状況によっては飲み込むと危険な物を口に入れてしまっていることもあるので、口の中をチェックするようにしましょう。, 愛犬の口の中に傷がある場合、その痛みによって口をくちゃくちゃすることも考えられます。 飼い主の犬に対する知識の有無が、犬の吐き気の改善を早めます。なぜ犬は嘔吐するのか、嘔吐した場合はどのような症状に注意すべきかを把握して、適切な治療を行えるように努めましょう。 犬の吐く行為は、飼い主への大切なサインです。 しかし、気がついたら歯石がびっしり、歯がぐらぐら、できものがあったなどという話はよく耳にします。, などの様子が見られた時には口の中に何らかの異常がある可能性が考えられるので、口の中をチェックするようにしましょう。 寝る前の眠いときや撫でられてリラックスしているときに、口をくちゃくちゃするのであれば、病気の可能性は低いかもしれません。 中毒や事故の予防を。, 生え変わりのむず痒さから、何でもかじってしまうことがあるので、危険な物は口にしないよう注意を。 Copyright (C) 2020 わんこライフ All Rights Reserved. 愛犬が何も食べていないのに、なぜか口をくちゃくちゃしている。こんな状態を目にしたことのある飼い主さんは少なくないでしょう。どうしてそのような行動をとるのか、とても気になりますよね。実は、愛犬がくちゃくちゃする理由には様々な原因が考えらえます。 犬が口をくちゃくちゃと音を立てていることが気になる飼い主もいるかもしれません。何も食べていないのに、どうしてそんな仕草をするのでしょうか?今回は、犬が口をくちゃくちゃとする理由について詳しく解説します。, 犬の歯は乳歯が28本、永久歯になると42本あります。 歯のチェックもお忘れなく。, メラノーマや繊維肉腫は老犬でよく見られると言われる上、特に老犬ではがんや腎疾患、肝疾患、歯周病などが発症しやすいので、若い時よりも健康管理はしっかりと。 特に、やんちゃで何でも口に入れてしまうような犬は気をつけてあげたいものです。, 犬は吐き気を感じると唾液の分泌が過剰になり、それに伴って口を舐めたり、くちゃくちゃしたりすることもあります。

犬が口をくちゃくちゃと動かしている様子を見たことがあるでしょうか。愛犬を大事に思っている飼い主さんであれば、犬の小さな仕草でもその理由が気になってしまいますよね。この行為には何か意味があるのでしょうか?ちょっと気になるけど、深く考えたことが無い人も多いかもしれませんね。今回は犬が口をくちゃくちゃする理由を紹介します。, 口をくちゃくちゃするというのは、人間でもするような仕草なので、特に気に留めていない人も多いでしょう。愛犬のことをもっと知りたい、小さな仕草でもその理由を知りたいと思っている人もいますね。きっかけはその程度で構いませんが、愛犬の仕草の理由を知ろうとすることはとっても大切です。どうしてでしょうか?, 何故なら、愛犬の小さな仕草には大きなトラブルが隠れている場合があるからです。口をくちゃくちゃする理由にも大きなトラブルが隠れている場合があることをご存知でしたか?, 特に、普段はあまり見かけない仕草を頻繁にするようになったなら、その変化には敏感であってくださいね。, これから犬が口をくちゃくちゃする理由を7つご紹介したいと思います。可愛らしい理由から、困ってしまう理由までご紹介できるでしょう。, 犬が口をくちゃくちゃするのは、何かを食べているからかもしれません。ドッグフードを与えた時にそれを食べているのは当然ですが、そうでない時にも、何かを食べていたりするかもしれません。, 犬はとっても賢い動物です。自分の身を危険に晒すことは滅多にありません。ですから、落ちているものを手当たり次第に食べてしまうことはほとんどありません。