スロープ ダスキンヘルスレントはダスキンの介護用品レンタルサービスです。車いすや歩行器、松葉杖、介護ベッドなど、介護用品のご相談。介護に関する様々な情報発信を行っています。福祉用具のレンタルならダスキンヘルスレントにお任せください。 これには、福祉用具に頼りすぎることで自立を妨げることを防止することや、介護保険の給付額を抑制するなどのねらいがありました。, ただし、介護度の基準を満たさなくても、例外的に条件に該当する場合は、介護保険でのレンタル利用が可能です。, 福祉用具の種別と利用できる介護度の範囲、例外的に介護保険適用が認められる条件について紹介します。, ●要支援1・2、要介護1~5 福祉用具レンタル業界におけるm&aのトレンド・過去の事例・ニュース・m&aのメリットなどを公開中!在宅介護・施設介護の会社売却・企業買収・m&aなら、完全成功報酬制・豊富な実績を持つ介護m&a仲介会社インテグループで。無料相談・無料企業価値算定受付中 生活関連レンタル・リース業界の会社(株式会社・有限会社・npo法人など)・企業を一覧にまとめました。業界や売上高、従業員規模などでさらに絞込が可能です。大手企業・上場企業から中小企業・ベンチャーまで幅広く会社情報をご覧いただけます。 車いす付属品 床やベッドに設置して、センサーで離床や移動を知らせる機器です。, 認知症高齢者が居室や玄関を出入りしたことを検知して、家族などに通知できるように使用します。 機能も豊富で、リクライニングできるもの、軽量でコンパクトなもの、室内での移動に適した低床タイプ、小回りの利く6輪車いすなどがあります。, 2.車いす付属品 歩行器 車椅子や介護用ベッドなどの介護用品(福祉用具)を利用する場合、購入とレンタルどちらがお得なのか、介護用品の種類別に利用できる要介護度を一覧にして比較。自分のライフスタイルに合わせて選ん …

高齢になると「歩くときにふらつく」「家の中でつまずくことが増えた」など、普段の生活に不安を感じることがありますよね。, 介護保険でレンタルできる福祉用具は、全部で13種類。 ✓大手の傘下で長期安定的な経営ができる, ✓未進出地域へスムーズに進出できる

Copyright(C)Integroup Inc. All rights reserved. フレームの中に体を入れて姿勢を保持し、歩行を補助するための福祉用具です。, 屋内で使用する車輪のない固定式(ピックアップタイプ)や、屋外用の車輪のついたシルバーカータイプの歩行器、前腕部に体重を預けて使用する前腕支持型などがあります。 最近では、スマートフォンと連動して即座に通知できる商品も増えています。, 12.移動用リフト ALL RIGHTS RESERVED. 介護用品の業界では「販売」ではなく「レンタル」の形態が一般的である。その背景には介護保険の仕組みを巧みに活用した収益モデルが隠れているが、その仕組みに行政側も目を光らせている。
車いすと一体となって使う福祉用具です。 秘密厳守。お気軽にご相談ください。

〒100-0005 東京都千代田区丸の内3-4-1 新国際ビル4F 屋外の段差を移動するときに使う折りたたみのスロープや、屋内の段差に設置するスロープなどがあります。, 9.歩行器 体位変換器 段差解消のためのスロープです。工事を伴わないものが対象になります。

介護用手すりのレンタルなら【ダスキンヘルスレント】。ご利用者さまの状況に応じて、屋内用と屋外用からトイレ用まで、様々な商品からお選びいただけます。介護について、商品選びについてなど、なんでもお気軽にご相談ください。

