ゴルフ人口が減少しているというのは既知の事実ですね。ゴルフ人口の減少理由の1つとして、若い世代の方々が趣味としてゴルフを選ばないということがあげられます。ゴルフが趣味として嫌煙される理由をみていきましょう。, もちろんどのスポーツでも服装や、慣習などマナーと言われる行いがありますが、ゴルフはたのスポーツと比較して守らなければいけないマナーがとても多い様に思います。ゴルフを始めてみたけれどマナーについて周囲の人から細かく言われたら、うっとうしくなるのも無理ありません。休日のわざわざ気を使って行動するぐらいならゴルフなんかやらない方がマシという判断になっても仕方ないですね。, これからゴルフを始める人はゴルフのマナーについて知らないことが当たり前です。 ゴルフのマナー・ルールを知り、グッドマナーゴルファーを目指そう!プレー中に必要なマナーやエチケットなどイラストで分かりやすく解説。ゴルフダイジェスト・オンラインが運営する日本最大級のゴルフ場予約サイトのでマナーを学ぼう! 若者のゴルフ離れの原因として、つまらない、おじさんくさい、お金がかかるといった理由がよくあげられます。若者がゴルフをやらなくなった理由は単純にそれだけなのでしょうか? 若者のゴルフ離れの原因と理由を深掘りしてみます。

24時間予約ができて、ポイントもたまります!, ゴルフ好きの度が過ぎてゴルフを仕事に。 ゴルフ人口が減少しているというのは既知の事実ですね。ゴルフ人口の減少理由の1つとして、若い世代の方々が趣味としてゴルフを選ばないということがあげられます。ゴルフが趣味として嫌煙される理由をみていきましょう。 いちいちマナーを求めれれる ゴルフ歴10年、平均スコア90です。読者の方に有益となる情報をどんどん掲載致しますよ!, ゴルフをしていて思う事、それは「本当色々な人がいるなー。」って事です。体格やプレースタイルなんて勿論なのですが、私が言っているのは中身の方。色んな性格の人いますよね。ゴルフって居酒屋での飲み会とかと違って一日中いる訳じゃないですか。丸一日一緒にいるとやっぱり色んな所が見えてきますよね?, 今回は、今まで私が一緒にラウンドしてきた中での、「こんな人いました!」を一気に紹介します。読者の皆さんも、もしかしたら「あー!いるいるそういう人!」って共感する部分があるかも知れないですね。, いますよねーこういう人。調子の良い時はとっても明るくて人当たりの良い人なのに、調子が悪くなった途端に全然しゃべらなくなる人!機嫌の良い時と悪い時の差がありすぎでしょー!笑 子供じゃないんですからねー。もう少し大人の対応してもらいたいですよね!, まるで自分自身のプレーを自ら解説しているかのようにずーっと喋ってる人っていますよねー。あれが自分自身のルーティーンなのかリズムなのか分かりませんが!笑, 「フェアウェイ右狙いだなー、左は避けたいよなー、左からだと2打目が狙えないもんなー、でも右はバンカーだなー、越えるかなー、手前までにしとくかなー、ドライバーやめとくかー、3番ウッドかなー、でも風も上げてるからなー、やっぱりドライバーかなー。」良いから早く打ちなさい!笑, これは良し悪しですけどね。ルールに従ってしっかりとプレーしようという精神は大事ですからね。ただ、行き過ぎな人もいますよね。ルールだけじゃなくマナーにもうるさい人。, 全員のパットが終わってからカートに戻りますよね?パターをケースに戻してからカートに乗り込もうとすると、「おい、それは次のティーグラウンドに行ってからだろう!パターをケースに戻す前にまずカートに乗りこめ!マナーが悪いぞ!」なんて言われた時もあったなー!笑 確かにその方がプレーがスムーズですよね。でも後ろの組が見えないぐらい離れている時は別に良いんじゃないかなーなんて思いますけどね!, コンペの幹事をやった時も、「おい!賞金がピン札じゃないじゃないか!お札はピン札を用意しておけ!マナーがなってないぞ!」って人もいました。あんたには賞金やらん!笑, 2回のOBに加えバンカーでも苦戦、あの人、このホール10打は叩いてるな。でもそのホールが終わった後、スコアを聞いてみると「8打!」。え?嘘でしょ?どう考えても8打じゃ収まらないでしょ!なんて人いますよねー!, どういう数え方してるんでしょうか。OKを貰ったパットを打数にカウントしていないとか?いやいやそれにしてもおかしいぞ。ただのお楽しみゴルフだったら良いのですが、これがコンペだったりすると順位にも関わってきますからね。あまり他の人のスコアはシビアにチェックしたくはないものですから、やっぱりキチンとした自己申告してもらいたいですよね!, 私はこのような人たちと実際にプレーした事、何度もあります!ゴルフって本当に人間性が出るというか、時にはその人の裏の顔まで出たりしますよね?一緒にラウンドしていて、良い人、悪い人、どちらも沢山いますが、1つ言える事はどちらも勉強になるという事です。良い人からは、プレーやマナー、周りへの気遣いを吸収し、悪い人は反面教師として吸収する!このように考える事で自分自身のゴルフレベルを成長させ、色々な意味で”良いゴルファー”になっていきたいですよね!, ゴルフで性格が見えてしまっている・・・一緒にラウンドしてたらこういう人よくいますよね。. 【ゴルフのマナー】謝罪なしの”打ち込み”ゴルファーと”ゴルフ愛”について考える 東龍太郎 2016.6.6.
