髪を切ったりメガネを調整したり歯を治療したり、必要な知識を身につけたり・・・ 今年は厳しい暑さですが、元気でお過ごしでしょうか。, さて、来る10月1日に内定式を実施しますので、このメールに出欠をご返信ください。

「質問」や「問い合わせ」のメールをいざ書こうとした時、「件名」や「結びのことば」で迷うことはありませんか?また複数の質問をする時の正しい書き方はあるのでしょうか?ここでは質問メールのマナーや書き方のポイントとビジネス例文を紹介します。

これからどうぞよろしくお願いいたします。, 事務的な連絡だけでなく、一人一人に配慮していることが伝わってくるメールは、内定者にとってやはり嬉しいようです。不安を解消するコミュニケーションができれば、内定辞退のリスクを下げることにもつながります。リクルーター社員などと役割分担をしつつ、親身なフォローを目指しましょう。, なお、上記でご紹介したフォローメールはあくまで例文です。メールをやり取りする方と学生の関係性によっては、あえて「やわらかい表現」や「くだけた表現」を使い、文面が硬くなりすぎないよう工夫しても良いでしょう。もちろん、上記の内容以外の文章を付け加えても構いません。, 例えば研修課題に自信がないことや、内定者イベントの参加をためらっているなど、不安や悩みを示唆したときに事務的・威圧的な対応をせず、内定者の不安を一度受け入れることで、安心感を抱いてくれる可能性が高まります。, 第一志望の会社の内定を得た学生であっても、人生の節目を迎え不安を感じていてもおかしくありません。悩みを打ち明けられたら、突き放さず向き合う姿勢を見せましょう。, これから新生活を迎える学生にとって、学内ではわからない社会人経験を踏まえたアドバイスは貴重です。引っ越しなどの生活面から、仕事を覚えるときのちょっとした習慣まで、日常会話をできる機会があれば伝えてみても良いでしょう。, マイナス面でもごまかさずに、質問に率直に答えてくれる企業は信頼感が向上します。昨今では企業の評判がSNSで拡散することも多いため、欠点を取り繕うよりもきちんと伝える方が結果的に信用を獲得できると考えても良いのではないでしょうか。, 反対に、フォローの内容が不適切だと印象が悪くなり、最悪の場合内定辞退を招いてしまうかもしれません。閉鎖的なコミュニケーションはトラブルの遠因になり得ますので、複数の社員がログを確認できる状態で進めることをおすすめします。, 内定通知後、連絡の頻度が極端に偏っていると、あまり良い印象につながりません。多すぎると授業や卒業論文が残っている学生に負担をかけることになり、音沙汰ない状態では入社して大丈夫なのかと不安を与えてしまいます。内定通知の際に今後のスケジュールを伝えておくなど、相手を連絡の多寡で振り回さないよう工夫しましょう。, メールの頻度とともに、距離感にも気をつけたいものです。常に事務的な内容、温度感だと人によっては冷淡に感じることもあるため、可能な範囲で個人に寄り添った内容を盛り込むと良いでしょう。, 特に注意すべきなのは、親しみやすさを重視するあまり必要以上にくだけた態度になってしまうことです。内定者は不快だと感じていても言い出しにくい立場であることを理解し、あくまで会社の顔として節度を持った振る舞いを心がけましょう。, 内定者の意思確認は企業にとって非常に重要ですが、本人が返答する前に畳み掛けて連絡をしたり、他社との内定で迷っているときに無理に決断を迫ってはいけません。いわゆる「オワハラ」と捉えられ、入社を断られるリスクもあります。適切な検討期間を設け、必要があれば質問や悩みに応えられるのがベストです。, 内定者に送るメールは、単なる連絡だけでなくフォローとしても重要な役割を果たします。全体連絡を採用担当者から行い、個別の相談はリクルーターと協力するなど、役割分担を検討しても良いでしょう。不安の多い時期に相手に寄り添い、より入社したくなるような丁寧なコミュニケーションを心がけましょう。, 今回はひとつの手段であるメールでのポイントを紹介しましたが、欲しい人材の内定辞退を防ぐためには、あらゆるタイミングで内定者とコミュニケーションを取る必要があります。「内定辞退の防止策『この会社で』と感じてもらえるフォローアップの方法」では企業の誠意と魅力が伝わる接し方を紹介していますので、ぜひご覧ください。