ここでは、トイプードルの目の周りの疾患などを「犬と猫の飼育大百科」がご紹介します。, 目やにたけじゃなく、目元が赤くなっている、充血しているといった場合は注意が必要です。もしかしたら、病気にかかっている可能性があります。, ウイルス性の結膜炎や、アレルギー性、眼にごみなどの異物がはいってしまって、結膜炎になっている可能性があります。結膜炎になると、かゆみや痛みを伴い、目元を気にするしぐさをするかもしれません。まぶたをめくると、赤く充血していたり、腫れが見られます。, 角膜の炎症が起こる病気で、痛みを伴います。そのため、目元を気にして、目をかいたり、床にこすりつけたりする仕草がみられることがあります。, 涙が少なく、目が乾いてしまって炎症がおきた状態です。人間と同様、目の表面は涙で保護されているので、適度な涙も必要になります。, 眼球が傷ついたり、細菌・ウイルスなどの原因でぶどう膜に炎症がおきてしまっている状態です。他にも、角膜潰瘍やジステンパーなどの感染症、逆さまつげ、副鼻腔炎など、目やにの原因となる疾患はたくさんあります。もしも、いつもより目やにが多い、充血しているといった症状が見られたら、動物病院へ相談することをおすすめします。, 愛犬の目やにがきになった時、まずは目やにの色に注目をしましょう。大まかに分類すると、下記の3パターンの場合があります。, 白っぽく透明な目やにや、黒や茶色い目やにが、目の下にこびりついている場合は、普通の目やにです。, 白っぽい目やには、涙に資質やたんぱく質が混ざったもの、黒や茶色い目やには、涙に、たんぱく質や老廃物、汚れ(砂やホコリなどゴミ)などが混ざってしまったものでしょう。, 急激に量が増えた、強い粘り気があるという場合でなければ、基本的に病気の心配はないと考えられます。, 放っておくと臭いの原因になったり、涙やけの原因にもなるため、衛生管理としてこまめに拭き取ってあげましょう。, カチカチに固まった取りづらい目やにには、犬専用の洗眼液があります。目やにだけでなく、目に入ったゴミや花粉などを除去することで、涙やけの予防にもなるのでおすすめです。, 点眼液がない場合は、湿ったタオルやガーゼなどで、優しく拭き取ってあげてください。ゴシゴシこすらず、タオルやガーゼを優しく押し当て、目やにをふやかしながらとると上手にとることができます。, 目の周りを触れられるのを嫌がる犬もいます。日ごろから、目やにを取ることで、目の手入れに慣れさせておくのがよいでしょう。, また目やにの状態が、ドロドロしていて目をショボショボさせていないか、いつもより量が多くないか、年度が高くないかなど、よく観察してみてください。この場合考えられるのは、結膜炎や角膜炎などの目の病気で、菌が繁殖してしまって膿になっていると思われます。目やにだけでなく、目そのものが腫れていたり、充血していることもあります。, 涙やけとは、目の内側や下の部分の毛が、茶色く変色してしまうことを言います。原因はさまざまですが、主に涙のなかに含まれるポルフィリンという成分や雑菌が変色を起こすと言われています。トイプードルは涙が大量に分泌しやすい犬種と言われています。過剰に流出した涙をそのままにして、目やにを放っておくことでも涙やけになってしまいます。, 目やにがある場合は、こまめに湿ったタオルやガーゼなどで拭き取ってあげてください。 最近では、涙やけをケアする専用のシートなども販売されています。, 人間でも脂っこいものを食べた翌日に、目やにがたくさん出てしまうことがあります。 トイプードルの目やに、涙やけですが、その色や症状によって注意が必要なものがあります。 ここでは「犬と猫の飼育大百科」が、トイプードルの目の症状や目やにの色から考えられる疾患などをご紹介し … ©Copyright2020 犬のお役立ち情報なら【ドッグライフスタイルJP】.All Rights Reserved. 保護犬だったトイプードルとの出会いでプードルという犬種にはまり、現在はトイプードル5匹と暮らしています。 