そして一方的に押し付けるのではなく、相手の興味、問題、ニーズや欲求を見定め、それらを満たすサービスや商品を組み合わせます。 お互いに勝者となるようなWIN-WINの関係になるべきです。 また、この場合は「どのようにして」「いかにして」というよりも「誰に」交渉するのかという事の方が重要です。 ビジネスシーンにおいて、なかなかスムーズに出てこない「相手の体調を気遣う言葉」。仕事の用件のみで無機質になりがちなやり取りも、相手を気遣う言葉を知っていれば、良好な関係 … ■そちらの保障は○○ですがこちらの保障ですと○○が充実し、こちらの特約には新たに○○の範囲にまで及んでいます。ご家族の方が○○の場合にも保障されます。お客様の不安点である○○についてもカバーされております。更に○○年後には配当金がつきます。1日わずか○○円の月々○○○○円です。ご検討のほどいかがでしょうか? chokotty[ちょこってぃ] | 知る・比べる・やってみるで、ちょっと幸せに。, 「その後いかがでしょうか」という言葉は、ビジネスシーンで頻繁に使われます。進捗状況の確認や返信の催促などを優しく表現できるため、メールの他に口頭でも使用されます。こちらの記事では「その後いかがでしょうか」の例文や、言い換え表現など役に立つ情報をまとめましたので、ぜひ参考にしてくださいね!, 「その後いかがでしょうか」のビジネスメールにおける意味1つ目は、「進捗状況の確認」です。仕事や作業の進み具合を相手に尋ねることは、ビジネスではよくあることです。その際「どうなっていますか?」と尋ねるのは直接的で、どこか相手を急かしているようにも捉えられます。, 相手は他にも仕事を抱えているはずです。例え相手の不手際で回答が遅れていたのだとしても、それを責めるような文面は失礼にあたります。そのため、「先日ご提案した~の件ですが、その後いかがでしょうか?」などとするのが良いでしょう。, また、メールの相手が部下である場合は上司からのメールに慌ててしまうかもしれません。焦ってミスを起こさないためにも、回答を急かしていないように見せる配慮が必要です。期日が迫っているのなら、「(日付)までにお願いしますね」などと添えるのは良いでしょう。, 「その後いかがでしょうか」のビジネスメールにおける意味2つ目は、「返信の催促」です。ビジネスシーンではメールのやり取りをしていた相手から返信が届かなくなることもしばしばあります。その際、「まだですか?」というニュアンスを含めないためにも「その後いかがでしょうか」を活用しましょう。, 契約など期日のあるものに関しては「~の件ですが、その後いかがでしょうか?今月末でキャンペーンが終了いたしますので、(日付)までにご回答願います。」とすれば、相手を想って提案しているように捉えられます。相手を急かさず、また返信の強制を迫らない催促の方法として使えます。, 「その後いかがでしょうか」のビジネスメールにおける意味3つ目は、商品等の感想です。「お買い上げいただいた商品は、その後いかがでしょうか?」とすれば、「商品を気に入ってくれましたか?」という意味としても使えます。商品のレビューを依頼する際にも使えますね。, また、マッサージなどのサービスに対しても使えます。この場合はサービスの内容が相手の体調にどう影響しているかを尋ねることになるので、「その後、お体の調子はいかがでしょうか?」とするのが自然です。, 例文1つ目は、商品を再送した場合の「その後いかがでしょうか」です。不備のあった商品を回収し、再送した場合には「先日は当社の商品に不備があり、大変ご迷惑をおかけしました。再送した商品は(日付)にお届けいたしましたが、その後いかがでしょうか。」と送りましょう。, ここでは「再送した商品に何か問題はありませんでしたか?」という確認の意味になります。宅配便などを利用したのであれば「配送の状態はいかがでしたか?」と添えると、より丁寧ですね。, また、一度相手に迷惑をかけているので再び同じことを繰り返さないようにしましょう。