受付:24時間対応(年中無休), 要支援・要介護の高齢者に対して、介護用ベッド、車いす等の介護用品・福祉用具を貸与する事業。利用者は、介護保険の適用により自己負担率1割で福祉用具をレンタルすることができる。, 日本の高齢化は世界に類をみない速さで進行しており、団塊の世代が75歳以上となる2025年には高齢化率(65歳以上人口が総人口に占める割合)は30%を超えると言われています。, この高齢者人口の増加を背景に、介護保険の対象となる要介護(要支援)の高齢者数も増加を続けており、2000年に介護保険制度が開始時の218万人から、2016年には630万人と約3倍まで増加しています。さらに、2025年には800万人を超えると言われる団塊の世代が75歳以上の後期高齢者となるため、要介護(要支援)の高齢者は今後も急速に増加することが見込まれています。, このような要介護高齢者数の増加に伴い、2000年の介護保険制度が開始時には3.6兆円だった介護給付費は、2016年には9.6兆円まで増加しており、2025年には21兆円にまで膨張することが見込まれています。, このような中で、年金・医療も含めた社会保障制度の持続可能性が問われており、国の厳しい財政事情からも、介護給付費の抑制が喫緊の課題となっています。, このように介護給付費の抑制が叫ばれる中で、2015年度の介護報酬改定はマイナス2.27%と2006年のマイナス0.5%の改定以来、9年ぶりのマイナス改定となり、ほぼすべての介護サービスの基本報酬が引き下げられました。, 福祉用具レンタルについても、当初は軽度者に対する介護保険の適用を打ち切るという案も出ており、その影響の大きさが危惧されていましたが、最終的には複数の福祉用具を貸与する場合の価格の適正化のルールの制定に留まり、改定は比較的緩やかなものとなりました。, また、2018年度の介護報酬改定においても、貸与価格の上限設定等、貸与事業者への影響は軽微なもので留まっています。, しかし、今後の介護報酬改定においても、軽度者への福祉用具レンタルについて介護保険の適用対象外とする案が再び議論されることは必至であり、福祉用具レンタルについての介護報酬のマイナス改定については予断を許さない状況が続いています。, 福祉用具レンタル事業所の数は、2001年の3,658か所から、2014年には7,078か所まで増えています。この事業所数の増加により、業者間での競争が激しくなってきています。また、福祉用具レンタル事業は、仕入れ価格や物流・消毒等のインフラ整備等についてスケールメリットが効きやすい事業であることから、大手・中堅の事業者が順調に利用者数を伸ばす一方で、福祉用具卸会社のサービスを利用せざるを得ないような小規模事業者は、思ったように利用者を増やせず、収益性が悪化しているところも増えてきています。, 福祉用具レンタルは、物流拠点、メンテナンス、消毒設備、仕入れ価格交渉について、規模の経済が効きやすい事業であるため、M&Aにより地場の小規模業者を買収し、規模拡大を目指す業界大手企業が数多く存在します。, 特に、規模は小さくても、特定地域において高シェアを誇る中小福祉用具レンタル会社については、その会社を買収することで、既存利用者からの売上だけではなく、今後利用者を継続的に紹介して貰える地域介護事業所とのコンタクトも一括で獲得できるため、買い手企業の戦略地域に合致する福祉用具レンタル会社には、高い評価額が付くケースがあります。, 一方、福祉用具レンタル事業の運営会社には小規模零細企業が多く、ある程度まとまった売上規模の福祉用具レンタル会社が売りに出ることはそれほど多くありません。そのため、一定規模の売上の福祉用具レンタル会社・事業については、非常な売り手市場にあります。具体的には、住宅改修を除く純粋な福祉用具レンタルの売上として年商50~60百万円を超える会社・事業には、買い手が付く可能性が高いのが現状です。, 福祉用具レンタルのM&Aスキームでは、株式譲渡ではなく、事業譲渡や吸収分割が利用されることが多くなっています。多くのケースで、拠点や従業員は譲渡対象とならず、既存利用者、レンタル資産、介護事業所とのコンタクト等のみが譲渡対象となります。これは、福祉用具レンタルはスケールメリットが大きいビジネスであるため、既存の利用者のみを引き継いだ方が買手のM&A後の利益が大きくなりやすく、結果としてM&Aにおいて高い評価額を提示できるためです。, ただ、福祉用具レンタルの売上のみで1億円を超えるような規模の場合は、会社ごと買収した方が合理的な側面もあり、M&Aスキームとして株式譲渡が選ばれるケースもあります。, 弊社の支援実績では、福祉用具レンタルのM&Aスキームとしては、80%が事業譲渡・吸収分割、20%が株式譲渡となっています。, 福祉用具レンタル事業について、(拠点・従業員は譲渡対象外で)既存利用者、レンタル資産、介護事業者とのコンタクトのみを事業譲渡又は吸収分割により売却する場合、概ね、年間の福祉用具レンタル売上(住宅改修売上は除く)の80%~110%程度の評価額が付きます。, 売上規模が大きい、展開地域の人口が多い、買い手の戦略的地域に合致する事業ほど、高い金額が付く傾向にあります。, ただし、福祉用具レンタルついては今後の介護報酬改定により、軽度者に対して介護保険の適用対象外とする改定が行われる可能性があり、このマイナス改定が実現した場合には、福祉用具レンタル事業の売却相場にも大きなマイナスの影響が出ると考えられます。, 各当事者にとって、福祉用具レンタルのM&A・売却・譲渡は以下のようなメリットがあります。, ✓後継者問題が解消できる


