だめぽアンテナ 'views' : 'view'}}), 【リゼロス】Re:ゼロから始める異世界生活 Lost in Memories攻略まとめwiki, 『電撃文庫 FIGHTING CLIMAX(ファイティング クライマックス)』攻略wiki, 『ディズニー マジックキャッスル ドリーム・アイランド(ディズニー牧場)』攻略まとめ, 戦闘開始と同時にパッシブスキル「迅撃離脱」が発動し、2500の集中効果+15秒間回避力が50%上昇する。この「迅撃離脱」は1回のみの発動となっているが、戦闘開始から15秒過ぎると、もう一方のパッシブスキル「無二無三」が発動していく。こちらは時間経過と共に回避力が上昇する累積型スキルで、最大48%まで回避力を上昇可能。パッシブスキルの流れによって初動の堅さと長期戦での堅さを発揮できるのがウリだ。スペシャルスキルは、ダメージを与えつつ自身の耐久を回復し、自身に挑発効果も付くので、盾役として無類の強さを発揮できるだろう。, 範囲内(直線:大)の敵に370%のダメージ。自身の耐久値を最大耐久の30%回復(上限2500)。自身に挑発効果(40秒), 被弾時に確率で攻撃力が上昇するパッシブスキル「憤怒」が一番の特徴。回避型とは思えぬスキルで、累積で4回まで発動するため、最大16%攻撃力を上昇させられる。ステータス面でも攻撃力が高く、攻撃面に寄った回避型と言える。防御面も充実しており、ダメージ+回復を兼ねた優秀なパッシブスキル「頑強の一撃」が使用可能。また、オートスキル「金剛 壱」で耐久値も上昇させられるため、そつがない。能力上昇機体が高性能な飛燕なのも重要なポイントで、入手及び強化難易度は高いが、将来性に期待できる。, スペシャルスキルは、範囲変更に加え、命中した最も近い敵の背後に移動する効果が追加される。パッシブスキル「逆鱗」は、攻撃力上昇効果が6%に上がり、累積効果も6回に上昇。さらに、自身の回避力を大幅に上昇させる効果が追加され、弱点でもあった防御性能が上がっているのが嬉しいポイントだ。もう1つのパッシブスキル「一瀉千里」は、攻撃力上昇効果が追加されており、ウリであった攻撃面も強化されている。また、わずかに回復量の上限値も上昇している。, 射撃時、325%ダメージの射撃。自身の耐久値を最大耐久の27%回復(上限2100)【CT:45秒】, 被弾時、自身の攻撃力を6%上昇(累積)。更に自身の回避力を40%上昇(4秒)【CT:8秒/6回のみ発動】, 射撃時、325%ダメージの射撃。自身の耐久値を最大耐久の27%回復(上限2700)。自身の攻撃力を20%上昇(20秒)【CT:25秒】, 回避型には珍しく、パッシブスキルが2種とも与ダメージ系なのが特徴。また、どちらも追加効果があり、「背水の陣」は倍率が低いもののCTが非常に短く、自身の残り耐久値が少ない程ダメージが増加する特性を持つ。一方、「一撃離脱」は、CT45秒と少々長めだが、倍率が高く、もともと高い回避力をさらに上昇可能だ。回復系スキルは持たないが、スペシャルスキル「剣の舞」で自身に「集中」を付与できるのは強み。後衛にSPゲージを上昇させられる, スペシャルスキルの集中効果が1500から2500に上昇し、敵の背後に移動する効果が追加されるほか、パッシブスキル2種に新たな効果が追加される。追加効果はどちらも耐久値50%以下をトリガーとし、「力戦奮闘」には固定追加ダメージ、「一撃離脱」は、根性(※)効果が付与される。根性効果はタイミングが噛み合えば、スペシャルスキルの集中効果も相まって、無類の粘り強さを発揮できる。, 射撃時、235%ダメージの射撃。自身の残り耐久値の割合が小さい程ダメージ増加【CT:14秒】, 射撃時、325%ダメージの射撃。自身の回避力を21%上昇(20秒)【CT:45秒】, 範囲内(直線:中)の敵に400%のダメージ。命中した最も近い敵の背後に移動。自身に2500の集中効果, 射撃時、275%ダメージの射撃。