世界を代表する軽量スチールシャフト、N.S.PRO 950(NSプロ 950)を育て上げてきた日本シャフト社の開発者が、モーダス3を作り上げるにあたり掲げた3つのミッションは以下の通りだ。 1. シャフトを計測してみると? スペック計測してみると・・・S、Xともフレックス設定はやや軟らかめ。5番アイアンのSの振動数は307cpm。これは「N.S.PRO 950」のSよりも数値が低い。Xの振動数も320cpmと、Xしては数値があまり高くない。振動数的にはダイナミックゴールドのS200とほぼ同じ硬さ … 重量は重くなるが、振動数は小さくなる(柔らかくなる) リシャフトした大多数の方が、重さはそんなに気にならず、楽になり、 振り抜きが良くなり、飛距離が伸びたとおっしゃってます ns pro モーダス3 tour105を使用できる適正ヘッドスピード. 個人的には105のrを装着した点があまり良く無いと感じています。 sにするとモーダス120のx相当の振動数になってしまうと考えたのかもしれませんがこれは剛性を無視した考え方であまり良い判断ではあ … ゴルフ用品・口コミサイト my caddie(マイキャディ)TOP > シャフト > N.S.PRO MODUS3 TOUR105, N.S.PRO MODUS3 TOUR105についてクチコミする|お気に入りリストに加える, 3年前にPINGのGアイアンをフィッティングして購入。その際、何も情報を与えられないまま105Sと105Xを打ち比べて打感がわずかに良かった方を選んだら105Xでした。最近年のせいか、トップ気味の打感、大きなフックに悩まされてフックを嫌がったプッシュスライスも出るようになりました。振動数から見たXは以前使っていたダイナミックゴールドS200よりも硬いことが最近判り、リシャフトを決意。試打を繰り返した結果120sにリシャフトしました。こちらは自分にピッタリなシャフトでタイミングも合い分厚いインパクトが出たりします。重たいものを軽くするために105を候補にされる方は、しっかりと硬いシャフトという事も考慮された方が良いと思います。, ゆったりとした切り返しやスイングテンポで振りたいのですが、今一つタイミングが取りにくいです。評判通り早いテンポや切り返しのスイング向きのシャフトなのかなと思います。ウェッジに使っていましたが必要以上に高い球が出るので自分には少し軽めだと思います。軽いですが硬さはありますのでフックが出やすかったです。以上を踏まえ105より重たく柔らかい120sにリシャフトしたらタイミングも取りやすく、厚いインパクト、適正な高さ、曲がり幅も少なくなりました。自分のタイミングが取りやすく、硬さや重さも自分に合ったものを試打によって探し出すことは大事ですね。, シャフト軽量化でDG105を使いこなそうと思っていたのですが、今一つタイミングがしっくりしないので、今更ながら軽量帯のシャフトを試し打ち。体感ベースですが、調子先 NS950 > Modus105 > NS950neo > DG105 元手元硬さ硬 NS950 = Modus105 > NS950neo > DG105 柔先端硬さ硬 DG105 > Modus 105 > NS950neo > NS950 柔手元が緩いDG105と先端が緩いNS950はいまひとつ。自分は中調子っぽいものが振りやすいと感じるようで、そのNS950neoとModus105では、SとRの両方試して手元の硬さが適度にあるModus105 Sがピタッときました。もしかしたらneoはXなら良かったかも?。メーカーホームページにはModus 105は元調子とありますが、DG105みたいなのがまさに王道の元調子かと。Modus105は手元も先端も程々にしっかりして、どこかがくにゃっとなる感じがないのが良いです。しばらく使ってみます!, G410のアイアンに挿して使い始めましたが、元調子な感じはしません。NS950やモーダス120使ってましたが、NS950を少ししっかりさせて先端を硬くした感じに感じます。つまり良いですね。重くても軽くても振れるのですが、左右ブレが嫌なので105Sは良いと思います。, EPIC UTに使用していました。100g弱のシャフトにも関わらず芯のあるしっかりしたシャフトでハードヒッターでも物足りなさを感じさせないシャフトかと思います。しっかり感はDGにも引けを取らない感じです。DGはDGでも105に比べるとしっかり感が結構違い、X100でもMODUS105の方がしっかりしてる気がします。ただコシがある中にも走り感があり元調子ながら弾き感を感じる挙動をしています。弾道の高さで言えばDGより球を上げてくれる感じはします, かなりのしっかり感を感じさせてくれるシャフトです。