でした。Z390マザーボード選びをしている自作erの参考になれば幸いです。, 第9世代Coffee Lakeで最上位モデルとしてやってくる「Core i9 9900K」について、検討する記事。要約すると、最速の8コアCPUがそれなりに手の届きやすい価格で入手できるのがメリットですね。, i7 8700Kでもボトルネックが発生してしまう、史上最速のゲーミングGPU「RTX 2080 Ti」のレビュー。i9 9900Kで、更にフルHDゲーミング性能が伸びるのかどうか…気になるところ。, 色んな、初めて知ったメーカーもあって面白かったです。 EVGAがないので力尽きてしまったんですね。 他の所でEVGAのZ390で変わったのを載せていたのでそのコメント見たかったかな… なんかメモリの位置がエアフロー意識してるのかな?CPUの向きも独特でした。, EVGAは日本で売ってないのでまとめてないです。確かEVGA DARKでしたっけ、なぜかソケット周りが横向きになっている面白いマザボ。, それです!暗黒が待っているとかなんだこの文句はw しかし日本で発売してないのですか・・・やかもちさんの自作見れないですね これだけでなく前に自作してたIntel Optane Memoryとか面白かったので変わったものを使った自作PCとか楽しみです, 早速2080tiのSLI検証したりTitanVを二枚買ったりしたあの人の事かーっ!!, AORUSマザーのM.2ですがスロット1、2がSATAもサポートしてるようです。 メーカーさんの公式ページに載ってました, 2Rankのメモリとか調べてたらマザボにあるバンク数とかいうので規制がかかるとかいうの出てきたけど、メモリバンク数って調べても出てこないしどこに記載してあるのだろう? ここら辺本当によくわからない。, NZXT N7 Z390のCPU電源は8ピン1つの様です。公式Twitterのリプライで確認しました。, こんにちは。いつも参考にしています。 Z390 Phantom Gaming 6 は Intel I211A ではなく、I219V ですよー。 検討してるやつ間違えたらダメw, ASRock Z390 Phantom Gaming について、Gaming 6のメモリOCはDDR4 4300+(OC) までですが、9のOC上限はDDR4 4266+(OC)となっていました。 微妙な差ですが、9の方が上位版であるのに何故OC上限が低いのでしょうか? また、実際6と9で性能差はどれ程開いているのでしょう? デュアルギガビットLANや高速無線機能が搭載されているくらいの差で、他の性能は同じという認識でいいですかね?, > デュアルギガビットLANや高速無線機能が搭載されているくらいの差で、他の性能は同じという認識でいいですかね?, ですね~。価格の違いはほとんど機能面によるものです。性能は6と9に大きな差は無いかと。メモリOCはTaichi Ultimateの方がやや強いです。, msiのz390m gaming edge acでi9-9900kを定格運用しています。定格ではVRMの発熱など、問題ないでしょうか?またOC耐性(全コア5ghzくらい)はどうでしょうか? 返信いただけたら幸いです。, Z390M Gaming Edge ACのフェーズ数は8(CPU用に6 + メモリ用に2)なので、5.0 GHzオーバークロックをするにはやや不足です。4.9 GHzが限度です。CPUの品質が当たりなら5.0 GHz行けるかもしれませんが、あまりオススメしません。, 昔にここに投稿した者です。 マザボを見渡してみると、z390m gaming edge acのフェーズってやっぱり合計9個に思えるのですが…(制御チップはまだ見ていません…) それとも上段の一番右のチョークは別物なのでしょうか?, また、OCが不安定になるというのは異常に電圧が必要+ベンチマークソフトが落ちやすいということです正しいでしょうか?, ところで、実際にマザボを見てみると9個チョークがあるんですよね… 残りの1個はアンコア向けか何かでしょうか? 今度マザボに乗ってるpwmチップやダブラーを見てみようと思います。 またz390i gaming edge acを4+2フェーズと紹介されていますが、チョークは10個あるようですがこちらも残りはなんのためのフェーズなのでしょうか?, Z390I Gaming Edge ACですよね? うーん、公式サイトの写真を見る限りでは、チョークコイルは7個あるように見えます。PWMコントローラはuPI Semiconductor製の「UPI9521」を採用しているので、スペック上は「4+3」で合計7フェーズに対応可能。CPU向けに4本、メモリ向けに2本、残りの1本はアンコア向けと推測できます。, 公式の画像を確認したところ、チョークはたしかに7個でしたね… ヒートシンクの陰でよくわからなかったようです、失礼しました。, 関西エリアに生息する、平成生まれのウサトラ混合種。今時珍しい「自作PCが趣味の20代」です。20台以上、自作PCを組んできた経験から、計測主義にもとづいたゲーミングPCや周辺機器の検証レビューにハマってます。(→プロフィール詳細), 50種以上あるZ390マザーボードから、筆者がおすすめできるボードを7個に絞り込んだので、手っ取り早く知りたい方は参考にどうぞ。, i9 9900KをOCするなら、Z390対応の新設計マザボに価値アリ…φ(..)メモメモ, ソルダリング仕様になったことで「5 GHz常用」も余裕。そういった事情を考慮すればZ390マザーボードに一定の必要性はあります。, コメントで教えていただきました。CPUの給電コネクタは合計12pinではなく、従来どおり, ASRockが作ったグラフィックボード「Phantom Gaming」を試してみる, B550I AORUS PRO AXをレビュー:B550のMini-ITXでコスパ最強だが, ASUS ROG STRIX B550-E GAMINGをレビュー:ゲーマー向けに最適化され尽くしたマザボ, ASRock B550 Steel Legendをレビュー:鋼伝説とTaichiのコラボ板.