「新型フィットは、発売が計画より遅れていて情報が入らない。売り上げに貢献してくれると期待していたが、これでは売りたくても売れない」, 今秋、日本で発表されるホンダの主力コンパクトカー「フィット」(4代目)。都内のホンダ販売店営業担当者は、新型フィットについてこんな懸念を示した。, 2001年に登場した初代は低価格・低燃費、広い室内空間を売りに、トヨタ自動車の「カローラ」が33年間守った国内最販車の称号を奪い、一世を風靡した。, しかし、13年に投入した3代目は、発売から1年間で5回のリコールを起こし、日本では軽自動車を除く「登録車」で年間首位を逃した。18年には約9万台売れているが、当初の期待には届かない。, 6年ぶりとなる4代目は「運転しやすく、使いやすい、よい車に仕上がっている」と複数のホンダ関係者が語る自信作だ。しかし部品生産の不具合の影響で、もともと11月中旬発売の予定だったものが、12月中旬以降に延期されるという情報が販売店に回っている。, ホンダの国内4輪事業の業績が低迷している。国内の生産能力過剰に加え、軽自動車と小型車に偏る販売が原因。4輪事業の収益改善にも国内の立て直しが必要だ。. ガソリン車の最高峰を競うF1シリーズにパワーユニット(PU)供給で参戦しているホンダが、2021年シーズンを最後に撤退することを決めた。これまでも撤退や再参戦を繰り返してきたが、八郷隆弘社長は「再参戦は考えていない」と明言した。二酸化炭素(CO2)排出削減など世界的な環境規制の強化やクルマの電動化に対応するため、創業者・本田宗一郎氏の夢であり、巨額の費用を投じてきたF1と決別する。, 2日のオンライン会見で八郷社長はこう述べ、電気自動車(EV)やハイブリッド車(HV)などの電動車の販売比率を上げ、50年に企業活動で出るCO2を実質ゼロにする「カーボンニュートラル」の実現を目指す考えを示した。, 世界的に環境規制は強まり、欧州では英国が35年、フランスが40年までにガソリン車やディーゼル車の新規販売を禁止する方針だ。米カリフォルニア州のニューサム知事も9月、35年までに州内で販売される全ての新車を、排ガスを出さない「ゼロエミッション車」にするよう義務付ける方針を示した。, ホンダは30年に四輪車の世界販売台数の3分の2をHVやEVなどの電動車にする計画を掲げるが、現状では海外大手メーカーに後れを取る。, 新型コロナウイルス感染拡大による世界的な需要減で、四輪車などの販売台数が減少。21年3月期連結決算の最終利益は前期比63・8%減の1650億円と見込まれる。, 9月には、米自動車大手ゼネラル・モーターズ(GM)との提携を拡大し、主力の北米市場で車台やエンジン、電動車向けモーターなどの共通化に向けた検討を始めると発表。宗一郎氏による創業以来、独自技術へのこだわりから「自前主義」を貫いてきたホンダが、基幹部品であるエンジンの共用化にまで踏み込んだことは業界関係者に驚きを持って迎えられた。, 【経済インサイド】F1撤退決めたホンダの裏事情 世界EVシフトでガソリンエンジン開発の意義低下. 都内のホンダ販売店営業担当者は、新型フィットについてこんな懸念を示した。 2001年に登場した初代は低価格・低燃費、広い室内空間を売りに、トヨタ自動車の「カローラ」が33年間守った国内最販車の称号を奪い、一世を風靡した。

ニューストップ F1撤退決めたホンダの裏事情 EVシフトでガソリンエンジン開発の意義低下 (1/2ページ) - SankeiBiz(サンケイビズ):自分を磨く経済情報サイト 【ちくり裏事情板】 書き込む前にこれらをお読み下さい。 「良いクルマを適正価格で売る」ことを忘れたホンダ高価格路線を画像で考察, ホンダの国内販売が大きく様変わりしている。10年前の販売比率を見ると軽自動車から2Lクラスの乗用車、ミニバン、SUVなど様々なジャンルが適正なバランスで売れていた。, しかし! 今や販売台数の半分近くが軽自動車! 白いナンバーの「いわゆる登録車」も、フィットを始めヴェゼルやフリードといったコンパクトカーばかり。, 一方、車種ラインナップはレジェンドを筆頭にアコード、クラリティ、オデッセイ、ステップワゴン、CR-Vと充実しています。