【悪い部分】・軽いのに硬いので力みがダイレクトにショットに反映される・軽いが故のミス(ひっかけ、切り返しの雑味)総じて言えば振りやすかったですが、どうしても力んでしまう日に結果を残すことができない可能性があります。特に短い番手はしなり感を感じにくく切り返しが落ち着かず方向性が乱れました。ショートアイアンのみバランスを効かせるなどの工夫があればいいかもしれませんでした…【良い部分】・軽量で振りやすい・しっかりしているので軽量にありがちな悪さがない・ヘッドスピードが上げられるロングアイアンやユーティリティに装着した際に非常に良かったです。長さを感じさせない重さで振り切れます。Rフレックスも試打してみましたが、それでも扱いやすい印象でしたのでコンパクトに強くスイングしたい方は使いやすかと…モーダス120とは全く違う印象を受けました。, 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11  次へ>, Copyright © 2020 International Sports Marketing,co.ltd. 打ってみると、軽量だがしっかりしたシャフトです。軽いからフィニッシュまで一気に振り抜ける。手元側がインパクトの瞬間にしなるので、余分な動きがなくて直進性が高い。 打ってみると、軽量だがしっかりしたシャフトです。軽いからフィニッシュまで一気に振り抜ける。手元側がインパクトの瞬間にしなるので、余分な動きがなくて直進性が高い。 さてさて、モーダス3 ツアー105 は、どんなシャフトなのかな、、、 ①modus3 tour105. 飛距離のコントロール性 3. 重量は重くなるが、振動数は小さくなる(柔らかくなる) リシャフトした大多数の方が、重さはそんなに気にならず、楽になり、 振り抜きが良くなり、飛距離が伸びたとおっしゃってます 2 アイアンをリシャフト|モーダス120sからモーダス105Rへ| 3 リシャフト後の仕上りは?モーダス120sと105rの総重量・振動数・バランスを比較; 4 モーダス105Rを打ってみた結果は・・・? さてさて、モーダス3 ツアー105 は、どんなシャフトなのかな、、、 ①modus3 tour105. 【読者様からの質問】「倉木様はじめまして、アイアンシャフトのことで質問がありますDGS200が重たく感じだしたので、モ-ダスtour120xに4年前にリシャフトしました。55歳になりtour120xでは、5I(170Y)、6I(160Y)が思うような飛距離が出なく悩んでいます(固く感じてきました)そこで5Iだけモーダス105Rにリシャフトしてみました。一気にスペックダウン気味ですが、105Sではこの先すぐまた固く感じると思いましたのでちなみにリシャフト前のスペックはリシャフト前        リシャフト後重量422.3g         重量408g振動数315cpm        振動数299cpm バランスD1.8        バランスD1.8長さ38インチ        長さ38.25インチ振動数が300cpmを切りよい感じです。6Iも同じ105Rにリシャフト予定です本題に入ります7I以下をどうしようか悩んでいます。105Rにするか2番手ずらして5Iのtour120xを挿すかですちなみに7Iでのtour120xスペックは重量434g         振動数323cpm         バランスD1.8        長さ37インチ理論的に同じスペックに合わすことが出来ると思いますが、性質の違うシャフトなので振り心地など違うと思うのでどうかと思いまして・・・私のクラブはウッド系は中調子、UT(DGSLs300)元調子、アイアン中元調子、AWSW(DGs200)元調子です。多少のダフリは今でもあります。特に気合が入るPWは多いです。質問1①5I、6Iはモ-ダス105R 7I~PWは120の2番手ずらし②5I、6Iはモ-ダス105R 7I~PWは今のまま③すべて105Rに変える懸念材料は①、②は105Rと120Xという性質のクラブが混在してしまう③はスペックダウンが一気に加速してしまう。(金額がかかる)①~③の中でどれがよいでしょうか。また違う方法があるでしょうか質問2私の中ではUT~6Iを一区切7I~PWを一区切AW、SWを一区切と考えていますAWでフルショットする時が有るなら、シャフトはアイアン側にあわすべきで、ウエッジ側にあわすのはおかしいでしょうか長々書きましたが、ご指導お願いします。」【倉木真二の回答】・質問1について1〜3の中で最も良いのは3(全部105R)です。おっしゃるように振動数は硬度の一つの目安でしかありません。