0000013765 00000 n 五重塔の5つの楼閣は、下から、「地」「水」「火」「風」「空」を表しています。この5層は独立した世界であり、全体で仏教的な宇宙観を表しています。, 中央を貫通する心柱が5層の頂部で接している構造や、5層の頂部には長い相輪が取り付けられ、心柱の先端に被せられている点など、いずれも他の建築物に見られないものですが、いずれも五重塔の耐震性の秘密になっています。, 各階が強固につながっているわけではなく、ただ単純に重ねたところを取り付け具でゆるく留めているということにより、地震の際には、上下に重なり合った各階がお互いに逆方向にくねくねと横揺れし、振動の波に乗った液体のような動きになります。 trailer 着工8.5年。 H�|�K�#7�u�Z� ��'����n���m��p/|}�$>�p&Ш�V1�-Ɨ_~�総����v�?o_�|^����\��v ?����] 法隆寺五重塔の免震構造は、東京スカイツリーの建築にも応用されているとのことです。 0000008604 00000 n 五重塔(ごじゅうのとう)は、仏塔の形式の一つ。 層塔と呼ばれる楼閣形式の仏塔のうち、五重の屋根を持つものを指す。 下から地(基礎)、水(塔身)、火(笠)、風(請花)、空(宝珠)からなるもので、それぞれが5つの世界(五大思想)を示し、仏教的な宇宙観を表している。 礎石上部には舎利容器などが納められており、舎利容器の中には釈迦の遺骨が6粒納められているということから考えると、塔身の部分を除けば、法隆寺五重塔とは墓であり,心柱は骨壺の上に立てられた墓標と見たてることができるでしょう。心柱が風雨にさらされて朽ち果てることのないように覆いをかけたのが五重塔という形になったわけです。 57 40 0000008736 00000 n <<497EAEE575BAFB4498BEA23341B12BF9>]>> 0000001394 00000 n 0000002094 00000 n created:2019.09.05 / updated:2019.08.071874, 観光旅行をしたことがある方なら、お寺や神社で、5つの屋根が重なった五重塔を見かけたことがあるでしょう。, 五重塔は高い建物ですが、物見やぐらとして建てられたわけではありません。実は、とある人物の遺骨を祀るために建てられた納骨堂のような役割を持っています。, この記事では、五重塔が建てられた理由や構造、そして全国の有名な五重塔などを紹介します。, 五重塔とは、層塔(奇数層の屋根を持った塔)という仏塔のうち、五重層のものを指します。, 塔の造りは、1つ1つに仏教的な宇宙観(地水火風空)が表されています。基礎が「地」を表し、塔身は「水」、笠は「火」、請花は「風」、宝珠は「空」に対応しています。, 仏塔の起源は、仏舎利(釈迦の遺骨)を祀るために建てられた「ストゥーバ」と呼ばれる塔です。, 五重塔は、独立した層を1層ずつ積み重ねた構造になっています。下の層から上の層に向かうにつれて、塔身が短くなります。, 塔の中央には、2~3本の材木をつなぎ合わせた心柱が設置されています。心柱の基礎は、地中礎石・地上礎石・宙ぶらりん型の3種類があります。必ずしも、心柱が接地しているわけではありません。, 日本の木造の五重塔は、二重目以上の構造は、軒を支えるための木が複雑に組まれています。そのため、一般の参加者は、上の層へ登れないことが普通です。, 五重塔に見られる耐震構造「柔構造」は、その優れた耐震力が注目されています。日本では、スカイツリーを建築する際に、五十塔の耐震構造を取り入れています。, 五重塔が耐震性に優れているとする根拠は、五重塔が地震によって倒壊した事例が無いからです。ただし、五重塔が仏舎利を祀るために建てられたことを考慮すると、はじめから耐震性の高さを意図して設計していたわけではないようです。, たとえば、法隆寺の心柱は礎石から離れています。これは、もともとあった心柱が腐食したために消失したと考えられています。しかし、倒壊は見られません。, すなわち、地震が起きた際に、接地していない心柱が振動することで、地震の力を吸収するという説です。, ただし、心柱が接地していない構造は、江戸時代以降に採用されたものです。それ以前の五十塔については、この説は当てはまりません。, 閂説は、五重塔の心柱が「扉を開けなくする閂」のように、地震による揺れを抑制する役割を持つという説です。, つまり、地震によって心柱が触れた際に、心柱の周囲にある様々な部材と接触することで、揺れが抑制されます。, ただし、心柱と部材の衝突が破損の原因にもなるため、きわめて高度な設計が必要とされます。, 最勝院は、青森県の弘前市銅屋町にある真言宗のお寺です。境内にある五重塔は、日本最北端に位置する国の重要文化財に認定されています。