ペット飼育アドバイザーの母ちゃんから見たトイプードルのしつけ・育犬&我が家のワンコのお話など書いていきます トイプードルに目やにがついていたら心配になる事もあるかと思いますが、人間と同じように正常な犬でも少量の目やにはよく見られます。しかし特に目の発達が遅めといわれているトイプードルは、その目やに放っておいてもいいことはありません。トイプードルの目やにで起こりうる症状 … 色の淡いトイプードルを飼育していると、目の下に目やにの塊が付着し、毛に色が付いてしまういわゆる「涙やけ」という状態になってしまうことがあります。, 健康な状態でも目やには出ます。正常な場合の目やには、古い細胞や老廃物を排出するために出されるもので、これは生理現象です。, 目やには結膜から出るムチンという粘液を主成分にするもので、目を外部の刺激から守る役割もあります。起床時に多く発生し、まばたきをすることによって塊となり目頭に溜まることが多いでしょう。, しかし目やにの原因には、目の病気が隠れている可能性があります。詳しくは後述いたしますが、いつもより目やにが多くなっていたり形状が変わったりした場合には要注意です。, 涙やけは、主に涙や目やにが多く発生することで起こります。正常の場合の目やにをそのままにしてしまい、細菌などが発生してしまった場合にも涙やけが起こります。, 涙が流れ続けてしまっている場合などは、流れるたびに拭くことはなかなか難しいことが多いため、涙やけの原因となってしまいます。, トイプードルの目やにが多く涙やけがひどい場合、いくつかの病気の可能性があります。目やにの形状とともに、疑いのある病気をいくつかご紹介します。, 眼球の表面を覆っている角膜が、何らかの原因で傷ついてしまった場合などに起こります。痛みやかゆみを伴う場合が多く、足で引っ掻いて悪化させてしまう場合もあります。, 角膜炎の場合には涙の量が多くなり、目を開くことが出来なくなることもあります。目やには白く濁り、サラサラの形状のことが多いでしょう。, 角膜の外側にある結膜に傷がついたり炎症が起きた状態です。角膜炎と同じく、涙の量や目やにが多く発生します。また細菌やウイルス感染で起こることもあり、その際には黄色い目やにや黄緑色の目やにが出ます。, 全身の健康状態が悪かったり、免疫力が低下していたりすると細菌やウイルスに感染することがあるため注意が必要です。, 流涙症は涙がどんどん溢れてきてしまう病気です。涙管の炎症や腫瘍などにより涙を排出することが出来なくなり、涙が目の方に逆流してきてしまうのです。, トイプードルは先天的に涙管が圧迫されているため流涙症になりやすいと言われており、涙やけの原因となることが多いです。, 緑内障は眼球の圧力が上昇し、眼球が盛り上がった状態になります。痛みを伴うため足で引っ掻いて悪化してしまうことも多く、失明の恐れもある怖い病気です。, 緑内障の場合は黄色く、粘着性のある目やにが多く出ることが特徴で、眼圧を下げる治療が必要です。, 通常上向きに生えているべきまつ毛が、何らかの原因で下向きに生えてしまった状態です。まつ毛が常に眼球に刺激を与えて炎症を起こしてしまうため、大量の涙や目やにが出ます。, トイプードルの涙やけが、トマトを与えることで完治すると言われているのですが、科学的根拠はありません。, それどころかトマトには犬にとって毒になる成分が含まれている部分があるため、与える際には細心の注意が必要になります。また、食べ過ぎるとお腹を壊す可能性もあるのです。, 人間でも起床時に目やにが出るように、トイプードルも健康な状態で目やにを出すことがあります。, 病気での目やにとの大きな違いは色や臭いです。正常な目やには量がさほど多くなく、透明度の高い目やにとなります。臭いもほぼありません。, 前述したような病気の可能性のある、緑色や黄色い目やに、また臭いが強い目やにが出た場合にはなるべく早めに動物病院を受診しましょう。, しかし正常な目やにでも、溜まり過ぎると涙やけの原因となってしまいますので、定期的にケアしてあげるようにしましょう。