犬の皮膚感染症の治療にも使われている薬ですが、犬や猫の尿路感染症の治療にも効果的な薬です。, ラリキシンは、ブドウ球菌、レンサ球菌、大腸菌などの細菌を殺菌する効果がある薬です。 3.1.犬の膀胱炎予防が期待できるおすすめのドッグフードやサプリ, 膀胱炎は、尿道から細菌が入って、膀胱に炎症を起こすことですが、膀胱炎の治療を行っても、完治をするのが難しく、症状がなくなったと思ったら再度繰り返すことがある病気と言われています。, 膀胱炎は、オスよりメスのほうがかかりやすく、その理由としては、メスのほうがオスよりも尿道が短く、腸などの菌が尿道に入りやすいからと言われています。, また、排尿時にも、メスはオスよりも地面との距離が近く、それが原因で最近が侵入しやすいとも言われています。, こう聞くと、「うちの子はオスだから大丈夫!」と安心するかもしれませんが、オスは前立腺炎から膀胱炎になることも多いですし、膀胱炎は犬全体でみても泌尿科系の病気で1番多いと言われているので、油断はできません。, 犬の膀胱炎が繰り返しやすかったり、治りにくいと言われている原因の1つは、飼い主が抗生物質の投与を途中でやめていることだと言われています。, 抗生物質を与えると、今まで出ていた膀胱炎の症状が止まってくるので、「治った!」と勘違いしやすく、抗生物質を自己判断で与えなくなるため、細菌が増殖して、再度症状を繰り返したり、治りにくかったりすると言われています。, 抗生物質は必ず、決められた量を決められた通りに与えないと意味がなく、最悪の場合は耐性菌ができることもあるのです。, 耐性菌とは、抗生物質の効力に打ち勝つ菌のことですので、耐性菌ができてしまったら、その抗生物質の効き目がほとんどなくなり、膀胱炎も繰り返してしまうでしょう。, そのため、抗生物質は、自己判断でやめるのではなく、獣医の指示通りに飲みきるまで投与し、再度検査をして、獣医の判断を仰ぐというように、何度も何度も根気強く向き合い、細菌を完全に死滅させることが大切になってくるのです。, 膀胱炎になるのは、原因が1つではありません。様々なことが原因で膀胱炎になる可能性があるため、注意しなければなりません。, 犬も人間と同じように月日とともに老化が進みます。 人間にも様々な病気があるように、犬にも色んな病気があり、その1つが膀胱炎です。 犬を飼っている人にとっては、犬が膀胱炎になると、どんな症状が出るのだろうかとか、犬が膀胱炎になったときは、どんな治療が行われるのだろうかという疑問があると思います。 このページでは犬の膀胱炎・尿道炎についての症状、原因、治療方法、予防方法について詳しく解説します。膀胱や尿道が細菌に感染し炎症を起こしている状態のことを膀胱炎・尿道炎といいます。頻尿、尿の異臭といった症状がみられます。一 泌尿器系の病気, 膀胱炎は膀胱の粘膜に炎症が起こる病気で、尿道炎は尿道内の粘膜が炎症を起こしている状態のことをいいます。, このページでは膀胱炎・尿道炎についての症状、原因、治療方法、予防方法をご説明します。, 決して当ページの内容だけで素人判断はせず、問題がありそうな場合は速やかに獣医師に相談してください。, 水を沢山飲みようになり、元気はなくなり、尿の回数は増え、食欲不振、発熱などの症状がみられます。, 残尿感があるため、排尿しようとおしっこの体勢をとりますが、尿がでないことがあります。, 尿の色は正常な時よりも濃くなったり、濁っている場合もあり、症状がひどい場合には血尿がでることもあります。, 膀胱炎や尿道炎は尿路感染症のひとつで、泌尿器の病気の中で最もかかりやすいとされている病気です。, 膀胱とは腎臓で作られた尿を溜めておくための器官で、尿道は尿を排泄する際に使われる管のことをいいます。, これら膀胱や尿道が細菌に感染してしまい、炎症を起こしてしまっている状態を膀胱炎・尿道炎といいます。, 犬が健康なときは細菌の感染を防げますが、体の抵抗力が低い場合や、細菌の数が多い場合に感染し発症します。, 細菌は尿道から侵入し、膀胱、更に尿管から腎盂へと進んでいき、腎盂腎炎を起こすこともあります。, 尿検査を実施して、膀胱炎・尿道炎の原因となっている細菌を特定し、最もよく効く抗生物質や抗菌剤といった薬を投与し治療します。, 1000人限定!イギリス産高級グレインフリードッグフードのモグワンの100円お試しページ(公式です)はこちら, 犬は肉以外も食べることができますが、雑食動物に近い肉食動物という立ち位置になるといわれています。, 野生では野菜・草・果物などを食べることはありますが、ご飯や麦などを食べることはありません。, ご存知かもしれませんが、スーパーやホームセンター、ペットショップなどで格安に販売されているドッグフードのほとんどは、大量の小麦・トウモロコシなどの穀類に、香り付け程度に少量の肉や魚を混ぜて作られた粗悪なペットフードです。