ゴルフが嫌いな理由は人それぞれですが、ゴルフを嫌いという人には1つの共通する点がありました。ゴルフを好きになってもらわなくても、ゴルフを嫌いなままでもいいけど、ゴルフが楽しいということは知ってほしいと思います。 Copyright (C) GOLF LIFE Inc. All rights reserved. ゴルフはマナーが面倒くさいから嫌い、という方も、具体的になにがマナーに当たるのかを考えると、意外と普通のことで良いんだなと思われるかもしれません。 ゴルフ嫌いといえば共感を得られるという勘違い. ゴルフの実力アップから、ゴルフ業界の裏側まで!. なにかを嫌いな人は、それについて良く知らない人がほとんどです。ゴルフも同じで、テレビに映るプレーの姿や、以前から良く挙げられる、「お金がかかる」「時間がかかる」「年寄のスポーツ」というイメージから、嫌いという感情を生み出している人がほとんどなのではないでしょうか。ゴルフのことを、良く知ってみてください。知った上で、それでも嫌いな人は、それで良いと思います。, そこにあるボールを打って、次の地点に行き、また打つ。ゴルフはそういうスポーツです。1打目、2打目とクラブを変えていきますが、する動作はほとんど同じです。ハッキリ言って、「地味」ですよね。これを書いている私自身も、文字面だけを見ると、そう思います。, では、実際にクラブを持って、ボールを何発か打ってみてください。どうでしょう。思ったように飛んでいくということは、ほとんどないと思います。私は最初の頃、ゆっくり振っているのに、ボールにヘッドが当たるということも稀(まれ)でした。それを、ほほえましく見守ってくる経験者の視線が、嫌だなと感じることも良くありました。, そのような有様でも、練習していくうちに、上手く打てるようになります。上手く打てるようになれば、今度は方向性を意識してください。第1打でフェアウェイキープ、第2打でピン横についたときなど、頭の頂点がしびれたかのように、ゾクッとします。嬉しくてたまらなくなります。, ドライバーがまっすぐ良く飛んで行ったとき、長いパットを1打で入れたとき。ゴルフに興奮する場面は、そこかしこに散りばめられています。, 「ゴルフは紳士のスポーツ」という言葉を、聞いたことがあるでしょう。ゴルフにはルールが存在しますが、それよりも重きを置かれるのが、マナーです。, マナーと聞くと、なにを思い浮かべますか?例えば、高級なフレンチレストラン。例えば、社会人になってからの、名刺の渡し方、挨拶の仕方などの、ビジネスマナー。少し、堅苦しい気がするかもしれません。, しかし、ゴルフに置けるマナーは、そんなに縛られるものではありません。周りに気を遣い、自然を愛し、プレーを楽しむ。プレーを楽しむために、試行錯誤を繰り返し、技を磨き、努力をする。その心を持って行動すれば良いです。, 具体的にと問われると、“プレーにあまり時間をかけない”“定められた服装でプレーする”“バンカーやグリーンのディポット跡などを直す”などです。, これらは皆、すべて常識の範囲内のことです。ゴルフはマナーが面倒くさいから嫌い、という方も、具体的になにがマナーに当たるのかを考えると、意外と普通のことで良いんだなと思われるかもしれません。, ゴルフ好きがいるように、ゴルフ嫌いな人も、もちろんいます。日本の国技である相撲も、日本人が100%好きなわけではありません。, ゴルフを嫌いな理由は、様々あげられると思います。「ゴルフ場が郊外にあるから」「お金がかかるから」「時間がかかるから」「そもそも上手く打てないから」あげようと思えばキリがありません。, しかしその理由は、ゴルフ好きな人にとって、好きな理由ともなり得ます。「毎週プチ旅行気分で遠出が出来るから」「約半日の時間をかけて体を動かし自然の中でリフレッシュして、あの値段であれば、コストパフォーマンスが高いから」「練習は裏切らない、ゴルフをすればするほど上手くなるから」など。, 好きにも嫌いにもなる理由を持って、「ゴルフが嫌い」と言っても、共感は得られません。, まずゴルフを知った上で、好きになる・嫌いになるは、個人の選択です。「どちらでもない」という人もいるでしょう。しかし、ゴルフがどういうものかを知らないのに、上辺だけの世間一般で言われていることから、嫌いと豪語するのは、いかがなものかと思います。ゴルフはどういうスポーツか。知ってみるのも、楽しいと思いますよ。, なにかと忙しい現代社会では朝食を抜く人も多いですよね。朝の5分は夜の1時間。食事に費やすくらいなら身支度するか、ギリギリまで寝ていたいと思うことでしょう。でもゴルフの日くらいはしっかり朝食をとりたいものです。そのワケとは?, ゴルファーにとってベストスコアを縮めることは目標であると同時に楽しみだったりします。特に初心者のうちはスコアが縮まりやすいため、コースに出るたびに上達した感が得られるのではないでしょうか?