中級武士は城の東南に住み、武家組織である大番組から500石以上を1番町へ、300~400石を2番町へ、100石を3,4番町へと配置した。 100石以下の下級武士は、徒士(かち)を歩行町に、足軽・中間を八坂町・唐人町周辺に住まわせた。 これでも多いように見えますが、幕府が何人の人間を養っていたのか、行政手順など、どれぐらい費用をかけていたか、こういうことを考えると、3750億円などでは、とても足りないということになります。 十石といえば、最低の生活水準です。 家族4人の米代にしかならない。 現在の物価に換算すると、年俸18万円。 米1石=金1両(小判1枚)=現在の約10万円とすれば、 十石取りの武士の取り分は、4石なの … gooの国語辞典で調べると、『罷免』は単に辞めさす事。 3000石 45人 しかし実態は戦闘時、戦闘員の数がものをいうので軍制以上の人数を動員するのが常でしたし陣場借りといってアルバイトのような人員も抱え込みふくらんでいました。 それはそれとして800石が家老に準ずるとは何とはなしに思っていたより身分が高いです。 武士として望み得る上限に近いのかな、と思います。 なんだかうまくまとまりませんが、『更迭』と『罷免』について分かりやすい用法や明確な違いをご存知の方がいらっしゃれば是非教えて下さい。 >http://homepage2.nifty.com/shinkei/yamashiro/kokudaka.htm

 ●旗本の人数(元和9年(1623年)) だいたい一万石で250人となっており、戦国時代における軍隊の単位「備」において最低限の数字となります。それ以上少ないと、ほかの部隊と合体しないと 戦の役に立たない。 ...続きを読む, 一千石・三千石・五千石の旗本の場合、家臣の人数・構成、屋敷の数・坪数はそれぞれどの程度の陣容だったのでしょうか?, ●家臣の数・構成(慶安2年(1649)の軍役規定) 幕末のころは一石は25万円相当と書かれていますので、125万円ですね。 知行地のある武士は石高に租税率をかければ収入が出ますが、30俵二人扶持のような切米取りの武士の給料は俵や石に換算するとどれくらいになるのか計算してみました。1石を1両と考えるとおおよその金額換算が分かります。 >http://www.ryusaku-kuroya.net/sekigahara.htm 江戸初期では旗本にはなるには直参であることが必要でした。しかし、幕末になると旗本株をお金で売買するようになりました。江戸城の無血開城談判で有名な幕格の勝海舟は祖父の代に旗本株を買った家系です。

そのような地図がおいてあるサイトをご存知の方はいらっしゃいますか?, 江戸時代初期は大名の取り潰しが多かったので、いつの時代が必要なのか難しいですが、一応300藩と言うことで参考URLをご覧ください。 江戸初期にはこの名残で大体一万石につき200名位に落ち着きましたがそれ以上の家臣をかかえる藩もありました。

名誉、禄高、権力、格式を分散させたのです。

残念ながらよろしくないです。

清兵衛は年収125万円(月給10万5000円程度) 安房守伝記を見ますと、 1000石~1900石 700坪

一万石以上が 大名 として扱われるのは、このへんから由来します。 旗本の中では書院番や幕格の旗本は格が高いのです。将軍のお側近くにはべるので特別なのです。外様大名は将軍に近づくことも出来ませんでした。江戸城松の廊下で『殿様』同士が出会うと格式の差でいろいろとあったでしょうね。