, それでも、飼い主さんが意図しない何かを食べてしまうことはあり得ます。例えば、お家の中には、飼い主さんたちの食事の時間には、たくさんの美味しそうな食べ物が並ぶのではないでしょうか?飼い主さんがしならいうちにつまみ食いされている可能性もあります。, 安全なものをちょっと食べられてしまったら、「やられた……」なんて気持ちで済みますが、お家の中には危険なものがあることも忘れてはいけません。, 例えば、害虫駆除用の毒エサなどは危険です。物によっては甘い香りや味が付いていますが、毒性が強いので愛犬が食べたり舐めたりしないようにしなければいけません。, 他にも、人間には問題の無い食物でも、犬には有毒となるものがあります。タマネギやチョコレートなどは有名ですよね。生のタマネギが転がっているからといって自分からかじることはほとんどないでしょう。, それでも、タマネギが使用されたスープや食事などは美味しそうな香りです。思わず食べてしまってから中毒症状を引き起こすこともあります。, チョコレートなんかは甘くておいしいので、犬が食べないよう出しっぱなしには注意したいものですね。, もし、犬がくちゃくちゃと口を動かしているのを発見したなら、何を食べてしまったかすぐに確認するようにしましょう。場合によっては病院に連れて行かなければいけませんからね。, 何か食べている場合と似ていますが、それが食べ物でない場合もあります。噛み切れなかったり、消化できなかったりするのでくちゃくちゃしているケースです。, 色々な異物が口に入っている可能性があります。例えば、ビニールやティッシュ、ゴムなどです。与えたおもちゃを食いちぎって、その破片を口の中で転がしている場合もあります。, 異物が口の中にいれてくちゃくちゃしている段階であれば、まだ安心です。すぐに口の中から取り出してあげましょう。, 大変なのは、飲み込んでしまった場合です。異物のほとんどは消化されることがありません。サイズが大きくうんちとして排泄されない場合も多いのです。, 最近では、野生動物のお腹から大量のビニール袋のかたまりが出てきたことが話題となりました。飼い主さんは自分の家で同じようなことにならないように見張っていなければいけませんね。お腹を切開して取り出すなんて避けたいものです。, なんでも口に入れてしまう犬はいるものです。特に好奇心旺盛な性格をしている犬は要注意です。また、幼いころにはその傾向が強く、なんでも口に入れてしまいがちです。人間の赤ちゃんにもそんな傾向がありますよね。, 愛犬が幼いときに、異物を口に入れる傾向があると分かったら、しっかりとしつけてあげることが大切です。放っておくと大きくなってもその癖が治らず、いろんな異物を食べてしまう可能性があります。, 今まではそんな癖が無かった犬でも、高齢になっていきなり口になんでも入れるようになる場合もあります。高齢犬は鼻や目の力が衰えます。食べ物かどうかの判断が難しくなるのです。, 加えて、認知症を発症する可能性もあります。認知症になった犬はいくらでも食べようとしたり、異物でも口に入れようとしたりするものです。愛犬に認知症の傾向がでたなら、口のくちゃくちゃに気を付けるようにしましょう。, 寝ている時に口がくちゅくちゃと動いている場面を見たことがあるでしょう。人間でも見かける場面ですね。, 人間は寝ているときにむにゃむにゃと口が動くことがあります。これは一般的には歯ぎしりの一種として考えられているようです。歯ぎしりは眠りの質が関係していると言われていて、眠りが浅い時やストレスが溜まっている時に口を動かすことが多いようですね。, 他にも夢などが関係しているともいわれています。夢はレム睡眠の時に脳が働いていて見るものだと言われていますね。, 犬も人間のように、寝ている時に口をむにゃむにゃすることがあります。