無かった事にされた生命たちの負の感情の集合体故に、通常の手段で倒す事は出来ず、これを鎮めるには星の力を引き出しラヴォスと星の調停を行える「調停者」がクロノクロスと呼ばれる力を用いなければならない。, DS版の追加ボス。姿は赤っぽくなったラヴォス第一形態にサラが囚われているというもの。, その正体は時の闇と呼ばれる場所にてクロノ達に倒されたラヴォスの思念が時空を彷徨っていたサラを取り込んで誕生した上記の“時を喰らうもの”の前身とも言うべき存在で、彼女の全てを否定する負の心を糧に成長を続けていた。, DS版の追加イベントである“時空の狭間”のイベントを全てクリアすると、時の最果てのバケツから時の闇に行けるようになり、そこで別の時間軸に居たという魔王のイベントを挟んでクロノ達とも戦う事となる。裏ボスだけあって戦闘力は本編のラヴォス以上に高く長期戦になる。必殺技は全体に光の雨を降らす「ジ・エンド・オブ・ザ・ワールド」とゲーム中で最高の威力を誇る魔法攻撃「虚夢」。, いわば「トリガー」と「クロス」をつなぐミッシングリンクのような存在なため、たとえ勝利しても夢喰い自体を倒すのは不可能であり、ここでサラを救う事の叶わなかった別時空の魔王は記憶を失い、別人として生きる事になったという。, 2019/11/20(水) 10:32:07 Copyright (C) 2020 クロノトリガー攻略wiki All Rights Reserved. 基本戦法も第一形態より豊富で、開幕及び両腕が健在の間は全体攻撃の「光破」を多用し、両腕消失後はステータス異常攻撃となる「邪気」と「影殺」、単体攻撃の「闘炎」を使用した後にさらに強力な全体攻撃である「邪影闘気殺炎」(恐らく初見は読めない人多数)を使用するようになる。両腕は左右でHPが異なっており、全体攻撃でまとめて攻撃すると左腕が残ってしまうことが多く、片腕のみを残すと装備品によるステータス防止効果を無効化する「守封」を使用してくる。, 演出と挿入BGMからまさしくラストバトルのような展開になっているが、まだ最後ではなく更にもう一形態存在する。, 宇宙服を着込んだ異星人のような姿の生物とその両側にクラゲに似た生物が浮遊しているという最終形態。そのどこか滑稽な外見とは裏腹に恐ろしい戦闘力を秘めている。 この時喰いは単純な攻撃では倒すことはできず(ただの攻撃を繰り返すだけでは時喰いを逃してしまい、後日談が描かれないBADENDになる)、様々なイベントをこなしてクロノクロスというアイテムを手に入れ、それを正しく使って初めて時喰いを消し去ることができる。本作の目的はクロノクロスを用いて時喰いを浄化し、サラを解放して世界を救うことにある。ちなみに画像上部の金髪幼女がサラである。

トリガーとクロスをつなぐラヴォスとサラ . それが時の闇の彼方に存在し、時間そのものを喰らう「時を喰らうもの」である。 ID: xMNsi1vAzn, 2020/05/28(木) 12:17:50 ラヴォス復活の儀式の影響でゲートが開き原始時代に飛ばされるクロノ達、そこでは恐竜人と原始人の生存を懸けた戦いが行われていた。 祖先の原始人達と共に戦い、恐竜人の首領を倒すことに成功したクロノ。 ただ伝承の解釈が真相と少々ズレておりラヴォスは中世の魔王が人間を滅ぼすために生みだした魔神ということになっている。人間への憎しみを捨てていない魔族はいつか眠りから覚めて人間を滅ぼしてくれる事を期待している。, 今度は自発的に目覚め、1時24分に地表に顔を出し天からふりそそぐ光の雨を世界中に放ち、地上を焦土へと変える。この大災害により地上の文明は完全に破壊し尽くされ、生態系及び文明の発達も完全に破壊される。, A.D.1999の大災害により地上は汚染され常に暴風雨が吹き荒れる荒廃した世界になっており、大災害から生き延びた人類はシェルターで生き延びているが、過酷な環境により異常進化した凶暴なミュータントと暴走したコンピュータがロボットを操って星の復興に邪魔な人間に襲いかかるという地獄のような世界になってしまっている。