特にモーダス120は振動数が低く出やすい曲げ剛性分布、105は高く出やすい曲げ剛性分布です。同じ振動数に合わせると120の方が実質的に硬い(先端が硬い)シャフトに仕上がります。また、120と105は剛性が似ていませんのでアイアンセット内でフローさせるのはあまり向いていません。ウェッジだけ120、と言うことであれば目的によっては全く問題ありませんしそう言う目的は理にかなっています。(アプローチで低く打ち出しラインを出してスピンを多めにしたいと言う目的です)最も目的にマッチしていると感じるのはAMTのS200を1番手ずらし程度で装着することです。AMTと105は剛性が似ていますので相性は良いです。ウェッジの元調子へのフローも良くなります。個人的には105のRを装着した点があまり良く無いと感じています。Sにするとモーダス120のX相当の振動数になってしまうと考えたのかもしれませんがこれは剛性を無視した考え方であまり良い判断ではありません。また、重く剛性の高いシャフトからより軽く軟らかいシャフトに変更すると最初は振りやすく調子が良いと感じるのですが、これは悪い意味でやや雑なスイングをしても弾道の安定感が向上するためです。スイングはクラブに最適かされますから次第にスイングが雑になる可能性はあります。体力の変化に合わせてスペック変更するのは問題ありませんが、スペックの変化が大きすぎますのでスイングに問題が生じる可能性が高いと考えます。なので105に似ているAMTに全番手リシャフトしてしまった方が良いと考えます。軟らかくなる方へ1番手ずらし程度にして組めば良いように感じます。・質問2についておかしいと言うことはありません。これは単純にどちらを重視するかで決めれば良いと考えます。フルショットを重視すればハーフスイングでのシャフトフィーリングは硬めになりますし、ハーフスイングを重視した剛性にすればフルショットで少し軟らかいと感じるようになります。また、シャフト重要がアイアンシャフトの方が軽いもの、ウェッジの方が重いものということであればスイングテンポへの影響もあります。基本的には、重いシャフトの方がハーフスイング、アプローチスイングでのテンポが安定やすい傾向にあります。おかしいということはありません。目的に合わせて選択すれば問題ありません。  from 元ゴルフ研修生クラフトマンのゴルフ相談ブログ, Golfeed : 元ゴルフ研修生クラフトマンのゴルフ相談ブログ: シャフト選びのご相談です. 2 アイアンをリシャフト|モーダス120sからモーダス105Rへ| 3 リシャフト後の仕上りは?モーダス120sと105rの総重量・振動数・バランスを比較; 4 モーダス105Rを打ってみた結果は・・・? 弾道を操る操作性 2. ns pro モーダス3 tour105を使用できる適正ヘッドスピード. 日本シャフト N.S.PRO MODUS3 TOUR105 の口コミならmy caddie(マイキャディ)。ゴルフ用品・ゴルフクラブの口コミ・評価サイトです。自分のゴルフ用品・ゴルフクラブの管理はもちろん、ゴルフ場のラウンド日記としてもご利用いただけます。 ns950(s)→モーダス(s)に替えると. ホーム > 日本シャフト modus(モーダス) tour105 数値詳細&比較! 2015年09月08日(火)2:42 PM 日本シャフトより発売されました MODUS3シリーズ-ツアーライトウエイト TOUR 105 をご紹介させて … モーダス105を検討している方で適正のヘッドスピードを気にされている方は多いと思いますので解説しておきます。 ドライバーのヘッドスピードで表記します。 xフレックス:45m/s以上 ns950(s)→モーダス(s)に替えると. Copyright © CyberAgent, Inc. All Rights Reserved. #4   38・25    402g   D1     308CPM    21・5    60・0, #5   37・75    407g   D1     314CPM    25     60・5, #6   37・25    415g   D1     325CPM    28     61・0, #7   36・75    420g   D1・5   326CPM    32     61・5, #8   36・125    428g   D0    336CPM    36     62・0, #9   35・625   436g   D0・5   342CPM    41     62・5, PW   35・125   444g   D0     348CPM    46     63・0, #4   