「丁寧に検品いたしましたが、お届けした商品はその後いかがでしょうか」とメッセージカードを添えると、申し訳ないという胸の内を表すことができるでしょう。, 例文2つ目は、相手の体調や気分を伺う場合の「その後いかがでしょうか」です。仕事関係先で連絡した担当者が風邪などで休んでいたのであれば、後日「先日ご連絡した際に体調不良と伺いましたが、その後いかがでしょうか。」と調子を尋ねるメールを送りましょう。, ただ、メールが疑問文で終わってしまうと相手は返信しなければならなくなります。特に用事が無いのであれば「また機械があればよろしくお願いいたします」と挨拶の言葉で終わると良いでしょう。メールを受け取った相手は、自分を気遣ってくれていること・返信を求めないことに「配慮のできる人だな」と思うでしょう。, 「その後いかがでしょうか」は、メール文の他に口頭でも使えます。イベントやパーティ、会議などでたまに顔を合わせる人がいるなら、「ご無沙汰しております。その後いかがでしょうか?」という挨拶文としても使うことができますよ。この場合は相手の近況について尋ねる形になるので、世間話をする前にピッタリですね。, 例文3つ目は、相手から回答が欲しい場合の「その後いかがでしょうか」です。やりとりをしていた相手から返信が途絶えてしまった場合に使います。「あの件、どうなってますか?」と聞くのではなく「~の件、ご検討いただいているかと思いますが、その後いかがでしょうか?」とすることでさりげなく進捗状況を確認できます。, 「忘れている?」と思っていても、それを相手に感じ取らせてはいけません。「急いで検討してくれているところ申し訳ありませんが、現在の状況を教えてもらえませんか?」という気持ちを込めましょう。相手にも都合があることを承知している、相手の立場や気持ちに沿っていることが伝わるように表現しましょう。, 催促のメールに添えたい一文は、「行き違いでご連絡を頂いておりましたらご容赦ください」です。これは「回答を催促する内容のメールを送ったけれど、既に回答メールを頂いていたら申し訳ありません」という意味です。受信メール全てに目を通してから送るのが正当ですが、期限の迫っている案件があると焦りますよね。, また、毎日届く大量のメールの中から該当する案件を見逃してしまうこともあるでしょう。しかし、相手からすれば良い気分ではありません。「もう送ったのに」とか、「今送ろうとしていたのに」という事態を招きかねません。催促のメールに、この一文を添えることで相手の気持ちに配慮ができたメールになりますよ。, 催促する内容のメールを送る際に気を付けたいのは「急かしてしまい申し訳ない」という気持ちを伝わるようにすることです。相手に依頼しにくい内容のお願いでよく使うのが、「恐縮ですが」という言葉です。こちらの記事で「恐縮」の意味やビジネスメールの使い方について紹介していますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。. 「いかがでしょうか」は物事の状況を確認したり、尋ねる際など、ビジネスシーンでも使うことが多い便利なフレーズの一つです。その便利さのあまり、正しい使い方ができているのか? … メールで催促することはビジネスで避けられません。相手を不愉快な気持ちにさせずに行動を起こしてもらう催促メールの書き方には押さえるべきポイントがあります。ここでは催促メールの丁寧な書き方のポイントと、見積もりの催促や上司への催促などの例文を紹介します。催促メールへの返信についても説明しています。, 催促メールの件名は「〇〇のご確認」「〇〇のお伺い」などとし、確認したいということを示す件名にします。あからさまに催促しているような件名は避けます。, たとえ自分に非があったとしても、一方的に催促されるメールは不愉快な気持ちになるものです。相手を責めるような催促の表現ではなく、どうなっていますか?という確認の表現や、確認をお願いします、というお願いの表現にします。