, 地上を滅ぼしたラヴォスはこの時代ではその存在を確認できないがこの星に寄生したラヴォスの遺伝子を引き継いだ小さな幼体が死の山に複数生息している。(死の山が地上を滅ぼしたラヴォスのなれの果てという説もある), ラヴォスが産み出した自らの分身。 レギオン, スクウェア発売のコンピュータRPG『クロノ・トリガー』に登場するキャラクター。本作の物語の中心でありラスボス。続編『クロノ・クロス』にも深く関わる。, リモートは、もはや一時的ではない。ARMSNOTE・深井涼介さんが教える「最強のおうち作業環境」づくりのコツ. クロノトリガーの攻略wikiです。DS版やスマホ版などリメイク情報にも対応。攻略チャートやマップ、最強キャラ情報はもちろん、ボスデータ、技、武器などの装備データも充実。竜の聖域、次元のゆがみなどの追加要素や効率的なレベル上げも記載しています。 (“強くてニューゲーム”以降はリーネ広場にあるテレポッドからでも可), 主な攻撃は開幕および基本攻撃として多用する「天からふりそそぐものが世界を滅ぼす」と全体に混乱効果をもたらす「カオティックゾーン」で、他にもプチラヴォスと同じく殻から飛ばす針を武器とする。, さらに黒の夢などを経由してラヴォスに挑むとこの星の全生物の遺伝子を吸収しているという設定を反映してか、ドラゴン戦車からギガガイアまでのシナリオボス(マルチイベントのボスは除く)の戦闘パターンを再現しての連戦があり、その各ボスのHPと同じ数のダメージを与えると次のパターンに移行するを繰り返し、9種類のボスパターンを突破するとようやくラヴォス本体と戦えるようになる。 クロノトリガーではこの6つの時代+時の最果てを行き来します。 (厳密には世界崩壊はラヴォスと戦闘するだけですが) 物語冒頭部分の紹介. ジェノバ ガルドーブの祭では、そのあまりにも唐突無比な登場に、トラウマを覚えたプレイヤーも多いはずだ!, エイラたちの言葉で「ラ」は「火」、「ヴォス」は「大きい」という意味を持つとされているラヴォス。, クロノトリガーパーフェクトバイブルより引用 ラヴォスの外見表現はこんな感じだった!, 古代で一時的に目覚めたものの再び眠りにつき、未来世界の“ラヴォスの日”で再び目を覚ました。, その際にはまさに地球全土を巻き込んで壊滅状態に追い込むなど、驚異的な破壊力で猛威を振るう。, クロノトリガーの世界観では、この歴史を改変するために主人公クロノたちが旅立つ…といった流れになっている。, そのハリネズミのような外見と、圧倒的なまでの強さは、当時のプレイヤーたちにトラウマと衝撃を植えつけたことは確実だ!, また、ラヴォスは地下で眠りながら地表の生物のデータ…DNAを採集し、自分の力にしていたようだ。, このことを活かしてクロノたちとの戦闘では、これまで戦って敵キャラの戦闘スタイルを模倣してくるという特殊&異質性を発揮することになる。, さらに、ここから第二形態・第三形態へと変身しつつ行く手を阻んでくるのがラヴォスの特徴だ!, ラヴォスに対する最も強力なトラウマは初見のハリネズミ形態なわけなんだけれども、次に印象に残っているのは第三形態なんじゃないだろうか。, 誰がどう見ても中央が本体であることは間違いないわけだけど、ここに落とし穴があった。, カラクリとしては“右のビットが本体だから”というシンプルなものなんだけど、これは当時の常識を大きく裏切った設定であり、倒してもムダな中央を殴り続けた人も多いんじゃないだろうか?, 完全に初見殺しといえば初見殺しなんだけど、ある意味ではそれほどまでにラヴォスが力を戦略的に立ち回れる根拠でもあるといえるだろう!, クロノクロスでラヴォスが登場しなかったのは少し残念だけど、今後の続編が出るのであれば、ぜひラヴォスのトラウマの再臨を期待したい!, 当サイトではbattle-one.comとTwitter以外のあらゆるサイトを管理しておりません。悪質ななりすまし行為にご注意下さい。また当サイトの文章は全てバトワンが1文字1文字執筆したオリジナル文章であり、転載・盗用・流用を認めておりません。