こうした仕草が絶えず起こっているなら注意が必要ですが、たまにするくらいであれば、自然なものなので、特に気にする必要はないでしょう。, 犬が寝ている時の口の動きを見ていると、犬も夢を見るのだろうかと考えることがありますね。, 犬から感想を聞くことが出来ないので、実際のところは分かりません。しかし、犬も人間と同じようにノンレム睡眠とレム睡眠があるようです。, 犬の眠りの質はそのほとんどが浅く、レム睡眠が長いと言われています。夢を見やすい状態にあるので、仮に夢を見ていたとしても何ら不思議ではありません。, 犬は相手に対して甘えているときやリラックスしている時にも口をくちゃくちゃとすることがあります。, 飼い主さんと一緒に過ごしている時に口を動かすかもしれません。撫でられたり、触られたり、寝る前などに多いでしょう。犬の方から構ってほしくて近づいてきたときなんかも同じような仕草が見られます。, これらは甘えやリラックスからくる行動なので、心配する必要はありません。むしろ、飼い主さんが信頼されている証拠なので安心できます。, 犬が甘えた時に口をくちゃくちゃするのはどうしてでしょうか?これは犬が幼かった時の名残からくる行動なのです。子犬のときはお母さんから母乳を貰っていました。口のくちゃくちゃはその時の母乳を吸う口の動きなのです。, 母犬の近くにいるような安心感や温かい気持ちになったときに表れる仕草なのですね。可愛いですね。, 犬がストレスを感じ取ったときに、自分や相手を落ち着かせようとして引き起こす行動でもあります。これはカーミングシグナルとも呼ばれるものです。, カーミングシグナルとはなんでしょうか?カーミングシグナルとは「落ち着かる信号」という意味です。犬が自分を落ち着かせたり、相手を落ち着かせるために敵意が無いことを示したりするための仕草です。, 例えば犬同士が出会って緊張が走った場合や、飼い主さんが愛犬を叱ったときなどにカーミングシグナルが見られます。カーミングシグナルには他にもさまざまな仕草があるのですが、その中に「口をくちゃくちゃ」が含まれているのです。, もし、しつけなどの際に愛犬のカーミングシグナルが頻発するなら、すこし対応の仕方を変えたほうが良いかもしれません。愛犬が強いストレスを絶えず感じている証拠だからです。, 時には叱ることも必要ですが、いつも怒っていたり、怒鳴るような仕方でしつけたり、暴力を振るったりしてはいけません。愛するパートナーとして辛抱強く接してあげましょう。, 子犬は生後8週間ほどですべての乳歯が生えそろうと言われています。その後、半年~1年ほどの間に永久歯へと生え変わります。だいたい1才くらいまでには、すべての歯が永久歯に代わっています。, 乳歯が生えてくるころには、今までにない突起物が気になって口を動かすものです。また歯が生え代わる時にも、抜けそうな歯が気になります。その時には出血などもあるでしょうから、余計に口の中が気になってしまうのです。, Kuttelvaserova Stuchelova/shutterstock.com, 犬が口をくちゃくちゃする理由の中で、一番心配になるものです。くちゃくちゃするのは口や消化器官に病気を抱えているからかもしれません。, 犬は胃腸の調子が悪いときに、口を動かすものです。何か良くないものを食べて腹痛があるのかもしれません。吐き気などがあって胃液が逆流しそうになっている可能性もあります。, くちゃくちゃしているなら嘔吐がないか、下痢や軟便になっていないかチェックすると良いでしょう。胃腸にトラブルを抱えている場合は元気もなくなるので、犬の行動量も要チェックです。, 犬の歯磨きを怠っているなら歯周病に繋がる可能性があることも知っておきましょう。歯磨きしないと歯のまわりに歯垢がたまり、歯石となります。そうなるとさらに歯垢が溜まりやすくなり炎症を引き起こします。