コンパクトカー以外、開店休業状態といってよい。, 結果、このところ国内販売は実際は赤字的なギリギリ黒字といった状況(新型コロナ禍の決算は赤字だと思う)。バランス良いトヨタと好対照。どうしちゃったんだろうか?, 結論から書くと「国内販売担当にまったく自動車ビジネスのセンスなし」ということになります。, まず、競合車と比べ信じられないほど高い! 好例が今や人気ジャンルとなっているCR-Vだ。, トヨタを見ると、アメリカでCR-Vと販売台数で競っているRAV4に加え、ハリアーもラインナップしているのに好調。マツダだってCX-5は貴重な稼ぎ手だ。日産 エクストレイルやスバル フォレスターだって好調な販売台数で推移してます。, CR-Vだけ鮮やかな一人負け! 同じジャンルでこれほど酷い状況、今まで見たことがない。いや、クルマそのものの完成度が低ければ当然だと思う。けれどCR-Vの場合、日本以外ではRAV4とガチで勝負できるほど良いクルマだ。ハードに責任無し!, 売れない理由は日本の営業担当にあること明々白々。ということで売れない理由を挙げるなら前述の通り価格ということになる。, CR-Vのスターティングプライス、336万円もする! RAV4だと274万円から。CX-5だって265万円からとなります。もちろん装備差などあるため実質的にはもう少し縮まるとはいえ、ハードル高過ぎ。, 加えてCR-Vは日本で作っているのに、アメリカで販売している価格より高い。驚くべきことに日本で生産してアメリカで販売しているクラリティも、日本の方が高いのだからワケ解らない状況。, CR-Vに限らず、シビックもアコードもインサイトも競合するライバルモデルと比べ、全て割高感あるのだった。売れなくて当然だと思う。, なぜこんな高い価格を付けるようになったのだろうか? ここ何年か理解できなかったのだけれど、やっと判明しました。N-BOXの大ヒットで考え方を変えたという。, 長い間、ホンダは「良いクルマを適切な価格で販売する」ということを社是にしてきた。だから歴代のヒット車を振り返ると、全て良品廉価路線である。, バブル景気終わった後、ホンダは経営的に厳しくなるが、そこからライバルと比べ圧倒的にお買い得感を持つオデッセイとステップワゴン、CR-V(全て初代)を発売しメガヒットを飛ばす。2000年のフィットも同じカテゴリーで最もリーズナブルだった。, 折しもの軽自動車ブームで、今まで登録車に乗っていた人が新規参入してきた。そういった人からすれば高品質で登録車と同レベルの安全性を確保していたのはN-BOXだけ。他は物足りなかった。, この成功体験でホンダの営業姿勢は変わってしまった。ユーザーは慧眼だ。実際、N-BOX以後に出したクルマはコンパクトカーしか売れなくなった。, このままだとホンダは軽自動車とコンパクトカーだけのメーカーになっていく。かつてダイハツやスズキも歩んできた道ですね。そうこうしているうち、日本市場のシェアもドンドン小さくなって行くだろう。スズキとダイハツ、手強いですから。, ホンダが選んだ道なので仕方ないけれど、ファンからすれば残念でならない。もはや打つ手はなしか?, 2つ策がある。ひとつは現在販売している車種の価格見直しだ。少なくともアメリカでの価格と同等。攻めるならアメリカより安く設定すべき。CR-VがRAV4と同じ価格になったらずいぶんイメージ変わる。, もう1つはBR-Vに代表される新興国向けの魅力的なクルマをリーズナブルな価格で出すこと。思い切った手を打たないとジリ貧です。, 日本市場が痩せていく… 車種削減は必然か愚行か!?? 中古のホンダシビック限定車がなぜか香港で大ウケの裏事情 ... 国民民主党 議員62人に1千万円 2. 【1:349】オリコの裏事情4 1 名前:オリコlove :2020/05/06(水) 17:20:41.97 id:kak0wfyo2 健全な議論や意見をお願いします。 個人に対する誹謗中傷はやめましょうね。 340 名前:z :2020/11/09(月) 00:45:19.59 id:1bisig5io この会社の大統領交代、