, 最勝院は、津軽藩3代藩主の津軽信義が計画して、1656年(明暦2年)に着工しました。, 寺伝によると、最勝院の五重塔は、藩祖である津軽為信が津軽統一する過程で戦死した敵味方を供養するために建てられたと言われています。, 羽黒山五重塔は、山形県鶴岡市の羽黒山に建っています。東北地方では最古の塔と言われており、1966年(昭和41年)に国宝に指定されました。五重塔の近くには、樹齢1000年を超える巨大な杉の木「爺杉」が植わっています。, 五重塔は、平将門によって創建されたと伝えられています。現在の塔は、約600年前に再建されたようです。, 日光東照宮は、栃木県日光市にある神社です。江戸幕府の初代将軍である徳川家康を神格化した東照大権現を祀っています。1908年(明治41年)には、国の重要文化財に指定されました。, 日光東照宮の五重塔は、1815年(文化12年)の落雷によって焼失してしまいました。そのため、818年(文政元年)に再建されたようです。塔の高さは約35メートルであり、日本全国にある五重塔の中では、6番目の高さと言われています。, 日光東照宮の五重塔は、初層から最上層まで、一貫して屋根の面積が均一であることが特徴です。多くの五重塔は、初層から上層にいくにつれて、屋根の面積が狭くなることが一般的です。, 徳川二代将軍である徳川秀忠の乳母(岡部局)の発願により、1607年(慶長12年)に完成しました。関東に現存している幕末以前の五重塔としては、最古のものです。, 妙宣寺の五重塔は、江戸時代後期、宮大工の茂三右ェ門親子が二代に渡って完成させたと言われています。1986年(昭和61年)に、国の重要文化財に指定されました。, 妙成寺の五重塔は、1615年(元和元年)、加賀藩の3代藩主である前田利常の命によって着工しました。, 教王護国寺の五重塔は、高さが約55メートルであり、五重塔としては日本一の高さを誇ります。, 法隆寺は、奈良県の生駒郡斑鳩町にあるお寺です。聖徳宗の総本山とされています。現存する最古の木造建築物としても有名です。, 法隆寺の五重塔は、670年(天智9年)に焼失しました。そのため、現存する五重塔は、その後に再建されたものと考えられます。, 備中国分寺は、岡山県の総社市にあるお寺です。創建後にいったん廃れましたが、江戸時代の中頃に再建されました。, 備中国分寺の五重塔は、3層まではケヤキ材、4~5層までは松材が主体と使われています。初層には、大日如来を中心に五智如来が安置されています。, 明王院の五重塔は、全国の五重塔の中では、5番目に古いと言われています。また、国宝に認定されています。, 厳島神社の五重塔は、室町時代の後期に建てられたと言われています。国の重要文化財として指定されています。現在に至るまでに何度か改修されていますが、創建当初の姿を留めている数少ない建物です。, 瑠璃光寺の五重塔は、応永の乱で命を落とした大内義弘の菩提を弔うために建造が計画され、1422年(嘉吉2年)に完成しました。日本全国に現存する五重塔の中では、10番目に古いとされています。また、塔の姿が美しいことから、日本三名塔の1つに数えられています。, 五重塔の造りには仏教的な世界観が表れており、基礎が「地」、塔身は「水」、笠は「火」、請花は「風」、宝珠は「空」に対応しています。, 五重塔が耐震性に優れている理由は、塔の中心を貫いている心柱にあると考えられています。今のところ、心柱振動吸収説と閂説がありますが、いずれにせよ、心柱が可動なことに秘訣があるようです。東京のスカイツリーの構造には、五重塔の心柱の要素が取り入れられています。, 有名な五重塔は、日本各地に点在しています。あなたが観光旅行する際に、五重塔が建てられている寺社があるようでしたら、ぜひ訪れてみてはいかがでしょうか。. 0000439248 00000 n また、地震、火災、戦禍などが絶え間なかった長い歴史の中でも、あきらめることなく後世に知恵と希望を残そうとした大工たちの試行錯誤は、現代の住宅建築、SE工法などの考え方にも通じるものといえるでしょう。, 飛鳥時代の文化や生活を現代に伝える法隆寺。 法隆寺境内にある五重塔は、地震国日本にあって、1300年以上も創建時の姿を現在に留めています。歴史上、五重塔や三重塔など、木塔といわれるものは全国に500ヶ所以上ありますが、地震で倒れた事例はほとんどありません。1995年の阪神大震災でも、兵庫県内にある15基の三重塔は1基も倒壊していません。, 【1】庇の張り出しが大きく、建物全幅の50%以上が庇で、重い瓦屋根となっています。その結果、法隆寺五重塔の総重量は1200トンにも及び、単純平均すれば1層あたり240トンとなります。, 【2】五重の各層は上に行くほど細くなっており、各層は下の層の上に乗せているだけで一層ごとに独立しています。