三軒茶屋センタープログラム表, ■ニューロリワーク梅田センター

 こうした「問題や課題の発見→解決策の提案→解決」というプロセスを経ることができるのが、リワーク施設に通う大きなメリットのひとつです。, リワーク施設といえばプログラムに焦点が当てられることも少なくありませんが、スタッフや支援員との関わりもまた、施設を利用する大きなメリットです。施設選びの際には、プログラムの内容だけでなく、スタッフ・支援員とのコミュニケーションを通じて、休職期間を実りのあるものにできるかを判断するとよいでしょう。, しばらく離れていた職場に戻るのは、精神的にも身体的にも負担がかかるものです。復職における負担を少しでも軽減し、職場復帰後も安定して働ける状態を整えることが、復職を成功させるポイントです。そのためにやるべきことはたくさんありますが、これまでにみてきたように、リワーク施設に通うことで目標への大きな一歩となります。, リワーク施設の「ニューロリワーク」では、休職中の方、もしくはこれから休職をお考えの方に向けた見学を承っています。ご興味のある方はぜひご検討ください。見学や体験実習を通じて疑問点や不安点をなくし、復職後に安定して働き続けられることを心より願っております。, ▼▼▼▼▼▼▼▼

―――――――――――――――――― 「うつ病からの復職|成功させるためにやってほしいたった1つのこと」 休職期間も残りわずかで、復職までとても不安です。といった疑問にお答えします。本記事では復職経験者の私が、復職直前の休職期間の過ごし方、復職当日からの過ごし方、復職当日の不安の解決法を解説しています。復職の不安が和らぐ内容となっています。 ※ニューロリワークでご提供するプログラムは、事業所や季節・時期によって異なります。 2019年新卒で地方公務員→うつ病になり休職&復職→転職活動するも内定辞退→2020年7月末で退職し、ライターの道へ 。 休職の目的やゴールを知りたいですか? 記事では、休職の目的やゴールについて考えたことを書いています。 この記事を読むことで、休職の目的やゴールのひとつとして、人生のハードルを下げることを知ることができます。 休職中の方は必見です。 24歳webライター兼ブログ運営をしています。 【復職前に絶対読んで!】 適応障害なら転職をするべき3つの理由. 2019-07-13; 2020-10-13; 働き方, 転職, 適応障害, 休職 YouTubeチャンネル「ニューロチャンネル」にて、ニューロリワーク施設長が“復職を成功させるために取り組むこと”についてご紹介しています。これからリワーク施設の利用を考えている方がぜひご覧ください。 焦って復職することは、デメリットが多いものです。リワーク施設のスタッフと共に、しっかりと復職の準備を整えてから復職をすることが結果としては一番の近道となります。, もしも一人で「週5日、定時に同じ場所へ通える」という状態を目指すのであれば、まず何をするでしょうか。この場合に多いのが、「決まった時間に図書館へ通う」というものです。, こうした“セルフリワーク”には、欠席を報告する必要もなければ遅刻をしたペナルティもありません。それゆえ、職場復帰の訓練としては心理的負担が軽い状況といえます。, 復職を成功させるためには、「復職後も再休職することなく、心身ともに健康状態を保ちつつ安定して働き続けられること」を目指す必要があります。そのためには、休職中でも職場への通勤と同等の負荷がかかる環境に身を置くことが大切です。そうした役割を果たすのが、リワーク施設なのです。, リワーク施設の多くはビルの一室などにあり、オフィスに近い環境となっています。そのため、電車などの交通機関を利用して通うことで通勤のシミュレーションにもなります。また、遅刻や欠席をする場合はスタッフに連絡や相談をする必要があるため、会社との連絡の訓練にもなります。, 一人で休職期間を過ごしていると、「通勤できる体力がある」「復職すれば自然と定時に出社できるはず」と思うことがあるかもしれません。しかし、休職期間の中で気付かないうちに体力が落ちていたり生活習慣が乱れていたりする場合、いざ復職しても出勤がつらくて不調が再発してしまうということも考えられます。, 実は、リワーク施設で利用者の復職希望に対してスタッフが復職許可を出せない理由として最も多いのが「週5日、定時に同じ場所へ通える状態を維持できていない」という理由です。(※施設によって異なります。) 「休職原因は上司のパワハラだったのに、復職の対応窓口も当該上司で連絡するのが怖い」