外様大名は禄高が多い大大名が多いですが、これもまた、幕府の要職には就けません。 山本勘助については確実な史料はほぼ皆無、全てフィクションと承知していますが、禄高100貫とは江戸時代以降の石高制で表現すると何石くらいに当たるのでしょう?勘助を庇護していた今川家重臣が「お前のような素浪人に武田家が禄高100貫とは信じ難い」と言う所からして「100貫=1,000石 程度」かなと思いますがどんなものでしょう。, 室町期の貫高は時代により変り、一概にはいえないのですが、 この為米沢藩士の窮乏はひどく、藩財政の建て直しを図った上杉鷹山の事績は有名で、内職が特産になった位です。 映画の中で病気の妻の医療費が毎月1両4分かかったとありました。 3000石~4000石 1500坪 石高 是日本 幕府時代用以表示土地生產力的一種制度,又稱石高制,舉凡稅貢、勞務、軍役等對政府的義務皆依據石高的多寡來課徵。 此制度始自1582年豐臣秀吉所實施的太閤檢地,直到明治維新後於1873年〈明治六年〉所實施的地租改正止。 今の山口県のあたりには長州藩があり、藩主は毛利家 従って実数は半分以下位に下がっていたでしょう。 しかし、tanuki4uさんは質問を外した回答でありながら他に回答者がいないという理由によって私からベストアンサーを得ています。これに鑑み今回はNO.2にベストアンサーを譲って下さいまし。 戦国期、江戸初期、末期で実態が変わっています。  ●拝領屋敷地(元和6年(1620年)) 40石あれば、最低限の一人の武士の構えができますね。というレベル。 間違っているところ、抜けているところがあれば教えてください。, >こうのような認識でよろしいですか? 大名家の家臣数を知りたいので教えて下さい。 なぜならば、階級のようなものを曖昧にして、誰が偉いのか分からなくするのが徳川家康の狙いだったからです。 戦闘時に単独で「備」を提供できるのが大名。 なので わずか26石 ということになります。, 昔の日本で、旗本と大名どっちが偉かっんですか? 格から言うと徳川御三家、徳川御三卿家、松平家、親藩大名、外様雄藩大名、幕格旗本、外様小藩大名、旗本の順です。, ※各種外部サービスのアカウントをお持ちの方はこちらから簡単に登録できます。 山下方式は実に分かり易いです。天才の着想は、流石だと思います。 この武士は大東亜戦争当時の軍隊の位、または今日の相撲の番付でいうと、どの程度の評価になりますか。 日本史ひとこま, 江戸時代, 江戸時代、1万石以上の知行地をもつものを大名といい、それ以下の幕府直参を旗本、御家人といった。, 旗本は200石以上、将軍へ御目見えできる者で、御家人はそれ以下の給与所得者である。旗本は知行地を治める能力があると認められ、知行取りと呼ばれた。, たとえば1000石の身代の旗本では、知行地の税率が4公6民であれば、400石が自分へ600石が農民へ分配される。, この400石のうち自分の家族や郎党が食べる分は米として納入させるが、あとは米仲介業者である札差に依頼し、金に換金したのち納めさせた。, 一方、下級の旗本や御家人は知行地をもたない。したがって蔵米取りといって、玄米が直接支給されていた。, 蔵米取りでは、石でなく俵で計算された(1石=2.5俵)から、たとえば1000俵取りの御家人では400石の収入となり、計算上、手取りは1000石の旗本と同じである。, 蔵米もまた最初は直接手渡しであったが、徐々に必要分のみ運び込ませ、残りを現金で受け取るようになった。, ちなみに江戸初期には金1両は米3~4石の価値があったが、金銀相場の下落に伴い江戸後期には、金1両は米1石まで価値が下がった。, また金1両の価値は、米の値段からすると5~10万円であるが、大工の手間賃からはは30~40万円、そばの代金からは12~13万円に相当するといわれる。, 同じ御家人でも下級層の与力、同心とよばれる人たちは、年収100万円を切るという厳しい生活を強いられた。, ただ住居は広い敷地を与えられたため、借家、野菜の栽培、金魚飼育、傘張りや竹細工の手内職など、手広く副業に精を出した。, また給与明細についてみれば、先祖代々家に対して与えられる基本給ともいうべき家禄と、役職手当ともいうべき職禄、この職禄のない下級の武士に与えられる家族手当ともいうべき扶持米があった。, このうち扶持米は、200俵6人扶持というふうに表現され、200俵の蔵米に加え、6人扶持分は一日当たり男5合、女3合で換算され、たとえば男女3名づつなら年間21.6俵(8.6石)が支給された。ちなみに1石とは、ひとりが1年間に食べるコメの量と考えてよい。, 以上が幕府直参の給与状況であり、地方諸藩の藩士の場合はさらに厳しい給与状況であった。, たとえば15万石の伊予松山藩では、松山城を取り囲むお堀の内側(堀之内)に1000~2000石の上級武士が、松山城周辺には重臣で1万石の蒲生家を筆頭に、4500石の本山家、4200石の稲田家が住んだが、幕末の嘉永年間には奥平弾正の3200石を筆頭に水野甚左衛門と竹内久六が2000石と、家老職の変化がみてとれる。, 中級武士は城の東南に住み、武家組織である大番組から500石以上を1番町へ、300~400石を2番町へ、100石を3,4番町へと配置した。100石以下の下級武士は、徒士(かち)を歩行町に、足軽・中間を八坂町・唐人町周辺に住まわせた。, 平均的な150石の給与生活だと、五公五民として手取りは75石、玄米のため白米に交換すると1割少なくなり、札差に換金を頼むとさらに減じて手元には64両しか残らない。年700~800万円で家族、使用人を養っていくのは容易でなかったと思われる。, 足軽・中間に至っては年100~200万円という低収入であったから、内職だけでは追いつかず、お金で身分を売ることもあったという。. 間接的に呼んだ話では、例えば、うなぎの蒲焼などは江戸時代にはなかったと考えてよいのです。江戸後期には出てきますが、中期に、丸焼きのうなぎを食べていたというのが実情で、しかも、精力がつくというので、人足などの肉体労働従事者が食べていたもので、一般的ではありません。