※通し柱で各層をつなげていないため、現在の建築基準では違反になります。, 【3】中央に心柱(しんばしら)と呼ばれる柱があります。心柱の周囲は吹き抜けになっており、各層の荷重を支えていません。塔全体の荷重は、心柱の周りにある4本の四天柱と12本の側柱によって支えられています。, 【1】庇の重さを支える16本の柱は、礎石の上に置いてあるだけの構造です(※専門的にはピン接合と呼ばれます。)そして、庇の膨大な質量には、慣性力が働きます。その結果、強震が襲っても、建物は振動するというより、むしろ柔らかく揺り動かされることになります。幅広で重い庇は、巨大な安定装置として機能しているのです。, 【2】各層がただ単純に重ねられている点も、地震では大変な強みになります。初層が右に揺れると、二層は左に、三層は右にと、互い違いに揺れることで全体で衝撃を吸収する仕組みです。各層がお互いに逆方向にくねくねと横揺れするため、この動きはスネークダンスとも呼ばれます。, 【3】五重の各層は接合されていない柔らかい構造ですが、一方であまりにも各階が柔軟になりすぎるのを避けるため、日本の大工たちは、ある独創的な解決法に行き着きました。それが心柱です。 五重塔は、現代建築に今でもなお大きな影響を与え続けているのです。, 法隆寺五重塔は、人間の知恵がみごとに結晶したものの一つと言えます。 近代にも1934~1985年という戦前戦後をまたぐ「昭和の大修理」が行われました。この大修理は、戦争や、金堂の火災によって一部の壁画を焼損するなど難航しましたが、大半は当時の姿のままでの修復に成功しています。 五重塔には耐震設計の多くの要素が含まれていて、まるで耐震設計の教科書のようであります。 五重の塔の構造. 2006年の実験では、心柱があるものとないものを用意し、阪神・淡路大震災の震度に相当するマグニチュード7.3の振動を与えたものでしたが、どちらも塔身を崩さずに耐えきりました。 0000009996 00000 n endstream endobj 67 0 obj <>stream 0 ���� 大陸にも残されていない、仏塔という世界の文化遺産が、この地震国の日本で現存していることは、まさにひとつの奇跡といえるでしょう。 H�|�K�$)E絊�@Y| ,������m2p7�wTRN>�"̍����(UZ��(�~K�c��?��iH�h)@s��)���Y�w���r�% また一味違った楽しみ、発見があるかもしれないですよ。, 友人の話はここで終わった訳ではありません。まだ続くんです!そこで次回は大工の神様の話を記事にまとめてみたいと思います!!!, 当ブログの管理人の【お餅】と申します。このブログはなにがテーマなの?テーマなどありません。思ったこと、今日の出来事などを日記感覚で書いていきたいとおもいます。こんな感じでいつまで継続できるかわかりませんがマイペースにはじめていきたいとおもいます。, omoti43さんは、はてなブログを使っています。あなたもはてなブログをはじめてみませんか?, Powered by Hatena Blog 日本の建築物の寿命を縮めるのは地震ばかりではありません。その高温多湿な気候は、木造建造物は、腐朽や蟻害、雨風などによる劣化のリスクにさらされています。しかし、日々のメンテナンスを怠らなければ、予想よりも大きく長持ちさせることができ、やがて訪れる大規模修繕でも予算削減につながることを、法隆寺が証明しているのです。, 独立した5つの層を下から積み重ねた構造の法隆寺五重塔は、各層は庇の長い大きな屋根を有しており、上にいくほど塔身の幅が狭くなっており、初重から五重までの屋根の逓減率(大きさの減少する率)が高く設計されていることが大きな特徴です。, 屋根は上へいくほど小さくなり、五重目の屋根の一辺は、初重の屋根のおよそ半分になっています。同様に、塔身も下層から上層へ行くにつれて細くなっています。庇を壁からかなり離し、建物の全幅の50%以上にもなる長い軒を造りました。この巨大に張り出した部分を支えるために、片持ち梁を庇ごとに採用しています。, 外からではわかりませんが、法隆寺五重塔は、じつは、5階建ての建物ではありません。階高の高い吹き抜けの木造1階建てに、5層の屋根がついている建物です。 startxref 五重塔の芯柱は、何処の塔も総て浮いています。これは、耐震構造で、東京タワーにも、東京スカイツリーにも利用され、東京タワーなど、地上部分の中央は、空間になっているでしょう。なお、お寺の正面に並んでいる8本の柱の間隔も中央が広くて、両端へ行くほ {� 0000013631 00000 n %PDF-1.4 %���� ��j�6��#r�ޙ�#zT@��Q{A�6bHUc�T@�8R5�$�#�T3�I� �T@��R�GL��Q��>q��rdq4�J�+5��R9�J��R�W�p�J��R�9�J��\��q��I\�sWj*s�sĕ 飛鳥時代の建築様式を今に伝える法隆寺は、聖徳太子ゆかりの寺院です。 