自身の残り耐久値の割合が小さい程ダメージ増加。自身の耐久値が50%以下の時、1000の追加ダメージ【CT:14秒】, 射撃時、325%ダメージの射撃。自身の回避力を31%上昇(20秒)。自身の耐久値が50%以下の時、20秒後、自身に根性効果(25秒)【CT:45秒】, 1回限定なうえ確率発動になるが、やはり「集中」を付与できるパッシブスキル「明鏡止水」は優秀。同分隊全体に付与できるので、後衛を守れるのも強みだ。パッシブスキル「一撃離脱」は、ダメージ系でありながら回避力が上昇するため、攻防のバランスもなかなか良好。オートスキルによる耐久値上昇でベースとなる能力の底上げもできる。ただし、前述の通り「集中」が1回限定で、さらに自己回復スキルを持たないため、長期戦ではジリ貧になりがちだ。後衛は, 確率発動だった同分隊全体への集中効果が確定発動になり、効果量の上昇+発動回数が2回に増えているのが魅力。この安定性を得た上に、スペシャルスキルには回復効果も追加され、同分隊全体への補助能力が非常に高くなっている。また、射撃系パッシブにも挑発効果が追加されているので、回避型としてより高い効果を発揮することが可能だ。, 範囲内(直線:小)の敵に400%のダメージ。自身に挑発効果(40秒)。同分隊全体の耐久を最大耐久の24%回復(上限2400), 射撃時、325%ダメージの射撃。自身の回避力を40%上昇(30秒)。自身に挑発効果(20秒)【CT:35秒】, 回避力が上昇するパッシブスキルを2種持つ。「無我夢中」は背後を取られた時限定、一方の「不屈」は被弾時に確率発動で、どちらも回数制限があるものの、上昇率が非常に高く、発動できればオートスキルと相まって無類の堅さを発揮できる。ただし、自己回復や集中効果などの耐久に関わるスキルを持っていないので、単体で見ると長期戦でジリ貧になりやすい。逆に、後衛に回復役となる, スペシャルスキルに継続回復効果、パッシブスキルで背後を取られた際に耐久回復効果が追加され、自己回復能力がないという弱点を補える。さらに、2種ある回避力上昇のパッシブスキルの効果値が強化され、被弾時に確率上昇だったものが必ず上昇するようになる。そのため、安定した堅さに発揮することが可能だ。, 背後を取られた時、自身の回避力を40%上昇(19秒)【CT:45秒/2回のみ発動】】, 背後を取られた時、自身の回避力を50%上昇(19秒)。更に自身の耐久値を最大耐久の25%回復(上限2000)【CT:35秒/2回のみ発動】, 被弾時、自身の回避力を40%上昇(20秒)。更に自身の回避力を8%上昇(累積)【CT:20秒/5回のみ発動】, 敵分隊内の攻撃力の高い標的の攻撃力を減少させる「射将先馬」を持つため、特に攻撃型への抑止力が高い。しかも、CTこそ長めだが、回数制限なしの累積系のため、長期戦になればなるほど攻撃力を減少させることができる。これに加え、回復量は高くないが、CTが短く90%以下で発動とコンスタントに回復できる「応急手当」とスペシャルスキルの追加効果による自己回復能力を持ち、得意機体が赤とんぼということも相まって、“守り”の性能が高いパイロットと言える。, 範囲内(後方直線:大+)の敵に355%のダメージ。命中した最も近い敵の背後に移動。自身に継続回復効果(15秒), 自身の耐久値が90%以下の時、自身の耐久値を最大耐久の14%回復(上限1100)【CT:22秒】, スペシャルスキルに自身への集中効果があり、さらに1回のみ発動ではあるが、パッシブスキル「発奮興起」で耐久値50%以下になると回避力上昇+耐久回復を行える。そのため、回避型として重要な堅さと粘り強さを発揮可能だ。最大の魅力は、パッシブスキル「意気阻喪」による初動での標的への操縦異常効果+機動力減少。操縦異常効果敵の背後に移動する効果を無効化できるので、特に該当スキルを持つ機動型の良さを殺せるのが強みとなっている。, 標的に確率で操縦異常効果(30秒)。