歯周病になるのです。, 歯周病が進行するなら愛犬が死んでしまうこともあります。怖い病気ですから、注意しましょう。, 口内炎は口の中の炎症の総称です。口内炎は様々な病気が原因で引きおこされるようです。口の中に痛みが生じるので食欲不振になったり、炎症による強い口臭が目立つようになったりします。, 犬のてんかんの症状の1つには口をくちゃくちゃさせるものがあります。てんかんを持っている犬は落ち着きがなかったりよだれが垂れたり、痙攣したりします。, たまに見かける仕草ですが、たくさんの理由があって驚いたのではないでしょうか?特に気を付けなければいけないのは、異物を食べてしまうことや、カーミングシグナル、病気です。これらは愛犬がトラブルを抱えている証拠となりますから、早急に対処してあげましょう。, 愛犬の小さな仕草の理由が分かっているなら、トラブルを防ぐことが出来ますから安心して生活できるでしょう。, 誕生日のラウンドかけて…「最後はしびれました」 渋野日向子、21歳を締めくくったガッツパー, ミキ亜生(芸人)/第1回 「犬派だった僕が、3匹も猫を飼うなんて夢にも思ってなかったです」. 糖尿病や腎臓病、ジステンパー、パルボ、高齢、栄養不良などいろいろな健康障害がきっかけとなることがあり、基礎疾患がある場合には、口内炎とともにその治療が必要となることは言うまでもありません。, 【獣医師監修】犬の口内炎(赤い・白い)、原因や症状は?対処・治療法、治療費、予防対策は?, 犬の口内炎。気がついたら口の中が赤い、または白いということはありませんか? 口内炎になると、犬は口の中の痛みや違和感から口をくちゃくちゃしたり、口臭が強くなったりすることがあります。意外に気づきにくい犬の口内炎について詳しく解説します。, 犬の口腔内腫瘍にはメラノーマ(悪性黒色腫)や扁平上皮がん、繊維肉腫などがあり、それぞれ悪性度や湿潤性(周りに広がること)、転移率、再発率が高いものがあるので、早めの対処が必要です。, 【獣医師監修】犬の口腔内腫瘍(できもの)この症状から考えられる主な病気や原因、対処・予防法は?, 飼い主のみなさんが、愛犬の口の中をじっくりと観察する機会は、決して多くはないと思います。それでも、歯磨きをしている時や、大きなあくびをしている時に、口の中に口腔腫瘍(できもの)を発見したなら、どうすればよいのでしょうか?ここでは、獣医師が原因と対処法について詳しく解説します。, 犬は口の中に食べ物のかけらや自分の被毛、糸くずなど異物がある時に、それを取り除こうとして口をくちゃくちゃすることがあります。 動物業界にいた経験を活かし、当サイトを作成致しました。, 良質ドッグフードと粗悪ドッグフードを徹底比較!愛犬の健康を守るために必要なドッグフード知識. 色んな動物を飼ってきましたが、一番運命を感じたのが犬でした。現在は二匹の愛犬と暮らしています♪♪ どちらにしてもすぐに動物病院へ向かいましょう。, 愛犬が、てんかんの持病があり、発作の前後に口をくちゃくちゃすることもあるかもしれませんが、発作の間は犬の体を抑えつけたりせず、周囲にある怪我をしそうな物は片づけて、発作が治まるのを待ちます。 何より、愛犬の健康を願うならば、歯磨きのついでに口の中のチェックも忘れずに!, 【獣医師監修】犬が口をパクパク。この症状から考えられる主な病気や原因、対処・予防法は?, 食後や寝ているときに、犬は口をパクパクすることがあります。犬が口をパクパク開けるのには何か意味があるのでしょうか?場合によっては病気のサインであることも。今回は、誤飲や怪我などの考えられる原因や対処法など、犬の「口のパクパク」に関連する注意事項をまとめました。, 【獣医師監修】犬がペロペロ自分の体を頻繁に舐める・噛む。