部下に暴言を吐くことは、職場の内外を問わず、懇親会の席などざっくばらんな雰囲気の場でも、許されるものではありません。厳しく叱ることも部下を指導する上で時には必要ですが、その場合も言葉を選んで、適切に対応することが必要です。 [2] パワハラ認定なんてされていたら会社に居づらくなりますし、最悪リストラされてしまう可能性もあります。 言葉には気を付けていきたいところですね…。 この記事ではパワハラになる言葉一覧をご紹介します。 ⇒20万件以上の非公開求人! 直接的な言葉による攻撃だけでなく、悪意ある行動でもパワハラだと判断されることがあるのです。 ③人間関係からの切り離し ひとりだけ違う部屋にデスクを置く、ほかの社員が全員参加している行事に参加させないなど、職場でわざと孤立させる行為です。 「肺炎ごときで会社休むな!」と言われた… そこまでして働かなきゃいけないの!? 近年社会問題となっている「パワハラ」ですが、誰もが被害者&加害者になる可能性があります。, 何気ない一言や行動が、相手から「パワハラだ」と非難される恐れも。パワハラについての知識や判断基準などが分かれば、パワハラは避けられます。, 本記事では、安心して職場での生活を過ごすため、パワハラに該当する言葉・行為や具体事例、パワハラ被害者が今すぐパワハラから脱出する方法を詳しく解説していきましょう。, 今すぐ仕事を辞めたいパワハラ被害者のための退職代行サービスや、パワハラのない企業にスムーズに転職できる転職エージェントも併せてご紹介します。, 「パワハラ」とは「パワーハラスメント」の略称。「パワーハラスメント」とは、職場での地位や権力を利用した嫌がらせ全般を指します。, パワハラ行為によって精神的・身体的苦痛を受けた被害者により、全国的に訴訟に発展する事例も増え、社会問題化しました。, さらに、「パワハラ」が広まった当初は、上司から部下に対する嫌がらせのイメージが強くありました。, しかし、近年では部下から上司に対する「逆パワハラ」とも呼ばれるパワハラ、そして同僚同士によるパワハラも増えています。, ④過大な要求、⑤過小な要求、⑥個の侵害については、特に「上司→部下」の職場での地位や権力の優位性を前提にしたパワハラ行為に該当します。, 一方、①身体的な攻撃、②精神的な攻撃、③人間関係からの切り離しについては、「上司→部下」だけでなく、「部下→上司」や「同僚→同僚」と、地位や権力の優位性がない関係でのパワハラ行為にも該当します。, しかし、具体的なパワハラ行為を確認してみると、「いじめ」と変わらない行為が含まれています。, 実は、「パワハラ」や「パワーハラスメント」は和製英語です。英語で「パワハラ」は「Workplace Harassment」と表記されます。意味は、「職場のハラスメント」です。, つまり、「パワー」といった地位や権力に関するパワハラだけでなく、職場や雇用の場で起こる嫌がらせ全般の認識になります。, したがって、職場において、上司と部下だけでなく、先輩と後輩、そして同僚間の嫌がらせも「パワハラ」に含まれます。, 「パワハラ」が広まった当初は、「職場の地位や権力を利用していないか」や「業務の適正な範囲か」の点がパワハラ認定の基準でした。, 「職場いじめ」は職場で起こるいじめや嫌がらせを指しますが、これには「モラハラ(精神的嫌がらせ)」や「セクハラ(性的嫌がらせ)」も含まれます。, 例えば、同僚間でいじめがあり、上司が必要な対策を講じなければ「パワハラ」となります。, また、上司も加担し、それを会社が「適切な指導」と庇えば、これもまた「パワハラ」です。, 「パワハラ」と「職場いじめ」には明確な線引きがなく、「パワハラ=職場でのいじめや嫌がらせ」と言えるでしょう。, 社会問題化し、明確な概念もある「パワハラ」。それでもパワハラが減らないのは、グレーゾーンがあるからです。, このグレーゾーンは、被害者側が抱えている問題です。被害者にとって、パワハラと訴えられるか判断に困るのがグレーゾーンの厄介な点だからです。, 例えば、上司から注意を受けている際、「業務の適正な範囲」での指導なら問題ありません。