武士は戦闘要員ですので、○○石の禄高というときは、○○石に見合う(自分も含めた)兵隊を連れて戦争に参加することということになります。これを軍役といいます。   例えば、200石10人扶持(男5・女5)の旗本がいたとして換算するとどうなるか。 家禄 200石の実収が4ツ物(四公六民)として80石 扶持米 男扶持 一日5合×360日×5人=9000合=9石

これは謀反の防止の為です。 100俵取りの武士でも、中間一人、下女一人雇っていると、食べるだけでやっとだった。 それ以下の下級武士たちは、非常に苦しい生活を強いられていたのである。 実際、享保7年(1722年)の記録を見てみると、旗本は5205人で、平均の石高は507石(俵)。

禄高800石で明治維新を迎えた長州藩の武士がいるそうです。800石と言われても社会的評価が掴めません。金銭に無縁の生活をしているとあっては年収に換算しても、やはり価値が?めません。私には山下画伯方式が一番判り易いです。 これは単にメディアがきちんとした使い方をしていないという事なのでしょうか? 使用人もいますから、かなり厳しい生活ですね。 1石とは米の単位だと思いますが、そもそもお米で給与をもらっていたのでしょうか? 1000石 21人(侍5、槍持等16) 一万石で250人を 逆算すると 解任---任を解く  課長の任、地位を解く。**さんを解任するはその人の任(地位)を解くで、**さんを辞めさせるという事ではない。結果的には首もあるでしょう. それとも現金ですか? 参考URL:http://www.asahi-net.or.jp/~me4k-skri/han/hantop.html, 皆様、こんにちは。 残念ながらよろしくないです。 10斗=2.5俵(=100升=1000合)約150キロ