考えられる原因や症状、主な病気は?, 犬が自身の体を舐めることはそれほど珍しいことではありませんが、頻繁に体を舐めたり噛んだりしている場合は、何かの病気が潜んでいることも考えられます。今回は、犬が自分の体を頻繁に舐めたり噛んだりする原因や症状、考えられる主な病気について解説します。, 【獣医師監修】犬が口をくちゃくちゃ。この症状から考えられる主な病気や原因、対処・予防法は?, 本サービスでの獣医師・獣医療従事者等による情報の提供は診断・治療行為ではありません。, 本サイトに掲載された情報等のご利用により万一何らかの損害が発生したとしても、弊社は一切責任を負いません。. 犬の何気ない仕草ってとても可愛いですよね。でも、中にはちょっと気になる仕草もあります。例えば、何も食べていないのに口をくちゃくちゃさせるというもの。これには、実にさまざまな原因があるんです。そこで今回は、犬が口をくちゃくちゃする原因をまとめ ただし、発作がなかなか治まらない、短い時間に発作を何度も繰り返すという場合は、動物病院へ連絡してください。, 【獣医師監修】犬のてんかん、発作で突然死する?原因や症状、治療法は?後遺症や治療費、予防法!, 犬にも、人間同様にてんかん発作があります。急に愛犬が痙攣(けいれん)し始めると、死亡してしまうのではないかと驚いてしまうかもしれません。犬がてんかんを発症する年齢、発作の症状、かかりやすい犬種はあるのかなど、知識を得ておきましょう。, 【獣医師監修】犬の健康診断は必要?愛犬の健康寿命を延ばすために、年1回の健康診断を!(特にシニア期), 昨今の動物病院は、病気を予防するための場所にもなってきています。愛犬が病気になってから駆け込むのではなく、日頃から飼い主とかかりつけ医が信頼関係を築くことの大切さ、そして愛犬の健康寿命を延ばすための予防医療の大切さを、地域密着型病院の院長である成城こばやし動物病院の小林 元郎獣医師に教えていただきました。, まめに愛犬の手入れをしていても、口の中まではそれほど見ていない飼い主さんもいるのではないでしょうか?
その間、可能ならば、スマートフォンなどで動画を撮っておくと診断の役に立つでしょう。 犬が口をくちゃくちゃと動かしている様子を見たことがあるでしょうか。不思議な仕草なので、普段から気になっている飼い主さんも少なくないと思います。今回は口をくちゃくちゃする理由を紹介します。 犬が何も食べていないのに、口を「くちゃくちゃ」とさせていることはありませんか?実はこの行動にはいくつか理由があるのです。中には注意したい理由もあるため、要チェックですよ。 おおむね、生後21日くらいから歯が生え始め、生後2ヶ月ほどで乳歯が生えそろいますが、生後4ヶ月半頃になると永久歯が生え始めて、生後7~8ヶ月くらいで生え変わりが完了します。 この歯の生え変わりの時期にむず痒(かゆ)さを感じる、乳歯が抜けきらずに違和感があるなどのために口をくちゃくちゃすることがあります。, なお、歯が生えてくるのには順番があるそうなので、子犬と暮らしている人は時々チェックしてみるといいでしょう。, 下の切歯 ⇒ 上の切歯 ⇒ 下の前・後臼歯 ⇒ 上の前・後臼歯 ⇒ 下の犬歯 ⇒ 上の犬歯(乳歯と永久歯ともに同じ), 犬は何らかの口腔内の病気によっても痛みや不快感、噛み合わせの不具合などのために口をくちゃくちゃすることがあります。, 【獣医師監修】犬の歯周病、原因や症状(重度・軽度)は?対処・治療法、治療費、予防対策は?, 犬は虫歯にはなりにくいものの、歯周病にはなりやすく、3歳以上の犬の80%は歯周病と言われています。愛犬が歯周病になったとき、症状や対処・治療法はどのようなものがあるのか?原因や予防方法も含めて、歯周病について詳しく解説します。高齢になったときの健康にも影響を及ぼすので、若いうちから歯周病予防をしましょう!, 【獣医師監修】犬の口が臭い(口臭)仕方がない?