, しかし、ごく一部に、「能力がない」などといった侮辱する言葉があった場合、その一言だけを取り上げて、被害者は訴えづらいでしょう。, このように、明らかなパワハラ行為については問題について周知が進む一方で、「業務の適正な範囲」にパワハラ行為が紛れ込むケースが存在します。, パワハラはその性質上、被害者が訴えづらい問題があります。パワハラのグレーゾーンは、この性質と合わさり、問題が顕在化しにくい状況を作っているのです。, グレーゾーンを放置すると、悪用する加害者も現れます。未然に防ぐためには、パワハラの規定について各職場での明確化が不可欠です。, パワハラの概念について触れました。加えて、パワハラの具体的な事例についても見ていきましょう。, 判決は、損害賠償5万円でAさんの勝訴でした。裁判所は、B氏に明確なパワハラの意図は認められないとしながらも、Aさんの名誉を棄損する内容であったと結論づけています。, ある高校で起きた裁判では、被害者の女性教諭Cさんに対し、学校側の「精神的な嫌がらせ」「人間関係からの切り離し」「過小な要求」といったパワハラ行為が指摘されました。, これらの被害を受けたCさんは学校法人に勝訴し、学校側には600万円の支払いが言い渡されました。, 介護職員であった被害者のDさんは、「笑顔がない」ため勤めていた病院から解雇されました。, ある幼稚園に勤務していた、被害者である女性教諭のEさんは、妊娠を理由に園長から退職と解雇を強要されました。, 妊娠が分かった際には、園長は避妊を含めたEさんの自己管理について非難しています。さらに、園長はEさんに対し、中絶も迫りました。, Eさんは、園長のパワハラ行為と退職・解雇の強要に対し、園長と幼稚園を訴えました。結果は勝訴しましたが、裁判では幼稚園側とEさんの価値観のギャップも分かっています。, 幼稚園と園長側の考えは、「未入籍の教諭は担任を持っている間は妊娠してはならない」。, これは幼稚園全体で周知されており、Eさんが反したため園長は過剰とも思える行為に出たようです。, 幼稚園と園長側にも主張はありましたが、その行為は法的にパワハラと認められています。, 何がパワハラであるかについては紹介しましたが、実際に職場で判断するのは簡単ではないでしょう。, パワハラは、「相手がどう感じるか」が重要です。加害者側は正しいと思っていても、被害者が「パワハラだ」と感じればパワハラになってしまいます。, それでも、日常でパワハラを避けるための方法はあり、判断の仕方や基準をまとめました。, もし部下を持っている場合、常に自分が職場の地位を利用して部下にプレッシャーをかけていないか注意する必要があります。, 日常の何気ない一言であっても、部下にとっては悪意と受け取られかねません。そのためにも、侮辱や暴言となる可能性がある言葉は避けるべきでしょう。, 過小な要求には、仕事外しや仕事を与えない明らかなパワハラが多くありますが、特別な悪意がなければこちらは容易に避けられます。, 難しいのは過大な要求です。部下を見込み、成長を促すために少し大きな要求をするケースは大いにあるでしょう。, 多少の負荷は成長のためには仕方ないと考えている上司は要注意。根性論の要求が部下にとっては「嫌がらせ」になりかねません。, 負荷をかけずにどのように成長させるかは、難しいテーマです。ただ、パワハラを避けるためには、過大な要求について注意深く認識しておく必要があります。, パワハラによって起こる被害は、精神的苦痛が最も大きいでしょう。それをなくすには、相手の気持ちを思いやる、想像する基本に立ち返らなければなりません。, 「これをしたらどう思うだろうか」、「こう言ったらどう思うだろうか」と、行動・発言の前に相手の気持ちを考えましょう。, 精神的攻撃を受け続ければ正常な判断能力を失います。その前に、適切な対策を講じて解決しましょう。, 同じ職場で働く仲間や会社の窓口に相談して対応してもらうのが一番ですが、会社がパワハラを軽視し相談しても解決しないようなら、社外に目を向けるのも一つの選択肢です。, 誰かに相談するのも億劫でとにかくすぐに会社を辞めてパワハラを解決したい方は退職代行サービスを利用しましょう。, 退職希望の従業員に代わり、会社との退職のやり取りをすべて代行してくれるのが「退職代行EXIT(イグジット)」です。, 「今すぐ辞めたい」「気まずいから会社の人と顔を合わせたくない」「もう2度と会社に行きたくない」など、パワハラで追い詰められている人の要望にすべて応えてくれます。, メディア掲載実績No.1!退職成功率100%! 圧倒的な求人数であらゆる業種・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