38・25   410g   D2・5    299CPM    22    60・5, #5   37・75   418g   D2・5    303CPM    25    60・75, #6   37・25   424g   D2・5    309CPM    28    61・0, #7   36・75   429g   D2・5    315CPM    32    61・5, #8   36・25    436g   D2・5    320CPM    36    62・0, #9   35・75   445g   D2・5    326CPM    41    62・5, PW   35・25   450g   D2・5    333CPM    46    63・0, NS950(S)からモーダス3(S)に替えるとどうなるか・・・ | ALWAYS~8丁目のゴルフ工房. 同じくモーダス3シリーズですが Tour120(S)でした。 Tour120(S)の7番のスペックが 「37インチ D1 415.4g 317cpm」を踏まえて 新しいTour105にリシャフトして 「特に振動数を楽チン仕様にしたい」というご希望の ご注文でした。 点で攻める正確性 2010年12月の発売以来、現在もモーダス3を着用した選手が、国内外のツアーで優勝を重ねている事実こそ、上記のミッションを達成している動かぬ証拠である。 EPON AF 501 モーダス120Xシャフトから少し軽く、楽に、との事でモーダス105 Rにリシャフトです。XからRに極端にと感じますが、120と105では特性(機能)がまったくの違いがあり、ちなみに5アイアンで120X-振動数309cpm 105R-では振動数294cpmと数値が出ました。 モーダス3 105を番手ずらししてみる. アークテリクス MAKA2(マカ2)にどれくらい収納出来るか試してみた, MacBook Airと悩んでIntel製最後のMacBook Pro 13インチ(2020年モデル)を買いました, Sony α7 IIIの下克上! ソニー α7IIIとα7RIIIを比較してα7 IIIを購入しました, ソニー WF-1000XM3の長期使用レビュー!ノイズキャンセリングと低遅延な完全ワイヤレスイヤホン. 現在モーダス3 105のXシャフトを 2番手柔らかい方に番手ずらし して使用しています。 Sシャフトでは手元が柔らかすぎだったため、Xシャフトを試しましたが全体的にしっかりし過ぎでした。 アイアン用のスチールシャフトはダイナミックゴールドが有名ですが、同シャフトを生産しているトゥルーテンパー社と人気を二分するのが日本シャフトです。, ダイナミックゴールドはロングセラーだけあって良いシャフトなのは確かですが、自分でクラブを組むようになって分かったことがあります。, 購入したシャフトを一本ずつ検品していると嫌になるほど曲がっていますし、重量がバラバラです。同じシャフトを3本購入してやっと1本納得するシャフトが手に入るかどうかといった感じでした。, 量販店で販売されているシャフトはすでにヘッドへ挿された状態の完組クラブとして販売されています。シャフトの重量がどれだけズレていたり、シャフトがどれくらい曲がっていても、一度ヘッドからシャフトを抜かない限り、組んでしまっているクラブからは判断がつきません。, シャフトの重量の誤差は工業製品のためある程度仕方ないと思っています。他の工業製品と同様に重量交差というものが存在するのは十分承知しています。, とは言ったものの、少しでも重量誤差が少ないもの、反りが少ないものを使用したいと思っていたので、ジオテックゴルフのシャフト重量計測サービスとスチールシャフト湾曲選別サービスを活用し、ダイナミックゴールドS400を取り寄せました。, いずれも追加料金を払うと、重量誤差が少ないシャフト、湾曲が少ないシャフトを選別して購入が可能というサービスとなっています。(ジオテックゴルフのこのサービスは画期的だと思います), 届いたシャフトを一本一本検品して、重量差が1g以上あるシャフトはNG、私見にはなりますがある程度反りが大きいシャフトはNGとして、NGとなったシャフトはさらに同じ番手を買い増ししていきました。, その結果、3回同じことを繰り返しましたが、遂に5番からPWまでの1セット分のシャフトが揃うことはありませんでした。, わざわざ追加料金を払って選んでいるはずなのに、全然良いものが届かないので、最終的にはダイナミックゴールド自体を選択肢から外さざるを得ませんでした。, ダイナミックゴールドにはツアーイシューと呼ばれる重量のばらつきを抑えたシャフトセットが3倍の値段で販売されています。