ガソリン代はいろいろな勘定科目に入れることができる 企業活動において、ガソリン代というのはかなり一般的な経費です。 ほとんどの企業や個人事業者は、車両での移動をしますので、当然移動費用としてガソリンを消費することになります。 また、建設会社なども重機を動かすことになり ガソリンの勘定科目は、車両費または旅費交通費になります。運送会社など、ガソリン代の科目を重要視する場合は、燃料費を使用することもあります。 内訳にガソリン税が分けて記載されていても、ガソリンと同様に消費税は課税取引になります。 軽油税の会計処理. ©Copyright2020 個人事業主プラス.All Rights Reserved. 個人事業主のアラフォー男(ささぶね)です。 青色申告を始めたことがきっかけで、簿記や節税などの勉強をするようになり日商簿記2級やFP2級・AFPの資格を取得しました。 当サイトでは、個人事業主やフリーランスのお金の管理に役だつことを中心に情報発信しています。. è«–―費用(必要経費・損金)の整理, 決算整理―各論―売上原価の算定, 決算整理―各論―経過勘定項目, 決算整理―各論―期末商品の評価, 決算整理―各論―消耗品の整理, 決算整理―各論―貸倒引当金の設定, 決算整理―各論―その他引当金の設定, 決算整理―各論―減価償却費の計上, 決算整理―各論―有価証券の評価替え, 決算整理―各論―現金過不足の整理, 決算整理―各論―引出金の整理, 帳簿組織(記録・証拠)―記録―帳票, 帳簿組織(記録・証拠)―証拠―会計資料・証憑, 会計基準―企業会計原則―一般原則, 会計基準―企業会計原則―損益計算書・貸借対照表の共通の原則, 会計基準―企業会計原則―損益計算書原則, 会計基準―企業会計原則―貸借対照表原則, 会計に関する諸機関・組織・団体, 管理会計の基本―変動損益計算書, 管理会計の内容―予算管理―売上計画書, 管理会計の内容―予算管理―経費計画書, 管理会計の内容―資金計画・資金繰り, 経済主体―企業―分類―株式会社, 経済主体―企業―分類―非営利法人, 経済主体―企業―分類―非営利法人―一般法人, 経済体制―市場経済(資本主義の前提), マクロ経済―国富と国民所得―国富(ストック), マクロ経済―国富と国民所得―国民所得(フロー), マクロ経済―国富と国民所得―国民所得(フロー)―GDP, マクロ経済―金融―金融市場―役割―資金調達と資産運用, マクロ経済―金融―金融市場―証券市場―株式市場―株式, マクロ経済―金融―金融市場―証券市場―株式市場―株式―消却・併合・分割―株式分割, マクロ経済―金融―金融市場―証券市場―株式市場―取引, マクロ経済―金融―金融機関―中央銀行, マクロ経済―金融―金融機関―市中金融機関, マクロ経済―金融―金融機関―公的金融機関, 経済事象の相関関係・原因と結果・因果関係, 投資信託―分類―運用方法による分類―アクティブファンド, 投資信託―分類―運用方法による分類―インデックスファンド, 金融商品―株価指数・債券指数, 金融商品―不動産指数・商品指数, 各種テンプレートの無料ダウンロード.
è«–―費用(必要経費・損金)の整理, 決算整理―各論―売上原価の算定, 決算整理―各論―経過勘定項目, 決算整理―各論―期末商品の評価, 決算整理―各論―消耗品の整理, 決算整理―各論―貸倒引当金の設定, 決算整理―各論―その他引当金の設定, 決算整理―各論―減価償却費の計上, 決算整理―各論―有価証券の評価替え, 決算整理―各論―現金過不足の整理, 決算整理―各論―引出金の整理, 帳簿組織(記録・証拠)―記録―帳票, 帳簿組織(記録・証拠)―証拠―会計資料・証憑, 会計基準―企業会計原則―一般原則, 会計基準―企業会計原則―損益計算書・貸借対照表の共通の原則, 会計基準―企業会計原則―損益計算書原則, 会計基準―企業会計原則―貸借対照表原則, 会計に関する諸機関・組織・団体, 管理会計の基本―変動損益計算書, 管理会計の内容―予算管理―売上計画書, 管理会計の内容―予算管理―経費計画書, 管理会計の内容―資金計画・資金繰り, 経済主体―企業―分類―株式会社, 経済主体―企業―分類―非営利法人, 経済主体―企業―分類―非営利法人―一般法人, 経済体制―市場経済(資本主義の前提), マクロ経済―国富と国民所得―国富(ストック), マクロ経済―国富と国民所得―国民所得(フロー), マクロ経済―国富と国民所得―国民所得(フロー)―GDP, マクロ経済―金融―金融市場―役割―資金調達と資産運用, マクロ経済―金融―金融市場―証券市場―株式市場―株式, マクロ経済―金融―金融市場―証券市場―株式市場―株式―消却・併合・分割―株式分割, マクロ経済―金融―金融市場―証券市場―株式市場―取引, マクロ経済―金融―金融機関―中央銀行, マクロ経済―金融―金融機関―市中金融機関, マクロ経済―金融―金融機関―公的金融機関, 経済事象の相関関係・原因と結果・因果関係, 投資信託―分類―運用方法による分類―アクティブファンド, 投資信託―分類―運用方法による分類―インデックスファンド, 金融商品―株価指数・債券指数, 金融商品―不動産指数・商品指数, 各種テンプレートの無料ダウンロード.