本格診断サービス「グッドポイント診断」で自分の適性を把握できる。, 【公式サイト】https://next.rikunabi.com/ 必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。, 業務の範囲を超えた過大な要求の強制(できないと分かっていることを無理やりやらせようとする), しかし、そのメールには「(Aさんに)やる気がないなら、会社を辞めるべき」、「会社の損失」といった. ですが、私はすべて自分が悪いと思い、反抗せず、ただすいませんと謝りました。, 私は22歳の時に新卒で入社した会社で、パワハラを受けました。業種は物流業で、職種は一般事務でした。その当時新卒で入社してから、仕事になかなか慣れることが出来ずにいました。, きっかけは入社してから3か月ぐらいで、顧客に対して、迷惑をかけるようなミスをしてしたことでした。まずその時に、上司からは個室に連れていかれて、大声で叱られました。, その上司は40代の男性でした。「お前は要らない」「なんで出来ねぇんだよ」「使えねぇ」といったことを大声で、20分くらい言われました。それだけであれば、ただの叱責なので、反省していました。, しかし、その後からパワハラが始まりました。仕事を覚えるための「メモ書き」を見ながら仕事をしているのですが、「こいつ雑魚だから、こんなものも覚えることが出来ないんだぜ」と大声で馬鹿にされました。, また人に紹介するときは、「こいつは使えねぇから」という前置きをしてから、私を紹介するようになりました。, はじめは覚えられない自分が悪いと思っていました。上司を見るたびに、すくみ上るような恐怖を感じていましたが、それと同時に、前向きに学んでいこうと思っていました。, しかし、日数を重ねるごとになんだか違う気がしてきました。仕事を覚えるようになっても、私に対するあたりが強かったからです。, 職場にあまりいなく、実情がわかっていない一番偉い上司に対して、この状況を伝えたところ、パワハラ被害が無くなりました。パワハラ上司と話す機会があっても、以前のようにあげつらわれることは無くなりました。, 音楽講師・40才。・お仕事を上司と二人に頼まれ、単発の講座をすることになりました。そして、そこで演奏もすることになり練習も重ね、その日無事に終わりました。, 上司に渡された講座のお礼金は普通二人で分けるのに、上司が全部持って帰りました。あり得ません。, 後日、あの時のお給料について話を持ち出すと、私の指導のお陰で今のあなたがあるのに、レベルも違うくせに半分よこせはない!まだこちらがそういう場所を与えてやったのだから、お礼を持ってきてほしいくらいなんだから、今回は無しで文句ないでしょう!と言われ、全くの無料ご奉仕になりました。, 大人同士で受けたお仕事だったのに、お金に対してや私に対しての思いやりの無さを感じました。良いように利用されたのだと思い悲しくなりました。その人は銭ゲバなのだと思いました。, そういう人に何を言っても無駄なので、腹が立ちますが、今回は腹に納めて、一緒にはせず、次回から上手く断ることにしました。そして、機会があったので、相手先の責任者さんにお金はいただいてなく、上司が一人で受け取ったことを伝えました。, 30代、事務職。転職した先の教育係の先輩が、マニュアルから少しでもズレたことをすることも嫌う人で、そんなことをしようものなら怒鳴るような人でした。, 上司はその先輩の腰ぎんちゃく状態。上司なのにその人に何も言えないのです。正論を並べ立てて上司にもすごむような人で、上司はとにかく事なかれ主義でした。