■ニューロリワーク三軒茶屋センター ■ニューロチャンネル

休職期間中に転職しよう. メンタルヘルス系、キャリア系の内容をメインに発信しています。 「会社側の担当者がメンタルの不調に理解がないため、職場環境の調整に応じてくれない」

事業所ごとのプログラムは各センターの紹介ページにて掲載させていただいております。 24歳webライター兼ブログ運営をしています。 2019年新卒で地方公務員→うつ病になり休職&復職→転職活動するも内定辞退→2020年7月末で退職し、ライターの道へ 。 メンタルヘルス系、キャリア系の内容をメインに発信しています。 ▲▲▲▲▲▲▲▲ うつ病やメンタル不調によって自宅で休職している方は、「本当に復職できるだろうか」と悩むことがあるかもしれません。ここでは、不安を解消する方法のひとつとして、リワーク施設を活用するメリットについて詳しくご紹介します。  また、職場の復職のためだけでなく、休職期間を延長する必要がある場合もスタッフが企業側との間に入り、交渉や調整を行います。休職の延長が必要なケースとは、そもそもの休職期間が残りわずかな状態でリワーク施設に通い始めた場合や、上述した9つのポイントをクリアできておらず復職するのが時期尚早だとみなされている場合などです。 【関連動画】

梅田センタープログラム表 このことからも、いかに「週5日、定時に通う」ということが重要であるかが分かります。リワーク施設を利用するメリットは、まさにこの点にあります。毎日通うことが重要で、それでいて難しいことであるからこそ、スタッフとともに訓練に取り組むことが復職への大きなプラスになります。, リワーク施設では、遅刻や欠席の頻度、復職訓練プログラムへの参加率を基にした訓練記録を重視します。この記録を基に、「週5日、定時に同じ場所へ通える状態か」が判断されます。記録があることで企業への情報提供も容易になり、企業にとって「この状態ならば復職を受け入れられる」という安心材料にもなります。, 自分一人で復職準備を進めるセルフリワークの場合、他者とコミュニケーションを図るのは非常に困難です。友人や知人とコミュニケーションをとることは可能ですが、どこか緊張感に欠け、訓練としては物足りないといえるでしょう。この点、リワーク施設であればスタッフはもちろん、他の利用者の方々もいるため、適切なコミュニケーションの機会となります。プログラムの中にはグループで行うものもあり、職場復帰後に近い環境で他者と話す感覚を取り戻すことができます。, また、コミュニケーションの訓練の機会としてだけでなく、同じような症状・悩みや、復職というゴールを目指す方々と関われる機会が得られることもまた、リワーク施設を利用することで得られる大きなメリットです。休職中に感じる孤独や不安など誰かに聞いてもらうことで落ち着いたり、共感してもらえることで自分だけではないという安心感につながったりすることもあります。, リワーク施設の中には対人スキルを高めるプログラムやアンガーマネージメント、認知行動療法に基づくプログラム等を実施している施設もあるので、「コミュニケーション能力に自信がない」「感情を抑えるのが苦手で対人トラブルにつながりやすい」「他人の言葉をネガティブに感じてしまいがち」といった悩みがある方にとっては、学びの多い機会になるといえます。, リワーク施設での復職活動と、自身一人での復職活動の大きな違いは、担当スタッフによる支援の有無です。「遅刻してしまった」「朝起きられなかった」というときもスタッフに相談して適切なサポートを受けることで、「遅刻や寝坊を繰り返さないために今から何ができるか」という方向に発想を転換させることができます。 ライター案件も承っていますので、ご依頼がございましたらお問い合わせよりご連絡をお願いいたします。, 本記事を読んでいただけると「休職後に復職をするか、退職をするか」の悩みが解決されます。, なぜなら私は「休職・復職・退職」を経験したことがあり「復職・退職のメリットとデメリット」を把握しているからです。, 記事の前半では「復職と退職のメリット・デメリット」を説明しつつ、後半では「ぶっちゃけ復職と退職どちらが良いか」を具体的に紹介します。, 3,4分で読み終わる内容となっていますので、最後まで読んでいただけると嬉しいです。, 場合によってはですが、復職したことで「まだやる気あるのだな」と職場の人に思われる可能性があります。