, このような理由のため、いつまでに返事が欲しい、という理由と締切の日付を簡潔に明記するようにします。この時の理由は、個人的な事情に焦点をあてずに、第三者や行事の都合など、やむにやまれぬ事情であることを伝えます。, 返事を郵送や社内便で受け取る予定だったり、振込の催促などの場合は行き違いが発生する可能性があります。状況により、行き違いを考慮した文言を状況により添えるとよいでしょう。, これとは別に、実は返信メールがきていたのに気が付かなかったなど、メールの確認不足で行き違いが発生することは問題です。そのようなミスがないよう、催促メールを送る時は事前の確認を怠らないようにしましょう。, 内容や相手との関係性によっては、催促してすみません、という気持ちをあえて書くこともできます。, 〇月〇日にご依頼いたしました〇〇のお見積もりの件ですが、本日時点でご回答をまだいただいていないようでございます。 〇月〇日に社内会議で検討を行う予定のため、お忙しいところ大変恐縮ですが、〇日までにご送付いただけますよう、お願いいたします。 なお、本メールと行き違いですでにご対応いただいておりましたら、失礼のほどご容赦くださいませ。 引き続き、どうぞよろしくお願いいたします。, 先日は、〇〇のお見積もりにつきましてお時間をいただき、誠にありがとうございました。 その後ご検討の状況はいかがでしょうか。 何かご要望やご不明な点などございましたら、ご遠慮なくお申しつけ下さい。, なお、お見積の有効期限は〇月〇日となっており、期限を過ぎますと同内容でのご提供が難しくなる可能性がございます。, お忙しいところ大変恐縮ですが、ご検討状況をお知らせいただけますと幸いです。 何卒よろしくお願いいたします。, 〇日にメールでお伺いしておりました「〇〇会議」日程調整の件ですが、その後いかがなりましたでしょうか? 会議室の予約を間に合わせたいため、お忙しいところ誠に恐縮ですが、本日中にご回答をいただきたく、お願いいたします。, 前回のメールでお伺いした内容は下記の通りでございます。 ————————————————————– 〇〇会議の開催日時につきまして、下記の日時でご都合の良い日時はございますでしょうか。, ・〇月〇日(〇)〇時以降 ・〇月〇日(〇)〇時以降 ・〇月〇日(〇)〇時~〇時まで ————————————————————– 上記日時でご都合がつかない場合はお手数ですが候補日時のご連絡をお願いいたします。, お忙しいところ大変恐縮ですが、ご確認をいただきますよう何卒宜しくお願い申し上げます。, 自分が「催促メール」をもらったら、素早い対応を心がけましょう。すぐに回答できない場合でも、いつまでに回答するということをとり急ぎ返信します。催促メールの返信は、まず謝罪の言葉から始め、現状の報告を簡潔に述べます。, いつもお世話になっております。 〇〇のお見積もりへのご連絡が遅れまして大変申し訳ございません。 ご確認のメールまで頂戴してしまいまして、恐縮に存じます。 実は〇〇の件につきまして、〇日の営業会議で検討を行う予定でおります。 結果につきましては、会議が終了次第、〇日までにご連絡させていただく予定です。 ご心配をおかけして申し訳ございませんが、何卒よろしくお願いいたします。 とりいそぎ、お詫びとご連絡まで申し上げます。, 催促メールを送付して、それに返信が来た場合は、対応してくれたことへの感謝と、確かに返事を受け取ったことを簡潔に伝えるメールを素早く返信しましょう。, いつもお世話になっております。 〇〇の件につきまして、お忙しい中さっそくご連絡をいただきましてありがとうございます。 〇日までにご回答いただけるとのことで承知いたしました。 何卒よろしくお願いいたします。, ビジネスの「催促メール」の目的は、こちらの要望通りの行動を気持ちよく起こしてもらうことです。相手が上司や取引先であっても同僚であっても、不愉快な気持ちにさせないようにお願いの姿勢で丁寧に書き、その返信に対してはお礼のメールを迅速に送るように心掛けましょう。.