営業先への移動や荷物の運搬などを行っている方は、業務上で車を使う機会も多いと思います。そんなとき、車両で使用したガソリン代はどのように経費精算をするのでしょうか。また、その場合の「勘定科目」はどうなるのでしょう。今回のコラムでは、勘定科目が ガソリン代も、ある飲食店では“車両費”にしています。 勘定科目を増やすと、ミスも起こりやすくなりますから、なるべくシンプルにした方が無難だと思います。 勿論、質問者様の様に“燃料費”でも、そこに一貫性があれば、問題ないですよ。

ガソリン代の勘定科目は、一般的に車両費や旅費交通費の勘定科目を使用します。 車をプライベートでも使用していれば、案分計算をして事業分のみを経費計上しましょう。 一度決めた勘定科目は安易に変更しないようご注意下さい。 一般的に「車両費」「燃料費」「消耗品費」「旅費交通費」といった勘定科目を使うことが多いようです。それでは、どのような場合にそれぞれの科目を使用するのか、見ていきましょう。 「車両費」と「燃料費」に仕訳する場合. ガソリン代の会計・簿記・経理上の取り扱い 会計処理方法 使用する勘定科目・記帳の仕方等 燃料費・旅費交通費・消耗品費・車両費. 青色申告に必要な複式簿記の知識や、個人事業主のお金管理に役立つ情報を発信しています。, 車やバイクを使って仕事をしている個人事業主は、ガソリン代を経費にすることができます。, 旅費交通費とは、事業を行う上で必要となる交通費や宿泊費などを処理する勘定科目です。, 消耗品費とは、10万円未満のものや1年以内に使用するものなどを処理する勘定科目です。, それそれの勘定科目の内容をご覧いただくと、基本的にガソリン代はどの勘定科目にも当てはまることがわかります。, それぞれの勘定科目の意味について理解したうえで、ご自身の事業内容やガソリンの使用頻度などを考慮して決めることができます。, しかし、例えば車両費の勘定科目を使う場合、ガソリン代だけでなく「車検代」「タイヤ&オイル交換代」「車の修理代」なども車両費で処理すると、ガソリン代にいくらかかっているのかが分かりにくくなります。, 特に車を使って仕事をしている事業主の場合、ガソリン代を含め車関連の費用が大きくなる可能性があります。, このような場合は、車両費の補助科目としてガソリン代の科目を設定することで、車関連の費用の内訳を把握しやすくなります。, このように、ガソリン代を処理する勘定科目は複数ありますし、自分で補助科目を設定することも可能です。, 現金払いと違ってクレジットカードで決済した場合、購入日と引き落とし日の2回に分けて仕訳を切る必要があります。, このようなケースでは、車の使用割合に応じて、ガソリン代についても事業分のみを経費計上する必要があります。, 例えば、車の走行距離や使用日数に基づいて、仕事とプライベートの比率を合理的に計算し、事業に関係するガソリン代だけを経費として計上することになります。, 例えば、仕事とプライベートの比率が7:3の割合として、5000円のガゾリン代を現金で支払った場合の仕訳は下記の通りです。, この仕訳例のように、プライベートで使用したガソリン代については、事業主貸の勘定科目を使って処理をすることで経費と区別します。, ●車をプライベートでも使用していれば、案分計算をして事業分のみを経費計上しましょう。, 関連記事:自営業(個人事業主)でもガソリンカードが無料で作れます【クレジット審査なし】.