迷惑行為に対しては予告なく具体的措置に入る場合がありますので、予めご了承ください。, お知らせ2018/11/01 超考察シリーズ! クロノトリガーのラスボスであるラヴォス。 ガルドーブの祭では、そのあまりにも唐突無比な登場に、トラウマを覚えたプレイヤーも多いはずだ! 今回はそんなラヴォスについて考察していく! ラヴォスの強さとキャラ考察、宇宙からやって来た謎の生命体! (2周目以降はリーネ広場からラヴォスに挑めるようになります), エンディングには発生期間がかなり短いものもあるので、下記のエンディングの種類と発生条件を参考に全てのエンディングを見ましょう。, エンディングの種類と発生条件, クロノトリガー攻略トップへ戻る, 封印の宝箱を開ける時の注意点と宝箱の場所, 期間限定のアイテムとモンスター, 魔王を仲間にしつつ図鑑に登録する方法, ヌゥとミラクルロックの出現場所, ステータス異常に関する行動一覧, クロノ復活後にラヴォスを倒す。, クロノが死亡している状態でラヴォスを倒す。, 最初に中世に向かう前にラヴォスを倒す。, 中世から帰還してからガルディア城に入るまでにラヴォスを倒す。, 時の最果て到着~中世到着までにラヴォスを倒す。, 中世到着~タータから勇者バッジを貰うまでにラヴォスを倒す。, タータから勇者バッジを貰う~原始時代でゲートホルダーを盗まれるまでにラヴォスを倒す。, 恐竜人からゲートホルダー奪還~カエルにグランドリオンを渡すまでにラヴォスを倒す, カエル加入~魔王撃破までにラヴォスを倒す。, 魔王撃破~アザーラ撃破までにラヴォスを倒す, アザーラ撃破~サラが女王の間の扉を開けるまでにラヴォスを倒す。, サラが女王の間の扉を開ける~ペンダントに魔神器の力を吸収するまでにラヴォスを倒す。, ラヴォスまたは夢喰いとの戦闘で敗北する。. 見た人からは当ゲームのデザイナーである鳥山明つながりで『ドラゴンボール』のセルと呼ばれる事もある。, ラヴォスの体内にはセーブポイントと時の最果てに帰れるゲートがあるので、一旦戻って態勢を整える事ができる。 サラ曰く「力に頼る限り、世界の絶望と悲しみは癒せない」とのこと。やがてこれが『クロス』において全ての元凶である“時を喰らうもの(後述)”へと変化することになるという。仮に夢喰いの時点で消し去りサラを開放しようとするならば、“時を喰らうもの”と同様に“調停者”の存在が不可欠と思われる。 スーパーファミコンのRPGゲーム『クロノトリガー』に登場するキャラクターで、本作のラスボス。ちなみに、ゲーム中で起きる事件のほとんどがだいたいこいつのせいであり、続編もだいたいこいつのせいと、シリーズの諸悪の根源でもある。一応トリガーの時点では生物の本能と言う事で悪とは一概には言えなかったのだがクロスでの設定で「これ邪悪だろ」と考える余地が出てきたちょっとかわいそうなラスボスである。名前の由来は上記の通り「ラスボス」からであり、作中では原始人の言葉である … 古代(B.C.12000)の海底神殿で戦う際には魔神器の影響で強化されており、尋常ではない強さを持つ。そのためユーザーからは『最強外殻』とも呼ばれる。特に1周目では、よほどレベルを上げまくって装備を充実させていない限り開幕時の全体攻撃で瞬殺される。勝ちたいなら混乱対策も必須。 クロノトリガーの攻略wikiです。DS版やスマホ版などリメイク情報にも対応。攻略チャートやマップ、最強キャラ情報はもちろん、ボスデータ、技、武器などの装備データも充実。竜の聖域、次元のゆがみなどの追加要素や効率的なレベル上げも記載しています。, マルチイベントは、サブイベントやEXダンジョンとも呼ばれるストーリー進行には影響がないクエストです。最強装備を入手できたり、エンディングが変化するイベントなので余裕のある方はクリアを目指しましょう。, 不適切な内容の書き込みがあった場合、予告なく削除やIPの規制を行う場合がございます。, 手軽なゲームがダウンロード不要で遊べる!6699.jpの最新情報や全タイトルの遊び方、プレイのコツを紹介しています。.