妻の医療費(毎月1両4分)は7000円かかる計算です。 江戸時代は、初期の頃から後期へと、段段と商品・物品の種類は増え、食品やその調理形態も,時代と共に豊富になって行きましたが、とても現代の比ではありません。 名刺代わりのご挨拶までに、こちらを選ばせていただきました。, 平時の価値を戦時の価値に換算するのは無理だと分かりました。 家々によって違うと思いますが、一万石・五万石・十万石・三十万石クラスの大名の大まかな家臣数・陪臣数を知りたいです。宜しくお願い致します。, 大名家の家臣数は時代によりかなり異なります。 譜代大名や旗本は徳川家直属の家臣で、禄高はあまり高くないですが幕府の要職に就き、実際の権力を持ちました。 2016/10/30 なお、1石は2.5俵です。40石が100俵です。また玄米と白米は、昔は食用の米はほとんど精米していません。だから、そんなに差はないことになります。清酒用の米はかなり精米したようですが、分量的には、それほどではないでしょう(ただ、糠が出る程度には精米したはずです。糠も貴重な食料原料だったのです)。

最近何かとよく耳にする『更迭』と『罷免』ですが、意味が同じように思えてなりません。(他にも『解任』などもあったりして)

この中で何度もでてくる50石取りの身分(給与)とはいかほどのものなのでしょうか? 特に旗本でも高家と呼ばれる旗本は、...続きを読む, 最近歴史小説を読み始めたのですが、恥ずかしながら、基礎の単語の意味が全然わかりません。 >参考2:関ヶ原 1万石の大名は、石高30億円です。しかし、1万石の大名になると、相応の数の武士の家来を持たねばならず、小者や使用人など、抱える家来や使用人は100人は軽く超えたはずです(また収入は、以下の前田家と同様、15億円と半分になります)。 (農家の次男・三男などが商家に丁稚などで働きに出ると、食事に、たくあん一切れ二切れとか、梅干が出たそうですが、これが何とも美味しく、魅力的であったという話があります)。 どちらも、『人を辞めさす』という意味で間違いないと思いますが。 幕末長州攻めなどに動員された時武器鎧も質にいれていたので請け出すのに借金して間に合わせたといいます。 1石=10斗=100升=1000合 でした。それゆえ、1石半で、一人の食料一年はまかなえたことになります。5人家族で7石か8石です。もう少し多く必要だとして、庶民は、一年間に一家で10石あればよかったということになります。 戦国末期で軍制が定まってきたときは大体一万石につき200名以上の人数、に武器、乗馬、旗などの数が決められていました。

