More. 日本大学硬式野球部(にほんだいがくこうしきやきゅうぶ、Nihon University Baseball Club)は、東都大学野球連盟に所属する大学野球チーム。日本大学の学生によって構成されている。学内での正式名称は日本大学保健体育審議会硬式野球部。, 1923年に野球部が創部。東京六大学野球連盟が成立した1925年頃は、東京新大学野球連盟や東京新10大学野球連盟などに加盟し活動したり、東京六大学野球連盟に加盟打診するなどしていたが[1]、1931年 國學院大、専修大、中央大、東農大と共に東都大学野球連盟の前身である五大学野球連盟を創設。初代監督に大沢逸郎(明治大OB)を迎える。最初の合宿所は杉並区天沼で、近くにグラウンドがあったが、その地には現在、日大二高の校舎が建っている。, 1948年秋に初の専任監督として香椎瑞穂(第5代)が就任。以後16シーズンで8回の優勝をして第1期黄金時代を築き、名将(東都のステンゲル)といわれた。1961年には、宮田征典を擁して全日本大学野球選手権における東都代表としては初めての優勝を飾った。その後の監督は、香椎引退後の臨時就任であった飯沼(第6代、後に第9代監督に就任)を挟んで1965年秋季からは河内忠吾(第7代)が就任。1966年春には二度目の大学日本一になる。しかし、1971年秋の優勝(第11代鈴木博識監督の現役時代)を最後に、長らく数度の2部落ちや部史上初(唯一)の2部最下位になるなどの低迷期が続いた。, 1992年秋には42シーズンぶり20回目の優勝(和泉貴樹監督、第10代)をして復活の機運が高まったが、1995年秋には5度目の2部転落。翌年の1996年には日大藤沢高から鈴木博識監督(第11代)が招かれ、1997年秋には1部に復帰。以後、18シーズンでリーグ優勝2回、全日本大学野球選手権大会でも準優勝2回の成績を収めたが、2006年秋には2部転落、その後1年で1部復帰したが、2008年秋には通算で7度目の2部転落となった。2009年春には2部で最下位争いをするなど低迷の責任をとって鈴木監督が辞任し、衣川隆夫監督代行を経て同年秋から仲村恒一監督(第12代)が指揮を執る。2013年春季は2部に所属。, 2012年秋季終了時点で東都大学野球リーグ通算成績(全158シーズン)は以下の通り。, 生産工学部硬式野球部(千葉県大学野球連盟所属)も存在し、同キャンパス第2球場で活動している。こちらは一般入学の理系学生が中心

中学生の時お世話になったクラブチームの監督さんが、「同朋大学の硬式野球部は近年力を入れており良いチームになってきている。また、プロ野球選手も何名か輩出している。」と勧めてくれたこともあり、入学することを決めました。 高校の時とは違い、強制がないので、どれだけ自分で意識を高くもって継続できるかということが大事になってきます。今後は、最後のリーグ戦を良い形で締めくくるということと、上のレベルでやるために何が足りなくて、何が必要なのかを理解し練習することが必要なことであり目標です。. 14:00~18:00(名古屋造形大学グラウンド)SAT. 首 脳 陣. 月間スケジュール. SUN. 大塚 光二(おおつか こうじ、本名:大塚 孝二〈読み同じ〉、1967年8月26日 - )は、兵庫県神戸市垂水区出身の元プロ野球選手(外野手、右投左打)・コーチ。2015年7月27日からは、東北福祉大学硬式野球部の監督を務めている[1]。, 愛称は「ツカやん」「光ちゃん」「ビビ」「ビビビ」[2]。あるいは単に「ツカ」「ツカヤン」とも。また、金本知憲のように東北福祉大学の後輩は「社長」と呼ぶ例もある。, 育英高等学校に進学してから野球を始め、その後東北福祉大学に進学、佐々木主浩らと共にプレー。「東北福祉大学伝説のキャプテン」と呼ばれて各球団の後輩選手から慕われていた。ルームメイトは金本知憲だった。, 西武黄金期の貴重な控え選手として森祇晶・東尾修の両監督に仕えた。特に日本シリーズには滅法強く、印象に残るプレーを見せている。1992年の日本シリーズでは、第6戦の9回表2死、1点ビハインドの場面で四球で出塁すると、続く秋山幸二の右越え安打で一塁から一気に本塁を突き、古田敦也のブロックをかいくぐって左手で本塁にタッチする好走塁で生還。1994年はシーズン出場は15試合だったが、日本シリーズは全試合2番ライトでスタメン出場し、打率.320を記録。4試合でスタメン出場した1998年の日本シリーズでは、第5戦から第6戦にかけて6打数連続安打のシリーズ新記録(当時)を樹立し、打率.643の活躍で敢闘選手賞を受賞した。日本シリーズ通算打率(50打席以上)では歴代1位(通算58打数23安打3打点、打率.397)を記録している。, 2001年限りで引退後、文化放送およびCS放送・J SPORTSで解説者・リポーターを務める他、金村義明と共に、J SPORTSのプロ野球バラエティ番組である「ガンバレ日本プロ野球!