一方、縮まるどころかどんどん悪くなっていくという人もいるはず。今回は伸び悩みゴルファーに効き目抜群の動画撮影についてまとめてみました。, みなさん練習していますか?打ちっ放しに行っていますか?コースラウンドは18ホールで終わりますが、練習場の場合、打ち終えるタイミングは自分次第です。そこで今回は初心者ゴルファー向けに練習の切り上げパターンをいくつか紹介します。, ゴルフをはじめてしばらくすると気づくのがドライバーの難しさです。あんなに当たる面積が広いのに上手く当たらず、ついでに恐ろしいほど曲がるドライバー。打ち損じてOBになるくらいなら、最初から使わないという考え方もあると思います。初心者ゴルファーは苦手なドライバーを使わない方がいいのでしょうか?, キャリアアップや収入アップ、あるいは今の職場に不満があるなど転職を考えている人は多いと思います。いい転職を実現させるためには経験や能力が欠かせませんが、ほかにも武器になるものはあります。そのひとつがゴルフ。今回はゴルフが転職に有利に働く理由についてまとめてみました。, 日本全国のゴルフスクールを検索・レッスン予約が可能な総合検索サイト通常料金よりもお得な体験レッスンを利用することで、誰でも安心してゴルフレッスンを受講することが可能です。. 元GDO社員・現mycaddy代表 新着記事. ぜひ、既存のゴルファーのかたはマナーの悪い奴だと思って、口うるさくしない様にしたいものですね。自分の始めたての頃を思い出してみてください。マナーなんて全く意識できなかったはずです。優しく簡単なマナーから教えてあげましょう。, 他のスポーツ、レジャーならわいわい騒ぎながら友達や家族と楽しむことができます。野球にしてもサッカーにしても大きな声を出してプレーや応援することができるので、日頃のストレスの発散にもなります。BBQや登山などもそうですね。自分がどう騒ごうが、行動しようが最低限のマナーに反しなければ周りから注意されることもありません。, ですがゴルフの場合は基本的に大声を出してワイワイしながらラウンドすることはマナー違反とされています。もちろん練習場でも静かに黙々と練習することが推奨されているので少し大きな声で話しているだけで周りから注意をされたり、注意まで行かなくても不快な視線を向けられたりします。, せっかく仲間と集まっているのに気軽にはしゃぐことができないならゴルフではなく他のレジャーに行った方がいいとう判断にいたるのも無理がありません。, これは初心者の時誰もが気にする悩みです。初心者の頃ゴルフ場へラウンドしにいくと、やたら進行をせかされます。そして1ラウンド中ずっと走らされます。少しでも進行を遅らせたりすると、後続の組みから『早くしろよっ!』と言わんばかりの視線を向けられ、たまにはボールを打ち込まれることも・・・。挙句の果てにゴルフ場の従業員からももっとペースをあげてラウンドしてくださいと言われる始末。, ゴルフを始めたばかりの方は速くしたいけどできないんです。速くする方法がわからないんです。それなのに周りからこんなにも注意されたら、こんなしんどい思いをしてまであえてゴルフをしなくてもいいとはなりそうです。, ゴルフが嫌煙される理由として拘束時間が長いという理由があげられます。ゴルフに行くとほぼ1日仕事です。ゴルフ場まで往復2時間以上、ゴルフ場の滞在時間は6時間前後。1回ゴルフに行くだけで8時間を使い、丸々1日仕事になってしまします。加えて若手の場合、先輩・上司を送り迎えするなどさらに拘束時間は長くなります。, スマホを始めとするIT技術の発達で、あらゆるものや行動の時間感覚が短くなっている中で1日8時間を費やすことになるゴルフは時代と逆行した形のレジャーとなってしまします。欧米ではハーフプレーを推奨する流れがありますが、日本ではまだまだその様な動きがありません。ゴルフ=1日仕事とならない様にし、気軽にゴルフへ行く環境を作ることができれば、ゴルフを始めてみよう、空いた時間にふらっとゴルフへ行ってみようという動きになるかもしれないですね。, 昭和生まれの方は、社会人になると会社の付き合いなどで半強制的にゴルフを始める人が多かった様に思います。その印象を強く持っている若者はゴルフ=仕事、おやじくさい、営業、接待などというマイナスイメージを持っています。, 趣味で始めたゴルフが知らないうちに会社の付き合いになってしまうというのを恐れて、ゴルフを始めないという人も多いですね。もちろん会社の人と関係を深めたいという人にとってゴルフはいいツールの1つですが、仕事とプライベートを切り分けたい人にとっては避けたい趣味になってしまいそうです。, ゴルフ場予約はGDO、楽天GORA、じゃらんゴルフからWEB予約がとっても便利!

ゴルフ脳を鍛える〜揺るぎなく、欲を押さえ、自ら律する脳〜 kma 木村博 2018.1.17.