加賀100万石の前田家は、石高3000億円ということになりますが、これは大土地所有者でもあるのであり、日本の面積の50分1ぐらいを所有する大金持ちだとも云えます。(また、これは、加賀の総生産高で、課税がその半分とすると、1500億円が収入です。領地を持つ大名などは、領地からの税収が収入であったのです)。 江戸初期にはこの名残で大体一万石につき200名位に落ち着きましたがそれ以上の家臣をかかえる藩もありました。 まず、タイトルにある文書が恥ずかしながら、わかりませんでした。禄高、石、とはなんでしょうか?わかりやすく説明出来る方いらっしゃいましたら、よろしくお願いします。, 武士にとっての石高制は、自分の身分の証です。 譜代大名や旗本は徳川家直属の家臣で、禄高はあまり高くないですが幕府の要職に就き、実際の権力を持ちました。 40石で1名 間接的に呼んだ話では、例えば、うなぎの蒲焼などは江戸時代にはなかったと考えてよいのです。江戸後期には出てきますが、中期に、丸焼きのう...続きを読む, 映画「たそがれ清兵衛」を観ました。(時代は幕末です) 石高[1]是日本幕府時代用以表示土地生產力的一種制度,又稱石高制,舉凡稅貢、勞務、軍役等對政府的義務皆依據石高的多寡來課徵。此制度始自1582年豐臣秀吉所實施的太閤檢地,直到明治維新後於1873年〈明治六年〉所實施的地租改正止。, 石高的計算是以公定的土地預估生產量〈石盛〉乘以面積而得的,以石為單位。在土地為主要財富象徵的農業時代,石高就代表了所擁有的財產,而地主與士族階層之下的受薪階層俸祿也沿用石高來表示。, 石高又分表高及內高兩種。表高是指幕府所公布的公定石高,內高則是實際收穫的石高。表高與內高的差距除了會因豐年荒年而不同之外,隨著各地後來開墾發展程度的差異,不少地方的表高與內高也存在著逐漸乖離的現象。另外除少數地中海型氣候〈如瀨戶內海〉的地區外,均無法種植較高產且不吃地力的占城稻,故中間有很大的差異,甚至超過兩倍的產量。另外雜糧、水產、礦產亦計算在內,比如石見銀山就相當五十萬石。, 在中國一石米相當於一个成年人一年的食米量,但日本在明治維新地租改正以前一石僅約重二十至三十公斤[2][3][4],因此在軍事上一石也就相當於能夠屯養一個士兵的能力。從這個角度來看,石高的多寡不但是財富的象徵,也可視為領主所能動員的兵力。依照江戶時代的軍役令規定,大名的軍役義務為石高乘以年貢率,因此表高一萬石的大名約有動員兩百五十至三百人兵力的義務。, 知行一百石 = 稻穀一百俵 = 現米卅五石 = 二十人扶持 = 金卅五兩 = 銀一百兩 = 銅錢一百貫。若以江戶年代知行取「公四民六」計算,,知行一萬石約徵稻穀四千俵 = 約五十二點五公斤穀乘以四千 = 現米七萬三千五百公斤 = 現米一千四百石 = 八百人扶持〈成人每年食米量〉 = 黃金一千四百兩 = 白銀四千兩 = 銅錢四千貫 = 四百萬枚永樂通寶。扣掉兵役或工役的支出,大名所剩不多。, 中世紀歐洲的歐洲封建制度裡,佔人口多數的「有土地農奴」,多半領有三十英畝的農地,相當於十二點五臺甲,約等於石高一百二十五面積土地,與日本的農民兵〈足輕〉同樣負有勞役或兵役的責任。而在日本石高一百二十五則已經是下級武士的待遇,因此比起歐洲騎士而言,日本武士生活非常清苦,有著歐洲農奴的經濟條件卻負有歐洲騎士相同準備武器、裝備和修練武藝的責任。也因此超過九成的下級武士僅能使用以皮、竹、籐為材料的盔甲,和劣質的「束打刀」作為武器裝備。