, 職場の人は休職した人を見ると「あぁ、もうあの休職した人は辞めるんだろうなぁ」と認識する場合が多いです。, しかし辞めると思われる中、復職をすることによって「まだウチで働いてくれる気があるのだね。応援しているよ。」と思ってくれる人もいるかもしれません。, 復職制度は復職者の業務量を減らしたり、時短勤務をさせたりするなど、復職者が徐々に仕事に馴染めるよう会社が配慮をする仕組みです。, 休職後すぐに転職だと新しい環境で朝から晩まで働くこととなり、また体調を崩す場合も考えられます。, しかし復職制度を利用することで、身体を徐々に馴染ませられるので、無理のない範囲で社会復帰ができます。, 転職活動は非常に面倒ですので、「途中で心が折れそうになり、うつ病悪化」なんて最悪なパターンも考えられます。, なぜならメンタルでの休職は周りの人もどう扱っていいか全くわからないからです。(日本ではうつ病の理解はまだまだされていません), なので復職者は基本的に業務量は少なく、仕事中に暇になることが多いです。(これはこれで辛い…), 一度社内ニートになってしまったら「成長できなくなる」「出世できなくなる」「真っ先にクビの対象」のようなデメリットがあります。, 復職してダラダラ過ごすのは絶対にNGです。必ず何か勉強して、スキルを身に付けるようにしましょう。, 復職して同じ仕事をしたら、「トラウマがよみがえり、また体調が悪化し再休職…」なんて例もよくあります。, もちろん業務内容を職場が考慮してくれる場合もありますが、うつ病は常に再発のリスクがある病気です。, 復職をするのであれば「別の部署に異動を申し出る」といった工夫が必要になってきますので、気を付けましょう。, 自分の仕事を代わりにやってくれた人・上司とも気まずいですし、周りからの目線も痛いです。, 中には休職をしたことで反感を買い、復職後に「復讐」のような形で冷遇されることもあります。, 大体1,2ヵ月耐えたら「気まずさ」は薄れてきますが、完全に消え去ることはなく、職場の人と微妙な距離感でずっと過ごすことになるでしょう。, 復職せずに退職をすると職場の人の顔を見なくて済むので、気まずさとは無関係になります。, という人は休職中に転職活動(元気になったらですが)をして、退職するのが理想的だと私は思います。, 早めに退職を申し出れば、職場も人員配置を早く行えるメリットがあり、自分の代わりに仕事をしている人たちの負担が減ります。, もちろん専門知識が豊富な人はオファーも来るのでスムーズに転職が決まりますが、大体の人は苦労します。, ですので、もし転職活動をするのであれば休職中の元気になってきたときを目安(外出が積極的にできるようになったタイミング)に始めましょう。, ストレスフリーだった休職期間から、急に新しい職場で働くのは大きなストレスとなり、体調悪化の原因となるかもしれません。, など休職明けからすぐに転職をすると、急に生活のハードルが上がってしまい精神的に疲れることもあります。, 体調面でまだまだ自信がない人は、会社の復職制度を利用して身体を慣らし、転職するのが良いでしょう。, 厳しい言い方となってしまいますが、休職した人はその組織ではもう「おさらば状態」で、会社側も早く辞めるように見えない圧力をかけてきます。, うつ病は再発率が高いので、いつまた休職するかわからない人にずっといられても不安なのです。, このような会社側の「見えないようで見える退職圧力」に復職初日から耐えていくのは中々ハードです。, それだったら休職期間で元気になったときに転職活動をして、新しい環境に行ったほうが新鮮な気持ちで再スタートできると思いますよ。, 実際に私も復職を経験したことがありますが「気まずさ・干された感覚・広がる噂話」に耐えられず辛い思いをしたことがあります。, 復職は復職で結構生き地獄ですので私を反面教師にして、転職活動を是非始めてみてはいかがでしょうか。, もちろん復職をしても問題はないですが、その組織に長くいるのは精神的に辛いので、辞める前提で復職をするようにしましょう。, やはり休職していた職場に復職するのは相当気まずいし、100%干されるので精神的に辛いものがあります。, しかし心配する必要は全くなく、この世には何万という数の企業・組織があり、必ずあなたに合う職場が見つかるはずです。, 1つの合わない職場を辞めたくらいでは痛くも痒くもないですよ。転職先で挽回すればいい話ですからね。