犬も人間のように、乳歯から永久歯へと生え変わります。この生え変わりがうまくいかず、乳歯が残ってしまうことを乳歯遺残と呼びます。進行がすすむと歯周病、口内炎、歯肉炎などの病気に発展してしまいます。コミュニケーションも兼ねて、子犬の口腔内チェックを定期的に行いましょう。, 山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。, 人間の子どもと同じように、子犬は乳歯が抜けた後、永久歯と呼ばれる歯が生えるようになっています。しかし、中にはきちんと乳歯が抜けないまま永久歯が生えてしまう乳歯遺残(にゅうしいざん)となってしまうことがあります。, 乳歯遺残の中でも特にそのまま残りやすい乳歯が犬歯です。犬歯は他の歯に比べて根元がしっかりしているため抜けにくく、そのまま残っている状態にもかかわらず、新しい永久歯が生えてきてしまうことが珍しくありません。, 乳歯遺残をそのままにしてしまうと、歯並びが悪くなってしまうため、歯石ができやすくなってしまったり、歯の病気にかかってしまう恐れがあります。, また、歯並びが悪くなってしまったり、乳歯の犬歯部分が残ってしまうことにより、口の中を乳歯や並びの悪くなった歯によって傷つけてしまうリスクも考えられます。乳歯遺残はそのまま放置しておくべきではないのです。, では、子犬が乳歯遺残となってしまう原因は何なのでしょうか。はっきりとした原因は解明されていませんが、小型犬に多い傾向から、遺伝や顎の狭さが原因だと考えられています。, 子犬の歯の生え変わりは、生後5ヶ月~10ヶ月の間に完了するのが一般的です。そのため、この時期を過ぎても乳歯が残っている場合は乳歯遺残の可能性が高くなります。, 生後5ヶ月に入る頃になると、歯がかゆい時期に入りますので、硬めのおもちゃなどを与えてグラグラとした歯が抜けるように誘導させるのも良いでしょう。, しかし、乳歯と永久歯の違いがわからないという飼い主さんも少なくありません。乳歯と永久歯の見分け方のポイントは歯の本数と大きさです。大きさに関しては永久歯に比べると乳歯は小さく細いため、一目でわかります。, また乳歯は上下14本ずつの計28本、永久歯は上が20本、下が22本と計42本です。したがって、1歳を過ぎるあたりになっても歯の大きさがバラバラである、歯並びがガタガタである場合は乳歯遺残が考えられます。, 先ほどもお話ししたように、乳歯がそのまま残ってしまう状態を放置してしまうと、歯並びが悪くなってしまったり、口の中を傷つけてしまう恐れがありますので、事前に予防法を試したり、乳歯遺残の場合は病院で処置してもらいましょう。, もしも子犬が乳歯遺残になってしまった場合、具体的にどのような症状が現れるのでしょうか。症状を知っておくことで、乳歯遺残に陥ってしまっていないかどうかを判断することもできます。, まず歯周病の原因となる乳歯遺残は口臭が気になったり、食べ物を食べた後に口内を観察すると、食べ物を噛むことによって、多くの食べかすが歯と歯の間に挟まっていることがあります。, これが第1の症状と考えましょう。日頃から歯磨きをしたり、観察したりしていると異変に気付きますので、10ヶ月~1歳過ぎは特に注意して観察するようにしましょう。, また、乳歯が残った状態で永久歯が後ろから生えてきてしまうため、乳歯や永久歯が歪んでしまうこともあります。また、乳歯が折れてしまうこともあります。折れるだけではなく歯髄(歯の中心部にある血管や神経が通っている部分)に感染が起こると腐ってしまうこともあるため、この場合は早めの処置が重要となります。, では、もしも愛犬が乳歯遺残である場合、どのように対応すれば良いのでしょうか。まず自己判断で無理矢理乳歯を抜こうとするのはやめてください。途中で欠けてしまい、より抜けにくくなってしまう恐れや口の中を傷つける恐れがあるからです。必ず病院へ連れて行き、獣医さんに処置してもらいましょう。, 基本的に乳歯遺残の治療方法は、犬に全身麻酔をかけた後に残ってしまった乳歯の抜歯をする方法が一般的です。犬の場合は体を動かしてしまったり、恐怖から暴れてしまう子が大半です。したがって、部分麻酔では施術をすることが難しいため、全身麻酔をする必要があるのです。, 抜歯時期についてはそれぞれのご家庭によって異なりますが、一般的には1歳を過ぎても乳歯が抜けていない場合、抜歯をしてもらうケースが多いです。中には7ヶ月を過ぎたあたりで病院へ行った際、抜歯を推奨されるケースもあるようです。, では、この抜歯施術はどのくらいの費用がかかるのでしょうか。飼い主としては気になるポイントですよね。, 一般的に施術前の診察や検査費用に加え、麻酔代、施術費用を合わせた金額となります。平均で5万円前後となりますので、抜歯を検討する場合は5万~6万円を用意しておくと安心です。