, この時代の斗量は、現在の斗量とは異なり、現在の定説では、当時の一斗は現在の零點四斗である〈澤田吾一『奈良時代民政経済の数的研究』〉,穀約三十公斤,糙米的場合二十公斤, 戦国時代から江戸時代は時代・土地・保存法ごとに異なるが、概ね一俵は二斗から五斗の間を推移している。, https://zh.wikipedia.org/w/index.php?title=石高&oldid=61902668, 貫高則是每二段〈二分田〉水田徵收五百文〈半俵稻穀、一百二十五枚永樂錢〉、旱田收取一百五十至兩百文;那麼貫高一百貫的, 飲食習慣未改變前,中華民國國軍每人每日配給五百四十克米,每年約一百九十七公斤,另外麵粉五十二點五公斤每年,黃豆十一公斤每年,油鹽碳另計,不含眷屬補助僅供個人部隊裡食用。北韓從一九五七年開始實行糧食配給制。規定一般勞動者的口糧定量為每天七百克,軍人八百克,老人五百克。台灣民眾食米量由民國七十年的九十九公斤,因飲食習慣改變方下降到九十七年的四十八公斤〈肉類、麵粉類等增加〉,若說一石是一成年人的食米量來看當時情況是不對的,亦不可能以一石, 二百石級的軍役〈約四十貫文〉:鎧武者一人、槍持一人、馬伕一人、甲冑持一人、小荷駄一人,草履取一人;隨員共六人, 四百石級的軍役〈約八十貫文〉:鎧武者二人、草履取一人、小荷駄二人、甲冑持一人、槍持一人、挟箱持一人、馬伕一人;隨員共九人〈山內一豐在秀吉的長濱城因功被封的等級〉, 五百石級的軍役〈約百貫文〉:鎧武者二人、甲冑持一人、槍持一人、馬伕二人、小荷駄二人、草履取一人、挟箱持一人、立弓一人;隨員共十一人〈蜂須賀正勝在木下藤吉郎還是草履取時的等級,武田晴信曾以一百貫招募素浪人, 千石級的軍役〈約二百貫文〉:鎧武者五人、立弓一人、鐵砲一人、槍持二人、甲冑持二人、草履取一人、長刀持一人、挟箱持二人、馬伕二人、押足輕一人、沓箱持一人〈主公戰鬥用毛靴箱〉、小荷駄二人;隨員計二十一人。, 五千石級的軍役〈約千貫文〉:騎馬武者五人、五騎的馬伕五人、槍持五人、具足持五人、小者五人、若黨五人、數弓三人、箭箱持二人、鐵砲五人、彈藥箱持二人、槍持十人、手替三人、旗差六人、鎧武者九人、馬印持三人、主公馬的馬伕四人、挟箱持四人、草履取一人、茶弁当持一人〈挑整套茶具〉、坊主一人〈負責泡茶〉、甲冑櫃持四人、立弓一人、手筒一人、長刀持一人、雨具持一人、長持一棹四人〈挑夫〉、沓箱持二人、押足輕四人、小荷駄五人;隨員合計一百零七人。, 一萬石的軍役〈約二千貫文〉:騎馬武者十人、鎧武者十六人、十騎的馬伕十人、若黨十人、槍持十人、具足持十人、手替五人、小者六人、數弓十人、手替三人、鐵砲二十人、手替五人、槍持三十人、手替十二人、旗差九人、宰領一人、立弓二人、手筒二人、手替一人、長刀二人、甲冑櫃持四人、雨具持二人、草履取一人、馬伕六人、沓箱持三人、手替一人、押足軽六人、箭箱持二人、彈藥箱持二人、馬印持三人、宰領一人、小馬印持二人、挟箱持四人、簑箱持〈雨具〉二人、茶弁当一人、坊主一人、長持二倬八人、宰領二人、小荷駄十人;隨員計二百三十五人。〈前田利家家族最早即二千貫等級,.
例えば、道ですれ違ったときに道をゆずるのはどっちとか, それぞれが『殿様』と呼ばれていた階級です。大名は石高1万石以上で、格の高さは大名が上です。旗本から出世して大名になった者として吉宗時代の町奉行・大岡忠相です。綱吉時代に柳沢吉保も下級藩士から側用人を経て大名になりました。 なお、参考2では、1石=5万円としていますが、これは話がおかしいのです。現代の米の価格をそのまま戦国時代や江戸時代に当てはめるというのが無理があるのです。一日5合が、一人の庶民の生活費で、1石=5万円だと、1合=50円で、一日5合は、一日250円となりますが、そんなはずはないのです。

