ボルボ XC60のドライブモード選択がPolestar Engineered! https://www.volvocars.com/jp/cars/new-models/xc60  全長×全幅×全高 =4690 ×1900 ×1660mm 車両本体価格(税込)=¥7,340,000 総排気量 ㏄=1968cc 最大トルク =350Nm(35.7kg-m)/1800-4800rpm 「ボルボXC60 B5」で燃費チャレンジへ. XC60 Recharge Plug-in hybrid T8 AWDには、さまざまなドライビングスタイルに対応するドライブモード・セッティングが標準装備です。電気モーターのゆとりあるパワーのみを使用して走行する「Pure」モードは、平均的な日常の用途には十分な航続距離が確保されています。排出ガスをまったく発 … 昨今、環境配慮への関心は世界的に高まっています。そんななか、有力な選択肢になりそうなクルマが2020年5月に登場しました。それがボルボ「XC60 B5」。高速ではディーゼルなみの燃費と謳うガソリンエンジンのプレミアムSUVの実力とは?, ▲ BowerWilkinsのプレミアムサウンドオーディオシステム(1100ワット)はオプション, 慶應義塾大学文学部出身。自動車誌やグルメ誌の編集長を経て、フリーランスとして活躍中。活動範囲はウェブと雑誌。手がけるのはクルマ、グルメ、デザイン、インタビューなど。いわゆる文化的なことが得意でメカには弱く電球交換がせいぜい。, 『さらば雑司ヶ谷』や『タモリ論』などの著書で知られる作家の樋口毅宏さんをホストに、各界の才能溢れる美女をお招きしてその魅力をとことん掘り起こす連載対談企画です。ハードボイルドな著作が多い樋口さんですが、意外やアタリは柔らかく優しきフェミニスト風(笑)。難攻不落の美女たちの心にスルリと入り込んで意外な本音を引き出します。, 「最近どこかおすすめのお店ない?」「こんど会食するんだけど、どこ予約すればいい?」──友人たちのグルメ・コンシェルジュ化しているLEON.JP食いしん坊担当が、読者のみなさまに自身のネタ帖をそっと公開。話題のニューオープン、旬の食材、気になっていた名店を丁寧にご紹介します。当方、酒がかなりイケる口、東京の右側在住なので、そっち系がやや多め、かもしれません。, 自動車ジャーナリストのレジェンド岡崎宏司氏が綴る、人気エッセイ。日本のモータリゼーションの黎明期から、現在まで縦横無尽に語り尽くします。, 本誌LEONでYULI*YULIとして長きにわたり、あらゆるジャンルのレストラン&バーを取材してまいりました“デート・コンシェルジュ”(略してデーコン)こと、渡辺ゆり子が、本当にデートで使えるお店の選び方をわかりやすく御指南します!, 「ワイングラスの向こう側」(cakes)でおなじみ、奥渋谷のバー「BAR BOSSA」(バール・ボッサ)のマスターにして作家の林伸次さんが、バーテン仕込みの絶妙な話術でさまざまな美人さんの本音を聞き出す連載です。シーズン2のテーマは、ズバリ、今どき美女たちの“悩める”恋愛事情。美人だってときには恋に傷つくこともあるだろうという推論のもと、美人が出会った最低男を裏テーマに、彼女たちの恋愛体験(主に失敗)談と本音の恋愛観に迫ります。, 彼女と訪れる旅の楽しみってなんでしょう? まずは料理、そして景色。気持ちのいい温泉と高いホスピタリティも大切です。さらに設えや歴史などその宿ならではの個性的な魅力があれば、旅はきっと素晴らしい思い出になるはず。そんな恋するふたりの大切な旅時間を演出する“ハズさない”宿を、LEONが実際に訪れた中から自信をもってご紹介します。, 5,000本以上のコレクションを持つ日本随一のワインコレクターにして、多いときは月に3桁の金額をワインに費やす超愛好家である吉川慎二氏。氏が考える、真にスマートで男女問わずに愛されるワインライフとは。, 「ぐるなび」のエディトリアル・プロデューサーとして超高級から庶民派まで全方位にわたる豊富な食体験を誇る業界の“グルメ番長”松尾 大さんが、食のトレンドを押さえつつ、新たなグルメの楽しみ方をご提案する連載です。, ワインスタイリスト、そしてシャンパンラウンジ『カーヴ シンデレラ』のプロデューサーとしても活躍する藤崎聡子さんが、さまざまなTPOにおける“モテるお酒のこなし方”を教えてくれる連載です。