トヨタ・ヴォクシーは、ブランドのミドルクラスとしてラインナップされ、「ノア」「エスクァイア」と基礎を共有した主力ミニバンとなっています。 新型ヴォクシーのマイナーチェンジは、2020年5月のトヨタディーラー全車種併売にあわせて実施。 > 自動車メーカー別 熾烈な販売合戦を何世代にもわたり展開しているのが、2lクラスミニバンで、現在トヨタはヴォクシー/ノア/エスクァイア、日産はセレナ、ホンダはステップワゴンをラインナップしている。 かつては2lクラスのガソリンエンジンのみだったが、全モデル… 空調切り替えについての質問です。常に空調を外気導入にしたいのですが、エンジンをかけるたびに内気循環に戻ってしまいます。車はH21年式のノア/ヴォクシー(ZRR70)です。方法があるのか??方法お分かりの方ご回答よろしくお願いします。, 「ヴォクシー」に関するQ&A: 2014年式のトヨタ ヴォクシーZS 煌を売ろうと考えてます。, ご回答ありがとうございます。確かに寒い時期はエンジン始動時、外気導入でした。手動でその都度替えるしかないようですね。, ご回答ありがとうございます。そのような方法もあるんですね。やはり、手動でその都度替えるしかないようですね。, 後部座席のエアコンを点けると鼻を突くような臭いです。 私の場合、大手カー用品店で売っている「漏れ予防剤・修理剤」を入れる事で治りました。 ラジエータ若しくは冷却水ホースの一部から、漏れているのですかね? エアコンダクトにジャストフィットします。取り付けもしやすかったです。ナビのパネル、エアコンスイッチのパネルがピアノブラックであればかなり見た目も良くなります。 ※トヨタ・ダイハツ以外の超LLCは、青色です。 「やっぱり新車を手に入れたい…」. 買取業者では80万円になることも 「オプションなんて夢のまた夢…」 ピンク色だと、超ロングライフクーラント(超LLC)ですね。トヨタとダイハツが採用している色です。 ※ヨーロッパの外車は、黄色・オレンジ色。 改良されたトヨタ新型ヴォクシーについて、スペックや価格、発売日などを最新情報からご紹介します。, トヨタ・ヴォクシーは、ブランドのミドルクラスとしてラインナップされ、「ノア」「エスクァイア」と基礎を共有した主力ミニバンとなっています。, 新型ヴォクシーのマイナーチェンジは、2020年5月のトヨタディーラー全車種併売にあわせて実施。, 次世代モデルでミドルクラスミニバン3車種を「ノア」に統合するため、ヴォクシーとエスクァイアではベースグレードを廃止。, これによりマイナーチェンジ後のミドルクラスミニバンは、ノアがベースグレードとエアログレード「Si」(WxB、GR SPORT)をこれまで通り設定しますが、ヴォクシーではエアログレード「ZS」(煌、GR SPORT)、エスクァイアでは質感を高めた上級グレード「Gi」(Black-Tailored)のみをラインナップするグレード構成となっています。, 【新型ハリアー】6月17日発売フルモデルチェンジ!最新情報、ハイブリッド燃費、サイズ、価格は?, 【トヨタ新型ヴォクシー】フルモデルチェンジ!最新情報、ハイブリッド4WD、価格、サイズ、燃費、発売日は?, トヨタ新型ヴォクシーの価格は、ベースグレードが廃止されたことで価格帯が狭まっています。, しかし、兄弟車の「ノア」でベースグレードと3ナンバーエアロ仕様、内装の質感を高めた5ナンバー上級モデルとして「エスクァイア」を設定することで、ユーザーのニーズに対応しています。, トヨタ新型ヴォクシーの外装は、迫力をアップした力強いスタイルとされ、全幅を3ナンバーとしたエアロ仕様が設定されています。, 改良では、先に改良が実施された上位モデルの「ヴェルファイア」と同じく、エンブレムが専用品からトヨタブランドのデザインに変更されています。, これまでは、5ナンバーボディとしてデザインを差別化したベースグレードもラインナップされていましたが、改良型ではベースグレードは「ノア」が担当することになります。, 新型ヴォクシーZS煌は、エアロ仕様の「ZS」をベースに、内外装の随所にメッキやシルバー塗装をあしらい、ロアグリルに黒艶塗装を施すなど、より艶やかでクールな印象に仕上げ。