○ ご覧いただけましたか, 「させていただく」は自分の行動に対して相手の許可を必要とする場合(休暇申請や使用許可)に使います。, もっとも使われやすく、丁寧な印象を持ちがちな「させていただく」ですが、間違いやすい敬語としても指摘されがちなので、なるべく「○○いたします」という言い回しに慣れておきましょう。, × 大丈夫です 日常的な会話の中で、「良かったです」という言葉をよく使いませんか。「良かったです」はとても便利な言葉で、さまざまな相手との日常的な会話の中で使うことができます。しかし、敬語として使うときには少し注意が必要です。 本記事では、「良かったです」という言葉の敬語としての使い方や、メールでの使い方、または「良かったです」という言葉以外で気を付けたいビジネス敬語の使い方についてを解説しています。ぜひ参考になさってください。 引用の内容から、「良かった」とは、「良い」という言葉の過去形であることが読み取れます。「良い」という言葉は、物事などの良し悪しや結果、品質や特徴などを表現する言葉ですが、「良かった」はそんな「良い」という言葉の過去形となっています。, 続いて、「良かったです」の「です」の意味について、考えていきます。「です」という言葉の意味について考えるのにあたり、今回は「goo辞書」に掲載されてる解説を引用し、参考にしていきます。 記載されている内容は2018年04月13日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。, また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。, 「よかったです」という言葉を正しく使えていますか。家族や友人に対して使うこと以外にも、仕事をする上で上司やお客様にも使用する場面があります。相手によってその表現方法は変わりますので、今回は「よかったです」の敬語表現について正しい使い方や例文をご紹介します。, 「よかったです」という言葉は「ある特定のことが上手くいってよかった」や「人の成功を見守った上でよかった」という表現になるため、「嬉しい」や「ありがとうございます」などの感謝を示す敬語表現になります。「よかった」という言葉と「です」という丁寧語による敬語表現が付くことから、不特定多数の人々に対して伝えられる敬語表現になりますが、この「よかった」という言葉もビジネス用語として使う際にはまた別の敬語表現をもって示す必要も出てきます。, 謙譲語というのは「相手と自分の立場や関係性を問わず、話者が自発的にその姿勢や立場を低めて敬意を示す敬語表現」を意味し、「よかったです」という言葉の敬語表現を伝える際にも、相手に対して姿勢を低めて伝えることが大切です。・誠に感謝申し上げます。・ご支援をいただきまして、誠にありがとうございます。・今後ともどうぞよろしくお願いいたします。・嬉しい限りです。・お陰さまで、非常に助かりました。このように、「よかったです」という気持ちを伝える言葉として相手に伝えられ、特にビジネス上のやり取りにおいては「よかったです」と言うよりもこのように別の敬語表現をもって伝えられることが多いです。, 丁寧語というのは先述で少し触れましたが、主に「です・ます調」で伝える敬語表現を指し、丁寧な口調によって当たり障りのない口調によって主張がなされるため、尊敬語や謙譲語と比べて、比較的単純な表現でかまいません。・嬉しかったです。・良かったです。・幸いでした。・ありがとうございます。・感謝申し上げます。・感謝いたします。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。・ご支援ありがとうございます。主に「よかったです」や「嬉しかったです」などの簡単な敬語表現でOKで、不特定多数の人々に伝える際の当たり障りのない敬語表現の形になります。, 「よかったです」という言葉は、相手に対して「嬉しい」や「感謝します」といった「○○に成功してよかった」や「特定のことをする際に、援助してくれたことに感謝する気持ち」を伝える表現となります。尊敬語で「よかったです」と伝える場合には、尊敬語は主に相手の言動に対する尊敬の念を込めて示す表現になるため、「お慶び申し上げます」や「今後ともどうぞよろしくお願いいたします」などと、相手の行動についての敬語表現となる場合が多いです。「よかったです」と言う場合は、謙譲語や丁寧語による敬語表現で伝えられることが多く、「ありがとうございます」や「感謝申し上げます」という「○○できてよかったです・○○させていただいて嬉しかったです」というありがたい気持ちを、そのまま伝える表現が一般的です。, 日本語の敬語表現には大きく分けて3種類の表現があり、1つ目は尊敬語、2つ目は謙譲語、3つ目は丁寧語であり、尊敬語は「目上の人や立場が上位にある人に対し、敬意を示す敬語表現」を意味し、もっぱらビジネス上のやり取りで使われる場合が多いです。謙譲語は「相手と自分の立場や関係性を問わず、話者が自発的にその姿勢や立場を低めて敬意を示す敬語表現」を言い、これはビジネス上のやり取りでもプライベート(日常生活)でも多くの場面で見られる敬語表現となります。丁寧語は「不特定多数の人々に公示できる、丁寧な言葉遣いによる敬語表現」を指し、主に「です・ます調」によって相手に伝える敬語表現を意味します。丁寧語の場合は尊敬語や謙譲語に比べて、比較的簡単に相手に敬意を示す表現になります。