更に標的の機動力を確率で25%減少(20秒)【CT:50秒】, 自身の耐久値が50%以下の時、自身の回避力を25%上昇(30秒)。更に自身の耐久値を最大耐久の39%回復(上限3000)【1回のみ発動】, オートスキル+パッシブスキルの回避力上昇に加え、集中効果、さらには敵分隊内の攻撃力が高い標的の攻撃力を減少と、とにかく防御面が優秀だ。スペシャルスキルは後方直線範囲で、命中した最も近い敵の背後に移動するタイプ。倍率も高く、命中した敵に追加効果に確率で恐怖効果もあるため、付与できた場合には優位を取りやすくなるのも見逃せないポイントとなっている。, 範囲内(後方直線:小)の敵に400%のダメージ。命中した最も近い敵の背後に移動。命中した敵に、確率で恐怖効果(15秒), 自身の耐久値が100%の時、自身の回避力を20%上昇(20秒)。更に自身に2000の集中効果【CT:45秒】, 初動で自身に挑発と集中を付与できるので、回避型として非常に優秀。また、スペシャルスキルが固定ダメージという強みがあり、回避型の低い攻撃力を補える点は見逃せない。さらに、スペシャルスキルには追加効果があり、命中した最も近い敵の背後に移動できるほか、自身の耐久値が50%以下なら耐久回復も可能。耐久50%以下はパッシブスキル「鬱勃」のトリガーでもあり、この場合は回避力が上昇しているため、噛み合えばかなりの粘り強さを発揮できるだろう。これだけのスキルを持ちながら使用回数制限がないため、長期戦での生存力にも期待できる。, 範囲内(後方直線:大)の敵に2000の固定ダメージ。命中した量も近い敵の背後に移動。自身の耐久値が50%以下の時、自身の耐久値を最大耐久の28%回復(上限2400), 60秒毎に自身へ集中効果を付与する「一気集中」と、スペシャルスキルの回復効果による生存力の高さが魅力。また、攻撃面では射撃系のパッシブスキルに恐怖効果を付与する追加効果があるため、状況有利を作り出しやすいといった強みを持つ。ただし、強化効果解除や状態異常解除などを使用する分隊に当たってしまうと持ち味がなくなってしまうので、対峙する分隊には十分注意して使っていこう。, 範囲内(直線:大)の敵に360%のダメージ。自身の耐久値を最大耐久の28%回復(上限2400)自身に挑発効果(40秒), 射撃時、310%ダメージの射撃。命中した場合、確率で恐怖効果(22秒)【CT:17秒】, 1回のみの発動ではあるが、敵分隊全体の攻撃力を減少させるパッシブスキル「威令」が優秀。それに加え、集中効果と挑発効果を自身に付与する「詳密」を持ち、さらには後方範囲の形勢逆転が可能なスペシャルスキルもあるため、回避型として申し分のない性能だ。ただし、パッシブスキルはどちらも回数制限があるため、長期戦にはやや不向き。後衛に強力な攻撃型を配備していくのが望ましい。また、弱化効果と強化効果がキモとなるパイロットなので、解除してくる敵には当てないように運用しよう。, パッシブスキル「精倒」は、開幕のヘッドオン時に強力な集中を付与できるため、開始直後から耐久面の強さを発揮できる。一方の「挽回」は、自身の耐久値が30%以下になると発動する回復スキルで、最終的な回復量も非常に多い魅力的なスキルだ。どちらのパッシブスキルも1回のみの発動ではあるが、序盤での「精到」による堅さに加え、後半は「挽回」による粘り強さも備えているのが強み。スペシャルスキルに自身への継続回復効果があることも考慮すると、長期戦でも十分活躍できるだろう。ちなみに、ウリの1つである「精倒」による集中効果だが、当然強化効果を解除する相手には無力化され、貴重なスキルが1つ潰されてしまう。対峙する分隊には十分注意したい。, 自身の耐久値が30%以下の時、自身の耐久値を最大耐久の54%回復(上限4500)【1回のみ発動】, ヘッドオン時、自身に3000の集中効果。更に自身に挑発効果(50秒)【1回のみ発動】, パッシブスキル「用心」で自身の回避力を上昇させつつ、オートスキル「金剛 壱」で耐久値も上昇。