, 世界のラグジュアリー人脈に通じ、社交界の裏事情にも詳しい謎の有閑マダム、カトリーヌ10世さんが、日本の男性諸氏が陥っている、ファッションと恋愛の無自覚・無意識の怠慢に覚醒を促し、読者を洗練へと導く連載です。, ファッションからカルチャー、旅やホテルからガストロノミーまで、ラグジュアリーライフをテーマに執筆活動を行っているコラムニストの中村孝則さんが、毎回1本のシガーを取り上げてその魅力と楽しみ方をご紹介する連載です。, COVID-19で世界各地の大気汚染が少なくなったというニュースがありました。でもいっぽうで、CO2濃度は減っていないようです。愛というものを人一倍持っているオヤジさんとしても、ここは地球愛を発揮する時では。, XC60 B5(以下・B5)はひとことで説明すると、マイルドハイブリッド車。そのシステムは、2リッターのガソリンエンジンにちょっと小さめなモーターが組み合わせたもの。, その盛り上がり感がガソリンエンジンの”味”なんですが、せっかちなオヤジさんだと、”早く加速しろー”なんてアクセルペダルをついたくさん踏み込みがち。でもそれは、燃費の面からはあまりお勧めできませんね、とばかりに、ボルボはそういうときはモーターの力でエンジンの出力軸をよけいに回してやるシステムを搭載したわけです。, 実際に運転すると、まず、パワフルという印象を受けます。ボルボの狙いどおり、電気モーターが働くのでしょう。1890キロの車体をものともせず、軽々と発進。そこからもけっこうな加速です。, オヤジさんはやっぱりご存知だと思うんですが、いま、環境汚染を防止する目的で、内燃機関(ガソリンエンジンやディーゼルエンジン)への問題提起が、世界のリーダーから出されています。, 排ガス中の窒素化合物やPM(粒子状物質)というディーゼルエンジンの排気のなかに含まれている成分が問題なわけです。ボルボをふくめて各自動車メーカーは尿素SCRといった、いわゆる触媒を使って排ガスを無害化しています。, 車体の姿勢は安定していて、乗り心地もサスペンションがよく動くかんじで、気持ちよく感じられます。ハイウェイの巡航では、その際、AWD(全輪駆動)システムは、フロントホイールだけにトルクを伝達。さらに負荷が低ければ、気筒休止します。そこから加速が必要なときは、先にお伝えしたように、電気モーターの出番というわけなのです。, サスの設定は個人的には「コンフォート」モードが好みでした。エンジンのトルクが出る感覚と乗り心地のマッチングがいいんです。適度にゆったり。でもかったるくない。居心地のいいインテリアを持つXC60の雰囲気とよく合っている印象です。, B5は、いまのところ、XC60と、XC90に搭載されています。前者のボディサイズは全長4690ミリ、全幅1900ミリ、全高1660ミリ。ホイールベースは2865ミリ。いっぽう後者の全長は4950ミリとふた回りぐらい大きいかんじです。, エコなSUV、ボルボ「XC60 B5」の走りは意外にも!? XC60 Recharge Plug-in hybrid T8 AWDには、さまざまなドライビングスタイルに対応するドライブモード・セッティングが標準装備です。電気モーターのゆとりあるパワーのみを使用して走行する「Pure」モードは、平均的な日常の用途には十分な航続距離が確保されています。排出ガスをまったく発 … ボルボ XC60 T5 LE(走行距離5.5万Km レザーシートパッケージ キーレスドライブ 純正ナビ バックカメラ)[826:3134791]の中古車詳細情報。在庫豊富な愛知県のユニバース 名東ならお探しの無料保証付き中古車がきっと見つかる。 ホイールベース ㎜=2865mm ブレーキ 前・後=ディスク・ディスク 2017年にボルボ最新のデザインコンセプトを取り入れて発売されたボルボXC60。今年4月には、同社初となる48Vのマイルドハイブリッドを搭載した「B5」が追加導入され、モデルラインアップの充実を図っている。, このXC60 B5のメディア向け試乗会が5月末~6月上旬に開催されたのだが、その際に好評だったのが燃費の良さだったとのこと。それを受け、今回XC60 B5の燃費の実力はいかほどなのか? を探る燃費チャレンジ試乗会「XC60 B5 Fuel economy competition」が行われた。参加したのはボルボの広報チームと厳選された!?