, ある時、私が接客対応でわからないことがあり、その先輩に恐る恐る質問したところ、急に烈火のように怒り始めました。「そんなこと聞いてくるのかよ!なんなんだよお前は!」と。フロア全体に響き渡る声でした。, お客さんは完全に引いていました。他の同僚は聞こえないフリ。もちろん上司もスルーです。この職場はおかしいと思いました。, 先輩がいないときに上司に相談したところ、「まあ…そういわる側にも問題があるんじゃないかな?」と全く取り合ってくれませんでした。, 1年間耐え続け、先輩が他部署に異動になってからはすごく楽になりました。一人変わるだけでこんなにも環境は変わるのだなと実感した瞬間です。, 営業の仕事をしているときに、上司からパワハラを受けました。当時私は27歳、上司は40代半ばの女性の部長でした。彼女は元々言葉遣いはきつい方でした。私はまだ入社をして半年もたっておらず未熟でしたが、明らかに私に対してだけはきつかったです。, 電話一つにとっても、”あんたの言葉遣いは変や。方言がでている。”と、明らかに他の方の方がきついのに私だけ何回も注意をされ、しまいには気持ちがこもっていない。本当に反省しているのか。とまで注意を受けました。, 営業履歴のレポートにおいても、他の方は簡易、ましてや本人のレポートは数行なのに対し私には少なすぎる。もっとあるだろう。と、毎日のように注意を受けました。, 仕事も定時で上がろうとすると、先輩方は残っているのにもう終わったの。と、残らされ、何においても罵倒されの毎日でした。, きっちりと意見を言わなければと思い、私はそれは教わっていなかったので申し訳ないです。と伝えたりしましたが、それは教わっていないのは関係ない。あんたが悪いの連続です。, パワハラの上司の元で働いていたのは24歳から28歳まで。とにかく数字が全てで、全てに完璧を求められました。月予算を週で割り、1週でも落とせば上司とマンツーマンの個室で面談。, 他に電話営業、手書きDM、百貨店のクレジットカードの取得率にもノルマがあり、落とせば叱責。怒鳴られ、すぐに対策を答えられなければゴミ箱を投げ付けられます。, 壁ドンならぬ、壁ガンもよくされました。自分の顔の横にある壁を殴られるというものです。育ちが知れる、よくそんなので生きてきたな、そう言われることもありました。, 勤務時間内に出来なければ、休憩時間や休日を使ってすればいいと言われ、1日の休憩時間はお握りを食べる10分のみ。勿論残業続きで休日も出勤していました。, ただ、上司の態度は私だけに対してではなく全ての同僚に対して同じだったので、それが普通なのだと思い込んでしまいました。ただただ苦しかったです。, 今思えば、全ての同僚が精神的ストレスによる身体的な症状を発症させていました。円形脱毛症、胃潰瘍、過呼吸、不眠症。, 結局、私は不眠症から心療内科を受診し、医者の勧めで部署異動の希望を出しました。上司も診断書を提出したので、止めることはありませんでした。異動最終日までは空気の様に扱われましたが。, エステティック・サービス業。24歳。最低な店長の話です。スタッフの人数が少ない職場で、お客様への施術に入れるスタッフは限られ、一人のスタッフが一日中お昼ご飯も食べられずに夜まで業務に当たることなんてザラな職場でした。, さらに最悪なことに、スタッフが取った契約は「店長権限」とやらで店長にとられる毎日。スタッフたちは毎日のストレスに押しつぶされていました。, その日は、いつも通りスタッフが施術や接客、電話対応や、ウェブ管理など多くの業務に追われている中、店長は一人でスマホゲーム、店内が ©Copyright2020 WORK&LIFE!.All Rights Reserved. 日本最大級の求人データベースから検索可能&AIが最適な求人をレコメンドする転職サイト。 職場のパワハラは、心に深い傷を負わせる悪質な行為です。今回はパワハラについて、どのような言動がそれに当たるのか、被害者・加害者それぞれの視点から10のチェック項目を用意しました。いち早くパワハラから抜け出すための改善策についても記載しています。 笑顔で聞き流していました。, 食品製造業に転職した頃で、3年ほど前の35歳の頃です。