また、パッシブスキル「頑強の一撃」は、射撃時に耐久値を回復できるため、回避型として非常にバランスがいい。スペシャルスキル「妖艶放射」は、後方範囲という特殊なタイプだが、命中した最も近い敵の背後に移動する特性を持つ。前衛とこのスペシャルスキルの相性は非常によく、背後を取られた状況から形勢逆転できるのは、クエストはもちろんPvPでも大きなアドバンテージとなるだろう。, 範囲内(後方直線:小)の敵に400%のダメージ。命中した最も近い敵の背後に移動。自身に挑発効果(40秒), 同分隊全体に集中効果を付与できるほか、ヘッドオン時に標的の分隊全体の攻撃力減少+自身に挑発効果を付与するため、回避型として高い効果を発揮できる。また、スペシャルスキルはダメージに加え、最大で回避力を45%上昇と、これもまた回避型にとっては嬉しい性能だ。ただし、どちらのパッシブスキルも1回のみ発動なので、長期戦では能力を発揮しにくい点に注意。, ヘッドオン時、標的の分隊全体の攻撃力を確率で18%減少(25秒)。更に自身に挑発効果(50秒)【1回のみ発動】, 特筆すべきは、「集中」を自身に付与できるパッシブスキル「一気集中」。CT60秒と長めだが、発動すれば耐久値(最大2000)をプラスした状態で戦闘を始められる。また、回避力は★3回避型の中で最も低いものの、オートスキル「陽炎 壱」とパッシブスキル「不退転」で上昇可能。後者は、弱化状態を解除しつつ発動する形だが、PvPをなどではその弱化解除も強みになる。難点はダメージ系のパッシブスキルがない部分。一応、スペシャルスキル「冷血なる裁き」で恐怖を付与できれば、相手の急旋回、加速を封じれるため、攻撃チャンスを作る形で貢献することは可能だが、基本的にダメージ貢献度は低め。生粋の盾役といった感じだ。, 範囲内(直線:中)の敵に385%のダメージ。命中した敵に、確率で恐怖効果(20秒), 自身が弱化状態の時、自身の弱化を2つ解除。更に自身の回避力を18%上昇(15秒)【CT:50秒】, 注目のスキルは、最大3000もの集中効果を自身に付与できるパッシブスキル「気骨」。状態異常がトリガーになるため、敵のスキルを把握した上で運用していくことが重要になるが、CTも比較的短く強力だ。自身に継続回復効果を付与する射撃系パッシブスキル「九死一生」の効果も加味すると、状態異常の中でも特に炎上に対して強い回避型と言える。, 範囲内(後方直線:大+)の敵に370%のダメージ。命中した最も近い敵の背後に移動。, パッシブスキル「短期集中」が特徴的で、その名の通り、20秒毎に自身に最大600の集中を付与できる。これに加え、自身の耐久も回復できるため、扱いやすい回避型パイロットと言えるだろう。スペシャルスキルにもダメージのほか回復効果があり、こちらは同分隊全体の耐久を回復できるため、補助能力も多少備えている。, 範囲内(直線:大)の敵に350%のダメージ。同分隊全体の耐久を最大耐久の18%回復(上限1600), 自身の回避力を上昇させる射撃系パッシブスキルと自身に挑発を付与するパッシブスキル持つので、回避型として扱いやすい性能だ。スペシャルスキルで耐久回復できるのもポイントで、回避力と機動力のパラメータが★2回避型の中で高い点も見逃せない。, 範囲内(直線:大)の敵に350%のダメージ。自身の耐久を最大耐久の27%回復(上限2300), 射撃時、295%ダメージの射撃。自身の回避力を18%上昇(20秒)【CT:45秒】, パッシブスキル「逆境」は、弱化状態になるとSPゲージが上昇し、スペシャルスキル「白鷺の舞」はダメージ+弱化効果の解除+レベル4以降は耐久値回復という、弱化効果をトリガーに真価を発揮するパイロット。パッシブスキル「回生」で継続回復も使用でき、オートスキルで耐久値の底上げをできるのも回避型にとって嬉しい性能だ。