, 私は「休職・復職・退職」を経験したことがあり「復職・退職のメリットとデメリット」を把握している, 急に新しい職場で働くのは大きなストレスとなり、体調悪化の原因となるかもしれません。, 休職した人はその組織ではもう「おさらば状態」で、会社側も早く辞めるように見えない圧力をかけてきます。. 転職活動のために休職する、復職を目指しているといった明確な理由がない限り、だらだらとメリハリのない生活を送ることになってしまいます。 ぼくは3か月休職しましたが、復職をいざ目の前にすると働くことに対して、精神的にしんどかったです。 2019年新卒で地方公務員→うつ病になり休職&復職→転職活動するも内定辞退→2020年7月末で退職し、ライターの道へ 。 ライター案件も承っていますので、ご依頼がございましたらお問い合わせよりご連絡をお願いいたします。, 本記事を読んでいらっしゃる方は「うつ病などの病気になり、休職扱いとなり、回復してきたから復職が決まった!」という方ではないでしょうか?, 私も新卒で公務員となったのですが、体調を崩し休職から復職を経験しましたが、とても不安でした。, 本記事ではそんな「休職から復職まで不安な人」に向け、残り少ない休職期間、復職当日からすべきことを解説しつつ、復職当日の不安へのアドバイスをさせていただきます。, 実際に私も実践し、平常心で復職をすることが出来たので、参考にしていただけるかと思います。, ここでは「残り少ない休職期間をどうリラックスしながら生活するか」ということを解説します。, なぜなら、理由はシンプルで「復職したら仕事に行くため早起きしなければならなくなるから」です。, もしかしたら休職中も早起きを心がけている人もいるかもしれませんが、自堕落になっている人も多いのではないでしょうか?(私も結構そうでした笑), 実際に私も復職1週間ほど前から早起きを心がけたら、復職当日はスムーズに職場に向かうことが出来ました。, ですので、少しでも「いつも通り」職場に向かうためにも早起きの習慣をつけておきましょう。, そこで復職前に「職場以外のどこかに通う」習慣をつけておくことで、生活習慣というものをより一層意識することが出来ます。, 私の場合は隣町にたまたま「書店型カフェ」があったので通っていたのですが、休職中にもどこかに通うルーティーンを作っておくことで、復職後も自然に「職場に通う」ことができます。, 休職中にどこにもいかず、復職後、急に毎日職場に通うって結構しんどいのではないでしょか?, ですので、復職直前には生活習慣を意識するためにも「どこかへ通う癖」を付けましょう。, なぜなら休職中は基本誰とも話さないので、「人との話し方を忘れている」こともありえるからです。(家族がいる場合は別ですが), 休職中に誰とも話していなかったのに、復職して急に上司と「仕事の話」ってかなり辛くないですか?笑, セミナーに参加することで、知らない人と話すきっかけを作ることができ、人との話し方を徐々に思い出すことができます。, また、セミナーに行くのが少し不安な方は、家族や友人など親しい人と会話をするのも全然OKです。, 「仕事本やビジネス書を読み、やる気が謎に出てくる」という経験をしたことある人は結構多いのではないでしょうか?, 本を読み、忘れてしまった仕事への感覚や、モチベーションなどを本を読み、士気を高めていきましょう。, 長期の休職中の理想の過ごし方について解説した記事もありますので、ぜひご覧ください↓ (公務員ではない方にも参考になるかと思います), 復職で大切なのは「無理してでも職場に行くこと」ではなく「無理せず職場に通い、慣らしていくこと」です。, ですので、身体にあまり負荷をかけずに、できる範囲内で徐々に身体を職場に馴染ませていきましょう。, 日本で終身雇用は崩壊しつつあり「1つの組織にしがみつき、働き続ける」という概念もなくなってきています。, 昔はうつ病(ノイローゼ)になろうと1つの組織で定年まで勤めあげるのが普通でしたが、今の時代は転職も容易にできるようになり、簡単に環境を変えることが出来ます。, 正直、職場が原因であなたが休職に至ったということは、今の職場に合っていない可能性がとても高いです。, 職場が好きで、仕事を続けたいのであれば話は別ですが、そうではない場合は辞めて、環境を変えるという意識を持っていくことが大切です。, 「1つの組織にしがみ付き、働き続ける」という考えを捨てるだけで心が落ち着きますので、ぜひお試しください。, 実際に私も同じような不安を抱えていましたが、もちろん職場の人に良い顔はされないに決まっています。