原因や考えられる主な病気、口臭ケア・予防対策は?, 犬の口からぷ~んとにおってくる口臭。いくら可愛い愛犬でも、あまりに口臭がひどいと気になってしまうかもしれません。本来、口腔内を含め、体が健康的であれば、犬の口はほとんど無臭だといいます。となると、犬の口臭には何か原因があるはず。その元となり得る病気や症状とはについて今回は詳しく解説します。, 【獣医師監修】犬のよだれがポタポタ止まらず元気がない。原因や考えられる主な病気や対処・予防法は?, 犬がよだれを垂らすのは珍しくありません。しかし、普段はよだれをあまり垂らさない犬に見られる「異常に多い」「他にも症状がある」となると気になります。犬がよだれを垂らす原因は何なのか?病気の可能性や対策、予防方法はあるのか?今回は犬のよだれについて詳しく解説します。, 犬の歯周病が進行すると歯がグラグラしたり、抜けたりすることもありますし、歯周病菌が口腔内の組織や骨を溶かし、口腔内に穴が開く(内歯瘻/ないしろう)他、頬などの皮膚に穴が開く(外歯瘻/がいしろう)こともあります。, 【獣医師監修】犬の歯がグラグラして歯が抜けた。考えられる主な病気や原因、対処・予防法は?, 犬の歯がグラグラして抜けそう…。まず思いつくのは歯の生え変わりや歯周病ですが、他にも原因は考えられます。場合によっては重度の病気が隠れていることも。この記事では、犬の歯がグラグラして抜ける時の原因や注意点などについてまとめました。, 犬の内歯瘻(ないしろう)とは、歯根の周囲組織に炎症が波及し、そこから瘻管(ろうかん=膿の出る穴)が歯肉などの口腔粘膜に形成される病気です。ここでは、犬の内歯瘻の原因や症状、治療法について解説します。, 犬の外歯瘻(がいしろう)とは、歯根の周囲組織に炎症が波及し、そこから瘻管(ろうかん=膿の出る穴)が眼窩下(がんかかこう)や下顎などの口腔外(皮膚など)に形成される病気です。ここでは、犬の外歯瘻の原因や症状、治療法について解説します。, 【獣医師監修】犬のくしゃみ・鼻水が止まらない・鼻づまりしている。この症状から考えられる原因や病気は?, 人間と同じように犬もくしゃみをしますが、一緒に鼻水をたらすこともあります。時々ならあまり気にならない飼い主さんも多いと思いますが、これが何回か続くと鼻づまりになってしまうこともあります。, 元気いっぱいに走り回っていた愛犬が、突如普段とは違う、喘息発作のような呼吸をし始めたらどうすればよいでしょうか。初めて見た飼い主は、もれなくビックリしてしまう「逆くしゃみ」について解説します。, というような症状もある場合には、口腔と鼻腔とを隔てる骨および組織に穴が開いてしまう口腔鼻腔瘻(こうくうびくうろう)である可能性が考えられます。, 犬の歯周病が慢性的になると、歯肉の内側に膿が溜まり、それが漏れ出てくるような状態になります。, 犬の歯周炎(ししゅうえん)とは、歯肉に生じた炎症が他の歯周組織へと広がり、歯を支える歯槽骨にまで及んだ状態です。炎症が、歯肉に留まっている状態を歯肉炎と呼び、歯肉炎と歯周炎を総称して、「歯周病」と言います。ここでは、犬の歯周炎の原因や症状、治療法について解説します。, 犬の口内炎は歯周病、口腔内の怪我、化学物質や刺激性・毒性のある物への接触、免疫力の低下、自己免疫疾患などに起因して起こります。 犬がお口をくちゃくちゃとさせているところを見たことがある飼い主さんもいるかもしれません。何も食べていないのに、どうしてそんなことをするのでしょうか?お口のくちゃくちゃは愛犬からの何らかのサインかもしれません。, 愛犬が何も食べていないのに口をくちゃくちゃと音を立てることがあります。言葉を話せない犬にとって、これも何らかのサインです。