ホーム . 14:00~18:00(津島球場)THU. 部員名簿. Gallery.

同朋大学・硬式野球部に入部した理由は、練習会に参加した際、監督、コーチと選手とのコミュニケーションが多く、 チームとしての雰囲気がとても良かったからです。 大学では、強豪校出身の選手と同じチームになり、お互いの意見を出し合うことで、考え方や練習方法などを共有できます。これまでの知識と合わせることで、より良い練習になり、さらに技術を磨くことができました。今後の目標は、まず2部リーグから1部リーグへ昇格することです。その後、1部リーグを勝ち抜き、神宮大会に出場することが次の目標です。高校野球では感じることのできなかった楽しさが大学野球にはあります!一緒にプレーできる日を楽しみにしています。. 7:00~9:00(屋内練習場)WED. 日本福祉大学硬式野球部. ?」の進行役もつとめている。

練習会に参加した際、先輩方が楽しそうに野球をされていて、自分には気さくに話しかけてくださり、自分もこのような環境で野球ができれば良いなと思いました。昨年、3年生の秋季リーグ戦で、とても苦しい状況だったのですが、そこから一致団結して、残り4試合を4連勝したことが印象に残っています。今年で最後の一年となりますが、1部に昇格することが一番の目標です。個人的にはこれまで試合に出られなかった分、自分が投げてチームの勝利に貢献したいです。上下関係もありながら、時には何でも話せるとてもいい人間関係の中で野球ができ、チームワーク抜群で心から野球を楽しめるチームです。1部昇格を目指して、一緒に野球をやりましょう!

テレビ朝日とも契約しているが、ここ数年はBS朝日単独放送の出演が多い。テレビ朝日から派遣されて行う東日本放送のクリネックススタジアム宮城での中継では、ローカルタレント本間秋彦と息の合ったトークを披露している。, またそれ以外の活動としては、埼玉県所沢市に本拠地を置く社会人野球チーム一球幸魂倶楽部(いっきゅうさいたまくらぶ)」の監督を務めたほか、「コロナベースボールアカデミー湘南平塚校」校長として、子供たちへの野球指導にあたっていた。, 2014年7月1日より日本ハムファーム外野・守備走塁コーチに担当変更となる[4]。同年10月28日に任期満了につき退団[5]。, 2015年からは、母校・東北福祉大の特任講師へ就任するかたわら、大学でソフトボールを指導。家族とともに仙台に移住したため、地元の楽天koboスタジアム宮城で開催される東北楽天のホームゲーム中継を中心に、J SPORTS・仙台放送・文化放送で野球解説者としての活動を再開した[6]。, その一方で、2015年1月30日には、日本学生野球連盟から学生野球資格の回復を認定[7]。同年7月27日付で、東北福祉大硬式野球部時代の1年先輩・山路哲生から、同部の監督を引き継いだ(山路は総監督に就任)[1]。なお、チームは大塚の監督就任を機に、仙台六大学秋季リーグで2季振りに優勝[8]。明治神宮野球大会・大学の部[9]にも「東北3連盟代表」として4年振りに出場したが、立命館大学との1回戦(11月12日)で、打線が桜井俊貴から毎回の18三振を奪われた末に完封負けを喫している[10]。2018年6月17日、第67回全日本大学野球選手権大会決勝で国際武道大学に6-2で勝利し優勝した[11]。, “ビビ”東北福祉大・大塚監督が日本一になるまで…「なめてる選手はベンチに入れない」, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=大塚光二&oldid=80111443, 初打席:1990年6月20日、対日本ハムファイターズ11回戦(東京ドーム)、7回表に, 初本塁打:1994年9月25日、対日本ハムファイターズ26回戦(東京ドーム)、7回表に.