Copyright © LIFULL senior Co., Ltd. All Rights Reserved. 体位変換するためのクッションなどが該当します。 特殊寝台付属品

介護求人ナビ. 鉄板などの重量で動かないようにする置くタイプの手すりや、天井と床とで突っ張って固定するタイプの手すり、トイレの便器に挟み込んで固定するタイプの手すりなどがあります。, 8.スロープ 福祉用具とは、要介護者や要支援者が在宅で安心した暮らしを送ることができ、介護者の負担が軽減されるために利用, 株式会社LIFULL seniorは、情報セキュリティマネジメントシステムの国際規格「ISO/IEC 27001」および国内規格「JIS Q 27001」の認証を取得しています。, 【PR】月額1280円の安心|離れて暮らす親をセンサーでそっと見守り(外部リンク). 2019年の介護業界のランキング、シェア、動向、現状などを研究しています。介護業界の過去の市場規模の推移をはじめ、介護保険総費用の推移、要介護認定数の現状、人手不足の課題に対する各社の対応、異業種参入など最近の介護業界のトレンドなどを解説しています。

✓創業者利益を得てアーリーリタイアできる。 手すり 介護用品のレンタルの最大のメリットは、高齢者の身体の状態に合わせた利用が可能ということです。また、介護用品のレンタルは業者が定期的にメンテナンスを行なうなど、アフターケアも充実しています。1~2割程度の出費でできるため、経済的負担も軽減できます。 ✓買い手の大組織の中でキャリアアップの機会が得られる。, インテグループでは、全国の福祉用具/介護用品レンタルのM&Aを支援しており、福祉用具レンタルの売却・譲渡・買収を検討する多くの経営者様より高いご評価をいただいております。インテグループの強みは、以下の3点です。, 着手金を取らない完全成功報酬制のため、福祉用具レンタルのM&Aが成立しない場合でも手数料だけ取られてしまうというリスクがありません。, 福祉用具レンタルの売却・譲渡について豊富な実績を有しており、また、実際の売却に際しては福祉用具レンタルのM&Aに精通した専任コンサルタントが支援します。, 売上30百万円~20億円程度の福祉用具レンタルのM&A支援に特化しており、中小規模の福祉用具レンタルのM&Aについて豊富な経験とノウハウを有しています。, 以下は、インテグループがお手伝いした直近の福祉用具/介護用品レンタルの売却事例の一部です。, インテグループは福祉用具/介護用品レンタルのM&Aについて、豊富な実績と専門性を有しています。福祉用具レンタルの運営会社、または福祉用具レンタル事業の売却をご検討中の経営者様は、電話又は以下の問合せフォームよりお問合せください。, 弊社は完全成功報酬制を採用しており、M&Aが成立しなければ手数料は一切いただきませんので、ご安心ください。, また、「今すぐではないが将来的な売却も視野に入れている」「とりあえず、自社の売却見込額が知りたい」ということでしたら、無料で企業価値算定をさせていただきますので、こちらもお気軽にお問合せください。, 秘密厳守。お気軽にご相談ください。