「白鷺の舞」の回転率が生存と殲滅に繋がるので、弱化効果を付与する分隊に対して運用し、「逆境」を上手く発動させていこう。, 範囲内(直線:中)の敵に365%のダメージ。自身の弱化効果を1つ解除。自身の耐久を最大耐久の15%回復(上限1000), スペシャルスキル「全速前進」でダメージを与えつつ自身に集中効果を付与、射撃系のパッシブスキルを持つ、オートスキルで耐久値上昇といったように, 自身が恐怖状態の時、自身に挑発効果(42秒)さらに自身に継続回復効果(42秒)【CT:45秒】, スペシャルスキルで回避力を大幅に上昇できるので、SPゲージ効率を考慮した分隊で運用すると生存力を高められる。また、状態異常をトリガーにして自身に集中効果を付与しつつ状態異常を解除できるため、状態異常を使ってくる敵に対して堅さを発揮できるのもポイントだ。オートスキルで回避力及び耐久値を上昇させられないので、基礎能力が他の回避型より劣ってしまうのは難点だが、分隊全体への混乱耐性は、希少なスキルの1つ。混乱を使用してくる敵が多数出現するクエストなどの攻略に役立つことを覚えておこう。, 自身が状態異常の時、自身に1260の集中効果。更に自身の状態異常を1つ解除【CT:60秒】, 炎上状態になると回避力を大幅に高めることができ、スペシャルスキルも炎上中に発動した場合は、耐久回復の追加効果が付く。後者に関してはタイミング次第になるため、意図的に狙うのは難しいが、炎上効果を付与してくる相手に対して効果を発揮するパイロットだ。逆を言えば、炎上効果が付与されないと持ち味を大分削られてしまうので、活躍の場は限られる。なお、オートスキルで回避力が上昇するので、回避力の数値は★2でありながら高い部類になる。, 範囲内(直線:小)の敵に380%のダメージ。自身が炎上状態の時、自身の耐久を最大耐久の30%回復(上限2500), パッシブスキル「警戒」による回避力大幅上昇が有力。一方の「火事場」は、耐久値が10%以下になると自身に3000の強力な集中効果を付与するので、粘り強さがウリとなっている。ただし、どちらも1回のみ発動となっているため、長期戦は不向き。「火事場」に関しては、耐久値10%以下とギリギリの状況が発動条件なので、スペシャルスキルなどで一気にダメージを受けてしまうと発動できずに撃墜される点に注意したい。, 被弾時に自身に集中を付与するパッシブスキル「不動」、耐久を回復する「執念」、さらにダメージを与えつつ、自身に継続回復効果が付与するスペシャルスキル「レミ組殺法」と、回避型として嬉しいスキルが豊富。「不動」は1回、「執念」は2回までの発動制限があるので、長期戦ではジリ貧になりがちだが、短時間で勝負がつくことの多い序盤はいかんなく能力を発揮できるため、初心者におすすめのパイロットといえる。, ★1の中で最も回避力が高く、パッシブスキル「用心」で回避力を上昇可能。さらにオートスキルで耐久値を底上げできるなど、回避型として役立つスキルを備え持つ。特筆すべきは、標的の分隊全体の機動力を減少させられるパッシブスキル「抑制」で、これにより立ち回りで優位を取りやすくなるのがウリだ。スキルレベル最大時であれば、効果時間30秒、CT30秒となるのもポイント。, 開幕のヘッドオンでパッシブスキル「周到」が発動し、回避力と索敵力を高めた状態で戦うことができる。ただし、発動は1回のみとなっているので、長期戦になると強化系スキルがなくなってしまうのが難点。もう1つのパッシブスキル「挽回」も1回のみの発動で、こちらは自身の耐久値が30%以下になった際に耐久を回復するという優秀なスキルだ。スペシャルスキルはダメージがなく、機動力を減少させるというもの。デバフの発動は確率となるため、少々心許ない。, 自身の耐久値が30%以下の時、自身の最大耐久の50%回復(上限4050)【1回のみ発動】, ヘッドオン時、自身の回避力を27%上昇(35秒)。更に自身の索敵力を27%上昇(35秒)【1回のみ発動】.