※現グラウンド及び合宿所は、2000年10月に移転。以前は合宿所、グラウンド共に世田谷(グラウンドは文理学部併設の野球場を付属櫻丘高校と共用)。, ※連盟記録に載っているもののみ(最高殊勲選手、最優秀投手、ベストナインは昭和33年春以降), ※通算100安打以上打者:村田修一:103安打(平成11年~14年)歴代12位タイ(4名), ※球歴については判明分のみを記載。なお所属団体については特記がない限り野球部関連を前提にしている。, 法学研究科 | 新聞学研究科 | 文学研究科 | 総合基礎科学研究科 | 経済学研究科 | 商学研究科 | 芸術学研究科 | 国際関係研究科 | 理工学研究科 | 生産工学研究科 | 工学研究科 | 医学研究科 | 歯学研究科 | 松戸歯学研究科 | 獣医学研究科 | 生物資源科学研究科 | 薬学研究科 | 総合社会情報研究科 | 法務研究科 | 知的財産研究科, 法学部 | 文理学部 | 経済学部 | 商学部 | 芸術学部 | 国際関係学部 | 危機管理学部 | スポーツ科学部 | 理工学部 | 生産工学部 | 工学部 | 医学部 | 歯学部 | 松戸歯学部 | 生物資源科学部 | 薬学部 | 通信教育部, 硬式野球部 | 相撲部 | 馬術部 | ラグビー部 | レッドシャークス(バスケットボール部) | フェニックス(アメリカンフットボール部), 日本大学学園祭(NU祭) | 日本大学新聞社 | 日本大学校友会(桜門会) | 神田カルチェ・ラタン闘争, 日本大学医学部附属看護専門学校 | 日本大学歯学部附属歯科技工専門学校 | 日本大学歯学部附属歯科衛生専門学校 | 日本大学松戸歯学部附属歯科衛生専門学校, 日本大学山形高等学校 | 日本大学東北高等学校 | 日本大学習志野高等学校 | 日本大学櫻丘高等学校 | 日本大学鶴ヶ丘高等学校 | 日本大学明誠高等学校, 日本大学高等学校・中学校 | 日本大学藤沢高等学校・中学校 | 日本大学豊山中学校・高等学校 | 日本大学豊山女子中学校・高等学校 | 日本大学三島高等学校・中学校, 日本大学第一中学校・高等学校 | 千葉日本大学第一中学校・高等学校 | 千葉日本大学第一小学校, 旭川日本大学高等学校 | 北海道日本大学高等学校 | 水沢第一高等学校 | 日本大学江古田高等学校 | 日本大学横須賀高等学校 | 高岡日本大学高等学校 | 岡山日本大学高等学校 | 松江日本大学高等学校 | 鹿児島日本大学高等学校, 図書館 | 産官学連携知財センター | 総合学術情報センター | 総合生涯学習センター | カザルスホール, 日本大学病院 | 医学部付属板橋病院 | 歯学部付属歯科病院 | 松戸歯学部付属病院 | 生物資源科学部付属動物病院, 就任中に日大櫻丘高を唯一の甲子園(選抜大会)に導き日大三高との決勝を制して日本一になる。, 当時、部初の総監督制を敷き野球部内の組織としては総監督に飯沼氏、監督は石井氏が続投であったが、連盟への登録上では区別がないため監督が飯沼氏、コーチに石井氏という形を採った。, 香椎監督の後任が決まらない間の飯沼臨時監督の後を受けてリーグ戦の途中で正式に就任した。, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=日本大学硬式野球部&oldid=78788553, 1部:在籍通算127季、優勝22回(2度の優勝預かりを除く)、最下位17回(入れ替え戦降格は8回), グラウンド:千葉県習志野市泉町1丁目2番1号 (日本大学生産工学部実籾校舎敷地内), 1931年 他4大学と共に東都の前身連盟を創設。秋季に國學院大と共に同率優勝。(東都の連盟記録上は優勝預かり扱い。), 1956年 春季、9度目の優勝。全日本大学野球選手権大会は決勝で関西大に1-2で敗れて2度目の準優勝。秋季、10度目の優勝。, 1960年 春季、12度目の優勝。全日本大学野球選手権大会は3度目の出場で初戦で北海学園大に2-3で敗退。, 1961年 春季、13度目の優勝。全日本大学野球選手権は4度目の出場で東都代表として初優勝(決勝で関西大に10-5で勝利)。, 1965年 春季、部史上初の最下位(入れ替え戦は國學院大に勝利し残留。)。秋季は、臨時で飯沼辰夫が監督を務めた後で, 1966年 春季、15度目の優勝。全日本大学野球選手権は5度目の出場で2回目の優勝(決勝で近畿大に3-2で勝利)。秋季、対駒大3回戦で1試合最多本塁打5と1イニング最多本塁打3を喫す。, 1967年 秋季、2度目の最下位で入れ替え戦で芝浦工大に敗れ初の2部転落(河内忠吾監督)。, 1968年 秋季、2部で初優勝。入れ替え戦で専修大に勝利し1部復帰(河内忠吾監督)。, 1969年 春季、対芝工大1回戦で全員安打。16度目の優勝。全日本大学野球選手権は6度目の出場で決勝で東海大に0-3で敗れ、3回目の準優勝。秋季、17度目の優勝。(エース佐藤道郎が活躍), 1973年 春季、3度目の最下位(入れ替え戦は専修大に勝利し残留)。同年秋季、対中大2回戦で全員安打を喫す。4度目の最下位(入れ替え戦は国士舘大に勝利し残留)。, 1974年 秋季、5度目の最下位で入れ替え戦で国士舘大に敗れ2度目の2部転落(河内忠吾監督)。, 1975年 春季、2部で2度目の優勝。入れ替え戦で国士舘大に勝利し1部復帰(河内忠吾監督)。, 1977年 春季、7度目の最下位で入れ替え戦で国士舘大に敗れ3度目の2部転落。(河内忠吾監督)。同年秋季、2部で3度目の優勝(入れ替え戦は国士舘大に敗れ残留)。, 1978年 春季、2部で4度目の優勝(入れ替え戦は駒澤大に敗れ残留)。同年秋季、2部で5度目の優勝(入れ替え戦は亜大に敗れ残留)。, 1981年 秋季、2部で7度目の優勝。入れ替え戦で国士舘大に勝利し1部復帰。(石井久至監督), 1982年 春季、8度目の最下位(入れ替え戦は国士舘大に勝利し残留)。同年秋季、9度目の最下位(入れ替え戦は国士舘大に勝利し残留)。, 1984年 同年8月に単発に実施された全日本大学選抜野球大会(札幌開催)に東都代表として出場。, 1985年 秋季、飯沼辰夫が総監督に就任。(連盟登録は、飯沼辰夫が監督、石井久至がコーチ), 1986年 春季、対東洋2回戦でサヨナラソロ本塁打で優勝決定を喫す(連盟史上初)。11度目の最下位で入れ替え戦は東京農大に敗れ、4度目の2部転落(飯沼辰夫監督)。秋季から和泉貴樹がコーチに就任。, 1988年 春季、それまでコーチだった和泉貴樹が監督に就任。部史上初の2部最下位(入れ替え戦は順天堂大に勝利し残留)。, 1992年 秋季、エース門奈・主力の真中らの活躍で19度目(42シーズンぶり)の優勝。