犬のお口くちゃくちゃにはどのような意味があるのでしょうか。, 飼い主に撫でられたり、眠る前などに口をくちゃくちゃさせることがあります。これはお母さんの母乳を飲んで甘えていた頃の名残です。, お口をくちゃくちゃとさせている時は、「リラックスしている」という証拠であり、「甘えたい」という犬の欲求の表れでもあります。特に甘えん坊の犬には多く見られるサインです。, 飼い主を舐めるなどの愛情表現が拒まれた時、欲求不満になって口をくちゃくちゃとさせることもあります。「甘えたいのに甘えられない」という満たされない気持ちの表現です。, 犬は気分を落ち着かせるために口をくちゃくちゃとさせることがあります。お口くちゃくちゃはリラックスしているサインではありますが、犬は自分からその仕草を行うことでストレスを軽減させることができるとされています。, 食べ物や異物が口の中に挟まっている時も、口をくちゃくちゃとさせることがあります。歯茎の間に餌のかけらが挟まっていたり、自分の毛などが口の中に入ってしまっている状態です。この場合長い時間かけて音を立てているので、気がついたら口の中の様子を見てあげてください。, 体に異常がある場合も、口をくちゃくちゃとさせます。犬も人間と同じように口内炎ができることがあります。また、舌が傷つき炎症を起こしていることも考えられます。その場合食欲がなくなったり、口の中に何かできもののようなものができていたりするのでチェックしてあげてください。, 歯周病や歯槽膿漏であることも考えられます。この場合口臭がひどかったり、よだれの量が増えたりします。放っておくと細菌が血液の中に入り込んで心臓病や腎臓病、肝臓炎、細菌性肺炎など、さまざまな内臓疾患を引き起こす恐れがあります。早めに気がついて対処するようにしましょう。, 犬が口をくちゃくちゃとさせるのは、基本的にリラックスのサインではありますが、その他の症状を伴う際には注意が必要です。「異常かな?」と思ったら動物病院などに相談しましょう。, 犬がてんかんを起こし、口をくちゃくちゃとさせることがあります。これは「チューイングガム発作」とも呼ばれています。, てんかんは脳が何らかの問題を起こし、興奮している状態です。遺伝的な要素が関連している場合と、脳の病気や怪我などが原因で起こる場合があります。, 犬のてんかんのほとんどは遺伝的なものが原因の特発性てんかんであり、脳に構造上の異常を見つけることができません。一般的には命の心配はないとされています。, 一方で症候性てんかんと言われている、脳の病気や怪我などが原因で起こるてんかんは命の危険があるので、引き起こした場合にはすぐに対処しなければなりません。症候性てんかんの考えられる原因は脳の外傷、脳腫瘍、脳炎などが挙げられます。, てんかんを起こした際、チューイングガム発作の症状を見せることがあります。原因が症候性てんかんである場合、犬が命に関わる病気にかかっていることが考えられます。てんかんを起こしている時間や様子などをメモや動画などで記録して、獣医さんに相談するようにしましょう。. 愛犬が口をくちゃくちゃとさせている場合には、飼い主に何か伝えたいことがあるのかもしれません。よく観察して、コミュニケーションをとるようにしましょう。犬の気持ちや健康状態などを知ることが … 原因⑤【吐き気】 犬は吐き気を感じると唾液の分泌が過剰になり、それに伴って口を舐めたり、くちゃくちゃしたりすることもあります。また、生あくびが出ることも。 犬が口をくちゃくちゃ【注意すべ … うちの犬、どうして何も食べていないのに口をくちゃくちゃ・むにゃむにゃしているんだろう?こんな疑問を感じていませんか?犬が口をくちゃくちゃ・むにゃむにゃさせているのには、色々な意味や心理があります。例えば、寝てる時や吐き気がする時にクチャクチ 小さい頃から動物が大好きです!