北条氏康時代の「小田原衆所領役帳」によると、平均七貫に一人の軍役(例えば、284貫の所領の宇津木兵庫助は軍役36人)になっています。 >http://www.odc.ueda.nagano.jp/hansei.htm 戦国期、江戸初期、末期で実態が変わっています。 江戸幕府の軍役は50石で一人ですが、戦国時代は20~40石で一人、平均して30石で一人と推定されます。(戦前の陸軍参謀本部) 勿論内実の裕福な藩や尚武の念の厚い藩などはこの限りではありません。

なぜならば、階級のようなものを曖昧にして、誰が偉いのか分からなくするのが徳川家康の狙いだったからです。

親藩は将軍の親戚だという「名誉」があるだけで、藩主は幕府の要職には就くことはできません。 また武士は、人口の一割にも満たない、エリート階層だったのだということも重要です。中級武士だと、少なくとも4,5人の下男・下女などを専属で使っていたのであり、現代の日本で、4,5人の成人を丸抱えで雇うとなると、年間1000万円の収入では無理でしょう。一人300万円出すとしても、1200万円とか1500万円必要になり、これを考えると、100石の中級武士が年収3000万円というのは、それほど多い金額ではなくなります。 『更迭』は他の人に変える事とでてきます。 その40石に 全然足らないのが 26石となります。 更迭---人を変える。**を更迭する。--に***を更迭でもいいし、**を更迭するでも、どこへ行こうが更迭をされる事実がわかれば、いいのだから、**を更迭でもかまわいと思います.地位を下げられる人もあり.

1000石の旗本というと、殿様であって、裕福ということになりますが、これは年収3億円ということになります。 特に旗本でも高家と呼ばれる旗本は、格式ではその辺の大名よりずーっと上でした。 ようするに、色々な分野でNo1を作ることによって、誰かが徳川に対して謀反を起こそうと仲間を集めようとしても「俺の方が偉いんだ、お前の下になんかつけるか」「俺の方が偉い、いいや、偉いのは俺の方だ」と、誰かが突出したリーダーシップを取るのを防ぐ為です。, >こうのような認識でよろしいですか? 従い一貫は約4石で、勘助の初任給は400石相当のようでなかなかの高給です。 ということが見てわかりやすい日本地図を探しています。 だとしたら、『更迭』の用法としては『○○を△△に更迭する』という形となると思うのですが、新聞やTVなどメディアでは『○○を更迭』と使っている気がします。 最下級の武士で、禄高30石とかがありますが、30石でも、食べるだけなら、十分余裕があったということになります。 1石は7万5千円になり、10石は75万円になって、先の300万円と合いませんが、江戸時代の方が米の価値は高かったのだと云えます。 中級武士は、禄高100石ぐらいありました。これは3000万円になり、非常に高給のように思えます。 こうして瑣末なことをお断りしなければならないのも、元はといえばベストアンサーなしでは締め切れない、このシステムにあります。困ったものです。, 中尉から軍曹、場合によれば中佐に該当するのが判りました。 お客様の許可なしに外部サービスに投稿することはございませんのでご安心ください。, http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%BB%8D%E5%BD%B9, http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8F%E9%9A%8A, http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%BF%91%E4%BB%A3% …, 田布施町は周防ですが何藩だったでしょうか?長州萩藩でよろしいでしょうか?それとも、徳山藩か、岩国藩だ, 平成維新とこの頃、息巻いている人らがいますが、 元々の明治維新と言われるものが、長州征伐からの蛤御門, 幕末の明治維新の時に廃藩置県が起きて藩が廃止になりましたがそのときにあった○○藩の○○が現在の名字に, 公武合体派の薩摩藩が、長州藩とともに「倒幕」を決意した理由って何ですか?教えて下さい, 明治維新のときの桂小五郎の活躍について 幕末のときは積極的に活動、活躍したのにも関わらず、明治維新の, 【明治維新150周年記念年】現在に残っている明治維新を触れられる観光スポットを教えてください。 来年. 米沢藩上杉家は謙信以来の家風があり大幅な減封を受けたのですが家臣団のリストラはせず、一律減封で対処したので有名です。 幕府1000万石1.5兆円は、純利益ではなく、粗利益で、ここから人件費その他諸費用を出さねばならないのです。それは大名家も同様で、武士の家も似たようなことになります。 親藩は将軍の親戚だという「名誉」があるだけで、藩主は幕府の要職には就くことはできません。

生活費は大体、食べるのに使ったのだと考えるのがよいでしょう。衣類や調度、その他、多少の道具も必要だったでしょうが、やはり食べることが主で、食べられることが、生活の条件だということになります。  