, コピーライター、求人媒体の管理・運用職を経て、2011年クイックに入社。ディレクター・プランナーとして、求人広告や採用企画(採用プランニング・採用ツールのご提案)に携わっています。2018年より本メディアの編集・執筆も兼任。御用の方はこちらまで⇒nakamori-norihito@919.jp, 【インターンにも活用可能】働きたいと思ってもらえる組織・チームビルディング|研修レポート, 新入社員研修を成功させるには? 自社に適した研修の進め方、プログラム、形式を解説。, 必読|Indeed(インディード)とは?求人掲載する前に知っておきたいこと。無料の支援ツールも提供中!, コロナ禍での完全オンライン採用が大成功。採用活動のフローと成功ポイントを人事担当者に聞きました。, ■オンライン■【内定者フォローに使える】ビジネスゲーム体験会&導入事例セミナー|プロジェクトデザイン共催, 【オンライン開催】介護業界を徹底攻略! Indeed効果UPセミナー(参加特典あり), 【オンライン開催】物流業界を徹底攻略! Indeed効果UPセミナー(参加特典あり), ■オンライン■【運用編】Indeedの「運用」とは具体的に何をしているのか?現役コンサルタントのノウハウを学べるWebセミナー。, 【選考辞退・内定辞退を抑え、相思相愛を実現する】面接官トレーニング基礎編 ★初回無料公開研修, ■オンライン■適性検査 / 人材・組織診断システム『CUBIC』読み方研修★初回無料公開研修, ■オンライン■ジョブオプLiteをもっと上手に活用するセミナー~オウンドメディアリクルーティングがカンタンにできる!~, 【内定者研修・社員定着化に!】 タグラグビーを活用した『体感型チームビルディング研修』無料体験会. 新入社員が入社前にやることについて書いていきます。 3.××について

記載されている内容は2018年02月02日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。, また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。, 内定後のメールはその後の内定式や入社式、研修の問い合わせなどをするのに必要なツールです。内定後のメールのやりとりは学校では教えてもらえません。なるべく本などで学びメールのマナーを身につけて入社後でも仕事でメールを使う際も困らないようにマナーを学びましょう。, 内定の通知がメールで届く企業も多くなってきています。電話もしくはメールで内定通知をいただく場合は書面で残す場合も出てくるのでメールと言うツールは内定後のやりとりをするためにはどうしても重要なツールとなります。電話よりメールの方が書面として残す事もできるので内定後の署名などもメールでする場合も多く、メールでの署名をして実際入社してから正式に入社承諾書に記入する企業もあります。内定後の企業とのメールのやりとりは基本的な挨拶を忘れずにメールのやりとりをしましょう。企業からメールが届いたらすぐに返信をして営業時間内にメールを返信しましょう。マナーを守る事は大切です。, 会社訪問の際に給与についての説明を受けて企業を受けているのですから、メールで給与交渉をすることはマナー違反です。内定後の給与交渉は普通はしません。転職の場合でも新卒の場合でもまだ仕事をしてどのぐらいのスキルを積んでいて能力を発揮できているのかが内定後のメールをもらっている段階では分からないからです。希望年収を企業側に伝える事をすることはあまり好ましくないのが一般的です。特にメールだけで給与交渉をするのは理想的ではなく、もし給与交渉をしたければ内定式後入社式が終わってからタイミングをみて給与交渉をしましょう。会社訪問の際に給与についての説明はすでに受けているので大幅な給与アップなどをすることはマナー違反になるどころかお金のことばかり考えてる人と思われて悪いイメージが定着してしまいます。, 内定式や入社式の日程を内定後にメールで問い合わせることはどうしてもあります。その際は挨拶文を入れてから本題に入りましょう。いきなり用件を書く事はしないことです。まず企業名と部署の名前、担当の方の氏名を書き、担当名のあとに様をつけます。そのあと挨拶文を入れてから大学名、学部名、氏名を記入してから用件を伝えましょう。なるべく簡潔に用件をまとめておくことが大切です。