0000168324 00000 n x�b``Pe``�������� �� �l qN�kFSP��(�y3�M6��NO�6��!44�@��Bi�5# O�A��u�EZ`���� ��60���b��ʨ����&�������i�� q�݃5 ���Fa���I�v�N��?6Pc��عR � <34���.fr�;фA��6 �Ķ@l� �x�: �0 H1� 外観が素晴らしい建物ですよね!奈良観光ではかならずといっていいほど足を運ぶ場所の1つですね。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); (c) Copyright 2018 贈り物・マナーの情報サイト | しきたり.net. 地震に耐えられる家づくりが基本となっています。, おそらく今現在建てられていく家よりは金物、プレートなどの使用箇所は少なかったと思います。, このような耐震プレート、金物を使わず(一部使用はあると思う?)にすべて木や、木の組み方などで耐震をとっていたらしいです。, 実際に五重の塔も3.11の大震災の時に損傷を受けずに残っています。それほど古人の知恵と技術は素晴らしいのです。, 世界一高い鉄塔スカイツリーにもこの心柱制振が使われてるみたいですよ。古人の知恵は現代にも応用されているみたいですね。五重の塔を誰が建てたのかわたしは知識不足で知りませんが。 0000000016 00000 n xref 0000560545 00000 n 0000003791 00000 n これだけで済まないんですw職業病みたいなものなのでしょうか?こういった昔ながらの建物を見ると「構造どうなってるんだろ?」と物凄く気になります。なので実際中に入って作りをまじまじと観察したくなるんですw, 五重の塔は建物中心部に心柱(しんばしら)という柱が通っています。この心柱は長さが30メートル、直径60㎝、重さが数十トンある立派な柱です。(建物を支える役割?) 0000002455 00000 n また、そもそも、そのように部分的に差し替えることで、当初の技術や部材を生かしたまま建物を解体・修理できるのは、日本の木造建造物の柱や梁が、継手・仕口によって接合されており、当初から後年の解体修理を想定してつくられていたということを意味しています。 8 木造伝統構法による 五重塔の構造設計 ―中山寺五重塔の再建― 横田 友行 株式会社 能勢建築構造研究所 代表取締役 横田 友行 昭和31 年4 月25 日生 大阪工業大学卒。昭和 54 年 4 月㈱能勢建築構 造研究所入社。平成13 年5 月取締役就任。 平成23 年5 月より現職 i��'����P0����_�m�����&�;P����;&tK�u��[:��؜t �-��X�;e�%�z�m����o�M��� � �w�o.H�I���Ċ�#Z�k0/v@����̌ 科学的な調査によると、法隆寺に使用されている木材の伐採時期は650~690年代のものが多いそうです。最も古いのは五重塔の心柱で、なんと594年に伐採されたものとのこと。建築物として1300年以上の歴史があることになります。現存する世界最古の木造建築物といわれるのは、このような理由があります。 ����Ez��$EJzI����1(�3)bP�}���Ac�_E̿���@K����41(�;ibЫ�⛘u���2�Y.��yp�"�;)bЫ�'7+bp:В"%}$EJ��!w��b��G'MJzK����41(�;ibЫ�o�Ġ��2W}]�w$MJ�J����M����41(��7�ч[��S�\����M����1(�=)bP�WRĠW?_���tB�ͅ��/bֻ���V�àW?n�à�פ�AI�I���3�\�����m��ap:P�"%��"6z�=�0����0(�>��e�K�9{�à�Ϥ�A�����AI/I���|���2�].��yr}s݀��$MJzK����41(�;ib�}=>��e��@�UlV �̤�AI�I�^���u_D�ݿژ�m��|�2%�%eJ�H������S�=P}���.��y|w�����AI_����l�qRƠ�פ�AI�Id��\����]z��&]JzM����t1(�+�bЫ�D��%��W�%S���� �%� 5層屋根 Mar./2012. 心柱は制振ダンパーの役割となって、塔自体が右に傾こうとすれば、心柱は左に動いて自立を保とうとする効果があり、地震の揺れを軽減します。揺れが大きいと、心柱が各階の床組みにぶつかることで、崩壊するほどの横揺れを防ぎます。