この金額を石高にするとどれくらいになりますか? 参考URL:http://bakumatu.727.net/iroha/mame-kome.htm,http://www.asyura2.com/0306/tyu2/msg/314.html, 先週の大河ドラマ「風林火山」で、今川家重臣の食客として駿河にいた山本勘助を、家督を継いだ武田晴信が「禄高100貫」で招くという話がありました。 地方ごとに分かれています。 米10石が庶民の年間の収入だったと考えると、現代の庶民の年間収入を仮に300万円とすると、1石は30万円になります。米1升は、1.5kgほどで、1石は150kgだとすると、現代の安い米だと、1kgは500円かそれ以下です。1石は7万5千円になり、10石は75万円になって、先の300万円と合いませんが、江戸時代の方が米の価値は高かったのだと云えます。
禄高800石の武士、兵隊の位でいうと? 中級武士は、禄高100石ぐらいありました。これは3000万円になり、非常に高給のように思えます。しかし、江戸時代は、人件費が無茶苦茶に安かったという事情があります。商家の手代や丁稚が一年、働きに働いても、大した給金はなかったのです。食べさせてもらうことが、給金の主たる部分だったとも云えます。 >参考3:上田藩の支配組織 当時所領500貫(2000石)は重役でした。, たとえば、 5000石 75人 こうのような認識でよろしいですか?

戦国末期で軍制が定まってきたときは大体一万石につき200名以上の人数、に武器、乗馬、旗などの数が決められていました。 よろしくお願いします。, なかなか感動的な映画でしたね。   一石は下記のようです。 1日250円なら、1年で9万円ですが、5人家族で45万円とは、現代日本では生活できません。米の価値が、江戸時代では、現代よりも遥かに高かったということを失念しているのです。 (左は高く、右は低いという設定です。) 幕末のころは、一両が5000円程度ですから

江戸時代は、初期の頃から後期へと、段段と商品・物品の種類は増え、食品やその調理形態も,時代と共に豊富になって行きましたが、とても現代の比ではありません。 一日に米五合というのは、そんなに食べないと思えますが、昔は、副食がないので結構食べたのです。米だけ食べたのでないので、雑穀も米に勘定して、副食もこれに入れます。すると、大まかに、1石は、200日分の米だと出てきます。 有り難うございました。, 世の中の成功している男性には様々な共通点がありますが、実はそんな夫を影で支える妻にも共通点があります。今回は、内助の功で夫を輝かせたいと願う3人の女性たちが集まり、その具体策についての座談会を開催しました。, 石高が具体的に想像できません。時代ごとで石盛がことなることは理解できるのですが、例えば加賀百万石や慶長年間の30万石とは、玄米にして何表にあたるのか、米にしたら何表になるのか、金額にしてどれくらいなのか、などの具体的なものを教えていただけませんか。時代ごと、地方ごとでその意味は異なるとは思うのですが、概略だけでも掴みたいと思います。, 江戸時代と現代では、ものの価値がまったく違うのだということを理解しなければなりません。現代は物品・商品が驚くほど豊富で、食品にしても種類などは無数にあり、その料理法も多数あります。 食品としては、海から取れるものは、各種の魚、貝、たこやいか、海草などで、池や川や田などでは、魚や貝が取れました。これらを調理して料理にしたのです。また陸では、米、麦、豆、粟・稗などの雑穀、大根、芋などを含む各種野菜、そして兎やかもの肉などがあり、例外的に、猪の肉などもありました。

では、禄高26石となるとどうなるか? 太平が続いた江戸中期では経済の発達、実収入の変動も影響しリストラ、給与の削減(借り上げ)などが常態となり軍制は形ばかりで多くは渡り中間など臨時の人数で揃えることが多くなり馬を備える事もままなりませんでした。

3000石 56人(騎士2、侍8、槍持等46) 1000石 24人