入社したてだったので、仕事の進め方がわからず、同じ部署の上司の方からわからない事を聞きながら仕事を進めていました。, 入社して5日目ぐらいだったと思います。私が仕事をしていたら、別の上司の方が、「おいおまえ、もうちょっと早く仕事しろよ。そのぐらいすぐわかるだろ?」と怒鳴られました。, その時は、私が仕事が早くできないのが悪いと思っていたので、「すいません。」と言いました。, その後、ほぼ毎日のように怒鳴られるようになり、その怒鳴る上司は、早口で怒鳴るので、理解に苦しみ、何度か「すいません。もう一度お願いします。」と私が言うと、「だからこうやれってさっきから言ってるだろうが。」と頭を叩かれました。, ある日は、仕事をしている時に、その怒鳴る上司が私の使っている包丁をわざと落とし、その包丁が欠けてしまいましたが、その上司は私の目を見ても、何も言いませんでした。, 私は非常に理不尽に感じましたが、慣れるまでの辛抱だと思い、何も言わずに耐えました。, ある時は、昼飯が終わったあとに、ほぼ必ず、その上司から、「もうちょっと要領考えて仕事しろよ。めんどくさいやつだな。」と数十分怒鳴られ、それが毎日のように続きました。, さすがに我慢の限界だと思い、部長に報告したら、すぐ対応してくれたのがいいのですが、1週間後、またその怒鳴る上司は怒鳴ってきました。 とお悩みの、肺炎なのに会社を休めないという方のためのページです。 最近は... 老後は死ぬまで働かないといけないの? 老後の生活が不安! そういった不安をお持ちの方は、今は珍しくもないかもしれません。 人生百年時代なんて恐ろしいことも言われていますし。 年金支給開始が更に遅れる... パートさんがどんどん辞めていく! 一斉に辞めていってしまう! 新人を募集しても誰も来ない! そういった悩みをお持ちの方は今のご時勢多いと思います。 最近は本当に人手不足に陥っている会社が多いです。 ... ここまで言われて無理に働こうとしてもパワハラ上司に足元を見られるだけですので、こんなこと言われたら本当に辞めて転職することを考えたほうが良い, 給料の良いホワイト企業を探すなら非公開求人をたくさん扱ってる転職エージェントがお勧め, 今は失業率も低く、人手不足で本当に困っている会社が多いので、優良求人でも紹介して貰いやすい, パワハラが横行している会社に勤めているのであれば、早めに転職を検討した方がいいかもしれません。. 登録は5分で完了!, 企業との繋がりも深く自分一人だけでは知りえない企業の内部情報まで知れる場合もあり、ミスマッチを未然に防げます。, 特性やサポートの質、得意な求人は異なるため、下記から自分に合う転職エージェントをピックアップしましょう。, パワハラの有無は「相手が苦痛と感じるか」。自身の価値観だけではなく、相手の価値観や感じ方についても想像するようにしてください。, 部下を指導する際、先輩と後輩の間、同僚間であっても、相手の人格を否定するような言葉は避けるべきでしょう。, リバティワークスのおすすめは、転職成功実績No.1の『リクルートエージェント』と、20代・30代に人気の『マイナビエージェント』です。, 登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!転職エージェントのサポートは完全無料なので、まずは気軽に転職の相談をしてみましょう。, 転職実績No.1!非公開求人10万件以上! 特に20~30代の転職決定者が多く、営業職やIT系に強い。充実の面接対策も人気!, 20代に信頼されている転職エージェントNo.1!登録者の76%が35歳以下で手厚いサポートに定評アリ。, 主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。, 求人の3割以上が年収1,000万円超のハイクラス転職サイト。レジュメを見た企業やヘッドハンターから直接スカウトされるため採用率が高い。 他は直接雇用の正社員たちだし… 正直肩身が狭い! 業界最大手で累計2500人以上の退職を代行。 最近は派遣という働き方も広がってきましたから、そういった悩みを持っている方は少なくありません。 