, 装備にはリヤオートエアコンが採用されるほか、ワンタッチスイッチ付デュアルパワースライドドア(デュアルイージークローザー、挟み込み防止機能付)、6スピーカーなどを特別装備し、より魅力的な仕様とされています。, トヨタ新型ヴォクシーの内装は、多人数がゆったりと乗り込むことができる質感の高い空間に仕上げられています。, デザインラインをよりシャープなものとすることで先進性が表現され、カラーパターンも用意することで好みにあわせた選択が可能になっています。, トヨタの他モデルではコネクティッドサービスが利用できるディスプレイオーディオの標準採用がすすめられていましたが、新型ヴォクシーでは採用が見送られています。, 新型ヴォクシーには、トヨタのスポーツブランド「GR」モデルとして、ヴォクシーGRスポーツが設定されています。, その他にも車体剛性が強化され、ステアリングをきったときに気持ちいい走りが感じられるモデルに仕上げられています。, 新型ヴォクシーのパワートレインには、アイドリングストップ機能を備えた2Lのガソリンエンジンと、力強さから人気のハイブリッド仕様が設定されています。, 2Lガソリンエンジンはアイドリングストップ機能を備え、自然吸気エンジンの気持ちのいい加速感と燃費性能を両立。, ヴォクシーハイブリッドは、電気モーターの低速トルクを使うことで、発進から力強い加速を楽しむことができるようになっています。, ガソリンモデルもしくはハイブリッドで、燃費を気にせず好みのグレードを選択することができるように。, 新型ヴォクシーの安全装備には、機能をアップしたトヨタの安全システム「Toyota Safety Sense」が採用されています。, トヨタセーフティセンスでは、衝突被害軽減ブレーキの「プリクラッシュセーフティシステム」、車線逸脱を防止する「レーンディパーチャーアラート」、「オートマチックハイビーム」機能を利用することができます。, また、アクセルとブレーキを踏み間違えた時などに、障害物を検知して自動でブレーキをかけるインテリジェントクリアランスソナーも設定され、安全性が高められています。, トヨタ新型ヴォクシーのボディサイズは、これまでベースグレードとして設定されていた5ナンバーボディが廃止され、3ナンバーボディのみとなっています。, 改良後は、5ナンバーボディは「ノア」と質感を高めた内装を採用する「エスクァイア」に設定され、モデルごとの棲み分けが行われます。, マイナーチェンジしたトヨタ新型ヴォクシーは、2020年4月27日に発売されました。, トヨタはミドルクラスミニバンのグレード展開を見直すことで、次世代モデルでのモデル名統合を予定しています。, トヨタ・ヴォクシー(VOXY) は、初代が2001年に登場したミドルクラスミニバンです。, ヴォクシーの車名の由来は、英語の「VOX(言葉・声)」からの造語となっており、「BOXY(箱型)」を連想させながら若々しい響きがあることから採用されました。, 初代は商用車「ライトエース」をベースとしたワゴン「ライトエースノア」の後継車として企画され、前モデルで後輪駆動だった駆動方式を前輪駆動とすることで低床化、両側スライドドアを採用するなど、ミニバンとしての使い勝手がアップされました。, 「ライトエースノア」と同時期に販売されていた兄弟車「タウンエースノア」も、「ヴォクシー」の登場にあわせ兄弟車の「ノア」に切り替えられました。, 2007年登場の2代目まではヴォクシーがネッツ店、ノアがトヨタカローラ店で販売されていましたが、2014年に登場した現行モデルの3代目ではトヨタ店とトヨペット店向けとして上級装備を採用した「エスクァイア」がラインナップされ、実質的な全店併売車種となっています。, 3代目では「プリウス」からくる電動システムに2Lエンジンを組み合わせた「ヴォクシーハイブリッド」も新設定されたことからコンパクトカーを凌ぐほどの販売台数を記録し、ライバルであるホンダ・ステップワゴン、日産セレナにも影響を与えました。, 新型トヨタ・ヴォクシーについては今後も最新情報が入り次第、随時更新していきますのでお楽しみに!, 当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。