, 先でも少し触れましたが、尊敬語で「よかったです」という気持ちを相手に伝える場合は、主に「相手の言動に対する敬語表現」を取ることになるため、「ご支援いただきましてありがとうございます」や「大変なご尽力をありがとうございます」という相手の言動によって助けられたことへの感謝を示す形になります。謙譲語によって「よかったです」という気持ちを伝える場合は、主に「自分の言動や気持ちを敬意をもって伝えること」になるため、「感謝申し上げます」や「多大なご支援をいただきありがとうございます」などの「自分の気持ち・ありがたいと感じる気持ち」をメインに伝える形となります。丁寧語で「よかったです」という気持ちを伝える場合は、尊敬語や謙譲語の場合に比べて簡単で、「よかったです」や「感謝いたします」などと、そのまま「です・ます調」によって相手に感謝を伝える形になります。, ビジネスメールなどで「よかったです」という気持ちを伝える場合でも、先述しましたように「よかったです」の敬語表現をもって伝えてかまいません。・先日は多大なるご支援をいただくことができまして、誠に感謝申し上げます。・この度は事業計画がスムースに運ばれまして、非常に喜ばしいことです。・平素よりご助力を賜りまして、誠に感涙の極みです。・特に問題なくプランを進行させていただくことができて幸いでした。このように、「特定の物事をスムースに進めることができた場合」や、「日頃からお世話になっている人や特定の機関に対し、そのことへの感謝を伝える場合」に取られる敬語表現となります。, ビジネス上のやり取りで「よかったです」という気持ちを相手に伝える場合、一般的に多く使われる言葉は「幸いです」や「感謝いたします」、あるいは「特に問題ございません」や「喜ばしい限りです」など、「特定の物事がスムースに運んでとてもよかったです」という気持ちを婉曲的に伝える形となります。ビジネス用語としても「よかったです」という言葉をそのまま伝える場合もありますが、特に改まった場面や公式の状況においては、「よかったです」の別の敬語表現をもって伝えられることが多く、たとえば公式書類などにおいても「感謝申し上げます」や「喜びに堪えません」などの表現が一般的に見られます。, ひとつひとつの日本語を覚える際には、その覚えるべき言葉の関連語をワンセットで学ぶことが実に効果的です。その関連語には類義語や対義語があり、それらを一緒に覚えることによって、その言葉の意味や用法への理解をさらに深めることができます。・幸いでした・何よりです・適切でした・素晴らしいです・感謝いたします・ありがとうございます・十分です・満足です・好ましい結果です・快い限りです・喜びに堪えません・喜ばしい限りです・感激しておりますこれらの言葉が並びますが、どの言葉にしても「○○してくださってありがとうございます」や「特定の物事が成功に導かれて、とても嬉しい」という感謝の気持ちが相手に伝えられます。, 日本語でも各国の言葉でも、その言葉を覚える際には自分で実際に例文を作り、その例文に覚えるべき言葉を当てはめる形で「その言葉の意味や用法を実践的に覚えること」が大切です。・日頃から多くのご支援を賜り、この度の企画も成功に導くことができましたことを、誠に感謝申し上げます。・今回立ち上げました企画が想定以上の利益を上げましたこと、非常に喜ばしい限りです。・この度のご成功、感涙の極みでございます。・皆々さまのご協力によりましてこの度の成功を得ることができ、誠に嬉しい限りです。・プランがスムースに運びましたことを、感激しております。・平素より多大な尽力を賜りまして、この場をお借りして感謝させていただきます。このように、相手に対する感謝の気持ちや嬉しい気持ちを、全面的に伝える姿勢となります。, 1つの言葉を覚える際には、その言葉の別の表現例を把握しておき、対話する際やメールで伝える際のボキャブラリーを多く持っておくことが大切です。・幸いです・感謝いたします・感謝申し上げます・ありがとうございます・感涙に堪えません・喜びに堪えません・喜ばしい限りです・大いなる喜びです・素晴らしいですこれらの言葉が一般的に使われる「よかったです」の別の敬語表現となりますが、特に「幸いです」や「感謝申し上げます」という言葉は多くのビジネスシーンで非常に多く使われています。, 派遣で働いている皆さんは、今の時給に満足していますか?もう少し欲しいなと思いますか?実は、派遣で働いている人の中には時給交渉をして、時給アップに成功した人もいます。彼らは一体どうやって時給交渉をしたのでしょうか?今回は時給交渉を成功させるコツをご紹介します。, 面接が苦手という人は多く、緊張するものです。しかし就職を勝ち取るには避けて通れないのが面接です。そこで面接で使う一人称について語りましょう。一人称はあなたの第一印象を決定づける重要な意味を持ちますので、基本的なビジネスマナーを紹介しましょう。, 二次面接で聞かれやすい質問・解答例とはどのようなものでしょう。特に一次面接との違いについても気になるとところです。この記事では、二次面接特有の質問や、転職、新卒などの状況別に、どのように二次面接で解答するか、具体的な例とともに解説したので参考にしてみて下さい。, 就職活動や転職活動などを行っているときに必ず必要となる履歴書。しかし、どんな履歴書を用意すればいいか悩むこともあるのではないでしょうか。今回は履歴書の紙質についてご紹介します。シチュエーションに合わせた紙質の履歴書を使用して、活動の参考にしてください。, 就職や転職をするとなれば自分を売り込むために自己PRを考える必要があります。不動産業界は人気も高いので入念に自己PRを練り上げる必要があります。今回は不動産業界の自己PRの作成のコツを例文を挙げながら新卒や未経験、転職などに分けてご紹介していきます。.