特に派遣社員ですと... 職場で理不尽な扱いをされている! そんな悩みをお持ちの方は今のご時世珍しくないと思います。 最近は本当にブラックな会社も増えてきていますし、人手不足で職場の雰囲気がギスギスしているケースも増えてきていますからね。 社... 中堅社員が辞めていく! 仕事のできる若手中堅社員がどんどん辞めていく! そういった悩みをお持ちの方は今のご時世珍しくないと思います。 特に最近はブラックな会社も多いですし、人手不足に陥っている会社も多いです... 肺炎なのに会社を休めない! 学校を卒業し、多くの会社にエントリーシートを提出し、何度も行う面接試験……そしてやっと内定をもらって入社した会社!, 新卒でも転職でも心機一転、入社した会社で初めに会話する方は「直属の上司」だと思います。自分が今後お世話になるなかで、上司との関係性が最も重要といっても過言ではありません。, そんな上司がキツイ言い方をする方だったら絶望すると思います。実際の暴力は問題外ですが、「言葉の暴力=パワハラ」を部下は受けることもあり得るのです。, 今回は私が受けた実体験を交えながらお伝えしたいと思います。少しでもパワハラで悩む方やなにがパワハラになるの?と悩む上司の方にも参考になれば幸いです。, ここではどのような言葉・言い方がパワハラにあたるのか、まずは私の経験をもとに問題の言葉集を列挙していみようと思います。, ざっと書きましたが以上です。なんとなく読み取れるかもしれませんが、私の場合は女の上司に連日のように上記のような怒鳴られ公衆の面前で恥を晒し続けていきました。本当に言い方がキツイ上司でした。, 当然プライドもズタズタです。こちらに非がない場合でも上司から大声で叱責されれば周りの同僚だって「あれ?彼って仕事出来ないやつ?」と誤解も招きやすくなり、会社へ行くのも日に日に辛くなってしまいました。, 当時、私は会社の広報職についており、社内のイベントや広報で社外イベントなど多くの行事を担当していたので、朝から晩まで多くの関係者から電話!電話!メール!メール!打ち合わせ!など他の同僚も応援してもらえるほど多忙を極めていました。, 退職してから元同僚から聞いた理由としては「嫉妬」だったそうです。同僚や社外の関係者とも協力して楽しくやっていたことで上司が疎外感を感じてしまったようで、目障りでキツイ言い方をしていた…という理由でした。, 部下からすれば知ったことではないというのが本音ですが、対処法としては”良くも悪くも目立ち過ぎるのも妬まれることがある”ことを仕事で活躍している皆さんはご留意ください。, 文字通り親も歳をとれば介護も必要になってしまうことが多々あります。それは仕方ないことなのですが、それは会社と家族を混同してしまっては会社員としては失格であり、特に管理職たる上司の資質も問題がある言い方ではないかと思います。, しかし残念ながら私の上司は業務進捗と業務量の調整を相談した際に投げられた言葉が上記でした。対処法としては”もっと働け!”と上司に言われた場合は是非同僚や先輩に相談してみてください。効率化できる知恵をもらったり業務をシェアしてくれたりするかもしれません。, こちらは私が仕事をミスした際に大声で言われたことです。もともと言葉が荒い方でしたが、こんなストレートな言い方をされることもあります。, 対処法として、こちらは脅迫的な要素もあり、会社としても問題になりやすいため、「録音や言われたことをメモ取ること」をオススメします。仮に連日言われ続けて鬱になってしまった。, クビにされてしまった場合、人事や労働監督署へ録音データなど証拠を持って行くと状況が変わるかもしれません。, 調べてみただけでザっとここまで出てきました。やはり多くの方がパワハラ上司に悩んでいたり、こういう言葉やキツイ言い方職場での目撃情報があるようですね。完全に暴言だったり性差別な発言も見受けられます。, 私としては謎なのは「小学校や親にこうした暴言は言ってはいけない」と学習したはずなのに…という教養の無さに落胆してしまいます。, もしあなたの職場にもこんな言葉がキツイ上司に当たってしまった場合は、「ああ、この人は教養のない人なんだ。