明治神宮野球大会では準々決勝で東海大に2-3で敗れた。, 1994年 春季、対青学2回戦で代打逆転本塁打(連盟史上唯一)を喫す。秋季、対東洋1回戦で初打席代打満塁逆転本塁打(連盟史上唯一)を被る。, 1995年 秋季、13度目の最下位で入れ替え戦は専修大に敗れ、5度目の2部転落。(和泉貴樹監督), 2001年 春季、エース館山・主砲の村田らの活躍で20度目の優勝。全日本大学野球選手権では7度目の出場で決勝で東海大に0-2で敗れ4回目の準優勝。, 2004年 春季、エース那須野の孤軍奮闘で21度目の優勝。全日本大学野球選手権では8度目の出場で決勝で東北福祉大に1-3で敗れ5回目の準優勝。, 2006年 秋季、15度目の1部最下位(1部在籍数通算124季)で1部2部入れ替え戦(対専修大)に臨み、6度目の2部転落となる。(鈴木博識監督), 2007年 秋季、2部通算10度目の優勝で、1部2部入れ替え戦(対國學院大)に臨み6度目の1部昇格を果たす。(鈴木博識監督), 2008年 秋季、16度目の1部最下位(1部在籍数通算126季)で1部2部入れ替え戦(対國學院大)に臨み、7度目の2部転落となる。(鈴木博識監督), 2009年 春季途中に鈴木監督が成績低迷を理由に引責辞任。衣川監督代行(現コーチ)を経て秋季からは仲村氏が第12代監督に就任。, 2011年 春季、2部通算11度目(2部在籍通算31季)の優勝で、2部優勝での昇格戦としては11度目(1部最下位での残留戦を含めれば通算26度目)の1部2部入れ替え戦(対國學院大)に臨み7度目の1部昇格を果たす。(仲村監督), 2012年 春季、17度目の1部最下位(1部在籍数通算127季)で1部2部入れ替え戦(対國學院大)に臨み、8度目の2部転落。(仲村監督), 2015年 春季、2部通算12度目の優勝で、入れ替え戦で対拓殖大に勝利して8度目の1部昇格を果たす。(仲村監督), 昭和29年 春季(2位)、坂本登(首位打者)、島津四郎(ノーヒットノーラン:対農大1回戦), 昭和51年 秋季(3位)、和泉貴樹(首位打者)、佐藤義則(シーズン最多奪三振78:歴代7位), 平成4年 秋季(優勝)、門奈哲寛(1試合最多奪三振18:対國學大1回戦、シーズン最多奪三振82:歴代4位), 平成14年 秋季(3位)、須田光(首位打者)、堤内健(1試合最多奪三振18:対専大3回戦). OFFTUE. 同朋大学に入学したきっかけは、コーチの方に熱心にスカウトしていただき、ここでお世話になろうと思ったからです。高校時代から成長した部分は、精神面です。以前に比べ、余裕をもってプレーできるようになりました。それによって相手の心理を分析したり、客観的に考えたりすることが試合中にできるようになりました。大学入学後、印象的だったことは、大学野球のレベルの高さです。まずはそのレベルについていくことを考えていました。今年が最後のシーズンになるので、悔いなく終われるように日々努力していきます。高校生の皆さん、4年間さまざまなことを経験して、充実した大学生活にしてください! 日本大学硬式野球部(にほんだいがくこうしきやきゅうぶ、Nihon University Baseball Club)は、東都大学野球連盟に所属する大学野球チーム。 日本大学の学生によって構成されている。学内での正式名称は日本大学保健体育審議会硬式野球部。