, ドックフードには様々な原材料が使用されており、その中の成分にアレルゲンとなる物質が含まれていると、アレルギー反応として目やにが多く出てくるのです。, そのため定期的に与えているドックフードを変更することによって、目やにが改善してくる可能性があります。, トイプードルの目やには、生理現象である場合には気が付いた時に拭いてあげる程度で問題ありません。, しかし病気が隠れている可能性もありますので、少しでも異常がある場合には動物病院で診察を受け適切な治療を行うことが、何よりの対策になるでしょう。, 治し方は、目やにの原因となっているものが何かによって大きく変わってきますが、主には点眼薬での治療となります。, なかには日常的に目を守るための目薬もありますので、獣医師と相談しながらその犬に合った治療を行ってあげましょう。, 香取慎吾主演の新作ドラマが配信!Amazon Prime Videoで観られるコメディー作品まとめ, 香取慎吾の爆笑コメディが帰ってきた!奇想天外な行動が世界中を虜にする「誰かが、見ている」(2020), 竹内結子&橋本愛が事故物件で見たものとは?「残穢【ざんえ】―住んではいけない部屋―」(2016), 多部未華子と綾野剛が共演、現代女性のリアルな恋愛を浮き彫りにした「ピース オブ ケイク」(2015). トイプードルを飼育していると、目の下の部分が茶色くなってしまいどうしたら取ることが出来るのか悩まれる方も多いでしょう。そこで今回は目やにや涙やけの原因から対策、さらにフードとどのような関係があるのかをお伝えしていきます。 | トイプードルの目やに・涙やけの原因と対策! 2 【トイプードル犬わこ】君のためならどっこいしょ!怒られても目やに目やけ、拭き拭きしますよ。 3 【トイプー犬わこ】目やに目やけはすぐに拭くと効果的; 4 【トイプードルのわこ君】目やに・目やけ対策した後は、大きくあくび〜! トイプードルは日本ではとても人気がある小型犬です。くるくるした特徴的な被毛はバリエーションが豊富で様々なカットでオシャレを楽しむことも可能です。今回はプードルに注意したい目の異常の原因を知り、予防策や対処法を紹介します。 犬にもそれと同様のことが起きていると考えられます。, 涙やけに特化した無添加のドッグフードや、サプリメントなどもあるため、試してみるのもおすすめです。, もともと目やにや涙やけになりやすいトイプードル。いつものことだからと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、もしかしたら何かの異変が起きているサインかもしれません。, 目やにの色、量、目の状態など日ごろからきちんと観察しておけば「あれ?いつもの目やにとちがうな」と気づくことができます。また、目やにを拭き取るなど、なるべくこまめにお手入れするよう心掛けましょう。, 『犬と猫の飼育大百科編集部』では、トリミングサロン、動物病院のネット受付ができ、犬・猫の飼い方からしつけ、ペットを飼うならしっておきたいおすすめ情報まで、幅広くご紹介しています。. 犬の健康・病気予防2018.12.17 2019.02.27 ドッグライフスタイルJP編集部, トイプードルは日本ではとても人気がある小型犬です。くるくるした特徴的な被毛はバリエーションが豊富で様々なカットでオシャレを楽しむことも可能です。今回はプードルに注意したい目の異常の原因を知り、予防策や対処法を紹介します。, 犬や猫は目の状態を清潔に保つために、目に付着した汚れや老廃物を涙で流そうとします。 通常それらが涙に含まれるタンパク質と混じり合う事によって茶色や黒色、または白色か灰色の目ヤニが出ますが、色や粘度が強い場合には目の疾患にかかっている恐れもあります。, 目ヤニを防ぐためには水を含ませたコットン等の柔らかい生地で目の周りを優しく拭いてあげましょう。その際に強くこすったり、嫌がっている状態で行うと、目周りの掃除そのものが嫌いになってしまい、強いストレスを与えてしまう事になります。