, 職場の人も仕事が忙しい中、休職者の仕事までやっていたので、当然良い思いはしないですよね。, 実際に私も復職当日に謝罪などをしましたが、全員塩対応で復職を祝ってくれた人は1人もいませんでした笑 (祝福を求めていたわけではありませんが…), やはり復職で大切なのは「自分のペースで職場に身体を馴染ませていき、また貢献できるかどうか」です。, 復職したての時は、罪悪感で職場の人とも気まずくなりますが、2週間もしたら慣れます。, ですので自分のペースで周囲の顔色を気にせず、身体を慣らすことに意識を専念させましょう。, そもそも休職者を職場から出したということは、職場に問題アリな場合が大半なので、あなたが罪悪感を感じることはないですよ。, しかし、復職直後は「復職プログラム」が組まれていることが多く、1日の仕事内容やスケジュールなど全て人事や所属部署が決められています。, ですので、復職後急に「事業のメイン担当」みたいなには絶対にならないので安心して大丈夫です。, 1ヵ月もしたら職場に身体が馴染み、徐々に仕事ができるようになるので、初めはゆっくり自分のペースで仕事に取り掛かりましょう。, もちろん、あなたが休職したり、復職したことは1度は話題になるかもしれませんが、何日もネチネチ話題にされるかと聞かれたら、絶対にされません。, 恐らくあなたも「全く他人の休職者が復職した」という話なんて、ほとんどしないですよね?, ですので、復職の時は少し周囲の目が気になるかもしれませんが、基本的に自然に過ごしていたら何も問題はありませんよ。, 今回は「休職期間も残りわずかで、復職まであと少し」という人に向け、休職から復職の不安に関することを紹介させていただきました。, 復職直前や復職当日は不安がとても大きいですが、本記事を読んでいただき、少しでも不安が和らげば嬉しいです。, 長期間休職していたから、復職して他の部署の人に「アイツ、病気だったんだって」とかヒソヒソ言われそうで怖いです…, なぜなら休職中は基本誰とも話さないので、「人との話し方を忘れている」こともありえるからです。. 「自分の主張を聞き入れてもらえず、企業側を説得することが難しい」, このような場合、リワーク施設を活用することで、担当のスタッフが企業との間に入り、調整や交渉などを行うことが可能です。, 実は、企業側も復職の受け入れ経験が少ない場合は、不安を感じていることがあります。企業側が「本当に週5日、休まずに働けるか」「前の部署に戻しても問題ないか」「再休職する可能性はあるか」といった不安や疑問を抱いている場合、リワーク施設のスタッフはそれらの不安や疑問の解消にあたることが可能です。, たとえば、「遅刻や欠席をせずに通所ができている」「○○といった作業ができる状態である」「生活リズムは乱れていない」といった事実に基づいたデータをスタッフが企業に共有することで、復職に問題ない旨を理解いただき、復職後の勤務条件などを調整いただくことも可能です。 「職場に部署異動をお願いしたいが、休職で迷惑をかけていると思うと引け目を感じて言い出せない」

うつ病やメンタル不調によって自宅で休職している方は、「休養しているだけでいいのだろうか」「本当に復職できるだろうか」と悩むことがあるかもしれません。, 前回は、復職を目指す上で重要な点として、9つのチェックポイントについてみていきました。今回は、これら9つのチェックポイントを押さえる方法のひとつとして、リワーク施設を活用するメリットについて詳しくご紹介します。, 復職にあたり、前回紹介した9つのチェックポイントの全てを満たさなければならないと考えると、それだけで気が重くなってしまう方も多いかもしれません。, また、復職を目指す上では各種のトレーニング(取り組み)の他に、通院や会社との連絡も行う必要があります。心身の不調を抱えている中で、これら全てを自身一人でスケジュール管理しながら進めていくのは困難といえます。「あれもこれも」という状態では心身の負担が和らぐことはなく、健全な復職や継続した就労は遠のくことになります。, こうした問題を解決するための方法のひとつが、復職や再就職を支援するリワーク施設の活用です。, 休職の原因を解決するためには、自身の生活リズムを整えるだけでなく、会社との調整や、配慮の依頼が必要な場合があります。とはいえ、人事や上司に自分一人で交渉することに心理的な負担がかかるケースも少なくありません。, 「しばらく離れていた職場に連絡することに気後れを感じる」