企業は内定後のメールのマナーもきちんとできているのか見ています。きちんとした手順を踏んでメールを送りましょう。, メールで内定後の挨拶をする場合はメールでの内定通知のお礼のメールを送るのが多いです。先ほどの内定後の質問をする場合と同じく、会社名、部署名、担当名の氏名を書き担当の名前の後に様をつけて、挨拶で始まり用件を伝えてから、締めの挨拶をして署名と記載しましょう。普段、友人などに送っているメールとはまた違ってきます。挨拶で始まり、挨拶で終わります。入社後も得意先へメールを送る際は同じように用件をまとめて簡潔にして挨拶で始まり、挨拶で終わらせるメールを書くようにしましょう。メールの送り方一つでも何度も見直してからメールを送りましょう。内定後のメールだからといってまだ正式な採用ではないです。気を引き締めていきましょう。, 内定後に送るメールには最後に署名という文字を入れます。通常企業に送るメールで「敬具」となっている場所に「署名」という文字を入れます。内定後のメールには最後に敬具ではなく署名と記載しましょう。まだ内定が決まっただけでメールの内容がとてつもなく常識はずれの内容ならば採用を見送る場合もあり得ます。最低限のマナーを持ってメールを送るようにしましょう。メールのマナーというのは学校などで教えてくれるものではありません。ビジネスマナーなどの本などを読んで勉強しておく事も大切です。内定後から内定式、入社式まできちんとマナーを守ってそれぞれの行事をこなしていきましょう。内定後から入社式までに学んだ事はその後の社会人として役立つ事ばかりです。, 内定後のメールのやりとりのほとんどは内定のお礼のメールや研修や内定式の日程などを企業に聞く事が多いです。メールの作り方は先ほど述べて来た内容と変わりません。会社名、部署名、担当名を入れて、挨拶で始まり用件を簡潔に伝えて挨拶で締めくくるメールを作ります。研修や内定式の日程の変更がある場合があるので、相手からメールが送られてきたらすぐに返信をしましょう。なるべくレスポンスを早くしておく事も必要です。内定後のメールはほとんど内容が決まっているのでメールを相手に送ることはコツを掴めば難しい事ではないです。誠意を持ってメールを送れば企業側も誠意を理解してくれます。気持ちのいいメールのやりとりをしましょう。, 人によってまちまちです。貴社と書いても構いませんし、御社と書いても構いません。御社の方が柔らかい言葉なので御社という言葉を利用した方が良いでしょう。まだ内定後のメールの作成に慣れていない場合は企業を表す言葉も慎重に選びたいものです。挨拶で始まり、挨拶で締めることを忘れなければ、慣れないメールでも相手に気持ちが伝わります。内定後は企業との連絡のツールは電話かメールです。なるべくマナーを守って利用しましょう。文系の人が書くメールと理系の人が書くメールは明らかに違ってきます。文系の人の方が相手の気持ちを捉えるメールを書くのが上手です。理系でも基本を間違えなければ文系の人に負けないメールが作成できます。, 担当者に送るメールの場合は会社名、部署名、氏名の後に様とつけましょう。御中とつける場合は担当者の氏名などが分からない時に会社名または部署名のあとに御中とつけましょう。内定後のメールで担当者が分からないメールがくることはまずないでしょう。もし担当者が分からないメールが来たら部署名のあとまたは会社名の後に御中とつけましょう。御中の使い方を学んでおく事も必要です。基本的なビジネスメールの知識はじぶんで学ぶことをしなければ身に付かないです。また実際にメールを作って送らないと分かりにくいこともあるので企業に送るメールの知識を身につけておきましょう。, メールアドレスがあるので宛て名を書く事自体はメールではしないでしょう。じぶんの大学名や学部名や住所を書く場合はメールの最後に記載しましょう。その後「敬具」ではなく「署名」と記載しましょう。宛て名を書く時は郵送で企業に郵便を送る場合に多く、普通にメールを企業に送る際は宛て名をあまり気にする事はないでしょう。もし大学名や学部名を書く際は用件の後の締めの挨拶の後に記載しましょう。, 相手から送られて来たメールの件名をそのままにしましょう。またReなどもそのままにして返信のメールをやり取りしましょう。誤字脱字は避けるようにしてメールを作りましょう。内定後のメールは内定のメールと同じような書式で書きます。