, 本当に愛犬の健康と幸せを考えるのなら、穀物不使用で、人間でも食べられる新鮮で安全な食材を使って作られた、プレミアム・グレインフリーフードを与えることを検討してみてください。, 筆者の家で飼っている犬(ボーダー・コリー)も、実家で飼っている犬(ミニチュア・シュナウザー)も、生まれた時からグレインフリーのフードで育てました。, とはいえ、犬にとって、普段の食事が人生(犬生)にとって大きなファクターを占めている楽しみでもありますので、犬の幸せを考えるとガツガツと食べる美味しいドッグフードであることは最低条件です。, まずは100円モニターキャンペーンで、イギリス産プレミアム・グレインフリーフードのモグワンの食いつきを試してみることを強くオススメします。, 100円モニターの参加条件にもし初回半額であれば、『モグワン』の本商品(3960円税抜)を申込んでもいいという方とありますが、100円モニターで気に入った人は、初回に特別価格の半額で購入できるという意味です。, 100円モニターに申し込んだら、必ず製品版のモグワンを購入しなければならないというわけではありませんから、安心して100円モニターで食いつき具合をお試しください。, なお、このキャンペーンは1000人限定となっているため、あっという間に定員になって終わってしまう可能性があります。公式ページでモニターキャンペーンはまだ募集中なのかご確認してからお申込みください。, イギリス産高級グレインフリードッグフードのモグワンの100円モニターキャンペーン公式ページ(1000人限定)はこちら. (adsbygoogle=window.adsbygoogle||[]).push({}); このページでは犬の腎不全についての症状、原因、治療方法、予防方法について詳しく解説します。腎不全には突然症状がでる急性のものと長い期間を掛け進行していく慢性のものがあります。治療方法は投薬、食事制限、輸液などの処置がとられます。ある程度年齢の入った犬は年に1回は血液検査で腎臓の数値を確認しましょう。, このページでは犬の糸球体腎炎についての症状、原因、治療方法、予防方法について詳しく解説します。糸球体腎炎には突然症状がでる急性のものと長い期間を掛け進行していく慢性のものがあります。治療方法は投薬、食事制限、輸液などの処置がとられます。発症すると死亡率の高い恐ろしい病気です。, このページでは犬のネフローゼ症候群についての症状、原因、治療方法、予防方法について詳しく解説します。蛋白尿、高コレステロール、血中の蛋白の低下などの状態に陥った腎臓疾患の総称です。糸球体腎炎や糖尿病といった様々な疾患が原因となりえます。定期的な尿検査や血液検査fr早期発見につとめましょう。, このページでは犬の腎盂腎炎についての症状、原因、治療方法、予防方法について詳しく解説します。腎盂腎炎は膀胱炎や尿道炎を引き起こしている細菌が尿路を経路とし腎盂に炎症を引き起こす病気です。急性腎盂炎と慢性腎盂炎があります。無症状に近い場合も多く気づいた頃には症状が進行して腎不全となることがあります。, このページでは犬の膀胱結石・尿道結石(尿路結石)についての症状、原因、治療方法、予防方法について詳しく解説します。膀胱結石や尿道結石は食事のバランスが悪い場合や、水をあまり飲まない場合も発症します。他には遺伝的要因で結石ができやすい犬種も存在していますし一度再発もしやすい病気ですので予防に努めましょう。, このページでは犬の腎結石(腎臓結石)についての症状、原因、治療方法、予防方法について詳しく解説します。腎結石は食事のバランスが悪い場合や、水をあまり飲まない場合も発症します。他には遺伝的要因で結石ができやすい犬種も存在していますし一度再発もしやすい病気ですので予防に努めましょう。, このページでは犬の尿毒症についての症状、原因、治療方法、予防方法について詳しく解説します。腎不全に伴い血液をろ過する能力が低下したことにより血液の中の老廃物が溜まってしまうようになります。その症状が更に悪化した状態のことを尿毒症といいます。早急に治療を行わなければ命に関わることもある危険な病気です。, このページでは犬の尿路感染症についての症状、原因、治療方法、予防方法について詳しく解説します。尿道、膀胱、尿管、腎盂という流れで泌尿器に細菌が侵入し炎症をおこすことを尿路感染症といいます。健康な時は細菌が侵入してきても感染しませんが体調が悪い時や細菌の数が多い場合に感染し発症します。, もし初回半額であれば、『モグワン』の本商品(3960円税抜)を申込んでもいいという方, 2016/3/27ペットの王国ワンだランド感想 動物と出会って人生が変わった人特集.