, もし目ヤニの色が黄色や緑の場合は注意です。 これは目に炎症や膿などが溜まっている症状です。, この症状は、眼の疾患の他に、眼球に睫毛が接触し生じる外傷などが原因に挙げられます。 習慣的に目の周りの被毛をカットする事も大事ですが、角膜炎や結膜炎などの疾患の可能性もあるので、早めに動物病院で受診してください。, プードル系統の犬種によく生じる疾患に、流涙症という病気があります。これは別名、涙やけといわれているもので目の周りに涙や目ヤニが付着してしまい、目の周りが黒または茶色に変色してしまう症状です。, 流涙症が続いてしまうと、常に目の周りが湿っているため雑菌の温床になってしまい、臭いを発する他に、目の周りの皮膚炎や眼球にダメージを与えて視力の低下にもつながってしまいます。, この原因は2つあり、前述の目ヤニと同様に睫毛やゴミなどが眼球を傷つける症状と、鼻涙管が塞がり涙が目に逆流する鼻涙管閉塞があります。, 特にマルチーズやトイプードルなどの目が大きく鼻が小さい犬種に起こりやすい鼻涙管閉塞が原因で、くしゃみや鼻炎などの症状が出ていても鼻から排出されず、目から涙として溢れるため、涙やけや臭いの原因につながります。 この症状が起きたらまずは、眼球に接触しているゴミを取り除き睫毛のカットを行い様子をみましょう。, それでも原因がわからない場合は鼻涙管閉塞が疑われるので、動物病院での治療が必要になります。 涙管を洗浄する事で疎通させるように治療をしますが、先天的に発症している場合は回復しない場合もあり、その場合は外科手術による治療になります。, 与えているフードを見直す事によって涙の質が改善され涙の量を減らしたり、着色を防ぐ事も可能です。, ペットフードやおやつの品質を保つために人工的な添加物を使用している物が多く、特に犬や猫の消化に適していない穀物は消化不良を起こす他に、アレルギー反応を起こして涙管を詰まらせる原因になります。, 消化に悪い物を食べさせる事で腸内環境を悪化させ、免疫力が低下する事によって蓄積された老廃物が涙や便に影響を及ぼします。, この状態を改善するのにオススメの食材として挙げられるのが、DHA、EPAなどのオメガ3脂肪酸を含んだアジやサバなどの青魚です。これらの食材は炎症を抑え血流をスムーズにする働きがあり、老廃物の発生を防ぎます。, 特に青魚の摂取は肉類よりも吸収されやすい良質なタンパク質の他にも、ビタミンやミネラルが含まれているので、老廃物がたまりやすくなるシニア期のトイプードルにはとてもいい食材です。, もう1つの食材はかぼちゃです。 かぼちゃには抗酸化作用のあるビタミンAや食物繊維が豊富に含まれていて、腸内環境を整えて不要な老廃物を取り除くため、涙やけには効果のある食材です。, 甘みがあり嗜好性のあるかぼちゃは、シニア期に入ったトイプードルの老化を遅らせて、腸内の環境を改善するため積極的に与えたい食材です。, 固形では消化に悪いため、スープやペーストなど様々な方法で摂取する事によって水分補給の手助けにもなります。, まず1つ目は外傷です。 これは痒みによって掻く事が原因で眼球を傷をつけてしまい腫れを起こします。 特にドライアイや結膜炎などの痒みを与える疾患はこの条件で誘発させます。片方の目の周りが脱毛してるのなら、まずは目の周りを観察して必要であれば病院で治療を受けてください。, 2つ目は涙やけです。涙やけを放置すると雑菌が繁殖し、目の周りが化膿することで起こります。 涙やけの原因を調べて改善しましょう。 逆さまつげ、鼻涙管閉塞などの症状の場合は病院での治療が必要になります。, 最後にアレルギー症状が挙げられます。この症状は食物から金属や埃といった多くの原因があるため、飼育環境の清潔さを見直し、記録をとって何が原因か追求して問題を取り除きましょう。, もし、トイプードルの目の色に変化が見られるようなら、病気にかかっている恐れがあります。 変色している箇所によって症状が異なるため、よく観察して対処してください。