, また「ペット保険に入っているけれど、抜歯施術は保険が適用されるの?」という疑問を持つ飼い主さんも多いですが、基本的に病気ではない場合の抜歯は保険適用外となってしまいます。そのため、自費で5~6万円の費用を負担することがほとんどです。, 少々飼い主にとっては高い出費となってしまいますが、愛犬が今後健康に美味しく食事を楽しめるよう必要な出費です。乳歯遺残を医療費が高いからと放置するのはやめましょう。, 乳歯遺残の原因は未だにハッキリとは解明されていないものの、チワワやトイプードルと行った小型犬が乳歯遺残になりやすい傾向があるということはわかっています。, 前述したとおり、なぜ小型犬に乳歯遺残になってしまう犬が多いのかというはっきりとした理由は判明していませんが、一説によると他の犬種に比べて体格が小さく、それに伴い顎部分の骨格が狭いことから乳歯が抜けにくいと言われています。, しかし、これはあくまで一説に過ぎません。なぜ小型犬に乳歯遺残が多いのかは、今後の研究などで明らかになることでしょう。小型犬を飼っている飼い主さんは、特に乳歯遺残になっていないかを生後7ヶ月~1歳頃には注意深く観察するようにしましょう。, いかがでしたでしょうか。乳歯遺残は人間の子どもと同じように子犬にも十分起こり得る症状です。乳歯遺残をそのまま放置してしまうと、乳歯が割れてしまい抜歯しにくくなってしまったり、飛び出た乳歯や歯並びの悪さによって口の中を傷つけてしまう恐れがあります。, 今回ご紹介したように、乳歯から永久歯に生え替わる時期は生後5ヶ月から1歳前までが一般的です。そのため、生後7ヶ月頃から口の中の様子を観察し、1歳を過ぎても抜けていない乳歯がある場合は病院で抜歯してもらうようにしましょう。, 抜歯は基本的に自費となってしまうため、5~6万という医療費がかかってしまいます。しかし、乳歯遺残をそのまま放置してしまうと、将来歯周病になってしまったり、そこから違う病気を併発してしまう恐れもあります。したがって、乳歯遺残はしっかり治療してもらいましょう。, ※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。, 快適にわんちゃんホンポの記事が読める!見やすいカテゴリでみたいジャンルがすぐ見つかる。飼い主と愛犬のための犬専用アプリ。, 犬のために、犬の気持ちを知り、犬と共に暮らす。わんちゃんホンポは、あなたとわんちゃんの共同生活に色付けをする犬専門の情報サイトです。, 昔は犬の歯の生え変わりなんて気にしなくても勝手に生え変わっているものでしたが、今は乳歯遺残も増えてきているように思います。新しく迎えた子犬は生後5か月目くらいから少しずつ歯が生え変わっていきました。が、生後7~8か月頃になっても1本だけがしっかりと残ってしまい、後ろから永久歯まで出てきてしまうことがありました。, 我が家の愛犬も、生後9か月過ぎてもまだ乳犬歯が残っていて、獣医さんから一才を過ぎても抜けないようなら抜歯しましょうと言われていました。, 7ヶ月のマルプー を飼っています。犬歯が4本とも残ってしまい 永久歯も生えてきて噛み合わせが悪く 時々 ガシガシと歯と歯が擦れる音がしています。ヒマチー、ピッグイヤー、ロープの引っ張りっこ、チキンネック など色々試しましたが 全くぐらつく気配がありません。, 生後9ヶ月半で上の奥に乳歯が残っていました。ぐらついてきていたのと、口のなかに手をいれても平気なコなので、無麻酔で、その場で抜いてもらいました。『いい性格してるね』とほめられました。費用は1080円。ミニチュアシュナウザーの男の子です。, 9か月のヨーキーがいます。7ヶ月のときに去勢手術と同時に乳歯を抜いてもらいましたが、下の乳歯の犬歯は、永久歯がまだ少ししか生えていないから今抜くと永久歯が変な方向に生えてくる恐れがあり、下の歯は比較的抜けやすいから、残しましたと言われました。先日、お手入れの為に他の病院に行って、抜歯した方がいいのか伺ったら、もう半分以上永久歯が生えてきているから、そろそろ抜いたほうが良いと言われ、その場で抜歯の日を決めました。それから4日後の昨日、乳歯の犬歯が一本抜けました。あと一本、自然に抜けることを願って前進麻酔での抜歯をやめるか、でもなかなか抜けずに永久歯が変な風に生えてきたらどうしよう、と悩んでいます。今はとにかく引っ張り合いをたくさんしています。自然に抜けますように!, トイプードル3歳ですが、上下4本の犬歯と下の前歯にもばっちり乳歯が残ってます…。先日前歯が一本抜けてくれましたが、病院では抜歯を勧められています。乳歯を抜くためだけに全身麻酔をする踏ん切りがつかず迷っています。歯磨きはちゃんとしていますが、犬歯の隙間は素人の歯磨きでは難しいです。, この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。.