企業名、部署名、担当者を書き、挨拶で初めて用件を書き挨拶で締めます。最後に「署名」と記載しましょう。返信はなるべく早く、企業の営業時間ないに送るのがマナーです。その点は電話と同じです。なるべく午前中などにメールは送りましょう。午後にメールが届いて営業時間外の場合は翌日午前中にメールを送りましょう。, 派遣で働いている皆さんは、今の時給に満足していますか?もう少し欲しいなと思いますか?実は、派遣で働いている人の中には時給交渉をして、時給アップに成功した人もいます。彼らは一体どうやって時給交渉をしたのでしょうか?今回は時給交渉を成功させるコツをご紹介します。, 面接が苦手という人は多く、緊張するものです。しかし就職を勝ち取るには避けて通れないのが面接です。そこで面接で使う一人称について語りましょう。一人称はあなたの第一印象を決定づける重要な意味を持ちますので、基本的なビジネスマナーを紹介しましょう。, 二次面接で聞かれやすい質問・解答例とはどのようなものでしょう。特に一次面接との違いについても気になるとところです。この記事では、二次面接特有の質問や、転職、新卒などの状況別に、どのように二次面接で解答するか、具体的な例とともに解説したので参考にしてみて下さい。, 就職活動や転職活動などを行っているときに必ず必要となる履歴書。しかし、どんな履歴書を用意すればいいか悩むこともあるのではないでしょうか。今回は履歴書の紙質についてご紹介します。シチュエーションに合わせた紙質の履歴書を使用して、活動の参考にしてください。, 就職や転職をするとなれば自分を売り込むために自己PRを考える必要があります。不動産業界は人気も高いので入念に自己PRを練り上げる必要があります。今回は不動産業界の自己PRの作成のコツを例文を挙げながら新卒や未経験、転職などに分けてご紹介していきます。, メールのマナーは自分で学んでおこう!入社後はメールで済ませようとしないことが大切!. 2.○○について 宿泊先の○○を教えて頂けますでしょうか? 先日は内定承諾のご連絡、ありがとうございました。, さっそくですが、来年度の入社までのスケジュールをお知らせします。 一緒に書いていこうと思います。, 入社前にやることとしては、就職した後に必要な物を揃える事です。

メールによる問い合わせや質問も、考え方は電話での応募連絡と同じです。

今月20日、21日に続きの研修を行いますので、内容の確認と出欠のご連絡をお願いします。 メールによる問い合わせや質問も、考え方は電話での応募連絡と同じです。 ○○の詳細な日程を教えて頂けますでしょうか? 参考になれば、と思います。. トラブルを防ぐことはもちろんのこと、内容の工夫次第で信頼関係を強固にする助けになります。 志望していた企業から内定をもらった後は、実際に働くことをイメージできるようになります。そうすると、いくつか気になることも出てくるでしょう。また、内定をもらったら、就活中には聞きにくかったことを質問したいと考えている人も多いです。, 内定をもらった後に気になることがある場合、質問をしてもかまいません。しかし、質問の仕方によっては相手を不快にさせたり、ビジネスマナーがわかっていないと判断されたりする可能性もあります。内定後に気になることを質問するときのマナーや、入社前に知っておきたい事柄について確認してみましょう。, 就活を進め、志望していた企業から内定をもらえば一安心です。しかし、内定をもらったからといって雇用条件についての確認を怠ると、入社後にギャップを感じて後悔する可能性があります。例えば、残業が想像よりも多かったり、給料が予想よりも少なかったりすると、人生プランにかかわります。入社後にこのようなギャップを感じて後悔するのは避けたいものです。, 気になっていたことをそのままにしてしまうと、就職後に想像と異なっていると感じながらもそのまま働くか、内定を手に入れた企業を短期間で退職することになってしまいます。そうならないためには、気になる点について入社前に質問し確認しておく必要があります。, 就活生の中には、「自己PRをしようにも、何を伝えれば良いのか分からない……」と、悩んでいる人も多いでしょう。選考では自分を売り込むことができなければ、内定を勝ち取ることはできません。, そこで活用したいのが、自己PR作成ツールの「自己PRジェネレーター」です。

・髪を切る