可哀想に。」と思ってしまってよいと思います。そういう方はそういう人生しか歩めないんだと割り切ってしまうのがいいと思います。, お客様へのラッピングを華やかなものにしようという提案のために自腹で購入した商品を机に並べていた時のことです。その様子をちょうど上司に見られ「これは何だ」と聞かれ正直に答えたら「勝手なことするんじゃない」「バカじゃないのか」などいう内容で怒鳴られました。, 作業場に上司と私の二人きりだったため、目撃者もおらず入れ替わりで戻ってきた先輩に言われたままのことを話したら堪えていた涙が出そうになり5分ほどトイレに逃げ号泣しました。, 人格を否定されたのが悔しくて仕方がなかったです。初めてこの仕事で積極的に意見を言おうとしましたが仕事に対する自信を失ってしまい、この出来事を受けて退職することを決意しました。, 上司と一緒に仕事をしたくない、この環境に居続けていたらおかしくなってしまうと強く感じたからです。, 退職後にはそれまで続いていた顔の痙攣が治り、また会社の人に「辞めてから顔色が明るくなった」「あなたはモラハラを受けていた」と言われて驚くと同時に離れて良かったのだと改めて思いました。, 運送関係の会社の営業をしています。事務畑でずっときたのですが、昨年から営業の部署に転属となりました。現在42歳ですが、転属して半年ほどたった昨年のことです。, 一昨年、社長をはじめとした経営陣ががらりと変わり、それまでの年功序列的な家族的な雰囲気は無くなり、実力主義的な形になっていきました。, 営業部門の責任者に就いたのは、32歳の人で、実績はすこぶるすごいのですが、人間性は顧客に対してはよくても、社内では最悪。人を蹴落としても自分がのし上がるという感じの人物でした。, 私は、大変苦手意識をもってその責任者に接していました。彼から課せられるノルマは尋常なものではなく、あえて高いノルマを押し付けて、実績を積み重ねようという意図がありありでした。, やらされるほうはたまったものではありません。どうあがいても達成できるノルマの数値ではないのですから。罵倒されるのを待ちながら、馬車馬のように働かされるのです。, ある日、全体のノルマの進捗状況がかんばしくない時に、営業のメンバーが集められ、その時、私がやり玉に挙がったのでした。その責任者は、最初は、ねちねちと営業のやり方についての不備を叱責されていたのですが、そのうち、次のようなことを言いました。, 「親が親だから、子も子なんだよ。あんたんところのバカ息子だよ。××に落ちたんだろ。バカだね。親の姿見て、子は育つんだろ。あんたが、会社でちんたらやってるから、子どもはバカ親の姿見て、××も落ちるようなバカになり果てたんだろ。責任感じろ、親として」(××は、その年の春に息子が受験して不合格となった都立高校です), 私は悔しさで体が震えました。自分のことだけならまだしも、かわいいわが子のことまで侮辱されて。その後、トイレに行って、一人で泣きました。, あまりに悔しくて、辞職覚悟で社長に手紙を書きました。2か月ほどして、その責任者はほかの部署に異動となりました。私に発奮させようとして言った言葉かどうか分かりませんが、あまりにひどい言葉で、一生忘れないと思います。, 当時私は事務職をしていました。その時の年齢は30歳でした。私は当時年齢が30歳だったの入社して結構長い事勤務で働いていました。, そうすると段々後輩が多くなると、上司が私に対して、「後輩のお手本にならないと」と言われるのは、まだ我慢が出来るのですが、上司が今度は朝礼の時に皆の目の前で私の名前を呼びました。, 昨日少し失敗したミスを「もう長い事この会社で働いてんだから、30歳のおばさん働かせてやってるんだからミスは困るよ」とかそれから上司は私を呼ぶときに「おばさん」とあだ名を付けられて呼ばれるようになりました。, そして私の会社は研修とか長い期間有るのですが、研修場所が少し田舎の方だと上司に「姥捨て山に研修だ」と言われたりしました。, 私は気持ちの中で凄く腹が立ったり、悔しいと言う気持ちは毎日感じていました。私は皆のまで言われるので、対応的には言われるたびに