✓教育制度が充実する 在宅介護であれ施設で介護するのであれ、介護用品は必ず必要なものです。本人の身体の状態に合わせた介護用品を準備しなければなりません。今回は介護用品を購入、またはレンタルするまでの流れと選ぶ時の注意点、主な購入先やレンタル店の情報などを調べてみました。, 介護用品を購入するにせよ、レンタルするにせよ、まず最初にすることは介護保険を利用する手続きです。最寄りの市町村の介護保険課に問い合わせてみましょう。そのうえで、担当のケアマネジャーに「介護用品をレンタル・購入したい」と相談すれば、必要な手続きをしてくれます。, ① レンタル用品を選ぶ・・・レンタル店が介護を受ける人の身体の状況や介護者の要望を聞いて、最適な介護用品を提案してくれます。気に入ったレンタル用品があれば、納品の日時を決めます。, ② 納品と説明・・・希望の日時にご自宅へお届けし、希望の場所に設置し、高さなどの調整を行います。組立が必要なものはスタッフが組立を行いますのでご安心。設置が完了したら、介護用品の使い方や注意点などを説明してくれます。, ③ アフターサービス・・・納品後は定期的に連絡があって、使用状況や調整を行います。使っていて困ったことや使い方などわからない点などありましたら、どんなことでもご相談しましょう。使用中に、電源が入らない、傾きや歪みなどの不具合が発生した場合にはすぐにご連絡します。, レンタルと同じですが、購入申請から2~3ヶ月後(状況によって異なります)に指定の口座に購入代金の9割(一定所得のある方は8割)が振り込まれます。 ※ 各市町村によって異なります。, 介護用品を揃えるにあたり気になるのが、レンタルと購入のどちらがよいのかということです。長期的に考えるなら購入の方がいいかな、レンタルなら月々の負担は軽いかな、とお金のことに目が行きがちですが、他にも考えておいた方がいいポイントがあります。レンタルと購入のそれぞれのいいところを踏まえて上手に使い分けましょう。, 「ベッドからひとりで降りるのが難しくなった」「誰かの支えがないと歩けなくなった」というように、介護を受ける人の身体の状況は変化します。よりよい介護で快適に過ごすには、身体の状況に合った介護しやすい介護用品を使うことが大切です。, レンタルであれば状況に応じた介護用品の交換ができます。また、レンタル期間は保証の対象になりますので、故障などにも対応しますので安心。, 車いす 車いす付属品(クッション、電動補助装置など) 特殊寝台 特殊寝台付属品(マットレスなど) 床ずれ防止用具 体位変換器 認知症老人徘徊感知機器 移動用リフト(つり具部分を除く) 手すり(移動可能なもの) スロープ 歩行器 歩行補助杖 自動排泄処置装置(要介護4、5の人に限る), 簡易便座、簡易浴槽、お風呂用の椅子などの入浴補助用品は介護保険の適用対象なので、1割負担で購入できます。上限が10万円のため、超過する場合には費用負担がかかりますが、10万円以内の介護用品も多数あります。, 腰掛便座(ポータブルトイレなど) 特殊尿器(便や尿が自動的に吸引されるもの) 入浴補助用品用品(シャワーチェアなど) 簡易浴槽 移動式リフトのつり具 ※ 保険給付の対象となるのは、特定福祉用具販売事業者(指定事業者)から購入した場合に限られます, レンタルと購入のどちらがいいか決められなくなってしまった場合には、担当のケアマネジャーに相談してみてください。, 福祉用具に当てはまる13種類の介護用品を、計約3,100アイテム揃えています。介護保険が使えない人でも借りられます。, 介護保険適用者、自費ともにレンタル利用可能です。サイトからカタログPDFのダウンロードができますが、価格は問い合わせが必要です。契約期間は1ヶ月から。, 福祉用具専門相談員に選び方をアドバイスしてもらえます。サイトに書かれている自己負担額は介護保険適用後の1割負担額。, 介護保険対象の介護用品をレンタルしています。365日年中無休で営業しているため、いつでも相談可能です。, 公式サイト http://www.sonnette.biz/rental.html, 使用シーン、利用者の状態、介護保険の対象種目など、さまざまな選び方で商品を検索できます。365日対応。福祉用具専門相談員の資格を保有した社員が選び方の相談にも対応しています。, 最後に介護用品のレンタルは、医療費控除の対象外です。介護に関して医療費控除が適用となるのは「サービス」そのものであり、「療養上の世話の対価に相当する部分」であるのが現行の医療費控除の決まりだからです。, 最新の介護の情報から、基本事項、すぐに役立つことまでもれなく提供。これらを積極的に活用することで、辛くなりがちな生活が明るくなります。, 介護用品が100円ショップにたくさんあるって知っていますか?何かとお金がかかる在宅介護の強い味方です。介護用品は100円ショップで出来るだけ揃えましょう。新しくて役立つものが、続々と販売されています。是非近くの店舗でチェックしてみてはいかがですか。, 介護の漫画って読んだことがありますか?「難しい本は苦手」といった人に、ぜひ読んでみてほしいと思います。介護の漫画を読むことにより、経験のある人もない人も、また新たな発見をすることが出来ます。今まで関心の無かった人は、知ることがたくさんあるかもしれません。.