重量交差については押さえられていることはその通りかもしれませんが、シャフトの曲がりについては一切の保証はありません。, また、ツアーイシューは重量のばらつきを抑えたセットだとすると、ツアーイシューではない通常のセットはバラつきが大きいですよ、と暗に言っているようなものです。, 日本シャフトは、重量のばらつきや湾曲はダイナミックゴールドより抑えられています。トゥルーテンパーと日本シャフト両方のシャフトをかなり検品しましたが、2本シャフトのほうが優れていました。特にシャフトの反りについては、明らかに日本シャフトの方が真っ直ぐなシャフトが多かったと思います。, ダイナミックゴールドよりは高めの価格設定となっていますが、ダイナミックゴールドを3本ずつ購入するよりは良いだろうと思います。, Sフレックスは手元と中間がかなりしなるため、カーボンシャフトのようにしなりを感じて振る方に適しています。また、先端は相当硬いため、ヒッカケが出やすい方も適しています。, Xフレックスは手元が硬くなりますので、全体的にしっかりする印象です。先端はやはり硬いです。, 一般的なシャフトとなっているのは、ダイナミックゴールドのことだと思われます。ダイナミックゴールドよりも動きの大きなシャフトということがわかります。僕の印象もその通りです。, Sフレックスは中間が硬く、先端が走ります。KBSツアーをもっと極端にしたイメージです。130は硬すぎるというクチコミをよく見ますが、私は特別硬いとは思いませんでした。, またしても他社シャフトはダイナミックゴールでしょうね。モーダス130は、中間が硬く、先端がやわらかいということが一目瞭然です。, ダイナミックゴールドに対抗するために開発されたシャフトと言われています。主な使用プロは宮里優作です。, Sフレックスは確かにダイナミックゴールドのSフレックスに近いシャフトです。ダイナミックゴールドと比較した場合、手元が少し硬い、カウンターバランスである、しなり戻りが少し早い点が異なります。, Xシリースも打ったことはありますが、ダイナミックゴールドのXフレックスよりは若干走らないという印象を受けました。, モーダス3 125の軽量版という触れ込みで発売されたシャフトですが、実際には全く異なるシャフトと言わざるを得ません。, モーダス3シリーズが出る以前のシャフトであるNSプロ950の先端をしっかりさせたシャフト、あるいはNSプロ1050の手元を柔らかくしたシャフト、という表現が近いとも表現が出来ます。, XフレックスはSフレックスよりも全体的にしっかり感が増しながらも手元だけ少ししなるシャフトとなります。, モーダス105は、『SYSTEM3/TOUR125の流れをくむ素直なシャフト』と記載されていることが多いです。確かにモーダス105は素直なシャフトなのですが、モーダス125と比較すると手元の剛性にかなりの差がありますので、モーダス125は真ん中がしなるシャフト、モーダス105は手元がしなるシャフトと性格が異なるシャフトになります。, 現在モーダス3 105のXシャフトを2番手柔らかい方に番手ずらしして使用しています。, Sシャフトでは手元が柔らかすぎだったため、Xシャフトを試しましたが全体的にしっかりし過ぎでした。, 一番手柔らかい方に番手ずらしでは、手元の柔らかさが薄れ、さらに全体的にしっかりした印象を受けました。, 2番手柔らかい方に番手ずらしでは、手元が柔らかすぎず、かつ全体的にもちょうど良い硬さだと感じました。, Xシャフトの2番手柔らかい方に番手ずらしをSシャフトの番手通りと比較すると、Sシャフトの手元を少ししっかりさせたシャフトとなり、狙い通りとなりました。, 2番手番手ずらしはあまりやる方はいないと思いますので、参考にしていただけたらと思います。, カメラ,ゴルフ,自転車などの趣味ついて綴っています。 SNSもフォロー大歓迎です!, ダイナミックゴールと比較して日本シャフト MODUS3 tour120をレビューしてみる, 日本シャフトのスチールシャフト『MODUS3 TOUR120』をレビューしたいと思います。ダイナミックゴールドや他のMODUS3シリーズとの比較も含めて僕の印象を書いてみたいと思います。, シルエットがカッコいい! アークテリクス アロー22の弟分 アロー16 (ARRO16) をレビューしてみる, AirPods Proの長期使用レビュー! WF-1000XM3とノイズキャンセリング比較なども, ペットボトルも入るの!? モーダス105を検討している方で適正のヘッドスピードを気にされている方は多いと思いますので解説しておきます。 ドライバーのヘッドスピードで表記します。 xフレックス:45m/s以上