, 黒目が赤くなるという状態は黒い部分と重なっているためわかりづらいのですが、いつも見ている黒目とは違う色になるので日頃からコミュニケーションをとって変化に気づく事も大事です。, 黒目が赤くなる原因の前房出血は強い外傷によって虹彩と角膜の間にある前房内で出血が起こる病気です。, この症状によって、赤く変化する他にも視界の妨げや目を頻りに気にするような仕草をするため発見がしやすい病気ですが再出血をしないように治療を行った後は安静にする必要があります。, この症状の場合は、角膜炎や角膜裂傷、結膜炎やドライアイの他に注意すべき疾患として、緑内障やレプトスピラ症など様々な原因が挙げられます。, その中でもトイプードルに好発するのは結膜炎で、原因として被毛が眼球に接触した刺激により炎症を引き起こします。, 他にも外傷、アレルギー、シャンプーや薬品、細菌の侵入などの原因によって発症する事があり、治療には点眼薬や内服薬を処方する事になります。, 予防法として前足でしきりに目を掻いていると思ったら、目の状態に異常がないか確認してください。, 被毛の接触が無いかの確認や、シャンプーが目に入ってしまったらすぐに目を洗い流すようにする事でほとんどの結膜炎の原因を予防することが出来ますが、わからない場合は他の病気を併発させる前に必ず動物病院で治療を受けてください。, トイプードルの目頭には瞬膜と呼ばれる第3の眼瞼があり、この瞬膜の裏側にある瞬膜腺が外に飛び出してして炎症を起こしてしまうチェリーアイという病気があります。, この病気の症状は目を気にして前足で掻く事で目に外傷をつけてしまい、他の疾患を併発してしまう恐れがあります。, その他の疾患と同じく早期発見をする事で軽い症状からの治療を行うことができるため日頃からスキンシップをとり体の異常を発見するように心掛けましょう。, この病気は加齢によって好発する眼疾患の1つで、視力低下と失明の原因になります。 徐々に視力が失われて行くため気を付けたい病気ですが、比較的容易に発見する事が出来るため、早めの対処も可能です。, トイプードルに発症しやすいと言われている目の疾患に対して、予防策や対処方法を知ることはストレスフリーの生活を整えること重要なことです。, 白内障はシニア期に入った犬が高確率で発症する病気で目が白く濁り、視力の低下を引き起こす病気です。, この病気のメカニズムは紫外線や栄養のバランスによって発症することが報告されており、散歩には日差しの弱い朝方と夕方を選ぶのも白内障を予防する手段としています。, また、食事と運動量のバランスを崩すことによって、肥満になりやすいシニア期は糖尿病にかかりやすく、合併症として白内障にかかってしまう事もあります。, 通常は外科手術によって治療するものですが、高齢の個体では手術が大きな負担になるため、生活空間や物の配置に気を配りストレスを与えないように配慮する手段もあります。, この病気は視力低下や失明だけではなく、神経を圧迫する事で慢性的な頭痛を引き起こして強いストレスを与える病気で、この症状によって眼球が緑に見える他に、元気消沈、物によくぶつかるなど行動にもあらわれます。, この病気は白内障などの眼の疾患による合併症、眼圧を調整する眼房水の排出が目の構造上で不十分になっている事などが原因に挙げられます。, 初期症状の治療であれば点眼薬や内服液でも回復しやすい傾向があり、犬自身の負担も少ないため早期発見に努めて病院に連れて行きましょう。, 遺伝的な疾患である進行性網膜萎縮症は4〜5歳頃に発症して7〜8歳頃には失明してしまう進行性の病気です。, 兆候としては暗い場所が見えなくなることによって、時間によっては散歩に行きたがらない、物によくぶつかっているなど視力の低下が確認できるようになります。, この病気には残念ながら有効な治療法はありませんが、物の配置を変えないなど不安を極力与えないように努めてください。, まずは検査をして、親からの疾患を受け継いでいないか確認する事から始めてみましょう。獣医さんからアドバイスをもらって、生活の質の改善に役立てる事も重要です。.